キヤノン EOS 8000D デジタル一眼評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥38,800
キヤノン EOS 8000D デジタル一眼の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、キヤノン EOS 8000D デジタル一眼がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/05/10 更新

ランク王編集部

初心者に最適!操作性が抜群の万能デジタル一眼カメラ

本商品は、キヤノンより発売されている操作性を重視したこだわりのデジタル一眼カメラです。その場のシーンにあわせて誰でも綺麗に撮れる「13種類の撮影モード」を備えています。また、かんたん撮影ゾーン・応用撮影ゾーンの2つのゾーンを360°回転すれば、素早く切り替えが行えます。

加えて、表示パネルはボディーの上部右手側に設置。これにより、操作もスムーズに行えてカメラの設定もらくらく行えます。どんな場所でも被写体でもナチュラルに映し込むことができるので、カメラ初心者の方や不慣れな方でも安心して使えておすすめです。どれを買えばいいか迷った時にもいいですよ。

EOS 8000Dのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

Canon EOS 8000D の基本スペック

キヤノン

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 8000D ボディ 2420万画素 EOS8000D

価格:98,670円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー Canon 商品名 EOS 8000D
撮像素子 22.3×14.9mmCMOS シャッタースピード 1/4000〜30秒
有効画素数 2420万画素 記録フォーマット JPEG/RAW
撮影感度 ISO6400 記録メディア SD/SDHC/SDXC
手ぶれ補正機構 - 連写速度 約5コマ/秒
動画記録画素数 Full HD(1920×1080) サイズ 約131.9×100.9×77.8mm
重量 約520g(本体) レンズキット
その他機能 Wi-Fi ダスト除去

Canon EOS 8000D のケース

キヤノン

Canon セミハードケース EH27-L

価格:3,747円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Canon EOS 8000D対応のセミハードケースです。

 

レンズを装着したまま収納することができるため、素早く取り出して撮影を行うことができます。また、セミハードケースなので軽い衝撃からカメラとレンズを保護します。

Canon EOS 8000D のストラップ

キヤノン

Canon ワイドストラップ EW-100DBV EW-100DB5

価格:1,944円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Canonの純正ワイドストラップです。

 

首や肩からぶら下げて使用するシーンが多い場合は傷みやすいようですので、予備は持っておいたほうが良いかもしれません。

Canon EOS 8000D のバッテリー

キヤノン

Canon バッテリーパック LP-E17

価格:4,626円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Canon EOS 8000D 用のリチャージャブルバッテリーです。

 

長時間撮影を行うことが多いデジタル一眼レフカメラの撮影では予備バッテリーは複数持っておきたいアイテムの一つと言えます。他社から互換バッテリーも発売されています。

Canon EOS 8000D のおすすめポイント

ミドルクラスでありながら2420万画素の高解像度

Canon EOS 8000Dはハイエンドクラス寄りではありますが、ミドルクラスに位置づけられているデジタル一眼レフカメラです。ミドルクラスでは解像度を落とした設計になっているものが多いといわれていますが、Canon EOS 8000Dは2420万画素もの高解像度を達成しています。

2系統のオートフォーカス方式を自動選択

デジタルカメラのオートフォーカス方式には「コントラスト検出方式」と「位相差方式」の2種類があり、デジタル一眼レフでは主に「位相差方式」が採用されています。

 

どちらか一方を採用するのが定石といわれてきたオートフォーカス方式ですが、Canon EOS 8000Dは両者を撮影シーンによって自動で使い分ける「ハイブリッドCMOS AF 3」を採用しています。これによって、従来よりもより正確に被写体を捉えることが出来るようになったといわれています。

スマートフォンユーザーに喜ばれるWi-Fi/NFCに対応

デジタルカメラからデータを転送するためには、記録メディアをパソコンに読み込んでスマートデバイスへ転送する方法が主流でしたが、Canon EOS 8000DにはWi-Fi/NFC機能が装備されており撮影データをそのまま対応スマートデバイスへ転送することが出来るようになりました。

 

撮影データを即座にSNS等に共有して使用するユーザーにとっては非常にありがたい機能であるといえます。

Canon EOS 8000D の悪い点をレビュー

シャッター音が柔らかすぎる

デジタル一眼レフを選ぶ際の重要なポイントといわれているシャッター音ですが、Canon EOS 8000Dに関して、柔らかすぎてしまりがないという意見があります。ミラーアップの振動を最低限に抑制するために軽くしてあるという意見もあるようですが、シャッター音について不満を持っているユーザーは少なくはないようです。

マニュアルフォーカスレンズには不向き

Canon EOSシリーズに採用されているCanon EFマウントは、デジタル一眼レフのなかではフランジバックが短い部類に区分けされておりほとんどのマニュアルフォーカスレンズをマウントアダプターを使用して取り付けることが出来ます。

 

ですが、Canon EOS 8000Dはファインダー型式にペンタダハミラー方式を採用しており、光学ファインダーとレンズの間にミラーが2つ設置されているせいで視認性が高くはありません。せっかくオールドレンズを装着することが出来るのに非常に勿体無いという意見が多くあります。

