ディー・ジェイ・アイ ZENMUSE X5Rの評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥287,992
ディー・ジェイ・アイ ZENMUSE X5R ビデオカメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ディー・ジェイ・アイ ZENMUSE X5R ビデオカメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/10/31 更新

ZENMUSE X5Rの基本スペック

画質
4K
HDR動画
-
撮像素子
CMOS 4/3型
総画素数
-
動画有効画素数
-
静止画有効画素数
1600万画素
記録メディア
microSDカードmicroSDHCカードmicroSDXCカードSSD
液晶モニター
-
手ブレ補正機構
-
焦点距離
30mm
F値
F1.7
夜間撮影機能
-
撮影時間
-
ファインダー
-
360度カメラ
-
タッチパネル
-
静止画解像度
-
メモリー静止画記録形式
JPEG/DNG
メモリー動画解像度
4096×2160
インターフェース
microUSB
付属バッテリー
-
最低被写体照度
-
内蔵マイク
-
外部マイク入力
-
LOG撮影
-
RAW撮影
-
音声コントロール
-
Wi-Fi
-
Bluetooth
-
NFC
-
防水性能
-
防塵性能
-
耐衝撃性能
-
耐低温性能
-
幅x高さx奥行き
136x125x131 mm
本体重量
-
カラー
ブラック系

ZENMUSE X5Rの通販サイト比較

楽天 ¥287,992

在庫 : △

送料 : 無料〜

楽天で詳細を見る
Amazon -
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥477,995

在庫 : ○

送料 : 無料〜

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
今回使ってみて、X5RのRAWクオリティーは、空撮で重宝されるのではないかと思った。恐らくハンドヘルドのジンバルマーケットを脅かすものではないだろう。なぜなら、ファンノイズが酷くて、音声収録が現実的ではないからだ。例えば歩きながらのインタビューなどは不可能だろう。

出典: https://www.cinema5d.com

ファンノイズのひどさについて語っています。DJI Zenmuse X5Rの4K RAW撮影は良い機能ですが、ファンノイズがひどいため音声を使用するべきではないです。
最近ビデオカメラカテゴリにDJI製品が続々登録されてますが、こういう目新しい事に果敢に挑戦して行く企業は見てて面白いですね!

出典: https://bbs.kakaku.com

4K RAW撮影などは、今までのビデオカメラには搭載されていなかった新機能です。他にも多様な機能があるため、DJI Zenmuse X5Rは革新的な製品です。
X5Rは4K RAW撮影を低価格で実現し、Osmoに装着することで空撮のみならず地上撮影にまで対応できる。今までは地上用のハイエンドカメラの映像と空撮映像を品質的にマッチングさせることは困難だったが、X5Rはその差をぐっと縮めた初のDJII製カメラとして評価されよう。

出典: https://videosalon.jp

特徴の一つが小型のドローンや手持ちのジンバルに搭載することが可能な点です。これにより、コンパクトな装備での撮影が可能になりました。
起動すると、画像処理エンジン部分にある2つのファンがかなり大きな音でうなる。音声の同録は厳しそうだ。別途離れた場所に外部マイクを用意した方がいいだろう。

出典: https://av.watch.impress.co.jp

ファンノイズのひどさはかなりの問題点となっています。音声を使用しなければ問題はないですが、音声用に別のマイクを購入する必要があります。
DJI Zenmuse X5Rのイメージセンサーは4/3型で、非常に大きい部類のカメラです。色情報を欠落しにくく、細かい部分もはっきり撮影できる点でDJI Zenmuse X5Rは普通のカメラよりも使い勝手が良いです。コンテストに使う写真の撮影するにはDJI Zenmuse X5Rはとても向いています。DJI Zenmuse X5Rを選ぶ上で一つの決め手になるでしょう。

出典: https://www.laplascale.com

DJI Zenmuse X5Rの持つイメージセンサーは非常に鮮明な画像でとらえることができるようになっています。映像だけでなく画像撮影にもDJI Zenmuse X5Rは向いています。
DJI Zenmuse X5Rの静止画画素数は平均的なデジタルカメラとほとんど同じで、1600万画素です。普通に色彩豊かな風景を撮影する分にはDJI Zenmuse X5Rを選んでも問題になることは少なそうです。一方ヘビーユーザーにとっては不足しているかもしれないため、ワンランク上のデジカメを見てみた方がいいかもしれません。

