【2021最新版】ハイパワーが魅力のミキサーおすすめ10選|小型な商品も!

食材を細かくしたり、氷を一緒に砕いたり、さまざまな使い方ができるハイパワーのミキサー。大人気のスムージーなど料理作りに役立つため、多くの人から注目されています。今回は種類が多いハイパワーのミキサーについて、選び方からコンパクトな製品までおすすめの人気商品を紹介します。

2021/02/08 更新

多くのメーカーから発売されており、種類が豊富にあるハイパワーのミキサー。ハイパワーのミキサーがあれば、手軽でおいしく野菜を摂取できる、なめらかなスムージーを作ることができます。また、健康・美容のために積極的に野菜を摂取したい方が増え、ミキサーの需要がより高まっています。

 

しかしいざ購入したいと探し始めると、どのハイパワーのミキサーを選べば良いのか悩む方が多いですよね。デザイン性・ワット数・容量だけでなく、どのような使い方をするのか見極めることも大切です。

 

ここでは、ハイパワーのミキサーができることや選び方について、おすすめの商品を紹介していきます。ぜひ参考にして、自分に合った使い方ができるハイパワーのミキサーを見つけてください。

今すぐ見る!おすすめハイパワーミキサー10選

ハイパワーのミキサーは、さまざまな用途で使用が可能です。どんなことができるのか、代表的な使い方を紹介していきます。

繊維の多い野菜や果物をなめらかにする

繊維が多い葉物野菜や果物は、普通のミキサーで細かくしただけでは口当たりがよくない仕上がりになることがあります。どろどろとしたスムージーを作りたい場合は問題ありませんが、お店のようにゴクゴク飲みやすいスムージーや、なめらかなポタージュを作りたい場合は注意が必要です。

 

そこで役立つのがハイパワーのミキサーになります。繊維をしっかり細かくしてくれるので、飲み込みにくいといった不快感のない仕上がりが可能です。

一緒に氷を砕いて冷たいスムージーを作れる

おしゃれなカフェで飲むことが多い、氷を一緒に砕いた冷たいスムージーは大人気の飲み物です。しかし、家庭用の普通のミキサーでは、氷を砕くことが難しいです。そのため、氷を砕くにはハイパワーのミキサーが必要になります

 

商品のパワーによっては、家庭の冷蔵庫で作った小さめの氷に対応しているものから少し大きめの氷も細かくできるものまであります。どんな氷を使うのか考えておくと安心です。

野菜を細かくすることで下準備が簡単にできる

ハンバーグ・餃子・ソース作りなど、料理によっては野菜を細かくして使う場合があります。地味ながら手間がかかる作業になりますが、ハイパワーのミキサーを使えば簡単にできます。

 

特に、涙が出て刻みにくい玉ねぎを刻むのにおすすめです。ある程度の大きさに切ってから容器に入れ、少しずつチェックしながらミキサーで細かくしてみましょう。赤ちゃんの離乳食作りや子ども用の料理作りにもとても役立ちます。

今すぐ見る!おすすめハイパワーミキサー10選

ハイパワーのミキサーを取り扱っているメーカーは数多くあります。その中でも自分の使い方に合った商品の選び方について、以下の項目を順にご紹介しますね。

 

使用用途に合ったワット数を選ぶ

ハイパワーのミキサーを選ぶ上でまず重要視したいのは、ワット数です。パッケージなどに必ず「〇〇W」と記載されているので確認しましょう。また、使用用途に合ったワット数を選ぶことが大切です。

家庭用の氷を砕くなら250W以上

ハイパワーと表記されているミキサーでも、ワット数はかなり差があります。200W以上が多いのですが、家庭用の氷を砕きたい場合はワット数が250W以上のハイパワーミキサーを選ぶようにしましょう。

 

商品によって一度に使用できる氷の量・大きさ・使用方法が異なりますので、説明書通りに使うことも大切です。なるべく氷が均等に砕けるように、一度にやらず小刻みにスイッチを押す方法もおすすめします。

繊維の多い食材は300W以上

仕上がりに差が出やすい繊維が多い食材をなめらかにしたい場合は、300W以上のハイパワーミキサーがおすすめです。パワーが弱いと繊維質が残りやすく、ザラザラとした見た目になり理想の仕上がりにならない場合があります。

 

健康・美容を意識している方の中には、なるべく栄養成分を無駄にしたくない方が多いです。おいしく飲むためにも、なめらかな仕上がりが可能なハイパワーミキサーを選びましょう。

使う人数に合った容量は?

