【2022】初心者向けの天体望遠鏡おすすめ10選|スマホ連動や子供も扱えるものを紹介!

初心者向けの天体望遠鏡は組み立ても使い方もシンプルな仕様で、低価格で手に入ります。子供でも扱えるものからスマホ連動で本格的に観測できるものまでさまざまです。この記事では、天体望遠鏡の種類と特徴、初心者におすすめの商品を紹介します。

2022/09/24 更新

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

美しい星空に魅せられて、自分用の天体望遠鏡が欲しいと願う人はたくさんいます。しかし、天体望遠鏡は使いこなせるかどうか心配だったり、種類が多くてどれを選べばいいのかよくわからなくて購入を見送る人が多いのが事実です。

 

そんな方には初心者向けの天体望遠鏡をおすすめします。初心者向け商品なら組み立てが簡単で、観測のサポート機能も満載です。天体のカメラ撮影に対応する商品もあり、比較的低価格で手に入るのもいいところです。最近では、スマホ連動の機能が搭載されているものなども登場し、初心者でも扱いやすい商品が増えました。

 

今回この記事では、天体望遠鏡の種類と、初心者向けのおすすめ商品を紹介します。自分用の天体望遠鏡を探している方は、ぜひ参考にしてください。

天体望遠鏡の光学形式は3種類で、架台タイプは2種類です。どちらも天体望遠鏡を選ぶうえで非常に重要なので解説します。

天体望遠鏡の光学形式は屈折式・反射式・カタディオプトリック式の3種類です。それぞれの違いを解説します。

 

【目次】

初心者に最もおすすめなのは、屈折式天体望遠鏡です。屈折式天体望遠鏡は対物レンズで光を集めます。視界が安定し、コントラストもいいのが特徴です。また目標の天体を見つけやすく、あらゆる天体の観測に使えます。

 

屈折式天体望遠鏡は、お手入れ不要で保管が簡単なので初心者向けです。しかしレンズを複数枚使うため、どうしても高額で本体の重量が重くなります。

反射式天体望遠鏡は、上級者向けの天体望遠鏡です。価格は比較的安めですが温度差に弱く、室内と屋外の温度差が大きい時はしばらく外気に慣らしてからでないと使えません。

 

反射式天体望遠鏡の仕組みは、凹面鏡(ガラス表面にメッキを施した反射鏡)で集めた光を斜鏡で反射させ、接眼レンズで像を拡大するというものです。視界の中心部が最もよく見えます。いろいろな天体を観測できますが、太陽の観測には使えません

カタディオプトリック式は、屈折式と反射式のハイブリッドと言われる光学形式です。鏡筒が短いので持ち運びやすく、観測中でも天体望遠鏡の方向を簡単に変えられます。しかしこちらも気温差に弱く、室外で使う場合はしばらく外気温に慣らさなければなりません。

 

カタディオプトリック式の天体望遠鏡は月面や惑星の観察に適していますが、初心者には扱いが難しいところがあるので、中級者以上になってから検討しましょう。

天体望遠鏡の架台は、天体望遠鏡の三脚に取り付けて、望遠鏡本体を固定するパーツです。タイプは経緯台と赤道儀の2種類あります。天体望遠鏡選びは、光学形式と架台のタイプが重要です。

経緯台は初心者やお子様が使いやすい架台です。特別なセッティングは不要ですぐ使えます。天体望遠鏡を覗きながら上下左右に動かせるので、複数の離れた天体を観測するのに便利です。天体望遠鏡は自分の手で動かします。

 

軽量で操作が簡単なのがメリットですが、天体は時間とともに移動するので同一の天体を視野にとどめておくのは困難です。そのため長時間の観測には向いていません。

赤道儀は天球の軸・赤緯・赤経に合わせて動かせるタイプの架台です。同じ天体を常時視野に入れられるので、天体の写真撮影に適しています。また高倍率での天体観測にもおすすめです。

 

しかし赤道儀は使う前に「極軸合わせ(基準を北極星に合わせる)」をする必要があります。これは初心者には難しいので、購入はある程度天体望遠鏡に慣れてからにしましょう。

初心者には、屈折式で経緯台の天体望遠鏡がおすすめです。使いやすさには個人差がありますので、ネット通販よりも店頭で実機を確認してから購入するのが無難です。ここでは、その際に気を付けたい点を解説します。

 

