【徹底解説】デジカメ用三脚のおすすめ9選|デジカメ撮影に安定感を

デジタルカメラ用三脚は、撮影に役立つだけでなく写真の出来栄えにも影響を与えるアイテムですが、コンパクトに収納できたり簡単に高さを調節できたりなど、便利な機能が搭載されているのをご存知でしょうか。本記事では、デジカメ用三脚の選び方やおすすめ商品をご紹介します。

2021/02/19 更新

デジカメを手で持ちながら撮影していると、疲れや手ブレが気になりますよね。そこでおすすめするのが三脚を使った撮影方法です。三脚を使用して撮影すると安定感があるので、手ブレを防いで撮りたいアングルをキープできます。

 

三脚は種類が豊富ですので、自分の用途に最適な商品を選ぶことができ、初心者でも購入しやすいお手頃価格の三脚も多く販売されています。その分、購入の際にどれを選べばいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

 

この記事ではデジカメ用三脚の選び方や機能をくわしく解説するほか、記事後半ではおすすめメーカー・おすすめ商品などをご紹介します。もっと快適に撮影をしたい方・自分に合った三脚を探している方は、是非この記事を参考にしてください。

今すぐ見る!デジカメ用におすすめの三脚9選
今すぐ見る!持ち運びやすいトラベル三脚おすすめ6選

カメラをずっと同じ角度でキープするのは想像以上に難しく、特に高い位置からや長時間に及ぶ撮影では、カメラを手に持っての撮影は大変です。手が疲れてしまって画像がブレたり、アングルがずれたりしてしまう恐れがあります。

 

そんなときにデジカメ用の三脚を使用すれば手ブレを防げるだけでなく、高さの調整・アングル固定により何度でも同じ構図で撮影することができます。まだ撮影に自信がない初心者の方でも、手ブレがなく狙った通りの構図で撮れるので、デジカメでの撮影は三脚の使用をおすすめします。

三脚は数多くの商品がありますが、その中から自分が使用するカメラの種類に合わせて選ぶ必要があります。ここからは一眼レフ・ミラーレス・ビデオカメラ・スマホをピックアップし、それぞれのカメラにあった三脚について解説します。

一眼レフ・ミラーレスなら耐荷重と安定性

一眼レフ・ミラーレスは、カメラの中では比較的重量がある製品です。三脚には耐荷重が表記されており、手持ちの一眼レフ・ミラーレスのおよそ2〜3倍の重さに耐えられるものを選びましょう。

 

また、三脚は脚が太い方が安定感が増します。耐荷重と合わせて脚の太さもチェックすると、より使いやすい三脚を見つけることができますよ。

ビデオカメラなら油圧式(オイルフリュード)がおすすめ

ビデオカメラには油圧式(オイルフリュード)三脚がおすすめです。油圧式とは、カメラと三脚をつなげる雲台の稼働部分に油を注入し、その油により摩擦抵抗を抑えてなめらかな操作を可能にした三脚のこと。さらに、ハンドルをゆるくしたときにカメラが下を向くのを防いでくれます。

 

被写体をしっかり追いつつスムーズな調整が可能なので、運動会やイベントなど動く被写体を撮影する機会が多い方に最適です。

スマホで撮影するならコンパクトモデルをチェック

スマホには、持ち運びに適したコンパクトで軽量な三脚をおすすめします。コンパクトさに加えて、脚を自由な形に変えたり、さまざまな箇所に取り付けたりできる製品も人気があります。

 

さらに、Bluetooth対応リモコンが付属する製品もあり、遠くからでも好きなタイミングでシャッターが押せて便利です。高画質化しているスマホカメラをデジカメ代わりに使う方は、三脚を利用して撮影の効率を上げましょう。

今すぐ見る!デジカメ用におすすめの三脚9選
今すぐ見る!持ち運びやすいトラベル三脚おすすめ6選

ここからは三脚の素材・高さ・段数・サイズ・雲台・固定方法に着目して選び方を解説します。より細かい部分について知っておくと、選ぶ際に役立ちますのでぜひ参考にしてください。

パイプの素材を選ぶ

デジカメ用の三脚は採用されている素材により特徴・価格が異なります。自分に最適な三脚を選ぶ際に知っておくと便利ですので、ぜひご覧ください。

軽量ながらブレにくいカーボン

カーボンは非常に軽く、持ち運びに便利な点が最大の特徴です。また、軽量ながらも硬度はアルミと同等で、安定感もあり安心して使用できます。例えば星空の撮影のような、長時間同じ構図でシャッターをきる場合などに最適です。