電源スイッチの操作時に誤操作が起こりやすい

Canon EOS 8000Dの電源スイッチはボディーのモードダイヤル直下に、OFF→静止画→動画の順番で配置されています。

 

このスイッチの配列に対して、静止画を撮影したいのに勢いあまって動画モードになってしまったり、電源を入れる際に一緒にモードダイヤルに指が引っかってしまうと言う意見がありました。モードダイヤルを左配置にするのであれば、電源スイッチは右配置にして欲しいという意見もありました。

Canon EOS 8000D の良い点をレビュー

タッチパネルで撮影設定ができる

スマートデバイスやコンパクトデジタルカメラにおいてはそのほとんどがタッチパネル液晶になっていますが、デジタル一眼レフでタッチパネルを採用しているものは多くはありません。

 

ですが、Canon EOS 8000Dは液晶にタッチパネルを採用しており、細かな撮影の設定や撮影した静止画や動画の再生などもすべてタッチパネルで操作が可能になっています。スマートデバイスの操作に慣れた人には非常に扱いやすいと言われています。

モードダイヤルロック機能が搭載された

前述した通り、Canon EOS 8000Dの電源スイッチはモードダイヤルの直下に配置されており、電源を入れる際に指が引っかかってしまうこともあるようです。その際に心配なのがモードダイヤルの誤操作で撮影設定が変わってしまうことですが、これを防ぐためにモードダイヤルロックが導入されています。

 

通常時モードダイヤルにはロックがかかっており、解除ボタンを押さなければ動かないようになっています。シンプルな仕掛けではありますが非常にありがたいという意見があります。

電子水準器が内蔵されている

水平線や建物などを撮影する際にはしっかりと水平が取れていなければ不安定な写真になってしまいます。これに関して、Canon EOS 8000Dにはファインダー内部と液晶モニターに電子水準器が内蔵されておりどんな撮影シーンにおいても水準器を使って水平をとることができます。

Canon EOS 8000D の口コミをまとめました

上面のサブ液晶がとても便利です。また、サブ電子ダイヤルもファインダーをのぞいたまま設定できるのでとても楽です。

出典:https://review.kakaku.com

ファインダーを覗いたまま操作ができるのは非常にありがたいという意見があります。一瞬の決定的な瞬間を写真に収めるためにはファインダーから目を外したくはないものです。

コンパクトで軽めなのでアウトドアフィールドなどフットワークを重視する方や、Kissでは何か物足りないけどガチガチのフルフレームだと高いしデカいし重いしなどといった方のニーズにはどんぴしゃなんじゃないかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

Canon EOS 8000Dのサイズ感に好印象を持っている人は多いようです。フラッグシップモデルのような大きさはないにもかかわらず、高画質を達成しているサイズ感は気に入られやすいようです。

この価格でこの機能と高性能に満足です。欲を出して高額なハイエンドを使うよりも同等の性能を持った低価格が気に入っています。さらに軽量コンパクトで長時間のロケに最適な機材ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

この口コミもサイズ感に関する内容です。長時間撮影が想定されるデジタル一眼レフにおいては、重量やサイズ感はとても重要なポイントだという意見があります。

ミラーレスは一眼かで非常に悩みましたが、祖父からもらったEOSフィルム一眼のレンズが使えると思いこの8000Dを購入しました。初心者なのでこれといったコメントは書けませんがこれからじっくり操作を勉強して行きたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

デジタル一眼レフでありながらオールドレンズが使えるのは非常にありがたいという意見が多くあります。ご家族が持たれていたレンズを受け継ぐことができるのも、非常に嬉しいことだと言えます。

タッチパネルはやはり便利。まだどうしてもクセでボタン操作しようとしてしまいますが、慣れれば設定変更が圧倒的に早い。あとサブダイヤルで露出補正がダイレクトに出来るのもかなり大きい。

出典:https://www.amazon.co.jp

タッチパネルの恩恵はかなり大きいようです。口コミの通りボタン操作に慣れているユーザーには初めは気持ち悪いようですが、慣れると画面の中ですべての設定ができるため非常に素早い設定が可能であると言われています。

やはり軽量です。本体560gは中級機にはない軽さです。EF-S 10-18mmのレンズと合わせて880gは素晴らしい!!

