手動フードプロセッサーおすすめ10選|みじん切りやお肉カットにも!

手動のフードプロセッサーは、手頃な価格で購入できて便利な扱いやすいキッチングッズです。こちらの記事では選び方のコツやおすすめな商品をご紹介!また、100均・ニトリ・人気のティファールの商品についても注目しました。フードプロセッサーのご購入でお悩みの方はぜひご覧ください。

2021/02/10 更新

慣れても意外と面倒な野菜のみじん切りにんじんやニンニクは硬くて切りにくいし、まな板についた玉ねぎや長ねぎを洗うのも厄介…。かといってわざわざ電動のフードプロセッサーを買うのも勿体無い。そんなときにおすすめの便利グッズが手動のフードプロセッサーです!

 

手動のフードプロセッサーとは、所謂「みじん切り器」のこと。電動のフードプロセッサーは安くても5000円以上、高額モデルだと3万円近くするものもありますが、手動でカット出来るタイプは1000円~3000円程度でお手軽に購入することができます!

 

とはいえ、「手動って硬い素材を入れたらすぐに壊れそう」「小さすぎて使い物にならないんじゃ…」というイメージをお持ちの方も多いですよね。そこで今回は、安いのに使える!おすすめの手動フードプロセッサー(みじん切り器)をご紹介していきます!

今すぐ見る!おすすめの手動フードプロセッサー10選

フードプロセッサーには電動タイプと手動タイプがあります。こちらでは、それぞれのメリットとデメリットをご紹介していきます。

電動フードプロセッサーのメリット・デメリット

電動のフードプロセッサーは、力がいらないため簡単・多機能なのがメリットです。

 

  • 千切り
  • みじん切り
  • 粗切り
  • 泡立て
  • 肉のカット

などの機能が使えて、導入すれば調理の手間を上手に省けます。一方、やや高価格でサイズが大きいため、収納場所やコストの面で困りやすいのがデメリットです。

 

多くの食材をまとめて砕いたりスムージーを作る際はミキサーが向いています。こちらの記事ではおすすめのミキサーを紹介していますので、ぜひ合わせてご覧になってください。

手動フードプロセッサー(みじん切り器)のメリット・デメリット

手動のフードプロセッサーは、所謂みじん切り器とも称されるグッズです。電源不要で安いため、手軽に導入しやすいのがメリットと言えるでしょう。使い方としては、

  • 引っ張って使う
  • ハンドルを回して使う
  • プッシュして使う

の3つが挙げられます。

 

しかし、電動タイプと比べると、硬い食材を切るのが難しい・みじん切りしかできないのがデメリットです。一部分の工程だけに絞って少しだけみじん切りをする、といった使い方で活躍します。また、スープに使う野菜などをまとめて同じサイズにカットするなどの使い方も可能です。

今すぐ見る!おすすめの手動フードプロセッサー10選

手動式のフードプロセッサーには、3種類の使い方があります。こちらではそれぞれの使い方をご説明していきます。

紐を引っ張るタイプ

フードプロセッサーに紐が付いているタイプは、中に食品を入れてから紐を引っ張るという使い方をします。力が要らないため手軽に扱いやすいのが魅力的です。また、シンプルな構造なので見た目も充実していて、キッチンのデザインに馴染みやすいです。

 

サイズもさまざまで、収納時に場所を取りにくいものもあります。また、大きなサイズでは多数の食材をまとめてカットする使い方もできます。力が要らない分手動でも疲れず、使い方も単純で覚えやすいので子供でも使いやすいです。

ハンドルを回すタイプ

ハンドルを回すタイプは、カットしたい食品を中に入れてからハンドルを回して中の刃を回転させて使います。一番最初に好みの粗さ・大きさを設定してから使えるのが利点です。

 

ある程度自分好みに調整してから使える上、食材や料理に合わせた大きさにカットできて、よりさまざまな場面で用いやすいという魅力があります。また、硬い食材などをカットしようとするとハンドルが回しづらいこともありますが、レンジであらかじめ温めて熱を通すと簡単にカットしやすくなるので試してみてくださいね。

