【2023】コスパ最強の安い加湿器おすすめランキング|ドンキ・おしゃれなデザインも

安い加湿器が欲しくても性能について不安があり躊躇いますよね。実は、安くてもおしゃれで魅力的な加湿器はたくさんあります。今回は安い加湿器の特徴や価格相場を紹介します。また、5,000円以下・1万円以下のおすすめ商品や、ドンキなどで買える加湿器も必見です。

2023/08/10 更新

商品PRを目的とした記事です。ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されます。

編集部おすすめの記事

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。
本日(2019年2月4日)届いて早速使用してみました。 あまりの軽さに「ちゃんと動くのか?」と不安になる軽さ。 水入れてスイッチ入れた瞬間に水蒸気が出てきます。 超音波型なので水蒸気は熱くないです。 超音波型はこまめに水を替えないと雑菌が繁殖しますがこれは元々入る水が少ないのと、軽量コンパクトなので毎朝、歯磨きのついでに交換する感じで使えます。 音はしないと言っても過言ではないほど静音です。 6畳程の寝室に置いてますが、ちょうどいいです。 加湿はしたいが加湿し過ぎるのは嫌だ、気持ち少しだけ加湿したい人にはぴったりだと思います。 価格も2,000円弱なら損はないと思います。 欲を言えば、これで充電式だったら、あと1,000円高くても買ってます。

出典: https://www.amazon.co.jp

上記は、実際に安い価格の加湿器を購入された方の口コミですが、安くてもしっかりと使用できると好評です。このように、安価な製品でも価格以上に機能性が高く、便利な製品は多いです。購入前に口コミも確認すると、使用感が分かって安心して購入できます。

リビング等で主に昼に使用・・・質問②へ ←クリックしてジャンプ

 

 

寝室で寝るときに使用・・・質問③へ ←クリックしてジャンプ

子供・ペットがいる・・・質問③へ ←クリックしてジャンプ

 

 

子供・ペットはいない・・・質問④へ ←クリックしてジャンプ

編集部の画像

編集部

どちらも熱い蒸気が出ないので、子供やペットと一緒に寝る方にも安心です!

静音性も高いので、お昼寝や夜の睡眠を邪魔しません。


用心したい方はチャイルドロックの有無を確認しましょう。

加湿力は高い方がいい・・・質問⑤へ ←クリックしてジャンプ

 

 

本体価格が安い方がいい・・・質問⑥へ ←クリックしてジャンプ

編集部の画像

編集部

気化式とハイブリット式(温風気化式)で迷ったら、


より電気代の節約を重視・・・ 気化式

加湿の立ち上がりの速さを重視・・・ ハイブリット式(温風気化式)


で決めましょう!

本体価格と電気代が抑えられるもの・・・ 超音波式 or ハイブリット式(加熱超音波式)or自然気化式 がぴったり!

 

 

お手入れが比較的しやすいもの・・・ スチーム式 がぴったり!

 

 

\紹介された加湿式の詳細を確認/

>>超音波式の詳細に飛ぶ<<

 

>>ハイブリット式(加熱超音波式)の詳細に飛ぶ<<

 

>>自然気化式の詳細に飛ぶ<<

 

>>スチーム式の詳細に飛ぶ<<

 

 

\加湿式の詳細は不要という方は/

>>今すぐ次の見出しに飛ぶ<<

編集部の画像

編集部

超音波式とハイブリット式(加熱超音波式)で迷ったら、


アロマ機能やイルミネーション付きのものを探したい・・・ 超音波式

加湿力が高いものを探したい・・・ ハイブリット式(加熱超音波式式)


で決めましょう!

加湿器使ったくらいで電気代にそんな違いある?