出典:https://review.kakaku.com

デジタル一眼レフは重たいものだという認識の人は決して少なくはないと言われています。ですが、Canon EOS 8000Dは重たいデジタル一眼レフというイメージを払拭させたという意見もあります。

Wi-Fiでスマホとの連携、中級機に近い使い勝手、またバリアングル液晶などは撮影の幅を広げてくれます。

出典:https://review.kakaku.com

バリアングル液晶パネルとタッチパネルの組み合わせは非常に便利であるという意見が多くありました。本体性能が上がっていくほどバリアングル液晶を採用しているモデルは少なくなっていく傾向にあるようですが、Canon EOS 8000Dはバリアングルとタッチパネルを両立した一品となっています。

もう少し持ってくれると有り難いですが、あの小さいバッテリーでX4と同等なのでまあまあです。電池の長寿命化と電池切れが不安なので、サブバッテリーを1つ買いました。

出典:https://review.kakaku.com

Canon EOS 8000Dのバッテリーは非常に小さなサイズのものが採用されています。バッテリー性能自体に特に問題はないようですが、小さいことによる不安を持っているという意見もあります。そう言った気持ちの面からも予備バッテリーは必要かもしれません。

Canon EOS 8000D と EOS 9000D の違い

キヤノン

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 9000D ボディ 2420万画素 DIGIC7搭載 EOS9000D

価格:84,890円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Canon EOS 8000D と Canon EOS 9000D の違いをまとめます。

 

Canon EOS 9000DはCanon EOS 8000Dを全体的にアップグレードした後継機種とされています。一番大きな違いは、画像処理エンジンがCanon EOS 8000Dに採用されていた「DIGIC6」から新型の「DIGIC7」に変更されています。

 

DIGIC7はDIGIC6で処理されていた画像情報の約14倍ものデータ量を処理することができると言われており、より繊細な画像を再現することができるようになりました。また、被写体検出性能と追尾性能が向上しており更に手ぶれ補正の性能も大幅に向上したと言われています。また、画質面においてノイズリダクション機能が向上し高感度時の解像度が向上したと言われています。

 

静止画撮影能力について、常用ISO感度がISO12800からISO25600に引き上げられました。加えてフォーカスポイントが19点から45点へと大幅に引き上げられました。これによって室内や薄暗い撮影シーンにおいても、視野の隅までしっかりと合焦させることができるようになったと言われています。

 

また動画性能についても、Canon EOS 8000DがフルHD (1920×1080) 30pであるのに対して、Canon EOS 9000DはフルHD (1920×1080) 60pとフレームレートが30から60に引き上げられ、より滑らかな動画を撮影することができるようになったと言われています。

 

これらのグレードアップによって、Canon EOS 9000DはCanon EOS 8000Dよりも若干高額な設定になってはいますが、予算に余裕があるのであればCanon EOS 9000Dをおすすめします。

Canon EOS 8000D と EOS 70D の違い

キヤノン

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D ボディ EOS70D

価格:96,360円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Canon EOS 8000D と Canon EOS 70D の違いをまとめます。

 

Canon EOS 8000DとCanon EOS 70Dの住み分けは、高解像度撮影を得意とするCanon EOS 8000Dに対して素早く動く被写体を追うことを得意とするCanon EOS 70Dという区分けであると言われています。

 

まず、画像処理エンジンについてCanon EOS 8000Dは「DIGIC6」を採用しており、Canon EOS 70Dは「DIGIC5+」を採用しています。Canon EOS 8000Dは高解像度撮影を想定している設計であるため、大容量の画像データを処理するために「DIGIC6」を採用していますが、Canon EOS 70Dは連写能力を向上させるために画像処理エンジンを「DIGIC5+」として画像のサイズを下げたという意見もあります。

 

また、前述した連写能力とシャッタースピードについても違いがあります。連写能力については、Canon EOS 8000Dが約5コマ/秒に対してCanon EOS 70Dは約7コマ/秒と設定されています。シャッタースピードについてはCanon EOS 8000Dが1/4000秒に対してCanon EOS 70Dは1/8000秒と約2倍の高速シャッターを実現しています。

 

この高速連写能力とシャッタースピードの高速化によって、Canon EOS 70DはCanon EOS 8000Dよりも素早く動く被写体を置くことを得意としており、スポーツ撮影や動きの早い動物の撮影などにその力を発揮すると言われています。

 

もちろん高解像度撮影も充分にこなすことはできますので、スポーツ撮影などを行うことが想定される人にはCanon EOS 70Dをおすすめします。

キヤノン

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 8000D ボディ 2420万画素 EOS8000D

価格:98,670円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Canon EOS 8000D デジタル一眼の種類について、商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

Canon EOS 8000Dは画像処理エンジン「DIGIC6」を搭載し、有効画素数2420万画素を達成した高解像撮影を得意とするデジタル一眼レフです。

 

また、オートフォーカス能力についてはコントラスト検出方式と位相差方式の2系統を撮影シーンに応じて使い分ける「ハイブリッドCMOS AF 3」を搭載することによって、被写体に応じて最適なフォーカスを演出します。

 

これだけの高機能を持ちつつも、液晶モニタにバリアングル液晶タッチパネルを採用することで、様々なアングルからの撮影が可能となったことに加え、細かな撮影設定や撮影後の画像の閲覧などをすべて液晶モニタ上だけで行うことが可能となりました。

 

さらに、重たいというイメージが持たれがちなデジタル一眼レフでありながら本体の重量は約520gと非常に軽量に設計されています。長時間撮影を行うシーンにおいても軽量であるために疲れにくいと言われています。

 

これからデジタル一眼レフの購入を考えている人も、2台目を考えている人もCanon EOS 8000Dをぜひ選択肢に加えてみてください。