フタをプッシュするタイプ

フタをプッシュするタイプは中に少量の食品を入れてフタを押して使います。簡単に細かくカット可能なので、にんにくや唐辛子などを調味料として少量使用したい場合にも適しています。

 

また、匂いが気になる食品を細かくカットしたい場合に、カットする工程や匂いのついたまな板や包丁を洗う工程を減らすことができます。さらに、機種によってはやや硬めの食品も砕けるので、お菓子作りなどに扱うくるみ・ナッツにも使えます。

手動のフードプロセッサーは、3つのポイントを押さえると上手に選びやすいです。こちらでそれぞれの選び方のコツについてご説明します。

操作方法

操作方法に着目して選ぶ場合、どんな用途に使うのか想像すると適した種類を見つけやすいです。たとえば、

 

  • 紐を引っ張るタイプ:遠心力を利用するので力を使わずに済ませたい方におすすめ
  • ハンドルを回すタイプ:サイズや粗さを調整でき多くの料理に取り入れたい方におすすめ
  • フタをプッシュするタイプ:食品を粉砕しやすいので硬い食品も細かくしたい方におすすめ

 

となっています。操作方法ごとにそれぞれ活躍する場面が異なるため、自身以外に子供が使う場合なども想定して購入しましょう。

容量・本体サイズ

手動式のフードプロセッサーは、コンパクトなサイズが多めです。しかし、入れられる食品の数や容量・本体サイズなどに着目すれば、自身がより収納しやすい・カットしやすいグッズを導入できます。

 

一番種類が豊富なのは、1人分の料理で使用する小さめのサイズです。

 

  • 200mlほどの容量は1人暮らし向け
  • 450ml以上入るタイプは2人用の料理向け
  • 1Lまで対応する種類は家族料理向け

となっています。容量が大きめであれば、多くの分量の料理を作る際にも不便なく活用しやすいです。また、容量が小さい場合は収納・設置場所の懸念が発生しにくくなっています。

水洗いのしやすさ

パーツの分解が可能なフードプロセッサーは、水洗いが簡単にできます。さらに、カッター部分の取り外しが可能な設計であれば、より手軽に容器を水洗いできます。パーツが分解できればより隅々まで洗いやすいため、清潔な状態を保てるでしょう。

 

また、食洗機に対応しているものであれば、より衛生的なケアを手軽に行えます。食洗機で洗えると、手洗いの手間をかけずに清潔な状態にしやすいです。すべてのパーツが食洗機で洗えるものを使用すれば、カッター部分を手洗いする際に怪我をする懸念も減らせます。

ケイ・アンド・エー

K&A ぶんぶんチョッパーR BBC-11

価格:1,245円 (税込)

容量が大きめで便利!人気のぶんぶんチョッパー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

640mlの容量があり大き目なので、家族向けの料理でも活躍しやすい利点があります。また、刃はステンレスなので錆びにくく清潔にカット可能です。耐熱温度も70度なので、温めた食品も手軽にカットできます。

 

紐を引っ張る回数によってみじん切りの細かさを調整できて、8秒間紐を引っ張るだけで手軽に野菜類を細かくできるため便利です。また水抜き用の穴も付いていて、水気の対策もしやすいでしょう。

サイズ 12.5×12.5×10.8cm 満水容量 約640ml
本体耐熱温度 約70度 重量 約215g

早速玉ねぎをぶんぶんチョッパーにかけたところ、あっという間にみじん切りになり驚きました。 女性の私でも、力まず十分に紐を引っ張れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ティファール(T-fal)

ティファール マルチみじん切り器 K09813

価格:6,000円 (税込)

容量が900mlでアイスも作れる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容量が900mlと手動のフードプロセッサーとしてはかなり大きめで、アイスが作れる専用カッター付きです。冷凍したままの野菜なども手軽にみじん切りにできるでしょう。ハンドルがかなり大きめで紐付きのハンドルを引っ張ると作業ができ、滑り止めもあって安全に使いやすいです。

