【徹底解説】ヘッドホンの試聴方法は?音源を利用した聴き比べのコツ!

ヘッドホンを選ぶときは、実際に音源を使って試聴し、音質を確かめるのがおすすめです。そこで今回はヘッドホンを試聴するときのコツや注目ポイントを徹底解説します!また、店頭で見つけたら試聴したいおすすめ高音質ヘッドホンの最新情報を厳選してお届けします。

2021/10/22 更新

ヘッドホンを選ぶときに気になるポイントは音質です。前情報では高音質だと聞いたヘッドホンを購入してみたのに、実際に使ってみるといまいち音質に満足できなかったという失敗談は多いです。

 

こうした失敗を防ぐためにも、ヘッドホンを選ぶときは、購入前にまず試聴することで実際の音質を確かめてみるのがおすすめです。

 

今回は、ヘッドホンを試聴するときのコツや注意点を詳しく解説します。自分好みのヘッドホンを見つけるための注目ポイントや、事前準備しておくと便利なこと、試聴してみてほしいおすすめ高音質ヘッドホンの情報などをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

購入前に店頭に出掛けてヘッドホンを試聴してみるというのは、面倒に感じられるかもしれません。しかし、ヘッドホンの購入前に試聴しておくべき理由が2つあります。

高音質タイプのヘッドホンは人によって好みがさまざま

高音質タイプのヘッドホンは、より音楽を楽しむための工夫がされていますが、その工夫はヘッドホンのメーカーや設計によって違います。ひと口に高音質ヘッドホンと言っても、重低音を響かせる構造を採用したり、高音を伸ばす設計になっていたりと、種類はさまざまです。

 

そのため、「このヘッドホンは最高だ!」と感じる人もいれば「このヘッドホンは自分に合わない」と感じる人もいます。高音質タイプのヘッドホンは人によって好みが分かれるからこそ、購入前に試聴してみることがおすすめです

自分好みのヘッドホンを見つけるなら試聴してみるのが一番確実

ヘッドホンのメーカーや設計によっても、どのジャンルの音楽を得意とするか、どの音域を高音質に再生できるか異なります。特に「自分好みの音質で再生できるか?」という情報は、ネット上のレビューや口コミ情報だけを見ても分かりにくいです

 

口コミやレビューが高評価でも、自分の好きなジャンル・アーティストの音楽に合ったヘッドホンでなけれが意味がありません。店頭では自分の好きな音楽をかけて試聴することもできるので、自分の耳で確かめてみるのが確実です

ヘッドホンは構造や設計によっていくつか種類があり、得意なことやメリットが違います。ここからはヘッドホンの種類について簡単に解説します。ヘッドホンを試聴する前にそれぞれの違いを予習しておきましょう

音の響き方が違う!開放型か密閉型か

ヘッドホンは構造の違いによって、開放型と密閉型の2種類に分かれます。開放型は音の通りがいい構造であるため、内部の無駄な反射音やノイズが少なく、特に高音域の伸びが良いヘッドホンです。その反面、音漏れがしやすく遮音性は高くありません。

 

密閉型は遮音性が高く、特に重低音が強化される構造のヘッドホンです。音漏れしにくく、騒音をカットしてくれるヘッドホンのため、現在は多くのヘッドホンが密閉型を採用しています。

装着感に直結!オーバーイヤー型かオンイヤー型か

ヘッドホンは耳当て部分のクッションの形状によって、オーバーイヤー型とオンイヤー型に分かれます。オーバーイヤー型は耳を覆う形になっているため、遮音性が高く、騒音・雑音をカットしてくれるのが魅力です。一方で、ヘッドホンが重ためなことが多いです。

 

オンイヤー型は耳の上にクッションを乗せる設計になっているため、音漏れしやすい設計ですが、ヘッドホン全体が軽量だという点が魅力です。重たいヘッドホンだと首が疲れて肩がこりやすい方におすすめできます。

使いやすさが変わる!有線タイプか無線タイプか

ヘッドホンには有線タイプと無線タイプの2種類があります。有線タイプはケーブルを使って接続するため、音質の劣化や遅延が最も少ないです。

 

無線タイプはケーブルを使わないため、動きの邪魔にならず見た目もすっきりする点がメリットです。しかし、通信方式にBluetoothを採用している無線ヘッドホンは、通信の際に一度音源を圧縮するため、圧縮方式(コーデック)によっては音質が劣化したり音声が遅延しやすい点があります。

最新のヘッドホンは進化した機能にも注目!