【目次】

天体望遠鏡は対物レンズが60mm、筒鏡は100mm以上ある商品がおすすめです。対物レンズの口径は大きいほど光をたくさん集めるので、明るく見えます。しかし口径が大きい望遠鏡は重くなるのがデメリットです。倍率は対物レンズと接眼レンズの組み合わせで変えられるので、気にする必要はありません。

 

筒鏡については、この長さが長いほど焦点距離(レンズの中心から焦点までの距離)が長くなります。焦点距離の長い天体望遠鏡は高倍率ですが重いです。

肉眼で見られない天体を見るなら、極限等級(その望遠鏡で見られる最も暗い投等級の星)と集光力(肉眼の何倍光を集められるか)にもこだわりましょう。どちらも望遠鏡の口径に比例します。極限等級と口径の関係ついては以下の通りです。

 

口径 極限等級
口径30mm 9.4等星
口径80mm 11.3等星
口径200mm 13.3等星

 

集光力については「レンズ口径の2乗÷(7×7)」で算出できます

屋外で使う場合は、組み立てやすさも大切です。また収納や持ち運びを考えるなら、最低限鏡筒・架台・三脚の3つのパーツに分解できるものを選んでください。

 

暗いところで作業するので、ネジなどの細かいパーツが少ないものがおすすめです。持ち運ぶ場合は、収納した時に最も長くなる部分が100cm以下になる商品を選びましょう。

天体望遠鏡のファインダーは、主に光学ファインダーのぞき穴ファインダーの2種類あります。一般的に多くの天体望遠鏡で採用されているのは光学ファインダーです。光学ファインダーは肉眼で見えにくい暗い星を探すのに便利です。ただし、使用前に細かく調整を行う必要があるため、初心者の方は扱いにくさを感じる場合もあります。

 

一方、のぞき穴ファインダーは調整を行う必要のない固定式のファインダーです。光学ファインダーのように暗い星を見るのは難しく、基本的には肉眼で見える星しか観測できませんが、調整いらずなので初心者の方も簡単に使用できます。

 

初めて天体望遠鏡を購入するなら、調整いらずののぞき穴ファインダーがおすすめです。まずはのぞき穴ファインダーを使用し、天体望遠鏡の扱いに慣れてきたら、光学ファインダーに切り替えて、より高度な天体観測を楽しみましょう。

天体望遠鏡は観測したい天体と、自分がやりたいことに合わせて必要な機能があるものを選びましょう。ここでは、天体望遠鏡のおすすめの便利機能について解説します。

 

【目次】

天体の写真撮影をしたい場合は、カメラアダプターがあると便利です。近年はスマホ用が増えていますが、一眼レフに対応するアダプターもあります。

 

取り付けは非常に簡単で、カメラを取り付けたアダプターを天体望遠鏡に接続するだけです。カメラアダプターを使うと、カメラの方向の調節から撮影までスムーズに行えます。

スマートフォンで天体の写真や動画を取りたい方は、スマホ対応の商品を選びましょう。スマホ対応の天体望遠鏡にはカメラアダプターと同じように、スマホを天体望遠鏡に接続するための専用アダプターがあります。

 

このアダプターは別売りの場合もあるので、購入する時には必ず確認してください。また観測をサポートする専用無料アプリを用意している商品もあります。こちらは初心者に非常におすすめです。

天体は時間の経過とともに移動します。同じ天体を長時間観測するなら、「自動追尾システム」を搭載した天体望遠鏡を選びましょう

 

こちらは一度セッティングすると後は自動で目標の天体を追いかけてくれます。またこの機能を搭載する天体望遠鏡の架台は、モーターを内蔵しているのが特徴です。

自動導入システムとは、事前に観測したい天体を登録しておくと天体望遠鏡が自動的にその星を探すシステムです。暗くて見つけにくい天体を探す時に活躍します。

 

しかしこの機能を使うには天体の名前や配列の知識が必要です。そのため天体の知識があまりない方には難しい場合があります。その場合は天体のデータベースから見たい天体を探して登録できる仕様の商品を選びましょう

天体望遠鏡は倍率によって見える距離が変わります。倍率を決めるのは対物レンズ接眼レンズの焦点距離です。接眼レンズは交換可能なので、自分が観察したい天体に合ったものを取り付けましょう。天体を観測するのにおすすめの倍率は以下の通りです。

 