 

さらに、重量のあるカメラを使用する方にもおすすめできます。ただし、カーボン製の三脚は比較的価格が高いというデメリットもあります。

低価格で購入しやすいアルミ

アルミ製の三脚は種類が多く比較的低価格なため購入しやすく、初心者の方におすすめです。ただし、耐荷重が低い製品は安定性に欠けるので、あえて重さがある製品を選ぶのもいいでしょう。

 

サビにくく傷にも強いため、アウトドアなどで気兼ねなく三脚を使いたい方に最適です。

三脚の高さとサイズを選ぶ

三脚の高さは、最も長く伸ばしたときの最高全高を指します。最高全高が自分の目線と同じ高さになる三脚を選ぶと、撮影時に身体の負担が減るのでおすすめです。高さがある商品ほど縮めた状態も大きい場合があるので、持ち運ぶ機会の多い方は収納時の状態もチェックしてください。

 

大きいサイズの三脚はビデオカメラの撮影に適しています。中サイズは静止画の撮影におすすめです。小サイズは、マクロレンズを使用したミラーレス一眼・一眼レフカメラでの撮影に使いやすいでしょう。

段数をチェックしよう

三脚は高さを変える段数を選ぶことができ、複数の筒状の棒を組み立てて高さを出します。この棒の数が段数と呼ばれるのです。ここでは3段脚・4段脚それぞれの特徴についてご紹介します。

 

3段脚は、脚先が太いため最大に延ばしても安定感があるのが特徴です。4段脚は、安定性は3段脚には劣りますが、コンパクトになるため持ち運びしやすいのがメリットです。

雲台で選ぶなら

カメラと三脚を接続させる部分を「雲台」と呼びます。お手持ちのカメラや用途に合った雲台を選ぶことで操作性が上がって撮影しやすくなります。ここからは雲台について解説します。

水平・垂直に動かせる2WAY雲台

2WAY雲台は、1つのレバーを使ってデジカメを水平と垂直の2方向に動かせます。操作方法が簡単なので、初心者でも被写体をしっかりとらえて撮影ができるので、運動会などのお子様のイベントで大活躍します。特に、小さいお子様がいるご家族におすすめです。

水平・垂直だけでなく縦横の微調整ができる3WAY雲台

3WAY雲台は、2WAY雲台の水平・垂直の動きに加え、斜め方向にも操作ができます。2つのハンドルを使って細かく構図を調整することにより、被写体が動かない料理・商品などの撮影に最適です。細かい調整が可能な反面、動きの早い被写体の撮影にはやや不向きと言えます。

好きな角度に調整できる自由雲台

ボール雲台とも呼ばれる自由雲台は、球体の軸によるなめらかな操作性が特徴です。自由度が高く思うがままの動きで操作できますが、商品によってはデジカメを載せるとグラつく場合があるので、耐荷重が高め商品を選ぶといいでしょう。

 

コンパクトなタイプが多く、持ち運びやすさを重視したい方におすすめです。

固定方法をチェックしよう

脚部分の固定方法を知っておくと、三脚を組み立てる際に便利です。ここでは3つの固定方法をご紹介します。

ナットロック式

ナットロック式は、ネジのように脚の節目の部品を回して閉める固定方法です。コンパクトで持ち運びしやすく、シンプルな構造なので故障しづらいのがメリットです。しかし、中にはナットを締めるのが手間だと感じる方もいるでしょう。

レバーロック式

レバーロック式は、ネジではなくレバーで締め込んで固定する方法です。ワンタッチで固定ができて手間がかからず、ひと目でロックされているかが確認できるので締め忘れが減るのがメリットです。

 

ただし、長期間使用していると固定具合が変わってきます。定期的にしっかり固定されているか確認するといいでしょう。

ノブロック式

ノブロック式はつまみ部分を回して固定する方法です。ナットロック同様に組み立てに少々時間がかかりますが、細かい調整が可能です。低価格の商品が多く販売されていますが、繰り返しの使用でネジが折れる可能性もあります。取り扱いには注意しましょう。

三脚には撮影が快適に行えるさまざまな機能を搭載した商品が販売されています。ここからはおすすめの機能について解説します。ご自分に合った機能を探す際の参考にしてください。

