【2021年最新】デジタルカメラからスマホへ写真を転送する方法|おすすめ機種も紹介

本記事では、デジタルカメラからスマホやパソコンへの写真の転送方法について紹介します。WiFi対応のデジタルカメラから、非対応のものまで、簡単に転送できる方法についてまとめました。またWiFi対応の人気おすすめデジタルカメラも紹介しましたのでぜひ参考にしてみてください。

2021/03/31 更新

カメラの機種の中にはBluetooth機能やWi-Fi機能が付いている物があり、ケーブルが無くても画像データを転送できる物があります。ただし、imaging edge mobile等のアプリケーションをダウンロードする必要があるので、旅行に行く前にインストールしておきましょう。

 

また、2016年にリリースされた、snapbridgeというNikon専用のアプリが有ります。snapbridgeの一番の強みは、撮影した写真をBluetoothを使って自動で転送できることで、転送できるデータの種類が限られていますが、大変優秀なアプリとなっています。

また、Wi-Fi機能対応のカメラの中には、NFCといったお財布ケータイのアプリを使って、データの転送を行う規格もあります。NFCはWi-Fi Directに比べると転送範囲が狭く、データ転送の時はNFCマークに近づける必要があるので、屋外では使いづらい機能となっています。

Wi-Fi機能が付いているカメラは、スマートフォンだけでなく、パソコンにも画像データを転送することができます。スマホの時と同様にアプリをインストールする必要があり、Playmemories等のスマホとは異なるアプリをインストールする必要があります。

 

テレビに画像データを転送する場合には、テレビの設定の通信方式でWi-Fiダイレクト方式を設定する必要があります。そのため、NFCに対応しているだけのデジタルカメラでは、画像データを転送できないことに気を付けましょう。

その他にPictbridgeというプリンターに画像データを転送して、自動でプリントを行う機能を持った機種が有ります。ただし、Pictbridge対応機種の中には、Wi-Fiに対応していない機種があるので、Pictbridge対応で選ぶ場合には注意しましょう。

二つ目の画像データ転送方法としては、メモリーカードリーダーを用意する方法があります。ただし、端子の種類がMicro-USBやlightning端子でないとデータを転送できないので、メモリーカードリーダーの対応する端子の種類には注意しましょう。

 

カメラからスマホにデータを転送するためには、普通はメモリーカードを差し替える必要があります。ただし、メモリーカードの中にはWi-Fi対応の物もあるため、メモリーカードリーダーにWi-Fi対応のメモリーカードを差し込むことで、画像データを無線で転送できるようになります。

iPhoneにはSDカードを差し込めないため、Wi-Fi対応カメラでない場合は、転送方法が限られてきます。ここでは、iPhoneでも使える転送方法について紹介していきます。

USBカメラアダプタを使う

デジタルカメラとスマートフォンをコードでつなぐ事により、データを転送できるようになります。一般的なデジタルカメラのケーブルがmicroUSBオス-USBオスケーブルであるため、iPhoneではlightningオス-USBメス変換アダプタが必要となります。

パソコンからGoogleフォトに画像をアップする

Googleフォトは実はAndroidだけでなくiPhoneでも使えるため、パソコンのGoogleフォトを使って画像をアップする方法があります。ただし、カメラからパソコンにUSBを差し替える工程と、iPhoneでGoogleフォトの画像を読み込む二段階の工程があるため、非常に面倒臭いです。

AndroidではマイクロSDカードが使えるため、Wi-Fiが使えない場合に関しては、マイクロSDカードをSDカードに変換するアダプターを使えば解決します。ただし、SDカードの抜き差しがそれぞれ三回ずつ必要になるので、面倒臭い転送方法になってしまいます。

本記事では、キャノン・ソニー・ニコンといった三大有名メーカーの他にオリンパスで販売されている、Wi-Fi対応のおすすめデジタルカメラを紹介していきます。

【2019年最新】WiFi対応のおすすめデジカメ10選と選び方

キャノン

キヤノン

PowerShot SX720 HS

価格:16,569円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャノンは、画像素子の大きさとズーム倍率の両方に力を入れているメーカーとなります。ここでは、40倍の光学ズーム倍率がありスマホの画像と差別化できる上に、値段も2万円台と非常にお手頃でWi-Fi機能も付いているPowerShot SX720がおすすめです。