天体望遠鏡の倍率 観測できる天体
50倍 月全体の様子、星団・星雲がきれいに見える
70倍 金星の満ち欠け、水星の観察
100倍 土星の環を見る
150倍以上 木星の縞模様、月のクレーターを見る
200倍以上 火星の表面の様子を細かく観察できる

 

土星の観測なら、100~150倍がおすすめです。また天体望遠鏡の倍率は「対物レンズの焦点距離÷接眼レンズの焦点距離」で算出できます。

池田レンズ工業

天体望遠鏡 リゲル60

価格:26,680円 (税込)

入門機としては珍しい、安心の日本製!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本職人によって精巧に作られた、初心者にも扱いやすい天体望遠鏡です。上下水平全周微動装置付きの高機能なので、動いていく星を追尾して観測するのにとても適しています。天体望遠鏡としては比較的手に取りやすい価格ながら、日本の職人による丁寧な手作業が施されたハイクオリティな商品で、国内で研磨されたレンズは見え方の綺麗さが段違いです。保証期間も3年間と長期なので、万が一の故障や不調も安心です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
池田レンズ工業
商品名
天体望遠鏡 リゲル60
天体望遠鏡のタイプ
屈折式
対物レンズ有効径(口径)
60mm
焦点距離
700mm
集光距離・極限等級
肉眼の73倍・10.7等星
架台タイプ
-
本体サイズ
1050×185×145mm(梱包サイズ)
本体重量
3.7kg(梱包サイズ)
便利機能
上下水平全周微動ハンドル他
ビクセン(Vixen)

天体望遠鏡 ポルタII A80Mf

価格:42,720円 (税込)

組み立ても扱いも簡単!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者だけでなく、多くの天文愛好家から好評を博している天体望遠鏡です。本体・架台・三脚の組み立てと分解は、付属のハンドルネジ1本で簡単にできます。この天体望遠鏡は本体を動かせる範囲が広いのがいいところです。

 

また手を離したらその位置で静かに止まるので(フリーストップ式)、見たい方向に向けたらすぐ観測できます。火星と月面の観測に秀でた商品ですが、土星の環も見られます。また、本体を細かく動かしながら、特定の天体を追いかけることもできるので便利です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ビクセン(Vixen)
商品名
天体望遠鏡 ポルタII A80Mf
天体望遠鏡のタイプ
屈折式
対物レンズ有効径(口径)
80mm
焦点距離
910mm
集光力・極限等級
肉眼の131倍・11.3等星
架台タイプ
経緯台
本体サイズ
長さ860mm、外径90mm
本体重量
2.5kg
便利機能
フリーストップ式、微動ハンドル、アリミゾ式他
ビクセン(Vixen)

天体望遠鏡 モバイルポルタ A70Lf

価格:37,540円 (税込)

天体の写真撮影に

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは天体の写真撮影を意識して開発された天体望遠鏡です。そのため初心者でもきれいな天体写真を撮影できます。「A80Mf」と同じように組み立て・分解が簡単で、フリーストップ式です。

 

この商品は三脚部分にカメラアクセサリーを置く台があります。大切なアクセサリーを失くさないようぜひ活用しましょう。「月なら眩しいぐらいによく見える」といった口コミが挙がっており、お子様との天体観測にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ビクセン(Vixen)
商品名
天体望遠鏡 モバイルポルタ-A70Lf
天体望遠鏡のタイプ
屈折式
対物レンズ有効径(口径)
70mm
焦点距離
900mm
集光力・極限等級
肉眼の100倍・11.0等
架台タイプ
経緯台
本体サイズ
長さ860mm、外径76mm
本体重量
1.9kg
便利機能
フリーストップ式
Turl

天体望遠鏡 F50070

価格:13,780円 (税込)

小学生にもおすすめ!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

星空から地上まで、幅広い観測に対応する天体望遠鏡です。太陽フィルターを同梱しているので日食の観測もできます。また組み立てに特別な道具は必要なく、数分で終わるので小学生のお子様にもおすすめです。この商品のレンズは高品質で、多くの光を集められられます。そのため解像度が高いのが特徴です。三脚の高さ、望遠鏡の向きを変えるのも簡単ですので、いろいろな天体の観測を楽しみましょう。

