最強のコストパフォーマンスを実現したヘッドホンおすすめ【10選】

コストパフォーマンスのよいヘッドホンのおすすめ10選と特徴についてまとめています。ヘッドホンの選び方、特徴、他社との比較まで。ヘッドホン選びにコストパフォーマンス重視で調べている人は是非こちらの記事を参考にしてください。

2021/10/21 更新

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

昨今、音楽は人々の身近な存在となっています。そんな音楽を聴くためにヘッドホンはとても重宝しています。 ヘッドホンは長く使うことができるツールなだけに、自分にあった商品を選びたいところです。そこで、ここでは、ヘッドホンの選び方について紹介していきます。商品を選ぶ前の重要なポイントを紹介していきますので是非参考にしてください。

すぐに最強おすすめ10選を見る

ヘッドホンの種類

ヘッドホンの種類といっても様々なものがあります。価格も重要な検討材料の一つになりますが、その前に以下の4点を念頭にいれて、ご自身に最適なヘッドホンを選んでいきましょう。 1.接続方法 2.種類 3.音質の傾向 4.機能

1.接続方法

ヘッドホンで音楽を聴くためには、音楽再生機器などに接続をする必要があります。 接続方法は、「有線接続」と「無線(ワイヤレス)接続」の2種類があります。ヘッドホンといえば、かつては有線タイプが主流でしたが、最近ではBluetoothで接続できるヘッドホンも増えてきています。

有線接続タイプのヘッドホン

有線接続タイプは、ケーブルを端末に差し込んで接続するタイプになります。直接繋いで音楽を聴くため、高音質な商品が多いのが特徴です。ただし、ケーブルがあることで、タッチノイズや断線の煩わしさを感じることがあります。

無線接続(ワイヤレス)タイプのヘッドホン

無線接続(ワイヤレス)タイプは、ケーブルを使用せずにBluetoothで接続するタイプになります。一般的に無線で接続するヘッドホンは、ワイヤレスヘッドホンや、Bluetoothヘッドホンと呼ばれています。 ケーブルレスにより、ストレス無く使用できるのが特徴ですが、音の遅延や音が途切れる可能性があります。最近のIphoneはワイヤレス接続重視で変換機がないと音楽が聴けないため、こちらのヘッドホンを選ぶ人も増えてきています。

2.ヘッドホンの種類

ヘッドホンは形状によっても種類が分かれ、そのタイプはヘッドホンに内蔵されたスピーカーを指すドライバーユニットを覆う形状によって変わります。大きく「密閉型」と「開放型」の2種類あり、ここからは各タイプの特徴について紹介します。

密閉型ヘッドホン

密閉型は、耳とヘッドホンのスピーカーが密閉した形状を指しており、遮音性に優れたタイプのヘッドホンとなります。周囲の環境を気にすることなく音楽を楽しむことができます。ノイズキャンセリング機能を搭載した機種が多いことも特徴です。 昔からあるスタンダードな形状のヘッドホンで、外部の音を遮断するため、細かい音も聞き取りやすく、音楽に没頭できることがメリットです。低音を逃しにくい構造なので、低音の効いた曲を楽しみたい方に適しています。 前述した通り、周囲への音漏れが少なく、音漏れが気になる公共の場所でも使いやすいのが魅力です。小さな音も聞き逃したくない方や、曲を集中して聞きたい方におすすめです。しかし、密閉されることで外部の音が聞こえにくいので注意が必要です。

開放型ヘッドホン

開放型ヘッドホンはハウジングと呼ばれる部分に穴が空いているタイプとなり、オープンエアー型と呼ばれることもあります。 耳とヘッドホンのスピーカーが開放されている形状で、ハウジング内で反響することによるこもりが少ないため、自然な音を聴くのに適したタイプとなります。 軽量モデルが多いので、大型の物でも比較的気軽に装着することが可能で、長時間着けていても疲れにくいため、家でゆったりと音楽を聴きたい人におすすめのヘッドホンです。 しかしながら、遮音性は高くなく、低音が外に逃げやすいため、音漏れを気にする必要があります。屋外で使用する場合には注意が必要です。

