オクタゴン 460UVの魅力に迫る!設営方法・気になるレビュー・口コミも解説!

最安値:¥25,074
キャプテンスタッグ CSクラシック ワンポールテント オクタゴン460UV UA-35 テントの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、キャプテンスタッグ CSクラシック ワンポールテント オクタゴン460UV UA-35 テントがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/06/07 更新

ランク王編集部

グループキャンプに最適!8角形の大型ワンポールテント

本商品は、8角形の大型ワンポールテントです。軽くて扱いやすいジュラルミンペグ23cmを装備しています。テントの大黒柱となるポールは堅牢なスチール製を採用。高い耐久性能を実現しているのもポイントです。天井部4箇所にベンチレーションを備え、テント内の空気をコントロールできるため快適に過ごせますよ。

さらに、最大8人まで使用できてフルクローズでプライバシーも確保できるため、ファミリーやグループキャンプにおすすめです。インナーテントのみでも自立できるので、庭でおうちキャンプにも使えますね。また、専用キャリーバッグ付きで持ち運びにも優れているのも魅力の1つ!そのため、ツーリングキャンプにも最適です。

編集部おすすめの記事

CSクラシック ワンポールテント オクタゴン460UV UA-35の基本スペック

タイプ
モノポール・ティピー
ウォール
ダブル
フライ材質
ポリエステルリップストップ210T(PU2000mm)
フロア材質
ポリエステルOXF210D(PU3000mm)
フレーム材質
スチール(紛体塗装)
展開時サイズ
フライ:(約)460×460×H300cmインナー:(約)450×420×H300cm
収納時サイズ
(約)74×23×23cm
重量【kg】
11.5 kg

CSクラシック ワンポールテント オクタゴン460UV UA-35の通販サイト比較

楽天 ¥26,980

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Amazon ¥25,074

在庫 : ○

Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥26,780

在庫 : ○

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されている記事

安いワンポールテントのおすすめ10選!冬キャンプに最適なものやコスパ最強のものをご紹介!のサムネイル画像

安いワンポールテントのおすすめ10選!冬キャンプに最適なものやコスパ最強のものをご紹介!

2022/05/14

【最新版】DODのワンポールテント "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】DODのワンポールテント "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/18

これからキャンプを始める方ならまずはテントの購入ですよね。アウトドア初心者には設営しやすさが大切なポイントですが、見た目のおしゃれさも外せません。また、丈夫でも軽いテントでなければ、持ち運びにくくて出かけるのが億劫になってしまいます。

 

今回ご紹介するキャプテンスタッグのオクタゴン460UVは、簡単設営・丈夫・軽量と欲しい機能をすべて満たす高コスパなテント。おしゃれキャンパーに人気のワンポールテントで、シェルターにもなる使い勝手のよさも魅力です。

 

本記事では、オクタゴン460UVの魅力や、購入者のレビューをご紹介します。あわせて、ヘキサゴン300UVとの比較や冬キャンプでも使えるかも解説するので、商品選びの参考にしてください。

ノーブランド品

CAPTAIN STAG キャプテンスタッグ CSクラシック ワンポールテント オクタゴン460UV & テントグランドシート (UA-35&UA-4527)

価格:37,000円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャプテンスタッグ  オクタゴン460UVは、2017年に発売されたワンポールテント。ファミリーやグループでキャンプできる大型でも、トンネル型など他の形状のテントと比較して格段に設営が簡単なのが魅力です。

 

大きな8角形の天幕を広げて、その中心に柱となるポールを1本だけ立てます。もちろんペグダウンなどの作業はありますが、立ち上げまでがとにかくスピーディー。簡単に設営できれば食事やリラックスタイムが充実しますね。

4〜6人でゆったり使えるオクタゴン460UV。インナーサイズが450×420cmと広く、天井はなんと300cmの高さです。テーブルセットを持ち込んでもゆったり使え、シュラフを使用すれば大人8人でも寝られます。

オクタゴン460UVは、2面の出入り口を装備しています。暑い季節でも両方の出入り口を開放するだけで風が通り抜けて通気性が抜群。キャンプ飯を楽しんだ後でも、においや煙がこもらないのもメリットです。

 

また、インナーには通気性撥水加工を施したポリエステル185Tを採用。天井部には4箇所のベンチレーションを備え、テント内に滞留した熱気を効率よく放出します。大人数でも過ごしやすいテントを求める方におすすめです。

ワンポールテントは、大黒柱ともいえるセンターポール1本で設営します。このため、オクタゴン460UVでは堅牢製を重視してスチール製のポールを採用。簡単に設営できる連結タイプに握りやすい粉体塗装を施しています。

ペグは、テントをしっかり地面に固定するための大切なパーツです。オクタゴン460UVでは丈夫なジュラルミンペグを標準装備。独自のV字形状なので地面にグッと差し込むだけで抜けにくく、風のある日でも安心して過ごせます。

 

さらに、ジュラルミン素材は丈夫なだけでなく軽いのも魅力。オクタゴン460UVでは18本ものペグを使用しますが、ジュラルミンペグなら軽く持ち運べて設営作業も楽々です。

テントを設営したら、必ずセットでタープを張る方が多いです。しかし、オクタゴン460UVなら、キャノピーを跳ね上げるだけで小型のタープ代わりに使えます。さらに、キャノピー用のポールも2本付属しているので、別に購入する必要がないのもメリットです。

 

キャノピーを跳ね上げれば、靴や荷物を置くための前室スペースを確保できます。日差しを避けられて、テントの中に雨が入るのをブロックする役割も兼ねて便利ですよ。

オクタゴン460UVは、インナーテントとフライシートで構成されたダブルウォールテント。このため、靴を脱いで過ごすインナーテントを設営せずに、フライシートだけでシェルターとしても使用できるのが特徴です。