ハイパワーのミキサーはさまざまな容量があり、選ぶ上でも重要なポイントです。使う人数に合った容量はどの位なのか、解説していきます。

1~2人用は200~600ml

1人分で使うことが多い方・1人でもたっぷり作りたい方・2人で分ける方には、200~600mlのハイパワーミキサーがおすすめです。比較的コンパクトサイズとなっており、種類が多いのも特徴です。

 

1杯約120~200mlが一般的な容量ですが、ミキサーにかける前の食材はかさばるので、少し余裕がある容量を選ぶといいでしょう。少量のハイパワーミキサーであれば、ボトルを持ち歩くことが可能なので、出先で飲むことができます。

3~4人用は600~1000ml

3~4人の家族・友人とシェアして飲むことが多い・料理に使う方は、600~1000mlのハイパワーミキサーがおすすめです。何度も作る手間が省けるので、容量が多い方がいいでしょう。

 

1000ml以上のより大容量なハイパワーミキサーもありますので、1人分200ml前後と考えた容量を選ぶことがポイントです。人数は多いものの、実際に飲まない人もいる場合は、少し容量が少ないタイプでも問題ありません。

ボトルの素材の違い

ハイパワーミキサーを使用する上で、実はチェックしておきたいのはボトルの素材です。主に3種類ありますので、それぞれの特徴について解説していきます。

ガラス製は重いが耐久性が◎

食器などにも用いられていることが多いガラスは、耐久性が高い素材として知られています。また、におい移りがしにくいため、さまざまな食材を使用したい方にもおすすめです。高温にも耐えられるので、スープをなめらかにする際や食洗機に対応している場合もあります。

 

しかし、比較的重いのがネックです。大容量タイプであればより重くなるため、扱いにくく感じる場合があります。使用頻度が高いわりに、収納場所にしまうのが大変という方は、軽量な素材の商品もチェックしておくといいでしょう。

プラ製は軽いがニオイや傷に注意

ハイパワーミキサーの重さの問題を解決してくれる素材は、軽量で幅広い商品に使われているプラスチックです。重さ以外でも価格が安価といったメリットがあります。

 

しかし、長期に渡って使用していると摩擦・不注意による傷がつきやすい点がデメリットです。しっかり洗浄できていないと、小さい傷に雑菌が繁殖する可能性が出てきます。扱いやすさ・価格を重視したい方におすすめの素材です。

新素材トライタン製は注目度が高い

ガラス・プラスチック製は共にメリット・デメリットありますが、この2つの素材のメリットを合わせた素材が、今注目度が高いトライタン製のハイパワーミキサーです。

 

トライタンとは医療機器の製造をしているアメリカの会社が開発した、合成樹脂の新素材です。高級感のあるガラスのような素材感・耐久性を保ちながら、プラスチック級の軽量を実現しました。徐々に取り入れているメーカーが増えているので、ぜひチェックしてください。

お手入れのしやすさは重要!

ハイパワーミキサーを使用したあとは、必ず洗浄するなどのお手入れが必要です。お皿・鍋とは違い、細かい部分が多いためお手入れのしやすさは重要になります。しっかり洗浄出来ていないと不衛生なので、部品が取り外ししやすいか確認しましょう。

 

細かい凸凹があるようなデザインよりかは、フラットな面が多いミキサーの方がお手入れも簡単です。また、刃の洗浄は慎重に行う必要があるため、分解できるといいでしょう。

あると嬉しい機能

ハイパワーのミキサーは、食材を細かくするだけでなくさまざまな機能が備わった商品を選ぶことが可能です。どんな機能があるのか紹介していきます。

複数の刃でさまざまな食材に対応

ハイパワーミキサーには、用途に合わせて刃を選べる商品があり、主にのこぎり刃・波型刃・平刃があります。柔らかい食材・硬い食材など合わせてを交換することができるため、より美味しく、飲みやすく仕上げることが可能です。