 

と思われる方もいるのではないでしょうか。

 

 

実は加湿器使用による電気代の上昇を感じている方は少なからずいます。アンケートの結果の通り、5人に1人は電気代の上昇を経験しています。節約を意識している方は、購入後に後悔しないように事前にランニングコストの見積もりをしておきましょう。

 

 

以下の表は適用畳数8畳の機種の電気代をランダムに集計したものになります。

 

加湿式

6畳/1hの電気代

(木造5~6畳)

3ヶ月間1日8時間

使った電気代

スチーム式

7.0円 5054.4円

気化式

0.2円 175.0円

超音波式

0.5円 349.9

ハイブリット式

(温風気化式)

2.6円 1905.1円

ハイブリット式

(加熱超音波式)

0.4円

252.7円

※適用畳数6畳の機種をランダムに集計

※電気代料金単価は1kWhあたり27円(税込)で計算

 

この差を知らないで購入し、冬の間長時間使っていたかと思うとゾッとしますよね。特にスチーム式はかなり電気代が高いです。本体価格が安く人気な機種も多い加湿式ですが、電気代の側面からいうとおすすめはできません。

 

 

上の表にある1時間あたりの電気代は「ワット数(W)÷1000×電気料金単価」で算出できます。商品のスペック詳細に記載してある消費電力の数値と、ご自宅の電気料金単価を確認して計算をしてみましょう。

5,000円以下の加湿器の人気おすすめランキング|口コミ評価

商品比較一覧表

商品画像
メーカー
象印
アピックス
ドウシシャ
アピックス
ドウシシャ
トップランド(Topland)
ツインバード
ライフオンプロダクツ
コイズミ(Koizumi)
ドウシシャ
アピックス
シロカ
ライフオンプロダクツ
ラドンナ
ドウシシャ
ドウシシャ
ライフオンプロダクツ
シーネット
商品名
EE-RR35/EE-RR50シリーズ
SHIZUKU touch+ AHD-022シリーズ
mistone400シリーズ
SHIZUKUシリーズ touch+ FSWD-2201
KHW-652シリーズ
SH-STM200
SK-E961W
MO-HF016シリーズ
KHM-1015
DKW-2221シリーズ
SHIZUKU mini FSWD-2401シリーズ
SD-C113シリーズ
PR-HF070シリーズ
Toffy HF06シリーズ
BDKW-2130
SHIZUKU AHD-032
mistone200 DKW-2120
PR-HF071シリーズ
CDKC403シリーズ
SLX5KP
リンク
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト
1
象印
EE-RR35/EE-RR50シリーズ
2
アピックス
SHIZUKU touch+ AHD-022シリーズ
3
ドウシシャ
mistone400シリーズ
4
アピックス
SHIZUKUシリーズ touch+ FSWD-2201
5
ドウシシャ
KHW-652シリーズ
6
トップランド(Topland)
SH-STM200
3,455円
7
ツインバード
SK-E961W
3,364円
8
ライフオンプロダクツ
MO-HF016シリーズ
9
コイズミ(Koizumi)
KHM-1015
3,527円
10
ドウシシャ
DKW-2221シリーズ
11
アピックス
SHIZUKU mini FSWD-2401シリーズ
12
シロカ
SD-C113シリーズ
13
ライフオンプロダクツ
PR-HF070シリーズ
14
ラドンナ
Toffy HF06シリーズ
15
ドウシシャ
BDKW-2130
16
SHIZUKU AHD-032
3,000円
17
ドウシシャ
mistone200 DKW-2120
18
ライフオンプロダクツ
PR-HF071シリーズ
19
シーネット
CDKC403シリーズ
20
SLX5KP
3,300円
比較表を全て見る(10位以降)
象印

EE-RR35/EE-RR50シリーズ

K.Hさんの口コミ

岡山県 女性 30代 自営業・自由業

お手入れ楽ちんでしっかり加湿!象印の加湿器を徹底レビュー

●元々使っていた商品
ダイニチ 加湿器 HDー5017

●きっかけ
ダイニチの加湿器はハイブリット型で音も静かで気に入っていたのですが、フィルター交換費用が定期的にかかったり、タンクの下の水が溜まる部分にピンク色のぬめりができやすく、お手入れが大変だった為、お手入れが楽で清潔を保てる加湿器に買い替えを検討しました。

●予算感
以前のダイニチの加湿器は13800円で購入していた為、同じ位の予算で、昼は1階、夜は2階で使いたかったので持ち運びしやすいよう大き過ぎないものが良かったです。