動画の撮影なら油圧式(オイルフリュード)

前述した通り、動画を撮影するなら油圧式(オイルフリュード)雲台モデルがおすすめです。油圧式とは、カメラを乗せる部分にオイルを注入することにより、動画撮影に欠かせない「速さが一定でゆっくりとなめらかな動き」を実現します。

 

また、ハンドルを緩めてもビデオカメラが急に下を向かない構造になっているので、急に手を離してしまったときにも安心ですね。

風景の撮影には水準器付きを

美しい風景写真を撮るには構図選びが重要です。せっかく納得いく構図が決まっても、傾いてしまっては台無しですよね。そんなとき、水準器が付いた三脚なら簡単に水平を保って撮影することができます。

 

水準器は雲台・脚のどちらかに設置されているので、お好みの方を選んでください。

カメラの取り付け部をチェック

ここからはカメラを三脚に取り付ける部分についてご紹介します。種類によって取り付け方が異なるのでチェックしてください。

直付けタイプ

カメラの底に雲台のネジを繋げて設置するのが直付けタイプです。カメラを取り外すたびにネジを緩める必要がありますが、取り外しが少ない撮影であれば手間と感じにくいでしょう。このタイプは価格が安いのも特徴です。

 

しっかりと固定できるので、大きなレンズを使用する方におすすめします。

クイックシュー式

クイックシューとは、カメラと雲台との間に取り付けることで、カメラの着脱がワンタッチでできるようになる便利なアイテムです。固定レバーで締め加減を調整することで着脱がすぐに完了します。

 

プロのカメラマンのように、手持ち・三脚による固定を何度も切り替えて撮影する方におすすめです。

高さを簡単に調節できるエレベーター機能

エレベーター機能を搭載している三脚は、サイドのレバーを使ってスムーズに高さを変えることができます。被写体に合わせて繊細に高さ変更を行いたいときに役立ちますが、安定性に欠けるためなるべく三脚の脚で高さ調整をしたほうが安心です。

国内外問わず多くのメーカーが取り扱っている三脚ですが、その中でも機能性のよさに定評がある有名メーカーをピックアップしてご紹介します。メーカーごとに製品の特徴も異なりますので、自分に合った三脚をメーカーから選ぶのもいいですね。

ベルボン(Velbon)

ベルボンは東京都中野区に本社を置く、三脚を中心とした商品の製造・販売を行う企業です。60年以上の歴史があり、独自技術で多様な三脚を数多く製造しています。

 

ベルボンが開発した、独特な構造のパイプ同士をかみ合わせてロックする「ウルトラロック」は、脚を握ってひねるだけで一気に全段の固定と解除ができます。また、脚部分の180度回転させてコンパクト化する「ウルトレック」も有名です。

マンフロット(Manfrotto)

マンフロットは1972年にイタリアで創業されたメーカーで、創業者リノ・マンフロット自身が使っていた機材を改良したことから生まれました。業界で初めて3WAY雲台を搭載した三脚を開発し、高機能な商品を多く発売しています。

 

軽量な三脚も豊富に展開しているので、持ち運びしやすい商品を探している方は押さえておきたいメーカーです。

スリック(SLIK)

ケンコー・トキナーの子会社になったスリックは、長い歴史のある国内メーカーです。ミニ三脚からプロ向けの製品まで幅広い三脚を展開しており、世界中に愛用者がいるほど人気があります。三脚に関するセミナーも開催しており初心者の方にもおすすめです。

 

他のカメラ用アクセサリーも充実しているので、カメラ用品を集めたい方はぜひチェックしてください。

ベンロ(BENRO)

ベンロは、三脚・雲台をはじめ、カメラバッグやレンズフィルターなどを製造しているメーカーです。中国で高いシェアを誇り、撮影機材メーカーの最大手として位置付けられています。さらに、世界40ヶ国以上に代理店があり世界のユーザーから支持を得ています。

 

特に、軽量でスムーズな操作性と高い強度を誇る三脚を多く展開しています。

マンフロット(Manfrotto)

Compact ライト三脚4段 フォトキット MKCOMPACTLT-BK

価格:4,364円 (税込)