 

ギザギザとしたのこぎり刃は、ナッツや葉物野菜・果物など繊維が多い食材におすすめです。食材の硬さ関係なくオールマイティーに使用する際は波型刃が、柔らかい食材には平刃が適しています。

後入れ対応で異なる食感を楽しむ

ハイパワーミキサーの中には、フタ上部の一部の取り外しが可能なものがあり、食材を後入れすることができます。スムージーを作る際にも、なめらかにした後にフローズンフルーツを入れて違う食感をプラスする方法がおすすめです。

 

また、粘度が高いはちみつは、最初の段階で入れてしまうと底に溜まった状態で混ざりにくくなります。しかし、後入れをすることで全体にはちみつの甘さを行き渡らせることができます。

誤作動防止機能付きで安全面に配慮

小さな子供がいる家庭・家電の取り扱いに不安がある方には、誤作動防止などの安全面が配慮された機能が搭載されたハイパワーミキサーがおすすめです。

 

きちんとロックされていない・フタが閉まっていないと作動しないという機能があると、思わぬ事故を防ぐことができます。食材が飛び散る・刃が飛んでくる危険を防止するためにも、安全に使える商品か確認しておきましょう。

デザインも大切

キッチン家電は、どんどんデザイン性が高まっているのが特徴ですが、ハイパワーミキサーもおしゃれなデザインがあります。カラフルなバリエーション・レトロデザイン・洗練されたシンプルなデザインなど、多岐に渡ります。

 

出したままの状態でも生活感が抑えられ、逆にキッチン回りをおしゃれに見せてくれるので、デザイン性を重要視している方が多いです。全体のテイスト、好みに合ったハイパワーミキサーを選びましょう。

サイズは収納しやすさにも影響

キッチンに置くためにチェックしておきたいのが、ハイパワーミキサーのサイズです。使用用途・頻度・収納場所に合った商品を選ぶ必要があるので、サイズについて解説していきます。

収納を考えるなら小型タイプ

使用後は決まった場所に収納する方や、ボトルを持ち歩いて出先で飲みたい方にはスマートな小型タイプがおすすめです。ある程度の容量と限られてしまいますが、収納できないのでは意味がありません。

 

以前に比べ驚くほど小型なハイパワーミキサーが発売され始め、置き場所に困っていた方でも手に取りやすくなっています。

置き場所確保・高い使用頻度なら大型でも可

キッチンにある程度のスペースがある方や、毎日のように使用する方は、大型のハイパワーミキサーもおすすめです。充実した機能が備わっている商品であれば、料理でも大活躍します。

 

小型のハイパワーミキサーに比べ、どうしても大きさのインパクトが出るので、あらかじめサイズを確認しておくと安心です。

価格で選ぶ

ハイパワーミキサーは、多くのメーカーから発売されているため、価格の差がある商品です。その中でも大型・多機能・有名メーカーの商品は比較的価格が高く、10,000円を超える商品があります。

 

一方、小型・シンプルな機能・海外メーカーの商品は、5,000円以下と手軽な金額という傾向です。欲しい機能で選ぶことも大切ですが、予算に合った商品を選ぶようにしましょう。

ラッセルホブス

ラッセルホブス ブレンダー 14072JP

価格:20,209円 (税込)

13段階のスピード設定が可能でなめらかに仕上げる

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラッセルホブス「ブレンダー 14072JP」は、13段階のスピード設定が可能な、繊維までなめらかに仕上げる500Wのハイパワーミキサーです。フタのメジャーキャップ取り外しできるので、混ざりにくいはちみつなどの後入れに便利。ガラスボトルとステンレスのカッター部は分解できるため、洗浄しやすく衛生的です。ボトルとモーター部分が正しく設置出来ていないと作動しない安全設計となっています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ラッセルホブス 商品名 ブレンダー
容量 1.25L 消費電力 500W
定格時間(連続使用時間) 3分 回転数 -
コード長 1.7m サイズ 190×185×390
重量 3.1kg 付属品 専用レシピブック・カッター台着脱器
ツヴィリングJ.A.ヘンケルス(Zwilling J.A. Henckels)

