【コスパ最強】大人気開放型ヘッドホンのおすすめランキング10選

開放型ヘッドホンを購入する際にどのように選べば良いのかわからない、そういった悩みを持った方は多いかもしれません。ここでは商品の選び方、おすすめの商品、また人気ランキングを紹介していきます。開放型ヘッドホンを購入する際はぜひ参考にしてみてください。

開放型ヘッドホンで伸びのある音を実感

ヘッドホンを初めて購入する際に、密閉型、開放型といった言葉を目にすることがあるかもしれません。そこで、それらの違い、メリットやデメリットを正確に理解することが大切です。

 

外部に音を漏らさない構造になっている密閉型ヘッドホンとは異なり、開放型ヘッドホンは、メッシュなどの開放型のハウジングを採用しており、ドライバーユニットの後ろから発せられる音がハウジングの外に出る構造になっています。

 

その構造の違いから長所や短所があるため、用途に合ったものを選ぶことが大切になってきます。今回は日々の生活を豊かにする開放型ヘッドホンを紹介していきます。自分に合っていそうな一品の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

開放型ヘッドホンの選び方

装着タイプで選ぶ

開放型イヤホンを選ぶ際に、オーバーイヤー型とオンイヤー型の二種類の装着タイプを知っておくことが大切です。それぞれ付け心地が異なるため、好みのものを選びましょう。

オーバーイヤー型で遮音性アップ

音の広がりが感じられ、広い音場感や抜けのいい音色、快適な着け心地などが楽しめる開放型ヘッドホンですが、装着タイプにも選択肢があるのをご存知ですか。

 

ここで紹介するオーバーイヤー型は、耳全体を覆う装着タイプです。耳を完全に覆うことで、遮音性を増し、開放型ヘッドホンで心配される音漏れ軽減につながります。また、耳への負担が少ないのもメリットです。

 

その上、しっかりとした装着感があるため安定したフィット感を楽しむことができます。これらの特徴を重視される方は、ぜひオーバーイヤー型の商品にトライしてみてください。

オンイヤー型で快適な音楽ライフ

先ほど紹介したオーバーイヤー型とは違いオンイヤー型は、耳の上を全体的に覆う作りになっていません。そのため、ヘッドホン自体がコンパクトで軽いという長所があります。常に持ち歩く場合には、肩こり等の負担の軽減に役に立つかもしれません。

 

さらにオーバーイヤー型と比べるとリーズナブルな価格設定の商品が多いため、値段を抑えたい方にはおすすめのタイプです。

 

オンイヤー型は、コンパクトで持ち運びもしやすいため、通勤や通学にも便利なアイテムと言えるでしょう。外出先でも使いたい、携帯することが多いといった方におすすめです。

機能性で選ぶ

開放型ヘッドホンは様々な種類があるため、用途によってもタイプが異なります。日常で使用する際に、どのように使うのか、何を重視するのかがポイントです。

モニターヘッドホンで音楽制作

スタジオレコーディング等の音楽制作に使用される方は、モニターヘッドホンを購入されると良いでしょう。高解像度、フラットな周波数特性、また原音に忠実な音質が特徴とされています。

 

例えば、beyerdynamicのロングセラー・ヘッドホン、DT990 PROは開放型とは思えないしっかり低音を再現し、バイオリンやピアノなど生楽器との相性が抜群であることが知られています。ドイツで生産されているところもポイントです。

 

また、国内外様々なメーカーがあり選択肢も豊富です。開放型のモニターヘッドホンを選んで音楽制作のレベルアップを目指しましょう。

DJヘッドホンでテンションMAX

DJヘッドホンは、その名の通り、DJプレイを想定して作られたヘッドホンです。DJプレイを日々される方、もしくは挑戦してみたい方におすすめのタイプのヘッドホンです。

 

例えば、ベリンガー DJヘッドホンは、DJプレイ中は片耳だけあてて音を聴くことが多いために半回転式になっています。また、長時間使うことも考えて、ハードな仕様にも耐えうるデザインであり、疲れにくい柔軟性のあるヘッドバンドが採用されているのもポイントです。

 

もちろん、DJシーンだけではなく、映画鑑賞等の幅広い用途で使用できるタイプでもあります。以上のニーズに合う方は、ぜひDJヘッドホンで高レベルのDJプレイに挑戦してみてください。