メーカー
Turl
商品名
天体望遠鏡 F50070
天体望遠鏡のタイプ
屈折式
対物レンズ有効径(口径)
70mm
焦点距離
400mm
集光力・極限等級
肉眼の100倍・-
架台タイプ
経緯台
本体サイズ
幅63x奥行き21 x高さ13cm(梱包時)
本体重量
約1.6kg
便利機能
太陽フィルター、ムーンフィルター、スマホ対応他
ケンコー(Kenko)

SKY WALKER SW-0

価格:4,804円 (税込)

コスパ最強安い!パソコンと連携できる天体望遠鏡

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格なので初心者やお子様でも買いやすい天体望遠鏡です。レンズ口径はどうしても小さくなりますが、月のクレーターはよく見えます。この商品は別売りの「デジアイピースDX」を取り付けると、天体望遠鏡が捉えている景色をパソコンで見られるのがいいところです。そのため何人かで集まって観測するのにも適しています。

 

しかしこの商品は大人の場合、フィールドスコープとして使っている人が多いのが事実です。同梱の正立プリズムは野鳥の観測に役立ちます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ケンコー(Kenko)
商品名
SKY WALKER SW-0
天体望遠鏡のタイプ
屈折式
対物レンズ有効径(口径)
50mm
焦点距離
360mm
集光力・極限等級
肉眼の51倍・10.2等星
架台タイプ
経緯台
本体サイズ
外径80mm、長さ340mm
本体重量
340g
便利機能
パソコン連携機能(別売り品が必要)
ケンコー(Kenko)

Sky Explorer SE-AZ5 SE-102鏡筒セット

価格:61,727円 (税込)

暗い星もよく見える!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはワンランク高い仕様の天体望遠鏡と三脚のセット商品です。天体望遠鏡単体より少ない費用で必要な道具を揃えられます。天体望遠鏡本体はコンパクトで大きい動きにも微調整にも対応するので、天体の追尾もしやすいと好評です。

 

星像が非常に鮮明なのは言うまでもありません。またこの商品は観測の事前学習に使えるPCソフト「星空散歩ライトⅡ」を同梱しています。こちらは世界の星空をプラネタリウムのように楽しめるのでおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ケンコー(Kenko)
商品名
Sky Explorer SE-AZ5 SE-102鏡筒セット
天体望遠鏡のタイプ
屈折式
対物レンズ有効径(口径)
102mm
焦点距離
500mm
集光力・極限等級
212.32倍・11.81等星
架台タイプ
経緯台
本体サイズ
外形116mm、長さ540mm
本体重量
4kg
便利機能
PCソフト、フリーストップ式、微動ハンドル他
スコープテック

ラプトル50 天体望遠鏡セット

価格:11,000円 (税込)

世界天文年セレクション受賞商品

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは本体・架台・三脚に接眼レンズと天頂ミラー(高い位置の天体を見やすくするのに使う道具)までセットになっている商品です。手元に届いたその日から天体観測を楽しめます。低価格でありながらハイスペックで、土星の環や金星の満ち欠けが見られるのがいいところです。そのため2009年には世界天文年セレクションを受賞しました。この商品は教育用としても人気があり、学校やお子様向けの天体観測のイベントでもよく使われています

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
スコープテック
商品名
ラプトル50 天体望遠鏡セット
天体望遠鏡のタイプ
屈折式
対物レンズ有効径(口径)
50mm
焦点距離
600mm
集光力・極限等級
肉眼の51倍・10.3等級
架台タイプ
経緯台
本体サイズ
幅91 × 奥行き17cm ×高さ11cm(梱包時)
本体重量
1.5kg
便利機能
のぞき穴ファインダー
レイメイ藤井

天体望遠鏡 RXA104

価格:7,700円 (税込)

専用アプリでナビゲート!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用スマホアプリ「星どこナビ」と連携する天体望遠鏡です。「星どこナビ」は天体や天体望遠鏡に関する豆知識を収録し、観測したい天体を指定するとその位置を光と音でナビゲートしてくれます。天体の撮影をサポートする「カメラモード」もあるので、ぜひ活用しましょう。しかしこの商品は三脚が弱く、弱い風が吹いただけでもガタつくといった口コミもあります。そのため、店頭で実際に確認してから購入するのをおすすめします。

メーカー
レイメイ藤井
商品名
天体望遠鏡 RXA104
天体望遠鏡のタイプ
屈折式
対物レンズ有効径(口径)
50mm
焦点距離
600m
集光力・極限等級
肉眼の51倍・10.2等星
架台タイプ
経緯台
本体サイズ
幅79 x奥行き24x高さ10.5 cm(梱包時)
本体重量
2kg
便利機能
スマホアプリ対応
ミザールテック

