SSDの寿命は何年?症状の確認や寿命の伸ばし方についても解説

最近パソコンの処理速度が遅い…そんな悩みがある人は多いはずです。実はその症状、SSDの寿命が原因で起きている可能性があるんです。この記事ではSSDの寿命を縮める原因や、寿命を延ばす方法について紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

2022/01/07 更新

容量を増やしたり読み込みを早くするために、SSDを使っているという人は多いと思います。最近では在宅勤務といった働き方も増え、ビジネスシーンでの活躍も増えてきました。今やSSDなどのパソコン周辺機器は、生活に欠かせない物になりつつあると感じています。

 

しかし最近パソコンを使っていたら処理速度が遅くなったり、突然エラーメッセージが表示されるといった異常が起きていませんか。原因が分からず、不安な方もいると思います。実はそのパソコンの異常、SSDが寿命を迎えてるために起きてる可能性があるんです。

 

この記事ではSSDの寿命や寿命を延ばす方法について紹介していきます。異常が起きて困っている方は、ぜひ参考にしてください。

SSDの寿命には諸説あり、だいたい5年程といわれています。SSDはHDDと違って磁気ディスクを使わないので、半導体メモリのセルにデータを格納します。このセルへの書き込みや読み込みが、SSDの寿命を早める原因とされているのです。

 

しかしあくまで目安なので、使い方によっては5年以上や5年以下というケースもあります。

HDDとSDDではどちらが寿命が長いのか、という疑問もあると思います。結論から言うと、SSDの方が寿命が長いとされています。SSDは物理的駆動部分がないので、耐震衝撃に強くHDDに比べると劣化しにくいためです。

 

使用方法によっても変わるので一概には言えませんが、SSDの方が寿命が長い傾向があるようです。

SSDには寿命を左右する大事な要素があります。それは書き込み回数・空き容量・使用時間の3つです。それぞれがSSDの寿命に大きな影響を与えています。次の記事で詳しく紹介していくので、確認していきましょう。

書き込み回数

1つ目は書き込み回数です。SSDは書き込み回数が増えると共に、劣化していく性質を持っています。SSDは電流信号でデータを記録していくため、頻繁に書き込みを行うことで使用できないセルが増えて劣化が進んでしまうのが原因とされています。

 

なので、SSDの寿命を左右する大きな要因の1つといえるでしょう。

空き容量

2つ目は空き容量です。SSDはデータ容量が大きいほど耐久力が上がるという特性を持っています。なので空き容量が小さいと、前のデータを消去してSSD内のデータ整理をするという動作を頻繁に行い、それが寿命を早める原因となってしまいます。

 

大容量のSSDでも空きが少なくなれば同様のことが起こるので、注意が必要です。

使用時間

3つ目は使用時間です。SSDの内部には「トンネル酸化膜」と呼ばれる絶縁体があります。長時間の書き込みなどをした場合、電子がそのトンネル酸化膜を頻繁に出入りすることでSSDが劣化する原因となってしまいます。

 

寿命が縮まるだけでなく、SSDで使用が可能なデータ容量の減少にもつながるので注意が必要です。

どんな症状が寿命のサインか分からない、という人も多いと思います。なので次の記事では、SSDの寿命が近い時に起きる症状について紹介していきます。自分に当てはまるかどうか、チェックしていきましょう。

処理速度が低下している

1つ目は処理速度の低下です。ファイルの保存や開く動作などの処理速度が低下してる場合、SSDに何らかの不具合が起きている可能性が非常に高いです。普段から長時間の読み書きをしているのが原因と考えられます。

 

また処理速度が低下するとパソコンがフリーズする現象も起こるため、頻繁になる場合は寿命が近いといえるでしょう。

突然のシャットダウンやエラーメッセージが表示される

突然のシャットダウンやエラーメッセージが表示される場合も、SSDに何らかの問題がある可能性が高いです。突然のシャットダウンはSSDの劣化が進み、内部の読み書きに失敗するのが原因と考えられます。

 

エラーメッセージが表示される場合は、SSDが認識できずパソコンが起動できないのが原因なので寿命が近いといえます。

SSDの状態や、残り寿命を確認できるツールというものもあります。状況の把握ができるので非常に便利です。次の記事で詳しく紹介していくので、SSDの状態や寿命を知りたいという方はぜひ参考にしてください。

CrystalDiskinfoでSSDの状態を確認する

1つ目に紹介するのはCrystalDiskinfoです。SSDだけでなく、HDDの状態も確認することができる便利なツールです。健康状態の表示は大まかですが、正常と記載されていれば特に問題はないようです。

 