以前からテレビやネットの口コミで象印のスチーム型加湿器がお手入れが楽で良いと知っていた為、日頃からよく利用する楽天市場で検索し、大きさと価格が手頃なこの商品を購入しました。

●迷った商品
なし

●決め手
お手入れが楽なことと、電気ポットのような構造なので水を入れる部分が大きく、フィルター不要なので構造がシンプル。スチーム式で、水を沸騰させてから加湿するので部屋の空気も清潔を保てることが魅力的でした。
また持ち手が付いているので持ち運びしやすいのも決め手でした。

6歳と2歳の子供がいる為、安全面からチャイルドロック機能がある安心感も良かったです。

●懸念点
スチーム式なので電気代が高いこと。沸騰するときの音が大きいこと。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
容器内にカルキが溜まってきたら、クエン酸と水を入れてお手入れモードを押せば洗浄できるのでお手入れが本当に楽です。

蒸気で部屋全体が加湿されるので若干部屋の温度が上がるのが冬は有り難いです。乾燥すると咳が出やすい夫も、一晩この加湿器を付けて寝ると、喉の乾燥が和らぎ、咳が出にくくなったと言っていました。

確かに沸騰する際の音は大きいが、我が家の場合は夜間付けていても家族の誰かが音が気になって眠れないということは無かったです。
気になる場合も「湯沸かし音セーブ」のボタンを押せば音が抑えられると思います。

●使ってみた感想(悪かったこと)
昔の型と比べると、カラーも黒が出たりお洒落になってきていますが、超音波式やハイブリット型加湿器等に比べるとスタイリッシュさに欠けます。

この加湿器だけが原因では無いかもしれませんが、この冬は電気代高騰で加湿器を一日中付けているのも良くないかなと思い、濡れタオルを部屋に干す等別の加湿方法を試みるようになり、この加湿器を使う時間が短くなってしまいました。

●どのような人におすすめできるか
おすすめできる人…お手入れの楽な加湿器を探している人、蒸気の清潔さを求める人、デザインにこだわらない人、音が出ても気にならない人
お勧めできない人…スタイリッシュな加湿器が良い人、省エネの加湿器を希望する人、静かな加湿器が良い人

●気にする必要がなかったこと
沸騰する際の音は我が家はそこまで気にならなかった。
デザインに関しても、我が家の場合はお洒落さを求めていないので気にならなかった。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる

Y.Fさんの口コミ

福岡県 女性 30代 パート・アルバイト

パワフルで清潔に使える加湿器

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
冬エアコンを付けて寝ると空気が乾燥して喉を痛めることが多かったので寝る時だけでも加湿器を使おうと思い購入を検討しました。

●予算感
購入前は1万以下でお手頃な加湿器を探していました。加湿器の種類を調べてみると、超音波式がお手頃な価格の物が多いけれどお手入れをしないと雑菌が発生すると知ったので、お手入れが簡単なスチーム式を探しました。スチーム式でネットの口コミなどを見ていくとこちらの商品がとても評判がよくお値段も手が出せる範囲だった為、こちらの商品に決めました。

●決め手
象印商品は我が家では炊飯器を使っているのですが、とても使い勝手が良く、象印商品に好印象を持っていた為こちらの商品に決めました。

●懸念点
スチーム式なので電気代が超音波式よりもかかる所と、音が気になるという口コミがあったのでその点が不安でした。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
口コミ通り、パワフルで加湿に関しては大満足でした。夜寝る前に水を上の線まで入れて朝起きたら水が無くなるほど加湿してくれます。スチーム式で水を沸騰させるので、室温も少し上がり、暖房の設定温度を下げても快適に寝ることが出来ました。お手入れも毎回朝水で濯ぐだけで雑菌が繁殖することがないのでとても助かっています。

●使ってみた感想(悪かったこと)
スチームの吹き出し口が網目上になっているのですが、そこが開けにくくてお掃除をサボりがちになってしまい、埃やゴミが溜まることです。あと、水を入れてスイッチを押してからスチームが出るまでに時間が思った以上にかかるので、使いたい時は早めにセットする必要があります。

●どのような人におすすめできるか
加湿器の洗浄などのお手入れがめんどくさいと感じる人にはぴったりの商品です。ただ、吹き出し口から高温のスチームが出る為、ペットを飼っている人や赤ちゃんがいる家庭は気をつけた方がいいと思います。

●気にする必要がなかったこと
音が気になるという口コミがありましたが、我が家では隣の部屋に置いているので特に気になることも無く寝ることが出来ています。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる

M.Hさんの口コミ

山形県 女性 30代 その他

やっぱり加湿器はZOJIRUSHI!