ヘッドホンは新モデルが登場する度にさらなる進化を遂げています。中でも注目されているのが、ハイレゾ対応モデルの登場やノイズキャンセリング機能です。

 

ハイレゾ機能は、CDでは入りきらなかったアーティストの息づかいやライブの空気感などのディテールを感じ取れる機能です。最近は音楽配信サービスの音楽も高音質音源への対応が進んでおり、音楽のポテンシャルを最大限引き出せるハイレゾ対応は嬉しい機能です

 

また、ノイズキャンセリング機能は進化によって幅広いノイズを軽減できるようになっています。最新モデルのヘッドホンを選ぶときは、こうした機能にも注目です。

ヘッドホンを聴き比べるときは、事前に準備しておくと便利なことや、注目したいポイントがいくつかあります。ここからは、ヘッドホンを試聴するときのコツを詳しく解説します

自分が好きなジャンルの音源をスマホに入れておこう

自分が好きなジャンルの音源は、自分が最も楽しみたい音楽です。そのため、店頭で実際にヘッドホンを試聴する準備として、自分のスマホに好みの音源を入れておくことがおすすめです

 

多くの家電量販店やオーディオショップでは、店頭のヘッドホンを自分の音楽プレイヤーやスマホに接続することができます。音源をスマホに入れて準備しておくと、店頭でスムーズに試聴ができるため便利です。

開放型のヘッドホンを試聴するときは静かな環境で

開放型ヘッドホンは遮音性が高くない構造のため、周りの騒音・雑音の影響を受けやすいです。そのため開放型ヘッドホンの試聴を行うときは、静かな環境で聴き比べをしましょう

 

店内が騒がしく、どうしても聴き比べに集中できないときは平日など人の少ない時間帯に再挑戦するか、比較的店内が静かなオーディオショップなどで聴き比べをするのがおすすめです。

聴き比べするときは同じ音源のサビ部分に注目

高音質タイプのヘッドホンは、ただ漫然と聴き比べるだけでは違いが分かりにくいことがあります。そこでおすすめなのが、聴き比べるときに同じ音源のサビ部分に集中するという方法です。

 

この方法なら同じ音源を聴き比べるため、ヘッドホンの音質の違いを判断しやすいです。また、サビ部分の表現力に注目するため自分の好みに合ったヘッドホンが見つけやすくなります。

ヘッドホンは装着感・重量も忘れずにチェック

最近は、ヘッドホンを音楽鑑賞用だけでなく、通勤・通学や仕事中などの幅広いシーンで活用している人が増えています。そのため、ヘッドホンを試聴するときは音質だけでなく、装着感・重量も忘れずにチェックしましょう

 

頭を強く締め付けるタイプのヘッドホンは、人によっては頭痛が起きる場合もあり、注意が必要です。また、重量が重ためのヘッドホンは長時間装着していると首が疲れてしまい、肩こりの原因にもなります

ヘッドホンを試聴するときに気を付けておきたいエチケットやマナーがあります。気持ち良くヘッドホンを試聴できるよう、次のようなマナーと注意点を心得ておきましょう

除菌シートで自分の手を消毒してから試聴するのがマナー

お互いに清潔に気持ち良く利用するためにも、ヘッドホンを試聴するときは事前に除菌シートやアルコールスプレーなどで自分の手を消毒してからヘッドホンを装着しましょう。また、自分で準備したアルコールシートでヘッドホンを拭く場合、素材によってはヘッドホンが痛んでしまう可能性があるので、事前に店員さんに確認してから除菌しましょう。

長時間の使用は避けて譲り合おう

聴き比べる中から自分の気に入ったヘッドホンが見つかると、つい色々な音源を試聴して長時間楽しみたくなります。しかし試聴用のヘッドホンは、各モデル1台しか試聴用として置かれていないことが多いです。他にも同じヘッドホンを試聴したいと待っている人がいるかもしれないので、長時間の試聴は避けましょう

試聴するヘッドホンはエージング済みかも?