3.ヘッドホンの音質傾向

ヘッドホンの音質はメーカーや機種ごとに大きく異なってきます。 価格が高ければよいというものでもなく、ヘッドホンの得意とする音の傾向と自分好みの音が一致していることが重要です。ここでは、「モニター型ヘッドホン」と「リスニング向けヘッドホン」を紹介していきます。

モニター型ヘッドホン

モニター型ヘッドホンは、主に音楽制作を木定期としたシーンに適しており、生音に近いリアルな再現性を備えているのが特徴です。幅広い音域を再生するのに適したヘッドホンです。 モニターヘッドホンは低音から高音までフラットに出力されるのに対し、普通のヘッドホンは聴きやすいように調整されています。そのため、モニターヘッドホンは音を聴き分けるのに適している反面、普通のヘッドホンと比べると疲れやすい場合があります。 音を監視するのがモニターヘッドホンの役割となるため、観賞用の普通のヘッドホンとは使用目的が異なる点に注意が必要です。 モニターヘッドホンの最大の特徴は、原音に対する調整を少なくし、原音を忠実に再現する点です。これがモニターヘッドホンの特徴であり、理想のモニターヘッドホンとなります。 また、プロ使用の業務用ヘッドホンでもあるため、プロの使用に耐えうる耐久性が必要とされます。修理が簡単でシンプルな構造という点や、補修部品の在庫が長期的に保障されているなどもモニターヘッドホンの大きな特徴となります。

リスニング向けヘッドホン

リスニング向けのヘッドホンは、ベース音を強調している重低音ヘッドホンや、低音と高音ともに強調されたドンシャリ傾向のあるヘッドホンなどがあり、バリエーションが豊かなのが特徴となります。 製品ラインナップが豊富に揃っているため、各メーカーの音質の傾向を把握して選ぶのが重要なポイントと言えます。特に老舗メーカーのヘッドホンはこれまでに培ってきた技術とノウハウが活かされているため、自分好みのモデルを見つけやすい傾向があります。 音楽鑑賞のみならず、映画やゲーム向けのヘッドホンもあります。また、リスニング向けのヘッドホンは聴き疲れしにくい音作りを備えている機種が多いことが特徴です。

4.ヘッドホンの機能

ヘッドホンの機能として最重要なのは音質ですが、その音質の中でも大切な「再生周波数」と「ノイズキャンセリング機能」について紹介します。 どちらも音質を重視する上で欠かせないポイントとなりますので、しっかりと認識しておきたいですね。

再生周波数

再生周波数とは、ヘッドホンが鳴らすことができる音の範囲を表しています。 周波数はヘルツ(Hz)という単位で表します。一般的ヘッドホンは、人間が感じ取ることができる20Hzから20,000Hzの範囲とされています。再生周波数の幅が広がるほど出力できる音の範囲が広がるので、より高音質となります。 また、高音質を出力できるハイレゾ対応のヘッドホンは、最大周波数が40,000Hz以上となります。高級モデルに多いハイレゾですが、コストパフォーマンスの良い商品にもハイレゾ対応の商品もありますので、是非ヘッドホン選びのポイントにしましょう。

ノイズキャンセリング機能

カフェや電車内、飛行機内や町中などで気になる騒音ですが、周囲の環境を気にせずに音楽に没頭できたら嬉しいですよね。そこで大活躍するのが「ノイズキャンセリング機能になります。 ノイズキャンセリングとは、ヘッドホンのマイクが周囲の音を取り込み、その音と逆の周波数を流すことで騒音を打ち消してくれる機能になります。 騒音が気になる時にはついつい音量を上げがちになりますが、ノイズキャンセリング機能があれば音を上げずに楽しむことができます。そのため、耳への負担をかけずに、音楽に集中することが可能になります。 密閉型のノイズキャンセリングモデルを選べば、ストレス無く楽しめるので、ノイズキャンセリング機能が備わっているかを検討ポイントにするのも良いですね。