ゲーマーにはゲーミングヘッドホン

eスポーツの世界的な広がりの影響を受けて、日本でも本格的にゲームを始める人が増加しています。通常のヘッドホンと比較して、音響に優れているもの、周りの音が聞き取りやすいもの、クリアな音質で快適な通話が楽しめるものが多く、優れた商品が揃っています。

 

遅延のない臨場感溢れるオーディオはゲーム時には欠かせなく、クリアで広がる音を楽しむことができる開放型ヘッドホンが向いていると言えます。

 

またゲーマーの中には長時間の戦いになる方も多いでしょう。そのような方は、付け心地と装着感の良いもを選んでみてください。

接続方法で選ぶ

有線のコードが邪魔だと感じる、ワイヤレスは通信が途切れが地で使いづらい、など接続方法によっても使い心地が異なります。ぜひ自分に合った接続方法を選んでみてください。

電波干渉を受けない有線タイプ

開放型ヘッドホンを選ぶ際に、接続方法は大きな基準になってきます。有線はオーディオ機器などとヘッドホンをケーブルによってつなぐタイプです。有線は、機器と直接つながっているために音質の安定を図ることができます。

 

また、ゲーマー等には接続が切れることは避けたいことでしょう。その点、ワイヤレスと違って電波干渉を受けないのがメリットと言えます。接続が途中で切れてしまうとういう最悪の事態を防ぐことができます。

 

最近はワイヤレスが人気になっており、有線はコードが邪魔だと感じる方もいるかもしれません。しかし有線には長所も多いため、それぞれのメリット、デメリットをしっかり考慮した上で購入すると良いでしょう。

多くの機器で採用されているBluetooth

近年多くの機器で採用されているのが、Bluetoothです。スマホでも使われているため身近に感じる人も多いのではないでしょうか。メリットとしては、何よりコードがないため煩わしさを感じません自由度の高い使用が可能になります。

 

例えばAudezeのMobius Blue ゲーミングヘッドセットはBluetooth接続と有線接続に対応しており、レビューからも音のダイレクト感があり、付帯音がなくクリアなサウンドだということがわかります。

 

音質などは有線と比べて少し劣る面もありながら、利便性という点ではハイレベルなBluetoothヘッドホンを選んでみるのも良いでしょう。

赤外線で高コスパ

Bluetooth以外のワイヤレス通信に、赤外線があります。価格は安価なモデルが多いので、気軽にワイヤレスヘッドホンを始めることができ、初心者にもおすすめなタイプとなっております。

 

通信速度や音質の面では他のワイヤレスに遅れをとりますが、その分お手頃価格であるためお試し気分で買うこともできます。臨場感あふれるサウンドを再現する40mmドライバーユニットを搭載しているものもあるので、ぜひ試してみてください。

 

 

サイズや重さで選ぶ

長時間にわたってヘッドホンを使用することが多い場合や、外出時に携帯することが多い場合には、サイズや重さも大切な要素の一つです。重さを感じづらい300g前後を目安にして選ぶと良いでしょう。

 

開放型ヘッドホンは密閉型に比べてハウジング部分を密閉する必要が無いので、軽めのつくりとなっています。その中でも、機能性とのバランスを保ちながらも軽量化を実現したものもあるので、ぜひ選んでみてください。

デザインで選ぶ

ヘッドホンはファッションアイテムの一つでもあり、特に外出時に使用することが多い方にとっては、機能に加えてデザインで選ぶこともあるでしょう。開放型ヘッドホンには様々なデザインのものがあり、メタリックなもの、重厚感のあるもの、ポップなもの等幅広い選択肢があります。

 

ちなみに、世界初となる開放型ヘッドフォンであるゼンハイザーHD 414は黄色いイヤーパッドを採用した斬新なデザインで一躍有名になり、そのデザイン性の高さが注目されました。開放型ヘッドフォンを選ぶ際にはデザインも考慮してみてはいかがでしょうか。

音質で選ぶ

開放型ヘッドホンは密閉型ヘッドホンと比べて、周囲からの音をシャットアウトせずに通すので、原音に近いものを楽しむことができるのが特徴です。音の伸びや広がりを感じることができる点が人気となっています。

 