 

またジャガイモやカボチャといった硬い食材もつぶしてマッシュポテトなどが作れるのも特色となっています。アイスやスムージーも電力なしで作れるので、手軽におしゃれなドリンク類を作れます。

サイズ 幅13.7×奥行13.7×高さ14.2cm 本体耐熱温度 100度
満水容量 900ml 重量 503 g

しっかりしたつくりで非常に使いやすいと思います。アーモンドとか、ナッツ類も粉砕できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

和平フレイズ(Wahei freiz)

和平フレイズ スティージー ME-7127

価格:1,830円 (税込)

ロック機能付きで子供も使いやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中に食品を入れた後は側面のスイッチでふたのロックができます。その上、紐が付いたハンドルを引っ張る形式なので力が必要なく、子供も扱いやすいです。また、ハンドルを引く回数でみじん切りの度合いを調整可能です。

 

容量は2Lなので、多くの食材のカットにも対応でき、刃のパーツは分解できるので隅々まで洗いやすいでしょう。フタにくっつく食品を取り除くパーツもあり便利です。

サイズ 約14.8×14.4×12cm 本体耐熱温度 80度
満水容量 2L 重量 318g

レバーが大きく 引っ張りやすい。力も少なくて済む。 同じメーカーから出ている 800円程度で売られてるチョッパーよりも耐久性はありそう。 容量もそこそこあり 中くらいの玉ねぎなら1から1.5個は余裕でみじん切りできる。

出典:https://www.amazon.co.jp

パール金属(PEARL METAL)

パール金属 クイックリー C-14

価格:1,200円 (税込)

ドレッシング作りにも対応

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンドルを回してみじん切りにできて、油の注ぎ口がある構造なので任意のタイミングで油を入れて攪拌して、本格的なドレッシングを作ることもできます。ハンドルを回す回転数やスビードでカットする細かさを変えやすいです。

 

色味は黒と白から選択可能でキッチンに合うデザインを導入できます。また1.4Lと容量も大き目なので様々な場面で役立ちやすいです。日本製なので安心して導入もしやすいでしょう。

サイズ 外径165×高さ215mm 本体耐熱温度 70度
満水容量 1.4L 重量 500g

以前になんとなく買った本商品を使ったところ、面倒なみじん切りから解放されました。 なすやきゅうりなど、サイコロステーキ大のまま入れましたがいけました。 にんじんなどのカタブツは少し怖いので、もう少し小さくしてやってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

河西

ビュン! ビュン! チョッパー

価格:5,830円 (税込)

卵・魚や肉のカット・クリームなど多用途に使えて便利

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

卵・魚や肉のカット・クリームやマヨネーズなどのソースも作れて、たくさんの料理に電気なしで工程を省ける特徴かあります。お菓子作りにも力を入れずに活用できるため、子供に手伝ってもらう際にも安心して使わせやすいでしょう。

 

また、細かくカットした後にはフタをしてそのまま冷蔵庫での保管もできるため、先にした処理だけ済ませておいて後から調理に用いられます。赤いビビッドな見た目は明るい印象です。

サイズ 13.7*13.5㎝ 本体耐熱温度 90度
満水容量 1L 重量 414g
ケイ・アンド・エー

K&A ぶんぶんチョッパースーパー5

価格:1,680円 (税込)

2,5倍の力でカット可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

従来の製品の2.5倍の力でカット可能なので、たくさんの硬い食品をまとめて調理しやすいです。水を抜くための穴もあり、カット後も水っぽくならないでしょう。また、バーツも分解できて、丸洗いが可能なため、手軽に清潔さを保ちやすいです。

 

ふたの側面に付いているスイッチをスライドすることで手軽にロックもでき、子供に手伝いを任せる際も安心して使わせられます。900mlと大容量なので、玉ねぎをそのまま入れても簡単にカット可能です。

サイズ 12.5×12.5×14cm 本体耐熱温度 70度
満水容量 900ml 重量 259 g
OXO(オクソー)

OXO みじん切り器

価格:4,320円 (税込)

