【2021年版】ミキサーが漏れる原因は?おすすめミキサー6選もご紹介!

スムージーやポタージュを作るのに便利なミキサー。「使っていたら汁漏れし始めた」という経験のある方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、汁漏れの原因を解説し、買い替えを考えている方にむけてタイガー・ティファールなどのおすすめの人気ミキサーをご紹介します!

2021/02/09 更新

フレッシュなスムージーや滑らかなポタージュなどを手軽に作れるミキサー。1台あると毎日の食卓がちょっと豊かになりますよね。家族の健康を考えて、毎朝野菜やフルーツたっぷりのジュースを作っている方も多いのではないでしょうか?

 

そんなミキサーですが、使用頻度が高ければ高いほど、徐々に中身が漏れるようになることがあるかもしれません。中身が漏れるようになると、掃除に手間がかかるだけでなく、せっかく作ったジュースやスープの量が減ってしまい残念な気持ちになりますよね。

 

そのようなとき、真っ先に思い浮かぶ原因がミキサーの故障でしょう。しかし、実は液漏れの原因は故障だけではありません。ここでは、ミキサーの中身が漏れる原因をはじめ、漏れたときの対処法や買い替えにおすすめのミキサーも併せてご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

今すぐ見る!買い替えでおすすめのミキサー6選

機械の寿命や故障が原因と思われがちなミキサーの内容物漏れ。しかし、中には取り扱い方や部品の劣化などが原因となっていることがあります。ここでは、意外にもよくあるパッキンの入れ忘れやボトルのセットの仕方を確認していきましょう。また、部品の不具合による原因についても説明していきます。

パッキンの付け忘れ

多くのミキサーは分解すると、本体部分・ミキサーボトル台・ボトル・フタ・パッキンに分けられます。使用後は洗浄のために分解し、本体以外の部分は丸洗いしますよね。そして、次に使用するときは自分で組み立てて使用するわけなのですが、ここでよくあるのがパッキンの入れ忘れです。

 

パッキンはミキサーボトル台とボトルの間に入れて液漏れを防ぐ役割があります。パッキンを入れ忘れてしまうとボトル台とボトルの間にわずかな隙間ができ、スイッチを入れたときの遠心力で中身が漏れてしまうのです。また、ミキサーを複数台持っている場合は、他のミキサーのパッキンを使用していないかどうかも確認しましょう。

容器台に傾いてセットされている

ミキサーを組み立てる際には、ミキサーのボトルが容器台にきちんとセットされているかも確認しましょう。特にミキサーボトルを容器台に回して取りつける際、斜めになっていないかを見てください。組み立てに問題がある場合、中身が漏れるだけでなく安全装置が働いてスイッチが入らないものもあります。

 

また、組み立ての際にパッキンの裏表が正しく取りつけられているかパッキンがずれていないかということも重要です。組み立てに不安のある方は、もう一度取扱説明書を見ながら組み立ててくださいね。

パッキンの劣化

ミキサーの寿命を考えたとき、パワーや切れ味に問題がなければまだ使い続けられるだろうと思ってしまいますよね。しかし、実際のところ早く劣化しやすいのはパッキンだといわれています。パッキンが劣化すると漏れる原因になるので注意したいところです。

 

ボトル台とボトルを密着させるパッキンは、取りつけの際に摩擦が起こったり、ミキシングの際に圧力がかかったりと、高負荷の状態にあります。見た目は劣化していないように見えても、凹凸がすり減っている場合もあるので確認してみましょう。特に、1日に何度も使用していたり、毎日使用していたりする場合には劣化も早い傾向にあります。

カッターの軸受け部が摩耗

使用頻度が高いほど劣化しやすいのが、カッター軸を受ける部分です。最近では、この軸受け部分の耐久性を強みとした商品も販売されるようになりましたが、まだまだ消耗品であることに違いはありません。

 

カッターの軸受け部分が劣化すると、中身が漏れて本体が濡れてしまうことも多いので注意が必要です。カッターがグラグラする場合には劣化を疑って早めに対処しましょう。

今すぐ見る!買い替えでおすすめのミキサー6選

ボトルが容器台に正しくセットされていて、パッキンの入れ忘れもなく、取り扱い方に問題がない場合はミキサーの故障が考えられます。ここでは、故障してしまったときの対処法について見ていきましょう。

メーカーに修理に出す

ミキサーが故障したときは、メーカーに修理を依頼して故障箇所を直してもらうという選択肢があります。メーカーの保証期間は1年間のものが多いです。保証期間はメーカーや機種ごとに違うので、取扱説明書を確認しましょう。