マンフロットの中でも最軽量で持ち運びに最適

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マンフロットのMKCOMPACTLT-BKは、耐荷重1.5kgでコンパクトなデジカメにおすすめな三脚です。本体重量は1kg以下の816gとなっており、マンフロットの三脚の中でも一番の軽さを誇ります。そのため、持ち運びにも適しています。自由雲台で好きな角度にカメラを固定可能です。有名メーカーの三脚を選びたい・軽量タイプが欲しい方におすすめします。

 

スペック詳細はこちら

メーカー マンフロット(Manfrotto) 商品名 MKCOMPACTLT-BK
素材 アルミ 段数 4段
耐荷重 1.5kg 雲台タイプ 自由雲台
脚ロック方式 レバーロック式 縮長 103cm
全長 131cm パイプ径 22mm
サイズ 39.5×8×131cm 本体重量 816g
パナソニック(Panasonic)

標準三脚 VW-CT45

価格:15,800円 (税込)

おしゃれなビデオカメラ用三脚

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックのVW-CT45はビデオカメラの撮影時に役立つ、おしゃれでやさしいブラウンカラーの三脚です。持ち運びの際はコンパクトになるので便利ですが、安定感のある重量になります。なめらかな使い心地で、イベント時の撮影もスムーズです。初心者でも使いやすいビデオカメラ用三脚を探している方におすすめします。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 標準三脚 VW-CT45
素材 アルミ 段数 4段
耐荷重 3kg 雲台タイプ 3WAY雲台
脚ロック方式 レバーロック 縮長 -
全長 520~1480 mm パイプ径 -
サイズ - 本体重量 1400g
Amazonベーシック(AmazonBasics)

WT3130T+WT3111H

価格:1,495円 (税込)

価格以上のデザインと使い心地

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazonベーシックの120cmタイプ三脚は、低価格とは思えないしっかりとしたデザインです。本体自体は軽めの設計なので、小型のデジカメ向けの三脚になります。スムーズな操作がしやすい自由雲台で、絶妙な傾きにも対応できます。ジップ式の収納バッグを付属し、持ち運びしやすいです。最初の一台として選んでみましょう。

メーカー Amazonベーシック(AmazonBasics) 商品名 WT3130T+WT3111H
素材 アルミ 段数 3段
耐荷重 - 雲台タイプ 自由雲台
脚ロック方式 レバーロック式 縮長 -
全長 42~127cm パイプ径 -
サイズ 42.49 ×8×8cm 本体重量 567g
スリック(SLIK)

GX 6400

価格:3,867円 (税込)

コスパのいいファミリー向けの三脚

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリックのGX 6400は素材を最適化し、コスパをよくしたファミリーにおすすめな三脚です。簡単操作の自由雲台と、ワンタッチの伸縮でスムーズな使い心地となります。目線の高さに合わせて撮影が可能です。ステーストッパーを採用し、不本意に脚の角度が動くのを防ぎます。耐荷重は1.5kgですので、コンパクトサイズのカメラで使用してください。

 

スペック詳細はこちら

メーカー スリック(SLIK) 商品名 GX 6400
素材 アルミ 段数 4段
耐荷重 1.5kg 雲台タイプ 3WAY雲台
脚ロック方式 レバーロック式 縮長 47cm
全長 45.5~154cm パイプ径 21mm
サイズ 154×12×154cm 本体重量 1240g
ベルボン(Velbon)

小型トラベル三脚 UT-53II

価格:23,300円 (税込)

スピーディーな伸縮が可能な低位置対応三脚

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベルボンのUT-53は、従来品よりも低い位置からの撮影が可能な、高精度の自由雲台を採用した三脚です。金属の中でももっとも軽い素材である軽量金属マグネシウムを採用しました。3段階で脚が開き、低い位置だけでなく不安定な場所でも使いやすい設計になっています。小さく収納ができるので、バッグに入れやすい大きさです。ウルトラロックによりすばやい伸縮が可能で、スムーズな操作性が魅力的です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ベルボン(Velbon) 商品名 小型トラベル三脚 UT-53II
素材 アルミ 段数 6段
耐荷重 2.5kg 雲台タイプ 自由雲台
脚ロック方式 ウルトラロック式 縮長 28.3cm
全長 27.6~149.5sm パイプ径 27mm
サイズ - 本体重量 1370g
ARTCISE

CS50C

価格:19,700円 (税込)