メーカー毎の特徴

ソニー(SONY)

ソニーは先進的な技術と開発と新しいオーディオの楽しみ方を提示してきた世界的にも有名なメーカーです。ウォークマンの発売により、携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立させたメーカーでもあります。 ヘッドホンにおいては、プロ用・一般用の両方において国内トップクラスです。特にプロ用のヘッドホンは、発売から30年以上経つ現在でも業務用のヘッドホンとして圧倒的な影響力を持つものもあります。 一般用のヘッドホンは、ハイレゾ音源が聴ける広帯域に対応していたり、Bluetoothで伝送する際の高音質に対応していたりと、優れたスペックを備えています。 製品によっては騒音を打ち消すデジタルノイズキャンセリング機能も搭載しており、音質がクリアで音の隅々までしっかりと聞き取ることができるのがポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

日本を代表するヘッドホンメーカーのひとつです。幅広い価格帯で豊富な製品ラインナップを揃えているのが特徴です。 国内メーカーとしては珍しく開放型を多く展開しているのがポイントです。やや高音を強めた爽やかなサウンドが特徴です。なかでも、業務用のヘッドホンはフラットな傾向にあり、原音を忠実に聞きたい方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

開放型ヘッドホンを1967年に開発したドイツの老舗音響機器メーカーです。業務用を中心に世界的な人気を集めています。精密で、滑らかなサウンドを鳴らすことができ、空間表現力の高さも特徴です。クラシックを中心としたアコースティックな音楽との相性が良好です。

ボーズ(Bose)

世界で初めてノイズキャンセリング機能を開発したアメリカのオーディオ機器メーカーです。独自の音楽理論と多数の特許技術を持っており、全体的に華やかで聴き応えのある心地よいサウンド作りをしているのが特徴です。 重低音で有名ですが、そのほか、声の帯域である中音域をクリアに聴かせてくれるモデルをラインナップしています。高性能な製品を求めている方は是非チェックしておきましょう。

ビーツ(Beats)

スタイリッシュかつクールなデザインとおしゃれなカラーリングが特徴のビーツです。音質も良好で、特に重低音重視の方は要チェックのブランドです。 音楽業界だけでなく、アスリートやモデルなど多くのセレブに愛用されているのもポイントです。2014年からはAppleの傘下となり、同メーカー製品との互換性も考慮したい方はチェックしておきましょう。

10位 ソニー(SONY)

ヘッドホン 重低音モデル MDR-XB550AP

価格:3,567円 (税込)

圧倒的な量感の重低音を実現した折り畳み式のヘッドホン

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドライバーユニットから鼓膜までの気密性を高め、さらにダクトにより低域の振動板の動作を最適化しています。正確なリズムを刻む圧倒的な量感の重低音、そのグルーブ感を大レクとに伝達することで、臨場感にあれた迫力のサウンドを実現しています。

 

耐振幅特性、耐気圧特性を確保し、さらにハイコンプライアンス化したエクストラベース振動板により迫力の重低音再生を実現しました。

 

低反発ウレタンフォームをイヤーパッドに採用し、やわらかく快適な装着性を実現しています。また、耳の凹凸に追従することで高い気密性を確保し、タイトな低音をダイレクトに伝達することができます。

 

ヘッドバンドとスライダー部に連続した金属を採用することで堅牢性と快適な装着性の両立を実現しました。頭部形状に沿う形状に設計することで接触面積を増やし、パンチの効いた重低音に負けない安定したフィッティングになっています

9位 ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-CH700N

価格:13,417円 (税込)

圧縮音源の高音域をクリアに再現する「DSEE」搭載のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧縮音源の高音域をクリアに再現する「DSEE」を搭載したワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンです。

 

ボタンひとつで周囲の騒音を分析し、最適なキャンセリングモードを自動で選択する「AIノイズキャンセリング機能」を搭載しています。

 

ワンタッチ接続機能を搭載しており、耳元のボタンでスマートフォンなどのプレーヤーを簡単に操作ができます。また、8台までの機器とペアリングできるマルチペアリングに対応しています。