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
冬になると乾燥が酷く、2021年というと世間は感染病の話題で持ちきりでしたので、様々な病気の予防のためにも加湿器を買いました。

●予算感
購入前は1万円程度で買えたらと思っていました。コンパクトでおしゃれな加湿器も憧れたのですが、寝室が10帖あるので、それに適したスペックのものを選ぶことにしました。それに加え加湿器の手入れが面倒でないものを検討した結果こちらを購入しました。

●迷った商品
アイリスオーヤマ UHM-280S-W

●決め手
やはり手入れが楽です。蓋は簡単に取り外しが出来ますし、クエン酸を入れて洗浄ボタンを押すと水垢などもスッキリ落とすことが出来ます。それに季節によって乾燥する頻度も変わるので「しっかり」「標準」「ひかえめ」とシンプルにモードを選べるのがいいなと思いました。タイマー付きでもあったので加湿しすぎないように調整することも出来るので我が家では梅雨〜夏の季節以外は毎晩つけています。

●懸念点
見た目はおしゃれではないです。いま部屋が湿度何パーセントなのか表示できる所もないので、部屋の雰囲気やデザインを考えたらリビングには置かないと思います。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
スイッチを押すとポットのように中の水を沸かし始めるので、音はうるさいですが、蒸気が一気に出始めます。ただずっとうるさいわけではなく、適度な加湿の状態になると自然と蒸気もなくなり適度な量だけを放出してくれます。水を捨てるのも楽なので手を突っ込んでガシガシ洗えますし、クエン酸を入れてスイッチを押せば洗浄してくれるので本当に扱いやすい加湿器だと思います。

●使ってみた感想(悪かったこと)
沸かす時は音がうるさいです。なので寝る前にスイッチを押せばつけないと人によっては、蒸気の音でしばらく眠れないかと思います。慣れれば大したことないのですが。それと小さい子供がいる家庭では蒸気の出る部分が少し熱いので触れない場所に置いておかなければいけないかなと感じました。

●どのような人におすすめできるか
小さい子供の家庭、加湿器の手入れが面倒な方はこちらの商品が打ってつけです!ちゃんと加湿してくれますし、持ち運びも取っ手がついているので何処にでも設置できます。

●気にする必要がなかったこと
やはり音がうるさかったですが、自然と適度な湿度になるとおさまってくるので気にならなくなりました。

●その他
値段としては少し高めかなと思います。ただデザインを優先して買っていたら、手入れを考えるとこちらを買って正解だったなと感じています。
もっと見る
レビューを閉じる
他0件の買い物体験談を見る
アピックス

SHIZUKU touch+ AHD-022シリーズ

-

SHIZUKU touch+ AHD-022-GY [オニキスグレー]

-

SHIZUKU touch+ AHD-022-RD [ルビーレッド]

-

SHIZUKU touch+ AHD-022-WH [ホワイト]

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
3.3 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
300 mL
幅x高さx奥行【mm】
227x330x220mm
重量【kg】
1.35 kg
ドウシシャ

mistone400シリーズ

-

mistone400 DKW-2140-BK [ブラック]

-

mistone400 DKW-2140-WH [ホワイト]

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
4 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
400 mL
幅x高さx奥行【mm】
185x325x185mm
重量【kg】
1.6 kg
アピックス