高音質タイプのヘッドホンは、使用回数を重ねてエージングを経ると音質がさらに良くなります。店頭で試聴できるヘッドホンは、これまで何度も試聴に使われて使用回数を重ねているため、エージング済みの音質であることが多いです。

 

そのため「このヘッドホンの音質が気に入った」と思ってヘッドホンを購入しても、購入直後は少し違った音質に聞こえることもあります。こうした音質の違いは初期不良や故障ではなく、エージングを経れば店頭で試聴したときと同じ音質になりますので、地道に使用を重ねてみてください。

Sony

WH-1000XM4

価格:36,980円 (税込)

ノイズキャンセリング機能が強力!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

従来技術では、飛行機や電車などの低音域の騒音はカットできても、人の話し声などの中高音域のノイズは軽減できないことが多かったです。「WH-1000XM4」は進化したノイズキャンセリング機能を搭載しているため、これまで苦手とされてきた中高音域の騒音・雑音も大幅カットできるようになりました。店頭で見つけたら、是非その性能の高さを体感してみてください。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Sony 商品名 WH-1000XM4
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 Bluetoothバージョン Ver.5.0/Class1
連続再生時間 最大30時間(NC ON時) 最大38時間(NC OFF時) 充電時間 約3時間
充電端子 USB Type-C その他機能 ノイズキャンセリング機能搭載・ハイレゾ対応
デノン

AH-D1200

価格:12,620円 (税込)

老舗実力派メーカーの人気モデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーディオ機器の老舗実力派メーカーのデノンには、音質への高いこだわりと伝統があります。もし店頭でデノン製ヘッドホンを見つけたら、ファンの間から「デノンサウンド」と呼ばれて親しまれている独自の高音質設計を是非試聴してみてください。特にこちらの「AH-D1200」は、デノンの優れた高音質をお手頃価格で入手できるため、おすすめ度の高いヘッドホンとなっております

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー DENON 商品名 AH-D1200
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 プラグ形状 ミニプラグ
コード長 1.3 m その他機能 ハイレゾ対応・リケーブル可能・マイク付き
Audio Technica(オーディオテクニカ)

Sound Reality ATH-SR9

価格:28,318円 (税込)

メリハリのあるサウンドが面白い!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「Sound Reality ATH-SR9」の特徴は、中高音域の解像度が高く、表現力に優れていることです。重低音や高音が強化されたサウンドは「ドンシャリ感」があると言われますが、こちらは特に高音が強化されたドンシャリ感の強めのヘッドホンです。ロックやポップス、テクノなど、中高音域のサウンドを特に楽しみたい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Audio Technica(オーディオテクニカ) 商品名 Sound Reality ATH-SR9
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型 プラグ形状 ミニプラグ
コード長 1.2 m その他機能 ハイレゾ対応・リケーブル可能・マイク付き
AKG

K712 PRO-Y3

価格:33,218円 (税込)

開放型だから高音がきれいに透き通る

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

開放型ヘッドホンは、ヘッドホン内部で無駄な音の反響・反射が起こりにくいため、ノイズが少なくて特に高音の伸びがいいのが特徴です。AKGの「K712 PRO-Y3」には、こうした開放型ヘッドホンの長所が凝縮されており、クリアな高音質と伸びのある高音が楽しめるヘッドホンとなっております。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー AKG 商品名 K712 PRO-Y3
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 開放型 プラグ形状 標準プラグ/ミニプラグ
コード長 3 m その他機能 リケーブル可能
ゼンハイザー(Sennheiser)

HD 599

価格:26,400円 (税込)

開放型だけど重低音もしっかり

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重低音のサウンドは、空間を密閉してしっかり低音を強化できる密閉型に軍配が上がることが多いです。しかしゼンハイザーの「HD 599」は、開放型ヘッドホンでありながら重低音のサウンドがしっかりと強化されているため、多くの方が初めて試聴したとき「これって本当に開放型?」と驚かれます。開放型のため、クリアなサウンドと伸びのある高音も楽しめる、おすすめのヘッドホンです

 

スペック詳細はこちら

メーカー ゼンハイザー(Sennheiser) 商品名 HD 599
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 開放型 プラグ形状 標準プラグ/ミニプラグ
コード長 1.2 m その他機能 リケーブル可能

店頭で試聴可能なヘッドホンの種類には限りがあるため、自分が試聴してみたいヘッドホンが店頭で試聴できないことも多いです。そんなときは、ヘッドホンのレンタルサービスを利用してヘッドホンを試聴することがおすすめです。

 

ヘッドホンをレンタルすると、時間を気にせずじっくり時間をかけて聴き比べることができます。ただし、レンタルサービスによっては一度にレンタル可能な台数が限られている場合があるので、どのヘッドホンを聴き比べるのか厳選する必要があるかもしれません。

ヘッドホンを聴き比べていると、知らなかったメーカーのヘッドホンが実は自分の好みだと気付くことがあります。ヘッドホンの試聴には探索の楽しみや発見の喜びがあります。是非、店頭でヘッドホンを試聴して自分にぴったりのヘッドホンを見つけてください!