しかしSSDの劣化が進んでいると注意・異常といった表示がされるので、そのような場合は注意が必要です。

SSDLife FreeでSSDの状態・推定寿命を確認する

2つ目に紹介するのはSSDLife Freeです。フリーソフトで表示もシンプルなので、初心者の方におすすめのツールです。CrystalDiskinfoとの違いは健康状態を表示してくれるだけでなく、寿命予測まで記載している点です。

 

何年何月何日と細かい表示をしてくれるので、寿命が分かりやすいのが魅力です。

寿命を縮める原因が分かっても、対策を講じなければ意味がありません。次の記事ではSSDの寿命を延ばす方法について紹介していきます。特別なことは何もないので、少しでも長く使いたい方はぜひ参考にしてください。

読み書きの軽減

1つ目は読み書きの軽減です。SSDは読み書きの回数が増えるほど劣化も進んでいくので、読み書きの回数を軽減することで劣化を遅らせることが可能です。他にも必要のないデータを何度もコピーするといった作業を減らすことで、劣化を防ぐこともできます。

 

必要ないデータは読み書きしないよう、普段から意識するようにしましょう。

メモリ容量に空きを作る

2つ目はメモリ容量に空きを作る方法です。前述した通り、SSDはデータ容量が大きいほど耐久性が上がるという特質があるので、容量に空きを作ることで劣化を防ぐことにつながります。なので不必要なデータはこまめに削除するのがよいでしょう。

 

他にも容量の大きいSSDを使用するという方法もあるので、必要な場合は買い替えを検討しましょう。

快適な環境で使用し、こまめにシャットダウンする

3つ目は使用環境に気を付ける方法です。SSDは高温多湿・不衛生な環境で使用すると劣化が進みます。夏などはエアコンで温度管理し、パソコン周辺は定期的に掃除して衛生的な環境にすることで劣化を防ぐことができます。

 

SSDはパソコンに電源が入ってるだけで作動してしまうので、こまめにシャットダウンすることも重要です。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

SSD-3SB256G

価格:13,282円 (税込)

パソコン環境をまるごと移行

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイ・オー・データのSSD-3SB256GはPCに内蔵されている2.5インチHDDと交換することが可能なSSDです。駆動部分がないため、動作中も非常に静かなのが特徴です。フラッシュメモリーで瞬時にデータへアクセスできるので、読み込みが早いのも魅力の1つといえるでしょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー アイ・オー・データ(I-O DATA) 商品名 SSD-3SB256G
容量 256 GB インターフェイス Serial ATA 6Gb/s
設置タイプ 内蔵 タイプ -
NVMe - 規格サイズ 2.5インチ
厚さ 7 mm 読込速度 -
書込速度 - ランダム読込速度 -
ランダム書込速度 -
Crucial(クルーシャル)

SSD CT500MX500SSD1

価格:6,579円 (税込)

瞬時に起動し、瞬時に読み込み

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CrucialのCT500MX500SSD1は高性能なSSDです。SLC方式のフラッシュメモリーを搭載し、高速の読み込みを実現しています。データ容量も大きく、たくさんの写真・音楽・動画の保存も可能です。発熱が少なく静音なので、快適に使用できるのも魅力の1つです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Crucial(クルーシャル) 商品名 CT500MX500SSD1
容量 500 GB インターフェイス Serial ATA 6Gb/s
設置タイプ 内蔵 タイプ 3D TLC NAND
NVMe - 規格サイズ 2.5インチ
厚さ 7 mm 読込速度 560 MB/s
書込速度 510 MB/s ランダム読込速度 Random Read:95K IOPS
ランダム書込速度 Random Write:90K IOPS
エッセンコア(Essencore)

SSD KLEVV NEO N400

価格:3,230円 (税込)

幅広い性能と安定性

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エッセンコアのKLEVV NEO N400は安定性があるSSDです。SLCキャッシング技術を搭載し、優れた耐久性が特徴です。LDPC ECCエンジンを使用しており、データの耐久性と製品維持力が向上しています。安定して使用できるよう、さまざまな国際基準を順守してるのも魅力です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー エッセンコア(Essencore) 商品名 KLEVV NEO N400
容量 240 GB インターフェイス Serial ATA 6Gb/s
設置タイプ 内蔵 タイプ -
NVMe - 規格サイズ 2.5インチ
厚さ 7 mm 読込速度 500 MB/s
書込速度 - ランダム読込速度 -
ランダム書込速度 -

SSDは機械なので、いつかは必ず寿命が来ます。しかし、使い方によってはその寿命を延ばすことも可能です。少しでもでも長く使うためにも、日頃からこまめな対応を心がけるのが大切です。

# 寿命