SHIZUKUシリーズ touch+ FSWD-2201

ドウシシャ

KHW-652シリーズ

加湿タイプ
ハイブリッド式(加熱超音波式)
タンク容量【L】
5 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
650 mL
幅x高さx奥行【mm】
265x615x160 mm
重量【kg】
3.7 kg
加湿タイプ
ハイブリッド式(加熱超音波式)
タンク容量【L】
5 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
650 mL
幅x高さx奥行【mm】
265x615x160 mm
重量【kg】
3.7 kg
トップランド(Topland)

SH-STM200

加湿タイプ
スチーム式
タンク容量【L】
1 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
120 mL
幅x高さx奥行【mm】
168x170x168 mm
重量【kg】
1.1 kg
ツインバード

SK-E961W

加湿タイプ
スチーム式
タンク容量【L】
1.2 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
150 mL
重量【kg】
1.1 kg
ライフオンプロダクツ

MO-HF016シリーズ

-

plus more MO-HF016-CM [キャメル]

-

plus more MO-HF016-WH [ホワイト]

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
3.6 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
260 mL
重量【kg】
1.036 kg
コイズミ(Koizumi)

KHM-1015

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
0.4 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
100 mL
幅x高さx奥行【mm】
190x160x145 mm
重量【kg】
0.54 kg
ドウシシャ

DKW-2221シリーズ

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
2.1 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
200 mL
幅x高さx奥行【mm】
145x255x145 mm
重量【kg】
1 kg
アピックス

SHIZUKU mini FSWD-2401シリーズ

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
1.5 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
250 mL
幅x高さx奥行【mm】
173x265x170 mm
重量【kg】
0.8 kg
シロカ

SD-C113シリーズ

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
5 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
350 mL
幅x高さx奥行【mm】
230x300x230mm
重量【kg】
1.3 kg
ライフオンプロダクツ

PR-HF070シリーズ

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
0.33 L
設置タイプ
卓上
加湿量/h【mL】
60 mL
幅x高さx奥行【mm】
114x112x114 mm
重量【kg】
0.27 kg
ラドンナ

Toffy HF06シリーズ

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
1 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
100 mL
幅x高さx奥行【mm】
145x280x145 mm
重量【kg】
0.58 kg
ドウシシャ

BDKW-2130

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
2 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
300 mL
幅x高さx奥行【mm】
165x285x165 mm
重量【kg】
1.4 kg

SHIZUKU AHD-032

加湿タイプ
スチーム式
タンク容量【L】
2.4 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
250 mL
幅x高さx奥行【mm】
200x290x200mm
重量【kg】
1.1 kg
ドウシシャ

mistone200 DKW-2120

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
2.1 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
200 mL
幅x高さx奥行【mm】
145x255x145 mm
重量【kg】
1 kg
ライフオンプロダクツ

PR-HF071シリーズ

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
0.2 L
設置タイプ
卓上
幅x高さx奥行【mm】
130x115x95 mm
重量【kg】
0.305 kg
シーネット

CDKC403シリーズ

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
4 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
220 mL
幅x高さx奥行【mm】
190x320x190 mm
重量【kg】
1.2 kg

おすすめ5,000円以下の加湿器|比較一覧表

商品画像
メーカー
象印
アピックス
ドウシシャ
アピックス
ドウシシャ
トップランド(Topland)
ツインバード
ライフオンプロダクツ
コイズミ(Koizumi)
ドウシシャ
アピックス
シロカ
ライフオンプロダクツ
ラドンナ
ドウシシャ
ドウシシャ
ライフオンプロダクツ
シーネット
商品名
EE-RR35/EE-RR50シリーズ
SHIZUKU touch+ AHD-022シリーズ
mistone400シリーズ
SHIZUKUシリーズ touch+ FSWD-2201
KHW-652シリーズ
SH-STM200
SK-E961W
MO-HF016シリーズ
KHM-1015
DKW-2221シリーズ
SHIZUKU mini FSWD-2401シリーズ
SD-C113シリーズ
PR-HF070シリーズ
Toffy HF06シリーズ
BDKW-2130
SHIZUKU AHD-032
mistone200 DKW-2120
PR-HF071シリーズ
CDKC403シリーズ
SLX5KP
リンク
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト
1
象印
EE-RR35/EE-RR50シリーズ
2
アピックス
SHIZUKU touch+ AHD-022シリーズ
3
ドウシシャ
mistone400シリーズ
4
アピックス
SHIZUKUシリーズ touch+ FSWD-2201
5
ドウシシャ
KHW-652シリーズ
6
トップランド(Topland)
SH-STM200
3,455円
7
ツインバード
SK-E961W
3,364円
8
ライフオンプロダクツ
MO-HF016シリーズ
9
コイズミ(Koizumi)
KHM-1015
3,527円
10
ドウシシャ
DKW-2221シリーズ
11
アピックス
SHIZUKU mini FSWD-2401シリーズ
12
シロカ
SD-C113シリーズ
13
ライフオンプロダクツ
PR-HF070シリーズ
14
ラドンナ
Toffy HF06シリーズ
15
ドウシシャ
BDKW-2130
16
SHIZUKU AHD-032
3,000円
17
ドウシシャ
mistone200 DKW-2120
18
ライフオンプロダクツ
PR-HF071シリーズ
19
シーネット
CDKC403シリーズ
20
SLX5KP
3,300円
比較表を全て見る(10位以降)