Zwilling エンフィニジー テーブルブレンダー 1400ml 53100-800

価格:26,950円 (税込)

1000Wの切るを極めた高機能ミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

包丁などのキッチンアイテムでお馴染みのドイツ製ブランドZwilling 「 エンフィニジー テーブルブレンダー 」。1000Wのハイパワーと刃物作りのノウハウを生かした切るを極めたピラニアエッジブレードが、冷凍フルーツ・氷までも粉砕してくれます。4種類の自動モードをはじめ、マニュアル・クリーニングモードが搭載されています。容器の素材にはトライタンを使用し、セーフティーシステムで安全な使い心地を実現しました。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ツヴィリング(Zwilling) 商品名 エンフィニジー テーブルブレンダー
容量 1.4L 消費電力 1000W
定格時間(連続使用時間) 10分 回転数 -
コード長 1m サイズ 176 ×188×402
重量 4.0kg 付属品 1400mlジャー(カップ付き)・取扱説明書・レシピブック・タンパー
Vita-Mix (バイタミックス)

バイタミックス A2500i

価格:107,800円 (税込)

自動感知テクノロジー・バルス機能搭載の大人気商品

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「バイタミックス A2500i」は、コンテナに大きさを感知することで時間・回転スピードを自動で調整する自動検知テクノロジーを搭載しています。コンテナが載せなければ作動しないロック機能がついていて、安全面にも考慮。みじん切りに使いやすい一瞬のみブレンドするバルス機能など、高機能が備わった大人気のハイパワーミキサーです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー バイタミックス 商品名 バイタミックスA2500i ホワイト・レッド・ブラック
容量 2.0L 消費電力 1000W
定格時間(連続使用時間) - 回転数 -
コード長 1.35m サイズ 203x279x432
重量 5.6kg 付属品 タンパー・レシピブック
ツインバード工業(Twinbird)

ツインバード パワフルミキサー レッド KC-4859R

価格:12,970円 (税込)

3段階のパワー調整が可能な6枚の刃パワフルカット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利な家電を数多くそろえるツインバードから発売されている「パワフルミキサー レッド KC-4859R」は、6枚の刃を使ったパワフルなカットが自慢です。400W~800Wまでの3段階のパワー調整が可能なので、食材や調理法に合わせた仕上がりにできます。割れにくい「コポリエステル」素材の容器を使用し、安全面にも配慮した設計になっています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ツインバード 商品名 パワフルミキサー レッド KC-4859R
容量 1.2L 消費電力 400W・600W・800W
定格時間(連続使用時間) 4分 回転数 最高 14,000 rpm
コード長 1.4m サイズ 230 × 235 × 445
重量 3.8kg 付属品 取扱説明書( 保証書付 ) ・押し棒 ・レシピブック
シロカ

siroca ミル付きミキサー SJM-115

価格:8,770円 (税込)

時短料理に大活躍する便利なミル付き

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1.5Lと大容量と500Wのハイパワーのシロカ「ミル付きミキサー SJM-115」は、コーヒー豆を挽いたり離乳食作りに役立つミル付きです。大量に作って冷凍保存しておけば時短になります。フタ部分にはセンターキャップがあり、後入れも可能。氷も砕けるチタンカッターは料理の幅を広げてくれる優れものです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー シロカ 商品名 ミル付きミキサー SJM-115
容量 1.5L 消費電力 500W
定格時間(連続使用時間) 回転数
コード長 サイズ 150×170×388
重量 3.1kg 付属品 ミルユニット・取扱説明書(保証書)
DeLonghi(デロンギ)

ブラウン ハウスホールド(Braun Household) ブレンダー ブラック 1.25L パワーブレンド3 JB3060BK

価格:9,728円 (税込)