底面に吸盤があって簡単に固定可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

底面には吸盤の構造付きで簡単に固定できる設計なので、作業中に押さえる手に力を籠めずに済みます。蓋の両サイドにはロックのためのスライドが付属し、カットしている最中に食品が飛び出す懸念も減らせるでしょう。

 

刃やハンドル部分は取り外しできる設計なので、気になる部分も簡単に丸洗いしやすいという利点もあります。食洗機にも対応があり、便利に洗えるのも特徴的です。

サイズ 縦14.5×横16.5×高さ24cm 本体耐熱温度 80度
満水容量 320ml 重量 585 g
下村工業(Shimomura Kougyou)

下村工業 スーパーみじん切り器 ASM-651

価格:1,469円 (税込)

大容量でたくさんのみじん切りができる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1.7Lと大容量なので、一度にたくさんのみじん切りが行いやすく、何回も小分けにしてハンドルを回す手間が省けるでしょう。ハンバーグなどの下準備も簡略化できて、レビューではひよこ豆も粉砕できたと評判になっています。

 

滑り止め付きなので安心してハンドルを回しやすく、容量が大きめでも安めの価格設定で、コスパ良く購入可能なのが利点です。また油の注ぎ口付きでドレッシングも作れます。

サイズ 195×175×175mm 本体耐熱温度 80度
満水容量 1.7L 重量 721 g

玉ねぎのみじん切りで、かみさんが目が辛いと言うので購入しました。 大きさも丁度良く、鋭い切れ味でとても使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

mone

プレカット チョッパー H0005

価格:950円 (税込)

にんにくやナッツも粉砕可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

にんにくなどのカット時の匂いが気になる食品や、固いナッツなども上から押すことで手軽に細かくできるグッズです。電力なしで手軽に粉砕できるため、電源コードの長さや位置を気にせず調理に用いやすいでしょう。

 

また、レビューでは自身で食べる料理以外に、ペットフードを砕いて年配になったペット向けに食べやすくさせる用途で活用している方も多いです。コンパクトで収納にも困りません。

サイズ 直径62×高さ173(mm) 耐熱温度 70度
満水容量 約700ml 重量 243g

洗うのはパーツがいくつかに分かれるのでやや手間ですが、食べる時にはすぐに細かく刻めるし、刻んだナッツ類は飛び散らないし、大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

貝印(Kai Corporation)

貝印 DH-7220

価格:1,168円 (税込)

みじん切り以外に攪拌や水きりが可能

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カッターのパーツ以外に食品を混ぜるための部品・水切り用の部品も付属していて、色々な調理の工程を簡単にこなせるのが魅力となっています。蓋には白身と黄身を分ける構造もあって、お菓子作りにも役立てられるでしょう。

 

また、ハンドルを回せば生クリームなども電気を使わずに攪拌できるので、コードが邪魔になることもありません。

サイズ 18.8×18.8×26cm 耐熱温度 70度
満水容量 1.8L 重量 626g

安さを重視している場合、ニトリでは400円台から・100均では300円台から購入可能なみじん切り器がおすすめです。ニトリのみじん切り器は白いシンプルな見た目と450mlの容量が特徴的で、どの部品も耐熱温度が90度以上と温かい食品も扱いやすいです。

 

100均で販売されているのは紐を引っ張る形式の野菜カッターです。ダイソーでは300円の商品として販売されています。設計は、ぶんぶんチョッパーと似ています。容量が小さめなので軽く野菜をカットしてから中に入れる必要はあるものの、紐を引っ張るだけで手軽にみじん切りにすることができます。

 

ダイソー製品の場合、底部分に滑り止めが付いているのが嬉しいですね。

手動のフードプロセッサーを取り入れれば、面倒な作業の1つであるみじん切りを簡単に行えて時短ができるため便利です。また、選び方のコツを踏まえてチェックすれば、自身の用途に適したより扱いやすい用品を導入できます。使い方が簡単なおすすめの商品を取り入れて、手間のかかる料理を簡単に仕上げてみましょう。