1万円以下の加湿器の人気おすすめランキング|口コミ評価

商品比較一覧表

商品画像
メーカー
象印
象印
パナソニック
シャープ
ドウシシャ
シャープ
東芝
QUADS
三菱重工
東芝
ドウシシャ
おおたけ
山善
スリーアップ
ライフオンプロダクツ
QUADS
スリーアップ
商品名
EE-DC50シリーズ
EE-RR35/EE-RR50シリーズ
FE-KXU07シリーズ
HV-Pシリーズ
KSX-603シリーズ
HV-P30
TKA-S45A
G-MOIST QS215シリーズ
roomist SHE35シリーズ
TKA-S60A
BDKW-2130
DH-HBシリーズ
KS-GC28
HB-T2268シリーズ
KSF-FT30
エルズヒュミディファイアー プラス 2021 LS-HFP4021-WH [ホワイト]
MO-HF023シリーズ
DOTT QS214シリーズ
ST-T2139
AHD-340
説明
壁際の設置も可能な薄型加湿器
リンク
加湿タイプ
スチーム式
気化式
ハイブリッド式(温風気化式)
スチーム式
気化式
スチーム式
スチーム式
スチーム式
超音波式
スチーム式
ハイブリッド式(加熱超音波式)
スチーム式
ハイブリッド式(加熱超音波式)
ハイブリッド式(加熱超音波式)
スチーム式
タンク容量【L】
4 L
4.2 L
4 L
3 L
2.4 L
4 L
2.8 L
4 L
2 L
4.5 L
2.8 L
6 L
3 L
4 L
5.5 L
5.5 L
設置タイプ
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
加湿量/h【mL】
480 mL
800 mL
550 mL
600 mL
290 mL
450 mL
350 mL
600 mL
300 mL
400 mL
500 mL
500 mL
360 mL
350 mL
550 mL
600 mL
最小運転音【dB】
15dB
23 dB
22 dB
27 dB
幅x高さx奥行【mm】
240x365x275mm
375x375x186 mm
272x455x220 mm
221x346x232 mm
322x316x159 mm
220x245x267 mm
264x302x257 mm
165x285x165 mm
193x337x199 mm
235x310x230 mm
285x305x180 mm
230x240x230 mm
206x303x206 mm
235x415x240 mm
重量【kg】
2.9 kg
5.2 kg
5.2 kg
2.6 kg
2.8 kg
3.3 kg
3 kg
3.5 kg
1.4 kg
1.8 kg
1.8 kg
3 kg
2.2 kg
2.3 kg
3.9 kg
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 加湿タイプ タンク容量【L】 設置タイプ 加湿量/h【mL】 最小運転音【dB】 幅x高さx奥行【mm】 重量【kg】
1
象印
EE-DC50シリーズ
スチーム式
4 L
据え置き
480 mL
240x365x275mm
2.9 kg
2
象印
EE-RR35/EE-RR50シリーズ
3
パナソニック
FE-KXU07シリーズ
壁際の設置も可能な薄型加湿器
気化式
4.2 L
据え置き
800 mL
15dB
375x375x186 mm
5.2 kg
4
シャープ
HV-Pシリーズ
ハイブリッド式(温風気化式)
4 L
据え置き
550 mL
23 dB
272x455x220 mm
5.2 kg
5
ドウシシャ
KSX-603シリーズ
スチーム式
3 L
据え置き
600 mL
221x346x232 mm
2.6 kg
6
シャープ
HV-P30
7,500円
気化式
2.4 L
据え置き
290 mL
22 dB
322x316x159 mm
2.8 kg
7
東芝
TKA-S45A
8,999円
スチーム式
4 L
据え置き
450 mL
3.3 kg
8
QUADS
G-MOIST QS215シリーズ
据え置き
9
三菱重工
roomist SHE35シリーズ
スチーム式
2.8 L
据え置き
350 mL
27 dB
220x245x267 mm
3 kg
10
東芝
TKA-S60A
9,780円
スチーム式
4 L
据え置き
600 mL
264x302x257 mm
3.5 kg
11
ドウシシャ
BDKW-2130
超音波式
2 L
据え置き
300 mL
165x285x165 mm
1.4 kg
12
おおたけ
DH-HBシリーズ
4.5 L
据え置き
400 mL
193x337x199 mm
1.8 kg
13
山善
KS-GC28
6,853円
スチーム式
2.8 L
据え置き
500 mL
235x310x230 mm
1.8 kg
14
スリーアップ
HB-T2268シリーズ
ハイブリッド式(加熱超音波式)
6 L
据え置き
500 mL
285x305x180 mm
3 kg
15
KSF-FT30
5,859円
スチーム式
3 L
360 mL
230x240x230 mm
16
エルズヒュミディファイアー プラス 2021 LS-HFP4021-WH [ホワイト]
8,074円
ハイブリッド式(加熱超音波式)
4 L
据え置き
350 mL
206x303x206 mm
2.2 kg
17
ライフオンプロダクツ
MO-HF023シリーズ
ハイブリッド式(加熱超音波式)
5.5 L
据え置き
550 mL
2.3 kg
18
QUADS
DOTT QS214シリーズ
据え置き
19
スリーアップ
ST-T2139
6,980円
スチーム式
5.5 L
据え置き
600 mL
235x415x240 mm
3.9 kg
20
AHD-340
7,950円
据え置き
比較表を全て見る(10位以降)
象印