カーボン製で15kgの耐荷重を誇りながら軽量化を実現

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ARTCISEのCS50Cは、丈夫なカーボン製でありながら軽量化を実現した三脚です。耐荷重は15kgですので、大きいデジカメでも使えます。高級感のあるデザインと、安定性のある設計により、こんな三脚が欲しかったという願いを叶えました。自由な角度からの撮影に対応した自由雲台です。持ち運びやすいカーボン製の三脚を求めている方におすすめします。

メーカー ARTCISE 商品名 CS50C
素材 カーボン 段数 4段
耐荷重 15kg 雲台タイプ ビデオ雲台
脚ロック方式 ナットロック式 縮長 -
全長 161cm パイプ径 26mm
サイズ 75×35×35cm 本体重量 2kg
ジョビー(JOBY)

ゴリラポッド 3K PRO キットJB01544-PKK

価格:5,264円 (税込)

どんなものにもしっかりホールド

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴリラポッド 3K PRO キットJB01544-PKKは、巻き付けて固定させる自由度が高い三脚です。巻き付けるだけでなく、普通の三脚のように立たせることもできます。リュックのサイドポケットに収納しやすいサイズ感と、使い方に合わせた脚の変化により、多くの方々愛用しています。1つの三脚でさまざまな使い方をしたい方は要チェックです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ジョビー(JOBY) 商品名 ゴリラポッド 3K PRO キットJB01544-PKK
素材 アルミ 段数 -
耐荷重 3kg 雲台タイプ 自由雲台
脚ロック方式 - 縮長 -
全長 - パイプ径 -
サイズ 6×6.5×30.5cm 本体重量 390g
ハクバ

W-312

価格:1,470円 (税込)

でこぼこした地面にも細かな調整で対応

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HAKUBAのW-312は、操作がしやすい3way雲台を採用し、ロックレバーを外してすぐに伸縮させることができます。簡単操作とお手頃価格が魅力の三脚です。耐荷重は1.1kgとなりますので、軽量のカメラやスマホ用におすすめします。脚の長さをそれぞれ絶妙な調整ができるので、でこぼこした地面でも対応できます。水準器付きなので、水平なのかすぐに判断可能です。

メーカー ハクバ(HAKUBA) 商品名 W-312
素材 アルミ 段数 4段
耐荷重 1.1kg 雲台タイプ 3WAY雲台
脚ロック方式 レバーロック式 縮長 -
全長 405~1285mm パイプ径 -
サイズ 45.01×9.8×9.7cm 本体重量 730g
ベンロ

BENRO 三脚 カーボンプロ ナットロックシリーズ C3580T

価格:55,222円 (税込)

純カーボン製のタフで大きめな三脚

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベンロの C3580Tは、100%純カーボン製で作られた丈夫な三脚です。最新技術のマグネシウム合金を本体部分に採用し、ロックナットに水や粉塵が入らない設計です。アウトドアでの撮影に役立ち、使いたいときにはすぐに組み立てられます。さまざまな屋外シーンで三脚を使いたい方におすすめです。

メーカー ベンロ(BENRO) 商品名 C3580T
素材 カーボン 段数 4段
耐荷重 15kg 雲台タイプ -
脚ロック方式 ナットロック式 縮長 610mm
全長 1870mm パイプ径 32.5mm
サイズ 84.6×15.8×15.4cm 本体重量 2.04kg
ヴァイテックイメージング

PIXI EVO 5段階調節ミニ三脚 MTPIXIEVO-BK

価格:4,718円 (税込)

ミニサイズで軽量ながら耐荷重2.5kgまで対応

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マンフロットのPIXI EVO 5段階調節ミニ三脚は、軽量で小型ながら5段階の調整ができる商品です。開脚は2段階で行え、耐荷重は2.5kgまで対応しているので、一眼レフも使用できます。カメラは90度まで傾けることが可能です。デコボコとした不安定な地面でもしっかり自立し、撮影に役立てます。持ち運びやすく、一眼レフにも対応できる三脚を求めている方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー マンフロット(Manfrotto) 商品名 PIXI EVO 5段階調節ミニ三脚MTPIXIEVO-BK
素材 アルミ 段数 5段階
耐荷重 2.5kg 雲台タイプ 自由雲台
脚ロック方式 - 縮長 230mm
全長 105~200mm パイプ径 -
サイズ 15×42×51cm 本体重量 260g
サンワダイレクト

200-CAM021N

価格:1,880円 (税込)