 

スマートフォンを取り出さず、ヘッドホン側の操作と音声操作により、電話をかけたり音楽を再生したりすることも可能になっています。最大35時間の長時間ワイヤレス再生が可能となっており、10分充電で60分の再生が可能なクイック充電にも対応しています。

8位 BOSE(ボーズ)

SoundLink around-ear wireless headphones II ワイヤレスヘッドホン ブラック

価格:21,730円 (税込)

音楽のための深みのある印象的なサウンドのワイヤレスヘッドホン

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボーズ独自の技術から再生される深く豊かな高音質サウンドのワイヤレスヘッドホンです。

 

風の強い場所や騒音下でもクリアな通話品質を実現しています。スマートフォンなど、2代のBluetooth機器を交互に切り替えて同時に接続できるマルチポイント機能を搭載しています。

 

SoundLink Wireless headphonesnesは卓越したサウンドを再生するように設計されています。そのため、独自のテクノロジーを組み合わせることで、音量に関係なく一貫した音楽を楽しむことができます。

 

音楽を聴いている最中でも電話がかかってきて出なければならないこともあるかと思います。ヘッドホンではありますが、HD Voiceを搭載した高度なマイクロホンシステムにより、風の強い場所でもクリアな通話が可能です。

 

また、イヤーカップのボタンにより、機器に触れずに通話を開始、終了できます。さらにサイドトーンの強化により、ヘッドホンを装着していないかのようなナチュラルな声が再現されています。

7位 ゼンハイザー(Sennheiser)

密閉型 ヘッドホン 4.30G BLACK

価格:10,450円 (税込)

Andoroid Galaxy用リモコンが搭載された新しい密閉型ポータブルヘッドホン

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゼンハイザーの高品位サウンドをどこでも楽しめるHD4.00シリーズのヘッドホンです。

 

このシリーズはゼンハイザー独自のネオジウムトランスデューサーを搭載、ダイナミックな低音を透明感のあるサウンドでバランスよく表現します。耳を完全に覆うサーカムオーラル設計で優れた装着感と高品質なサウンドを両立します。

 

耐久性、実用性と日常的な使用のために設計されており、装着感にも優れ長時間の使用も可能にしています。

 

ゼンハイザー独自のトランスデューサー技術によりクリアーで臨場感のある高品位サウンドを体感できるモデルであり、サウンドのレスポンスに優れ、豊かな低音を広い音場空間を表現します。

 

Android Galaxyとの使用に最適なリモコンが付属しており、内蔵されているマイク付きリモコンを使用すれば、手元での音量調整や音楽の再生や停止、通話などの操作が可能になります。

6位 Audio Technica(オーディオテクニカ)

密閉型DJモニターヘッドホン ATH-PRO500MK2 BK

価格:9,600円 (税込)

熱いDJプレイに応えるタフ仕様の密閉型モニターヘッドホン

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

 

コンパクトボディに大口径ドライバーを搭載し、重厚感あるサウンドを再現した密閉型モニターヘッドホンです。

 

新設計の高性能ドライバーユニットを搭載しており、PROシリーズ特有の低域に厚みのある音作りをベースにした迫力サウンドを実現しております。

 

外部からの衝撃に強いエラストマーフレーム採用。DJプレイを支えるハンドグリップデザイン。モニタリング時に握れるほど良いグリップ性を追求し、片手にすっぽりと収まるサイズ感と、エラストマーに指掛かりのいい凹凸を施しています。

 

携帯性に優れた折り畳み機構で、DJモニター時に使いやすい片側50度/片側90度に設計された上位機種譲りの反転モニター機構を搭載しています。

 

メンテナンスも手軽に行えるネジ式着脱コードを採用しており、用途に合わせて使用できる2種類のタイプ別コードを付属しています。

5位 オーディオテクニカ

ワイヤレスヘッドホン ATH-S200BT GBL

価格:4,895円 (税込)

Bluetooth対応のワイヤレスヘッドホン

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

密閉ダイナミック型のワイヤレスヘッドホンです。

 