EE-DC50シリーズ

A.Kさんの口コミ

長野県 女性 30代 会社員(総合職)

加湿能力重視の方におすすめ!スチーム式加湿器の代表的商品

●元々使っていた商品
FE-KXS05-T

●きっかけ
寝室の加湿器として使用しています。気化式の加湿器を使っていましたが、加湿能力が低く、噴出される蒸気の温度が低いので、スチーム式の本商品に買い替えを検討しました。

●予算感
購入前の予算は2万円以内でスチーム式の加湿器を検討していました。
スチーム式の加湿器はおおむね予算内だったので、スチーム式で検討しました。
調べる中で、スチーム式はランニングコストが高いということはわかりましたが、お手入れが楽、衛生的、加湿能力が高い、噴出される蒸気が温かいため部屋の気温を下げないといったメリットも多いことから、ネットの口コミなどの評判が良い本商品を選びました。

●決め手
スチーム式の加湿器では象印の商品が知人や公の期間でも使用されているのを見ていたので、安心感がありました。またネットの口コミなどの評判が良い本商品を選びました。

●懸念点
ランニングコストが高いという点がやや不安でした。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
お手入れが楽なこと、加湿能力が高いことは想定通りでしたが、特に噴出される蒸気の温度が高いことがメリットが大きいと感じました。冬場の寒い寝室での使用なので、可能な限り部屋の温度を下げたくなかったので、本商品を選んで正解でした。また小さな子供による事故を防ぐためのセーフティー機能も充実しており、安心感があることも良かったです。