天体望遠鏡 AR-50BL

価格:7,293円 (税込)

小さいお子様に最適!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さいお子様が天体望遠鏡を欲しがったら、この商品がおすすめです。簡単に組み立てられるので、小学校低学年ぐらいのお子様であれば十分に使いこなせます。三脚が短いのを生かして、大人なら卓上望遠鏡として使うのもいい方法です。ハイスペックな商品ではありませんが、土星の環と縞模様の確認はできるといった口コミが挙がっています。軽量なのでキャンプや旅行に持って行って、肉眼で見るのとは違う夜空を楽しむのもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ミザールテック
商品名
天体望遠鏡 AR-50BL
天体望遠鏡のタイプ
屈折式
対物レンズ有効径(口径)
50mm
焦点距離
360mm
集光力・極限等級
肉眼の51倍
架台タイプ
経緯台
本体サイズ
外径68mm、長さ340mm
本体重量
254g
便利機能
天頂ミラー、アイピース
ミード

天体望遠鏡 AZM-70

価格:14,295円 (税込)

末永く使いたい方に

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカ製の天体望遠鏡です。初心者向けでありながら高性能で、木星のガリレオ衛星や土星の環も見られます。この商品はある程度天体望遠鏡の扱いに慣れてからも使えるのがいいところです。その時には同梱の「2倍バーローレンズ」を取り付けて観測しましょう。さらに高倍率になり、暗い天体の姿がはっきり見えるようになります。

 

ネット上には「初めて使った日から木星の縞模様が見えた、大きいけれど重さは気にならない」といった口コミが挙がっています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ミード
商品名
天体望遠鏡 AZM-70
天体望遠鏡のタイプ
屈折式
対物レンズ有効径(口径)
70mm
焦点距離
700mm
集光力・極限等級
肉眼の100倍・11等星
架台タイプ
経緯台
本体サイズ
直径980mm、長さ1320mm
本体重量
3.38kg
便利機能
2倍バーローレンズ、頂エレクティングプリズム、等倍ファインダー他
CELESTRON(セレストロン)

セレストロン StarSense Explorer LT 70AZ

価格:26,500円 (税込)

キャンプ場での天体観測に

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用アプリによるナビゲートで天体観測できる商品です。アプリをインストールしたスマートフォンを本体に設置し、鏡とカメラレンズの設定をしましょう。後は観測したい天体を指定するだけで、その天体の方向をスマホの画面上に矢印で表示します。天体の知識があまりない初心者やお子様でも、確実に見たい天体を見られると好評です。この商品は光害の少ない場所での使用を推奨されていますので、キャンプ場等で使うのがおすすめです。

メーカー
CELESTRON(セレストロン)
商品名
セレストロン StarSense Explorer LT 70AZ
天体望遠鏡のタイプ
屈折式
対物レンズ有効径(口径)
70mm
焦点距離
700mm
集光力・極限等級
肉眼の100倍・11.0等
架台タイプ
経緯台
本体サイズ
幅86.9×奥行き33.6×高さ23.4cm(収納時)
本体重量
3.35kg
便利機能
スマホ対応、専用アプリ、