φ40mmのドライバーを使用しており、クリアで迫力のあるサウンドをワイヤレスで再生することができます。音漏れのしにくい密閉型のため、周囲を気にすることなく音楽を楽しむことができます。

 

軽量で快適な耳のせタイプで折り畳みができるスイーベル機構を搭載。耳元で音楽・動画、通話を簡単に操作することが可能です。

 

約40時間という長時間の再生が可能なため、外出先でも充電を気にすることなくワイヤレスリスニングを楽しむことができます。

4位 オーディオテクニカ

ATH-AD500X

価格:10,800円 (税込)

迫力のある低域と美しい中高域まで再現するオープン型ヘッドホン

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高耐入力のCCAWボイスコイルφ53mmドライバーで迫力のある低域と美しい中高域まで再現する新開発の大口径ドライバーにより、広帯域再生を実現したオープン型ヘッドホンです。

 

アルミニウム製ハニカムパンチングケースを採用し、強度と軽量化を両立しています。開口率の高いハニカムパンチングがケース内の空気の流れをスムーズにして、美しい余韻を奏でることができます。

 

3Dウイングサポートで軽快な装着感を追求しており、圧迫感を抑えたトータルイヤフィット設計です。高耐久性と適度な柔軟性のある起毛素材のイヤパットでフィット感を向上させ、立体的に耳をホールドすることで、快適な装着感を実現しています。

3位 Beats

オンイヤーヘッドホン - レッド

価格:9,714円 (税込)

緻密なチューニングにより、幅広い音域とクリアなサウンドを実現したオンイヤーヘッドホン

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Beatsオンイヤーヘッドホンは精巧にチューニングされたサウンドにより、幅広い音域とクリアなサウンドを実現したヘッドホンです。

 

フレームは耐久性に優れたステンレススチール製で、上下に調整可能なヘッドバンドでびったりフィットするように設計されています。頑丈で軽量のため、毎日快適に使用することができます。

 

 

2位 Audio Technica(オーディオテクニカ)

オープンオンイヤーヘッドホン ATH-EP700 OR

価格:6,300円 (税込)

躍動感のある低音域から繊細な高音域までバランスよく再生するオープンオンイヤーヘッドホン

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

演奏の楽しみを向上させる楽器用モニターヘッドホンでもあり、躍動感のある低音域から繊細な高音域までバランスよく再生することができます。

 

電子ピアノや楽器演奏用にチューニングした新設計ドライバーを採用。軽量のオープンエアー構造で、長時間のリスニングに快適な小型仕様となっています。

 

収納に便利なスイーベル折り畳み機構を採用。コードを背面45°方向に配置し、使い勝手のよい片出しコード&便利な2WAYプラグに対応しています。

1位 ソニー(SONY)

ワイヤレスヘッドホン WH-CH510 W

価格:3,566円 (税込)

最大35時間再生可能な高音質設計のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクト、ワイヤレスでもクリアでパワフルな高音質を実現するために、コンパクトで軽量なφ30mmドライバーを採用。高精細な音楽再生を実現しました。ワイヤレスでも応音質なAACに対応で音質劣化の少ないリスニングを実現しています。

 

ハウジング部をフラットにしまえるスイーベル機構を採用し、コンパクトに持ち運びしやすく設計されています。また、わずか約132gの軽量設計のため、持ち運びはもちろん、快適な装着感を実現します。

 

耳元のボタンでIphoneなどのプレーヤーを簡単に操作することができます。端末をポケットから取り出すことなく、曲送りなどはもちろんのこと、電話の受話や終話の操作が可能です。

 

最大35時間再生のロングバッテリーを搭載しているため、1日中音楽を楽しむことができ、出先でもバッテリーの心配をすることがありません。

いかがだったでしょうか。ヘッドホン一つでも様々な種類や検討ポイントがあったと思います。今回はコストパフォーマンス重視のヘッドホンを紹介しましたが、様々なメーカーも確認してみて、ご自身にぴったりなヘッドホンを選んでいただければと思います。

# コスパ