食洗機にも対応した世界レベルのハイパワーミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラウンの「パワーブレンド 3 ブレンダー」は、ドイツの世界レベルのハイパワーを兼ねそろえた高機能ミキサーです。スピードは5段階で調整が可能。ターボボタンを搭載し、瞬時に最大パワーで撹拌してくれます。サーモレジスト素材のボトルは冷たい氷から熱いスープにまで対応しているため、料理好きな方に役立つアイテムです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ブラウン 商品名 パワーブレンド 3 JB3060BK
容量 1.25L 消費電力 480W
定格時間(連続使用時間) 3分 回転数 22,100回
コード長 サイズ 190×185×385
重量 3.5kg 付属品
フカイ工業

FUKAI ワンミニッツハイパワーミキサー&ジューサー FJP-588

価格:11,276円 (税込)

従来では出来なかった仕上がりを実現した特殊フィルター採用のハイパワーミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

60秒でジュースを作り上げる500Wのハイパワーと、従来では難しかった食材を使用したジュースが可能な特殊フィルターを採用したフカイの「ワンミニッツハイパワーミキサー&ジューサー FJP-588」。自動で撹拌と停止を行いおいしい状態に仕上げてくれます。ワンランク上のジュースを自宅で楽しみたい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー フカイ工業 商品名 ワンミニッツハイパワーミキサー&ジューサー FJP-588
容量 1.5L 消費電力 500W
定格時間(連続使用時間) 回転数
コード長 1.5m サイズ 280×210×470
重量 2.8kg 付属品
ティファール

BL1301JP

価格:4,777円 (税込)

コンパクト×ハイパワーのスタイリッシュミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

調理家電や鍋などでお馴染みのティファールから発売されている「ミキサー ミックス & ドリンク ホワイト BL1301JP」は、1.1kgのコンパクトサイズながら300Wのハイパワーを兼ねそろえたミキサーです。2段階のロックシステムを採用し、軽量のプラスチック容器でお手入れがらくらく。スピードは2段階の調整が可能です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ティファール 商品名 ミキサー ミックス & ドリンク ホワイト・ルビーレッド
容量 600ml 消費電力 300W
定格時間(連続使用時間) 1分 回転数 低速15,000rpm ・高速20,000rpm
コード長 1.3m サイズ 105×105×315
重量 1.1kg 付属品
タイガー

SKT-N100K

価格:9,597円 (税込)

静音設計で周りを気にせず使いやすいミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイガーの「ミキサー ブラック SKT-N100K」は、45%の実感音をカットした静音設計のミキサーです。部品は細かく分解できるので細かい部分の洗浄も可能。食材を扱うからこそ清潔に使用したい方におすすめです。アボカドを種ごと調理でいるほどのハイパワーとなっており、栄養をしっかりとることが可能。なめらかな口当たりのおいしいスムージーを作れます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー タイガー 商品名 ミキサー ブラック SKT-N100K
容量 1L 消費電力 270W
定格時間(連続使用時間) 連続4分運転2分停止 回転数 約9000回
コード長 1.2m サイズ 210×190×382
重量 2.8kg 付属品 ヘラつきブラシ
BRUNO

BRUNO ブルーノ 400ml コンパクトブレンダー ミキサー BOE023-IV

価格:4,148円 (税込)

レトロデザインでキッチンが華やかに

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなキッチン家電が豊富なブルーノから、レトロデザインが可愛らしい「コンパクトブレンダー ミキサー BOE023-IV」をおすすめ。フタには後入れ可能なが小窓が付いており、計量カップ代わりにもなります。家庭用の氷も砕ける270Wで、料理がより楽しみになること間違いなし。デザイン性の高さを求めている方は要チェックです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ブルーノ 商品名 コンパクトブレンダー ミキサー BOE023-IV アイボリー・オレンジ・グリーン
容量 400ml 消費電力 250W
定格時間(連続使用時間) 1分 回転数 高速時約17000回・低速時約14000回
コード長 1m サイズ 154×117×306
重量 1.1kg 付属品 8レシピ掲載ミニ冊子付き

ハイパワーのミキサーはワット数だけでなく、さまざまな選び方があります。用途に合ったミキサーを選ぶことで、料理の時間がより豊かになります。お気に入りのハイパワーミキサーを使って食事をもっと楽しくしましょう。

ミキサーの全商品一覧

商品一覧を見る