ただ、開放型ヘッドホンでは、高音ばかりが際立って低音が聞こえにくいという事が起こりがちです。そのため、低音域の解像度が優秀なモデルを選ぶのも良いでしょう。特に屋外で使用することが多い方には、良い音質のヘッドホンを選ぶことがマストになってきます。

 

 

開放型ヘッドホンの人気ランキング10選

第10位ヤマハ(YAMAHA)

HPH-200 BK

価格:12,342円(税込)

楽器の音色をを忠実に再現

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽器で有名なヤマハのヘッドホンで、楽器の音色の忠実な再現を目指し、自然で緻密な音質を実現しました。音楽鑑賞やシアター観賞にもおすすめな、万能な商品となっています。

 

レビューからも、色々なメーカーのものと比べても一番原音に近い、音質装着感が申し分なく、無理なく使い続けられると高評価であることがわかります。

 

原音に忠実なサウンドが欲しい、軽くて疲れないヘッドホンが良いと言った型にはぜひおすすめな商品となっています。

装着タイプオーバーイヤー型接続方法有線
重量180g
第9位Audio Technica(オーディオテクニカ)

エアーダイナミックシリーズ ATH-AD500X

価格:7,780円(税込)

広帯域再生を実現

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広帯域再生を実現したものが欲しいという型にぜひおすすめな開放型ヘッドホンです。高耐入力のCCAWボイスコイルφ53mmドライバーで美しい中高域を再生しています。

 

価格帯が1万円以下とリーズナブルであるにもかかわらず、優れた音質を楽しむことができます。再生周波数帯域は5~25000Hzで、低音再生に優れた53mmの大型ドライバーを搭載しており、開放型の弱点とされている低音も美しく聴くことができます。

 

また、アルミニウム素材を採用して軽量化を実現したため、長時間使用する方にもおすすめな商品です。リーズナブルな価格でハイレベルの音質を目指される方、ぜひ選んでみてください。

装着タイプオーバーイヤー型接続方法有線
重量235 g
第8位ソニー(SONY)

MDR-IF245RK コードレスステレオヘッドホン

価格:4,509円(税込)

赤外線を使用、お手頃価格

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードが煩わしいといった方におすすめな赤外線ヘッドホンです。専用プラグを使用機器に接続するだけで使用でき、送信部から約8m離れた距離まで伝送することが可能な商品です。またヘッドホンをトランスミッターに置くだけで簡単に充電できるのも便利です。

 

レビューからも、いちいち切れて再接続をするような面倒くさいことがなく、その上ヘッドホンが軽いために長時間使用しても疲れないとの高評価です。

 

初めてヘッドホンを買う、ワイヤレスがいいけどお手頃価格のものが欲しい、そんな方におすすめなヘッドホンです。

装着タイプオンイヤー型接続方法赤外線
重量200g
第7位AKG

Studio Headphones K612PRO

価格:10,855円(税込)

臨場感あふれる音質

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気ブランドアAKG独自のバリモーション・テクノロジーを使用することにより、迫力のあるサウンドを実現しました。全体的にハイクオリティであることから、安心の商品であると言えます。日常からよく音楽を聴く方におすすめです。

 

レビューの評価も高く、適度な厚みのある低音のためにジャスやクラシック、ポップスを気持ちよく聴けるとの高評価です。また、長時間使用する際にも蒸れにくく、ストレスフリーで使用できる点も注目です。

 

約一万円でありながらこのクオリティであることから、満足度の高い優良な商品であると言えます。

装着タイプオーバーイヤー型接続方法有線
重量238g
第6位BEHRINGER

DJヘッドホン HPX2000

価格:1,836円(税込)

DJプレイにはこれ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低音重視のDJヘッドホンでDJプレイを楽しみたいとうい方におすすめなのがこちらになります。半回転式で、軽くて装着感バツグンなため柔軟なプレイを可能にします。

 

またハードな仕様にも耐えうる構造で、疲れにくい柔軟性のあるヘッドバンドが採用されています。そのためタイトで窮屈な思いをすることがなく、装着感抜群であると言えます。また値段以上の見た目のかっこよさもあり、人気になっています。

 

開放型のDJヘッドホンを探している方にはぴったりのこの商品、ぜひ選んでみてください。

装着タイプオーバーイヤー型接続方法有線
重量308g
第5位Shure Incorporated

SRH1440

価格:32,605円(税込)