 

シェルターは地面に直に設営するので、キャンプならではの風情を楽しめるのが魅力。さらに、ソロテントを内側に設営してレイアウトや個室感を楽しむ、人気のカンガルースタイルにも活用できます。

オクタゴン460UVは、自然の中でひっそり佇むスタイリッシュなテント。目を引くとんがり屋根とともに、美しいアイボリーカラーが特徴です。従来のテントと言えば目立つカラーが多い中、近年はナチュラルなカラーがおしゃれなサイトを目指すキャンパーから注目を集めています。

 

昼間は青空に映え、夜はランタンのほのかな明かりに合わせて暖かな色合いに。さまざまなアウトフォアファニチャーとのマッチングも楽しめます。

オクタゴン460UVのメーカー希望小売価格は68,000円です。ポールやシートにも機能的な素材を使用したテントが60,000円台なら非常に高コスパ。さらに、AmazonなどECサイトでは30,000円前後ともっとリーズナブルに入手できます。

4回使用しました。出入口が2つありメッシュがついているので換気がしやすいのと、上にベンチレーションがあるので結露がたまりにくいです。 暴風雨を経験しましたが、真ん中のポールが中心を取って揺れるのである意味安定感がありました。風には強いと思います。

出典: https://item.rakuten.co.jp

対角線上に2つの出入り口を採用したオクタゴン460UVは通気性抜群。さらにベンチレーションやメッシュを活用すると、寒い時期にも換気できて結露予防も万全です。また、丈夫なスチールポールで風の日も安心して過ごせます。
ゴールデンウィークのキャンプ用に購入しました。防水性は不明ですが、広さは五人で利用しても広すぎるくらいでした。荷物も入れて眠れたのでよかったです。 色味もサイトによく合いよかったです。でも朝はまぶしかった。 主人と二人で15分くらいでたちました。値段を考えたら十分すぎます。

出典: https://item.rakuten.co.jp

8人分のシュラフを広げられるオクタゴン460UV。5人なら空いたスペースに荷物を収納してもまだまだゆとりがあります。大型テントは設営するだけでもひと苦労ですが、慣れれば15分、初心者でも30分あれば設営できるのはメリットです。
ワンポール初めてでしたが、中心部が高く開放感があります。設置も簡単で使いやすかったです。 ただ結構な大きさなのでサイトの広さは要チェックです! この値段でこれは満足!

出典: https://item.rakuten.co.jp

オクタゴン460UVは室内の開放感が高いのが魅力ですが、オートキャンプサイトなどでは設営面積が確保できない場合も。グランドシートのサイズだけでなく、ペグダウンする位置までの広い面積を使えるかを確認する必要がありそうです。

ここでは、オクタゴン460UVの設営方法を解説します。設営場所を決めたら、パーツをすべて取り出して始めましょう。

 

  1. インナーテントを広げて、対角線を順番に8箇所ペグダウン
  2. 出入り口のファスナーを開ける
  3. 出入り口を合わせてフライシートをかぶせ、同じペグにロープをかける
  4. メインポールを接続して、テントの天井中心に合わせて立ち上げる
  5. フライシートの裾部と中段のループにガイドロープを取り付けてペグダウン
  6. 全体のロープの張り具合のバランスをチェックして調整する
  7. キャノピーのグロメットにひさし用ポールを差し込み、ガイドロープとペグで固定する

 

最初のペグダウンで、8箇所すべてに同じテンションをかけると美しいシルエットになり、安定感も増します。

オクタゴン460UVで冬場にキャンプをするなら、しっかりとした防寒対策が必要です。足元からの冷気の吹き込みをブロックするスカートは非搭載で、生地がやや薄めのポリエステルリップストップなのでテント内は冷え込みます。

 

床面に断熱マットを敷いたり、電気が使えるサイトならホットカーペットもおすすめ。火気を使用するストーブは延焼の危険があるので避けましょう。暖かいブランケットやシュラフ、衣服のレイヤリングも必要です。

オクタゴン460UVと同シリーズの、6角形ワンポールテント「ヘキサゴン300UV」とスペックが異なる部分を比較します。

 

  オクタゴン460UV ヘキサゴン300UV
使用時サイズ 460×460×300cm 300×250×180cm
収納サイズ 74×23×23cm 65×15×15cm
重量 11.5kg 3.2kg
収容人数 8人 4人

 

どちらもフライシートのみでシェルターとして使えるダブルウォール。設営方法などは同じなので、人数に合わせて選ぶのがおすすめです。

オクタゴン460UVよりも、さらに広く使える「DXオクタゴン」もあります。スペックを以下の表で比較しましょう。

 

  オクタゴン460UV DXオクタゴン
フライサイズ 460×460×300cm 460×460×300cm
インナーサイズ 50×420×300cm 440×215×180cm
収納サイズ 74×23×23cm 77×35×35cm
重量 11.5kg 17kg
フライ収容人数 8人 8人
インナー収容人数 8人 4人

 

どちらもフライサイズは同じでも、DXオクタゴンはテント周囲にフレームがあるのが特徴。地面に近い部分にデッドスペースが出来にくくさらに広く使えます。また、インナーが半分の大きさでレイアウトを自在に変更できるのが魅力です。

高機能でリーズナブル、おしゃれと三拍子揃ったキャプテンスタッグのオクタゴン460UVをご紹介しました。大型でも慣れれば1人でも簡単に設営でき、シェルターにもなるワンポールテント。本記事を参考に、ぜひ購入を検討してみてください。

ノーブランド品

CAPTAIN STAG キャプテンスタッグ CSクラシック ワンポールテント オクタゴン460UV & テントグランドシート (UA-35&UA-4527)

価格:37,000円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。