天体望遠鏡比較一覧表

商品画像
メーカー
池田レンズ工業
ビクセン(Vixen)
ビクセン(Vixen)
Turl
ケンコー(Kenko)
ケンコー(Kenko)
スコープテック
レイメイ藤井
ミザールテック
ミード
CELESTRON(セレストロン)
商品名
天体望遠鏡 リゲル60
天体望遠鏡 ポルタII A80Mf
天体望遠鏡 モバイルポルタ A70Lf
天体望遠鏡 F50070
SKY WALKER SW-0
Sky Explorer SE-AZ5 SE-102鏡筒セット
ラプトル50 天体望遠鏡セット
天体望遠鏡 RXA104
天体望遠鏡 AR-50BL
天体望遠鏡 AZM-70
セレストロン StarSense Explorer LT 70AZ
説明
入門機としては珍しい、安心の日本製!
組み立ても扱いも簡単!
天体の写真撮影に
小学生にもおすすめ!
コスパ最強安い!パソコンと連携できる天体望遠鏡
暗い星もよく見える!
世界天文年セレクション受賞商品
専用アプリでナビゲート!
小さいお子様に最適!
末永く使いたい方に
キャンプ場での天体観測に
価格 26,680円 (税込) 42,720円 (税込) 37,540円 (税込) 13,780円 (税込) 4,804円 (税込) 61,727円 (税込) 11,000円 (税込) 7,700円 (税込) 7,293円 (税込) 14,295円 (税込) 26,500円 (税込)
リンク
メーカー
池田レンズ工業
ビクセン(Vixen)
ビクセン(Vixen)
Turl
ケンコー(Kenko)
ケンコー(Kenko)
スコープテック
レイメイ藤井
ミザールテック
ミード
CELESTRON(セレストロン)
商品名
天体望遠鏡 リゲル60
天体望遠鏡 ポルタII A80Mf
天体望遠鏡 モバイルポルタ-A70Lf
天体望遠鏡 F50070
SKY WALKER SW-0
Sky Explorer SE-AZ5 SE-102鏡筒セット
ラプトル50 天体望遠鏡セット
天体望遠鏡 RXA104
天体望遠鏡 AR-50BL
天体望遠鏡 AZM-70
セレストロン StarSense Explorer LT 70AZ
天体望遠鏡のタイプ
屈折式
屈折式
屈折式
屈折式
屈折式
屈折式
屈折式
屈折式
屈折式
屈折式
屈折式
対物レンズ有効径(口径)
60mm
80mm
70mm
70mm
50mm
102mm
50mm
50mm
50mm
70mm
70mm
焦点距離
700mm
910mm
900mm
400mm
360mm
500mm
600mm
600m
360mm
700mm
700mm
集光距離・極限等級
肉眼の73倍・10.7等星
架台タイプ
-
経緯台
経緯台
経緯台
経緯台
経緯台
経緯台
経緯台
経緯台
経緯台
経緯台
本体サイズ
1050×185×145mm(梱包サイズ)
長さ860mm、外径90mm
長さ860mm、外径76mm
幅63x奥行き21 x高さ13cm(梱包時)
外径80mm、長さ340mm
外形116mm、長さ540mm
幅91 × 奥行き17cm ×高さ11cm(梱包時)
幅79 x奥行き24x高さ10.5 cm(梱包時)
外径68mm、長さ340mm
直径980mm、長さ1320mm
幅86.9×奥行き33.6×高さ23.4cm(収納時)
本体重量
3.7kg(梱包サイズ)
2.5kg
1.9kg
約1.6kg
340g
4kg
1.5kg
2kg
254g
3.38kg
3.35kg
便利機能
上下水平全周微動ハンドル他
フリーストップ式、微動ハンドル、アリミゾ式他
フリーストップ式
太陽フィルター、ムーンフィルター、スマホ対応他
パソコン連携機能(別売り品が必要)
PCソフト、フリーストップ式、微動ハンドル他
のぞき穴ファインダー
スマホアプリ対応
天頂ミラー、アイピース
2倍バーローレンズ、頂エレクティングプリズム、等倍ファインダー他
スマホ対応、専用アプリ、

天体望遠鏡は使い方を誤ると非常に危険です。特に小学生や小さなお子様に観測させる場合は必ず大人が付き添い、細心の注意を払ってください。大人も子供も、以下の注意事項を必ず守りましょう。

 

  • 太陽は絶対に見ない
  • 事前の下調べをしっかりする(今日見られる天体等)
  • 川や崖など危険な場所に近づかない

 

太陽の観測は熟練した人でも難しい場合があります。特にお子様には太陽の観測は絶対にしないと決めておく方が安全です

よく検討してから天体望遠鏡を買いたい方は、一度レンタルして使ってみるのもおすすめです。望遠鏡メーカーが天体望遠鏡のレンタルサービスを行っている場合もあります。この下に1つリンクを貼りますので参考にしてください。

 

品物のやり取りは宅配便で行うため、遠方にある業者でも自宅が対応エリア内であれば大丈夫です。実際にレンタルする時は、レンタル期間・レンタル料・支払い方法等の確認を忘れないようにしましょう。

天体望遠鏡は想像以上に購入しやすいアイテムです。商品もスペックも種類豊富なので、自分にとって使いやすいものを探しましょう。実際に買う前にレンタルで試してみるのもおすすめです。自分だけの天体望遠鏡で素敵な天体観測を楽しんでください。