出典: https://www.laplascale.com

普通に使う分には、DJI Zenmuse X5Rでもかなりの高解像度なので問題なく使用できます。しかし、より鮮明な画像を求める人には少しばかり不十分です。
DJI Zenmuse X5R レンズ付属モデルの最高F値はかなり小さいと言えるカメラで、1.7です。背景がボケてしまうという点でDJI Zenmuse X5R レンズ付属モデルは普通のデジタルカメラより良いとは言えません。

出典: https://www.laplascale.com

レンズ付属モデルの最高F値はかなり小さく、普通のデジタルカメラより良いとは言えません。奥行のある建物等を撮影すときには、DJI Zenmuse X5R レンズ付属モデルだと不満が出てきます。
DJI Zenmuse X5R レンズ付属モデルの最小F値はとても小さいデジカメで、1.7です。光量を取り込めて暗い場所でも鮮明に撮影できる点でDJI Zenmuse X5R レンズ付属モデルは平均的なデジカメよりも使い勝手が良いです。

出典: https://www.laplascale.com

至近距離での撮影にはDJI Zenmuse X5R レンズ付属モデルはかなり向いています。DJI Zenmuse X5R レンズ付属モデルの特徴の一つに最小F値が小さいことがあげられます。

Zenmuse X5Rは、空撮に特化しており、機能的にもM4/3カメラを搭載し、高画素のセンサーを用いることで、とても明瞭で美しい映像を撮影することができます。Zenmuse X5Sは、このカメラを大幅に改良したものです。それによりZenmuse X5R以上の機能性を備えたカメラとなっています。

 

以前のZenmuse X5Rよりも、性能が向上した2,080万画素のZenmuse X5Sのセンサーは、SN比とカラー再現性がより優れています。最先端のオーバーサンプリング技術を使用することで、より鮮明であり、そしてノイズが少ない映像撮影が可能になっています。内蔵型マイクロフォーサーズセンサーが改良されたことで、画像品質の著しい向上が認められます。

 

 Inspire 2では新たな機構が使用されています。CineCore 2.0画像処理システムをカメラから分離し、機体内部に配置しています。そのため、センサーと光学システムは取り外すことができるようになりました。クイック・リリース・コネクターで簡単に接続することもできます。この結果、磁気干渉や熱ノイズからZenmuse X5Sを保護することが可能です。。

 

Inspire 2のCineCore 2.0画像処理システムを使用すると、Zenmuse X5Sは、H.264とH.265の2つのコーデックで4K/30のオーバーサンプリング動画を最大100Mbpsで録画することができます。よりプロフェッショナルなレベルでの撮影を望んでいる方にはZenmuse X5SはZenmuse X5Rよりもおすすめです。

 

Zenmuse X5SはZenmuse X5Rよりもはるかに高性能のカメラになっています。

DJI Zenmuse X5Rは高価なDJI SSD メディアでのRAW映像記録をしています。それに対して、DJI Zenmuse X5は低レートのH.264で記録しています。DJI Zenmuse X5RとZenmuse X5の最大の違いはこの画質の違いにあります。その他の点については、同じシステムや部品を搭載しているので、ほとんど同じです。

 

ダイナミックレンジに関して、DJI Zenmuse X5のダイナミックレンジはDJI Zenmuse X5Rのものよりも若干小さくなっています。そのため、DJI Zenmuse X5を用いてハイコントラストの被写体で撮るときは、かなり難しいということになります。ドローンを用いての撮影の際にはさらに影響が大きくなります。

 

風景とか晴天下、または順光下で撮るときやドローンや手持ちのジンバルにに搭載して撮影したいときは、DJI Zenmuse X5よりもDJI Zenmuse X5Rを使用するほうが良いです。

 

バッテリーの消費に関しては、OSMOのバッテリーではDJI Zenmuse X5は長く使用することができます。その一方で、DJI Zenmuse X5Rは消費量が大きく、DJI Zenmuse X5と比べると非常に短い時間しか使用できません。DJI Inspireで使用すると、DJI Zenmuse X5Rの飛行時間はさらに短くなってしまいます。

 

ノイズに関しては、オーディオに関しては使用することはできません。しかし、DJI Zenmuse X5はファンが回って入りますが、DJI Zenmuse X5Rの簡単な計測だと比べるとそこまでひどくはありません。X5Rのノイズはハイピッチなため、より不快に感じるのかもしれません。