 

購入から1年以内で正しい使い方をしていたにもかかわらず故障した場合には、修理代金を保証してもらえます。カスタマーサービスなどに問い合わせる際には、ミキサーを購入したときの領収書や保証書があるか確認してくださいね。

 

実費で修理に出す場合は、買い替えよりも費用が高くつくことがあるかもしれません。そのため、どちらを選択するか事前によく考えることが大切です。下記に修理に出すことがおすすめのケースをまとめましたので、参考にしてみてください。

 

  • 保証期間内での故障
  • 今使っているミキサーに愛着があり、どうしても使い続けたい場合
  • メーカーの部品保有年数は6年間であるため、製造から6年が経過していない場合

買い換える

実際のところ、ミキサーが故障した場合は新しいものに買い替えるという方が多いようです。買い換えるとなると、せっかくですから満足のいく一品を選びたいですよね。ここでは、ミキサーを選ぶときのポイントを簡単にご紹介します。詳しいミキサーの選び方は、下記の記事を参考にしてください。

容量で選ぶ

ミキサーの容量は小さすぎると何度も運転することになりますし、必要以上に大きくても場所を取るので収納に困ります。300~1000mlまで幅広い商品がありますが、ちょうどよい容量を見極めるためにも、家族の人数や1度に作る量を考えることが大切です。

 

例えば、1人暮らしで毎朝スムージーを1杯分作るという場合には300ml程度の容量で十分でしょう。反対に、家族が3~4人いる場合や人数が少なくてもたくさん作る場合は800~1000ml程度の大容量がおすすめです。

パワーで選ぶ

パワーは一般的にワット数で表されます。ミキサーの場合は180~900Wくらいまで幅広い商品があり、ワット数が大きいほど氷のような固いものを粉砕できたり、滑らかな口当たりに仕上げたりすることができます。

 

商品選びの際はついパワーの大きいものに目が行きがちですが、パワーの弱いものにもメリットはあります。例えば、素材感を楽しめる仕上がりにしたい場合や、大きな運転音が苦手という方にはパワーの弱いものがおすすめです。

機能で選ぶ

ミキサーを幅広い用途で使用する場合には、便利機能や付属品の有無にも注目して選びましょう。一般的に機能が充実しているものほど価格は上がりますが、作る楽しみやメニューのレパートリーが広がり、より生活が豊かになるかもしれません。

 

また、小さなお子さまがいるご家庭では安全装置がついていることも重要です。特に、誤作動防止機能がついているものは、ふたやボトルなどを取りつけないと作動しない仕組みになっているので、思わぬ事故や怪我を防ぎ安心して使うことができるでしょう。

 

そのほか便利機能をまとめましたので参考にしてください。

機能の名称 概要
回転速度の切り替え機能

回転速度を高速と低速に切り替えられる機能。食品の栄養を壊さずにまるごと摂取したい場合、低速で作ることにより、フレッシュでおいしい料理を作ることが可能。

加熱ヒーター機能 ヒーター機能つきの刃が食材を温めながら調理。スープやソース、ジャム作りに最適。
濃厚ジュース機能 水や牛乳などの液体を入れずに、フルーツや野菜だけでジュースが作れる機能。
ティファール

BL1301JP

価格:4,777円 (税込)

コンパクトなのに氷も砕けるティファールのハイパワーミキサー

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体の直径わずか10.5cmとスリムなデザインで、使わないときもすっきりと収納できます。コンパクトながら300Wのハイパワー設計で、氷や冷凍フルーツなどの固い食材もしっかりと砕き、滑らかな口当たりのドリンクが作れる点が最大のポイント。

 

カッター部分は取り外し可能で、お手入れしやすくいつでも清潔に保つことができるでしょう。また、食材に合わせてスピード調節ができるので、柔らかい食材も固い食材も丁度良く撹拌できます。

容量 600ml 消費電力 300W
サイズ(ミキサー装着時) 幅105奥行105高さ315(mm) ボトル素材 プラスチック
スピード調節機能 〇(2段階) 安全機能 2段階ロック方式
氷使用
ウィナーズ株式会社

récolte (レコルト) ガラスブレンダー リコ カーマインレッド RGB-1R

価格:7,150円 (税込)

熱々の食材も撹拌できる耐熱ガラス製

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガラス製のボトルは耐熱温度が120℃であるため、炒めた野菜や煮込んだ食材をすぐに撹拌することができます。滑らかなポタージュやソースを作りたい方におすすめです。熱いものを撹拌する際には、蒸気を逃がすセンターキャップにより空気を逃がし、蓋が飛ぶ心配もありません。また、ガラス製のボトルはにおいがつきにくいため、さまざまなレシピを楽しむことができるでしょう。