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー Canon(キャノン) 商品名 Power Shot SX720HS
最短撮影距離 1cm 撮像素子 1/2.3型高感度CMOS
F値 F3.3~F6.9 有効画素数 2030万画素
光学ズーム 40倍 焦点距離 24mm
撮影感度 ISO80~3200 手ぶれ補正 マルチシーン手振れ補正
AF(オートフォーカス) TTLオートフォーカス 連写速度 7.1枚/秒
動画 1920×1080(FHD)/ 60p サイズ 109.7mm × 63.8mm × 35.7mm
重量 270g その他機能
キャノン powershot sx720 hs デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較

ソニー

ソニー

DSC-RX100M3

価格:27,400円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーではコンデジにも関わらず、1.0型の画像素子を持つ製品を販売していて、値段は5万円台と高価ですが、Wi-Fiに対応したDSC-RX100M3を販売しています。F値が小さく画像素子の大きさも1型と大きいので、スマホでは撮れない鮮明な画像を撮影できます。

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー SONY(ソニー) 商品名 DSC-RX100M3
最短撮影距離 5cm 撮像素子 1型CMOS
F値 F1.8~F2.8 有効画素数 2010万画素
光学ズーム 2.9倍 焦点距離 24mm
撮影感度 ISO80~25600 手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正
AF(オートフォーカス) オートフォーカス(AF-S・AF-C) 連写速度 約10枚/秒
動画 1920×1080(FHD)/ 60p サイズ 101.6mm x 58.1mm x 41mm
重量 290g その他機能 追尾フォーカス機能
SONY DSC-RX100M3 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較

ニコン

ニコン

COOLPIX B500

価格:15,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャノンだけでなくニコンでも、40倍のズーム倍率を持つデジタルカメラで、Wi-Fi対応の製品を販売していて、値段も2万円未満で非常に安いです。ただし、値段が安いぶん対応していない機種もあるので、口コミをよく確認してから購入しましょう。

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー Nikon(ニコン) 商品名 COOLPIX B500
最短撮影距離 標準30cm / マクロ1cm 撮像素子 1/2.3型CMOS (裏面照射型)
F値 F3~F6.5 有効画素数 1602万画素
光学ズーム 40倍 焦点距離 22.5mm
撮影感度 125~6400 手ぶれ補正 レンズシフト方式
AF(オートフォーカス) コントラスト検出方式 連写速度 120コマ/秒
動画 1920×1080(FHD)/ 30p サイズ 113.5mm × 78.3mm × 94.9mm
重量 542g その他機能 チルト液晶
ニコン coolpix b500 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較

オリンパス

オリンパス

Tough TG-6 R

価格:39,504円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリンパスのコンパクトデジタルカメラは撮影素子とズーム倍率はそれ程良くありませんが、15mの防水性能を持っておりスマホでは撮れない水中画像を撮影できます。また、Wi-Fi機能の他に、GPS機能と言った登山に便利な機能が付いている事が特徴となります。

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー OLYMPUS(オリンパス) 商品名 Tough-TG6
最短撮影距離 標準10cm / マクロ1cm 撮像素子 1/2.3型CMOS (裏面照射型)
F値 F2~F4.9 有効画素数 1200万画素
光学ズーム 4倍 焦点距離 100mm
撮影感度 ISO100~12800 手ぶれ補正 撮像センサーシフト式手ぶれ補正
AF(オートフォーカス) イメージャAF 連写速度 約20コマ / 秒
動画 3840×2160(4K)/ 30p サイズ 113mm x 66mm x 31.9mm
重量 253g その他機能 水中撮影
OLYMPUS Tough TG-6 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較

SDカードにWiFi機能がついたモデルもあります。そのためWiFi機能の無いデジタルカメラであっても無線でスマホに写真を転送することができます。

 

WiFi機能付きのSDカードには大きく2種類あり、東芝のFlashAirとEyeFi社のEyefi mobiです。

 

東芝は転送する写真を選ぶことができますがEyefi mobiは全ての写真を自動で転送します。特にこだわりがなければ価格も安く融通の利く東芝のFlashAirをおすすめします。

近年、スマホの性能向上によりデジタルカメラを持つ機会が減りました。下記の記事ではそんなスマホとデジタルカメラの性能を比較・検証しました。

【スマホとの性能徹底比較】スマホへ写真転送可能なデジタルカメラを紹介!