●使ってみた感想(悪かったこと)
ランニングコストが高いことは想定通りでしたが、本商品は水を入れると結構な重さになるので、1階から2階への持ち運びがやや大変でした。一般的な大人であれば問題ないと思いますが、高齢の方などは水の入れた状態での移動は難しいのではないかと思いました。

●どのような人におすすめできるか
ランニングコストが許容内であれば、純粋な加湿器としては、加湿能力、お手入れの楽さ、加湿による室温低下もないことから最も高性能だと思いますので、スペック重視の方にはおすすめできます。

●気にする必要がなかったこと
一部の口コミで音がうるさいとの情報がありましたが、それほどでもなかったです。下にタオルなどを敷くとより静かになったので、問題ないレベルだと思います。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる

C.Sさんの口コミ

宮崎県 女性 30代 専業主婦(主夫)

加湿量ばっちり。子供・ペットがいる家庭にもおすすめの加湿器。

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
前シーズンの冬、乾燥が酷くて喉が痛かったのと妊娠中で赤ちゃんが産まれた際に必要になると思い購入しようと思った。

●予算感
購入前は五千円以内で、加熱式では無いものを購入しようと思っていた。実際にヤマダ電機の店員さんから加熱式と非加熱式とのメリットデメリット、安いものと本商品との機能の違いを教えてもらい安全面を考慮してこの商品にした。

●迷った商品
YAMAZEN VT-256

●決め手
倒した時に水がこぼれないこと。子供が小さい為。
空焚き防止機能があるのと湿度に応じて自動調整がある事。
加熱式の為衛生的である事。
割引率が高かった為。

●懸念点
購入前に評判や口コミはみていない。
不安であったところは、倒した際にお湯が出ないか。
蒸気で火傷しないか。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
湿度を自動で調整してくれるモードがあり何も考えずに使用出来る。
タンク容量が多く水がいっぱい入るのでしょっちゅう水を入れなくても済むこと。
加熱式でスチーム量も多く広いリビングで使えた。
蒸気が出る部分が熱くなるのではないかと、火傷の心配をしていたが思いのほか熱くなく安心した。
加熱式ということもあり、部屋の温度も上がって寒い日は一石二鳥だった。

●使ってみた感想(悪かったこと)
一長一短だがタンク容量が多いので水を入れて運ぶ際重くて大変だった。
しっかりモードで使うと湿度が高くなり過ぎ、8畳の寝室で使うと部屋が少しカビ臭くなった。
コードがマグネット式なのだが、猫が触れると止まってしまうことが何度かあった。
沸かす時の音がうるさい。

●どのような人におすすめできるか
ファミリー層で広い空間で加湿をしたい方、安全面も考慮された商品なので子供が小さい方・ペットがいる方にはおすすめ。
一人暮らしでそこまで広くない部屋ならばもう少し安いタイプのものがいいかも。
女性には重いのでおすすめできない。

●気にする必要がなかったこと
蒸気が高温になることを心配していたが、実際使ってみるとそこまで高熱にはならなかった。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる

E・Kさんの口コミ

神奈川県 女性 30代 会社員(総合職)

加湿器の決定版!家族みんなが喜ぶ大満足家電!

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
購入しようと思ったきっかけは、出産です。
夏に子供を出産し冬に向けて準備をしていた時、エアコンは赤ちゃんにはよくないと見聞きしなるべく使用しないで済むようにと加湿器の購入を決めました。

●決め手
一番は商品の使い勝手の良さとシンプルさですが、購入の決め手になったのは口コミです。
商品を使った感想がSNSで溢れており、当時は人気で手に入らない状況でした。入荷時期が加湿のシーズンの終わるにも関わらず3ヶ月待ちでも購入を待つ人ばかり。商品の良さはもちろんここまで売り切れで入手困難なものは間違いがないと思ったからです。

●懸念点
不安はほぼありませんでしたが、あえてあげるとすればポットと同じと呼ばれていたことでしょうか。
象印のポットと見た目と中身が似ているからそう呼ばれており、そのおかげで給水とお手入れが楽だと思っていたので私は不安ではありませんでした。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
特にトラブルはありませんでした。

●使ってみた感想(良かったこと)
今まで加湿器は