WEB会議にも活躍する軽量三脚

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サンワダイレクトの200-CAM021Nは、4段階に長さ調整できる軽量の三脚です。ビデオカメラ・デジカメ・WEBカメラの取り付けが可能で、WEB会議にも活躍します。45cmの付属収納ケースにすっぽり入るので、持ち運びもしやすいです。初心者でも購入しやすい低価格なので、三脚デビューしたい方はぜひチェックしてください。

 

スペック詳細はこちら

メーカー サンワダイレクト 商品名 200-CAM021N
素材 アルミ 段数 4段
耐荷重 1.5kg 雲台タイプ ビデオ雲台
脚ロック方式 - 縮長 -
全長 410~1250mm パイプ径 -
サイズ 44.1×9.5×9.2cm 本体重量 542g
Fotopro

DIGI-204

価格:1,961円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FotoproのDIGI-204は、3色から選べる軽量の三脚です。小型のためトラベル三脚として使いやすく、簡単な操作で初心者にもおすすめします。クイックシューを採用しているので、カメラの取り付けがスムーズに行えます。水準器付きで撮影時に水平を保てます。三脚をはじめて買う・黒以外も選びたい方にぴったりな商品です。

メーカー Fotopro 商品名 DIGI-204 ガンメタ・ブラック・ホワイト
素材 アルミ 段数 4段
耐荷重 1.5kg 雲台タイプ 3WAY雲台
脚ロック方式 レバーロック式 縮長 380mm
全長 1200mm パイプ径 20mm
サイズ - 本体重量 570g
Hemmotop

ミニ三脚

価格:1,783円 (税込)

リモコン付きでスマホからミラーレスまで設置できる軽量三脚

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Hemmotopは、スマホ・GoPro・ミラーレス一眼とさまざまな軽量カメラの設置が可能なコンパクト三脚です。Bluetoothリモコン付きで10mの距離まで反応するので、スマホの撮影時に役立ちます。縦横だけでなく360度回転するので、被写体を追いやすい設計です。デジカメ以外も使用できるトラベル三脚が欲しい方におすすめします。

メーカー Hemmotop 商品名 ミニ三脚
素材 アルミ 段数 4段
耐荷重 1.5kg 雲台タイプ 3WAY雲台
脚ロック方式 レバーロック式 縮長 -
全長 420~1360mm パイプ径 -
サイズ - 本体重量 550g
ベルボン(Velbon)

ミニ三脚 2段 EX-ミニS II

価格:6,980円 (税込)

卓上サイズのコンパクト三脚

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベルボンのミニ三脚 2段 EX-ミニS IIは、カメラだけでなくスマホ用ホルダーを付属した卓上サイズです。折りたたむと25cmになるので、トラベル用三脚として役立ちます。ホルダーを外せば、スマホスタンドとしての使用が可能です。フル開脚ボタンを押すと、低い位置での撮影がしやすくなるので、花や生き物のマクロ撮影に役立ちます。デジカメ・スマホに対応した三脚を求めている方にぴったりです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ベルボン(Velbon) 商品名 ミニ三脚 2段 EX-ミニS II
素材 アルミ 段数 2段
耐荷重 1.5kg 雲台タイプ 2WAY雲台
脚ロック方式 レバーロック式 縮長 255mm
全長 190~417mm パイプ径 17mm
サイズ - 本体重量 428g
Ulanzi Official

MT-08

価格:2,088円 (税込)

時代にマッチした多様な使い方ができる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

UlanziのMT-08は、三脚だけでなく脚を畳んで自撮り棒としても使える、時代に合った使い方ができる商品です。重量は92gと超軽量なので、バッグに入れやすいのでトラベル用三脚としてぴったりです。スマホや小型のデジカメであれば問題なく使えます。三段階の高さ調整も可能なので、シーンに合わせた使い方をしましょう。バッグに入れて気軽に持ち歩きたい方におすすめです。

メーカー Ulanzi 商品名 MT-08
素材 - 段数 3段
耐荷重 - 雲台タイプ 自由雲台
脚ロック方式 - 縮長 -
全長 15cm パイプ径 -
サイズ 8×3×3cm 本体重量 92g

デジカメ用の三脚は、撮影に役立つと共に写真の出来栄えにも影響を与えるアイテムです。さまざまなメーカーから発売されているため、この記事を参考にすればニーズに合った三脚を選ぶことができるでしょう。より安定感のあるデジカメ撮影をしたい方は、ぜひ三脚を取り入れてください。