ハイクラスの逸品

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

値段が高くても良いので、ハイクラスの開放型ヘッドホンが欲しいという方におすすめの商品です。見た目のスタイリッシュさに加えて、人間工学に基づき長時間の仕様でも快適な使用が可能な構造になっています。

 

とてもナチュラルなサウンドであり、精緻な高域と豊かな低域を伴っているため満足のいくものになっています。音質がよく、特に女性ボーカルが綺麗に聴こえるなどと高評価で現段階でのレビューは最高値の5となっています。

 

発売から数年経過していますが未だに評価の高い製品であり、超高音質を求める方におすすめの人気商品です。

装着タイプオーバーイヤー型接続方法有線
重量343g
第4位Koss

SPORTA PRO

価格:3,386円(税込)

初心者におすすめ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格でありながらも、再生周波数帯域は15~25000Hzと幅広く、低音もしっかり再生できます。ロックやポップスを聴く際におすすめです。また、62gとかなり軽量なため、長時間使用する際にも負担が軽減できます。

 

軽量でコンパクト、低音が豊かに聴こえるのに加え、帽子をかぶっていてもずれない安定感がすごいとのレビューからも長く愛される商品である理由が伺えます。シンプルな見た目にはいい意味で裏切られる、コスパの高い商品です。

 

携帯しやすい軽量な開放型ヘッドホンをお探しの方、初めてのヘッドホンをお探しの方にぴったりといえます。

装着タイプオンイヤー型接続方法有線
重量62g
第3位AUDEZE

ゲーミングヘッドセット

価格:48,879円(税込)

ゲーマーにはこれ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲーマーには欠かせないヘッドホンですが、Bluetooth接続と有線接続に対応しているこの商品は見逃せません、取り外し可能な高音質ブームマイクを付属、高精度な3Dヘッドトラッキングを実現、高音質ワイヤレス転送技術「LDAC」に対応等の機能性に溢れており、見た目のクールさもピカイチです。

 

頭の動きに沿った音の変化に感動した、まるでスピーカーセットがそばにあるような高音質、とのレビューからも高性能であることがわかります。またゲームだけではなく、音楽を楽しむ際にも音のアタックの鋭さ、中域の音のクリアーさが特徴的なヘッドホンです。

 

ゲームメインで使用される方には特におすすめの商品です。

 
装着タイプオーバーイヤー型接続方法Bluetooth、有線
重量349g
第2位ゼンハイザー(Sennheiser)

HD 599 SE

価格:19,800円(税込)

進化を遂げた新しいHD500シリーズ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高レベルのレビューが並ぶのはこちら、人気ブランドゼンハイザーからの開放型ヘッドホンです。デザイン音質の面で特に優れているとの高評価です。また、実用性において高性能であり、ヘッドホンをつけているのを忘れるほどの安定した装着感があるとの声も多い商品です。

 

その上音が綺麗かつ繊細に聞こえるため、今までに聴こえなかった音まで入ってくるとのことであり、映画鑑賞や音楽鑑賞にも間違いない商品です。

 

お値段以上のハイクオリティに加え、タイトでスタイリッシュの見た目もあり大人気の商品となっています。

 

 

装着タイプオーバーイヤー型接続方法有線
重量255g
第1位ゼンハイザー(Sennheiser)

HD 598 SR

価格:14,980円(税込)

初心者から上級者までの大人気商品

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者から上級者まで使える、ハイレベルな開放型ヘッドホンとして知られる商品がこちらです。ビジュアルグランプリ2019 SUMMER ライフスタイル分科会金賞を受賞していることからも、その洗練されたビジュアルがわかります。

 

最適なサウンドパフォーマンスを表現するための独自に開発されたトランスデューサー技術を搭載しており、洗練されたサウンドと、デザイン、品質を求めるにはこの商品がぴったりです。

装着タイプオーバーイヤー型接続方法有線
重量337g

まとめ

ここまで開放型イヤホンを紹介してきました。一口に開放型イヤホンといっても、タイプによって様々な選択肢があることがわかります。ゲーム、音楽鑑賞、DJプレイと各自の用途によって求められるクオリティは違うので、機能や接続タイプについて知ることが大切です。ぜひ参考にしてみてください。