容量 600ml 消費電力 250W
サイズ(ミキサー装着時) 幅160奥行130高さ325(mm) ボトル素材 ガラス
スピード調節機能 × 安全機能 ロックできるキャップ
氷使用
シロカ

siroca ミル付きミキサー SJM-115

価格:8,250円 (税込)

家族が多い方におすすめの大容量モデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1500mlの大容量が嬉しいこちらの商品は、一度に6人分のスムージーを作ることができるので家族が多くても食事の支度に時間をかけずに済むでしょう。600Wのハイパワー設計に加え、6枚刃のパワフルチタンカッター採用で氷もラクラク砕くことができます。また、このチタンカッターは取り外して洗えるので、お手入れしやすく清潔を保てるでしょう。

 

付属品としてミルもついています。ミルではコーヒー豆を砕いたり、ふりかけを作ったりとさらに使用用途の幅が広がりますね。

容量 1,500ml 消費電力 600W
サイズ(ミキサー装着時) 幅150奥行170高さ388(mm)(取っ手は含まない) ボトル素材 ガラス
スピード調節機能 〇(2段階) 安全機能 記載なし
氷使用
BRUNO

BRUNO コンパクト ブレンダ― BOE023-OR

価格:4,536円 (税込)

一人暮らしにも◎機能性も抜群なおしゃれミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レトロなデザインが可愛らしいブルーノの人気シリーズ。テーブルに出しっぱなしでもおしゃれで気分が上がりますよね。人気なのはデザインにとどまらず、機能性も優れているのです。耐久性のあるステンレス刃採用で氷も砕ける強力設計はもちろん、食材に合わせて2段階で選べるスピード調節機能も便利です。

 

コンパクトな400mlサイズで1~2人暮らしの方におすすめです。セーフティロックや温度ヒューズなど、安全機能もしっかりしていて安心して使用できるでしょう。

容量 400ml 消費電力 250W
サイズ(ミキサー装着時) 幅154奥行117高さ306(mm) ボトル素材 コポリエステル
スピード調節機能 安全機能
氷使用
タイガー魔法瓶(TIGER)

タイガー ミキサー SKS-G700-K

価格:7,436円 (税込)

お子さまのいるご家庭におすすめの2重ロック機能搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2カ所のロックを解除しなければ運転しないダブルロック構造で、安心安全に使用できます。一つはミキサーカップを正しく本体に取りつけること、もう一つはふたを確実に閉めることでロックが解除されます。

 

また、5本リブ構造のミキサーカップ波型チタンコートのミキサーカッターにより、繊維のある果物や野菜も滑らかな口当たりに仕上げます。付属品に強力ミルとお茶ミルカップがついてコスパも抜群ですね。

容量 700ml 消費電力 250W
サイズ(ミキサー装着時) 幅202奥行166高さ364(mm) ボトル素材 ガラス
スピード調節機能 〇(2段階) 安全機能 〇(ふたロック・本体ロック)
氷使用
ツインバード工業(Twinbird)

ツインバード パワフルミキサー レッド KC-4859R

価格:12,970円 (税込)

3段階のスピード調整機能搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食材やレシピに合わせて選べる3段階のスピード調整機能搭載高速では800Wのハイパワー運転を行うため、固い食材や繊維の多い食材を使用したスムージーも滑らかに仕上げます。1,200mlと大容量ですが、パワフルな6枚刃使用で食材をムラなく撹拌してくれる点も嬉しいですね。

 

また、クリーニング機能がついているため、細かい部分の汚れもボタン一つで簡単にきれいになるでしょう。ふたロックや自動停止機能など、安全機能も備わった優秀モデルです。

容量 1,200ml 消費電力 低速400W・中速600W・高速800W
サイズ(ミキサー装着時) 幅230奥行235高さ445(mm) ボトル素材 コポリエステル
スピード調整機能 〇(3段階) 安全機能 〇(誤作動防止)
氷使用

ミキサーの液漏れは正しく取り扱うことで改善するケースもありますが、故障が原因となる場合には修理や買い替えをする必要があります。ここまで見てきたように、買い替える際にはいくつかのポイントを押さえて検討することが大切になります。この記事を参考に、ぜひ満足のいくミキサーを見つけてください。

ミキサーの全商品一覧

商品一覧を見る