ホークギアの評判・レビュー・口コミを調査!冬キャンプには寒いの?軽量タイプとの違いは何?

在庫なし
ホークギア(HAWK 寝袋 ホークギア ‎R009 寝袋・シュラフの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ホークギア(HAWK 寝袋 ホークギア ‎R009 寝袋・シュラフがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/09/15 更新

ランク王編集部

耐寒性に優れたマミー型シュラフ!体勢を変えやすく寝心地快適◎

【おすすめポイント】
・-15℃の寒さに耐えられる!
・広範囲ジップで快適な寝心地!
・洗濯機で丸洗いでき清潔に保てる◎

【ここが少し気になる!】
・ダウンに比べると収納サイズが大きくかさばる

-15℃まで使用でき耐寒性に優れたマミー型シュラフです。比較的安価ですが、ヒート繊維・中空ホローファイバーが使われており保温性が高いのも魅力。また広範囲ジップにより寝心地も快適で体勢を変えやすく、寝返りもうてます。洗濯機で丸洗いできるため、自宅で手軽にお手入れしたい方にもおすすめです。

キャンプブロガー/YouTuber/インスタグラマー

たろーキャンプ

耐寒性に優れたコスパ抜群のシュラフ!丸洗いできて清潔に保てる◎

"【スペックに関するレビュー】
キャンプ初心者で「キャンプを続けるかわからないからまずはコスパで道具を選びたい!」という方に迷わずおすすめするシュラフです。その理由は-15℃までの耐寒温度があってとても暖かく、5,000円以下で手に入るコスパの高さにあります。中空フォローファイバーという化学繊維のシュラフのため収納サイズはダウンシュラフより大きいですが、車キャンプなら問題なく、ダウンと違って丸洗いできるので扱いも簡単です。注意点として耐寒温度-15℃は独自基準のため、+10℃して考えた方が無難でしょう。

【価格に関するレビュー】
細部は価格なりな部分もあり、ところどころに裁縫のほつれがあったりファスナーが若干噛みやすかったりします。それでも5,000円以下というコスパを考えると充分すぎるクオリティで、Amazonなどのセール時はさらに安く買えることもあります。"

編集部おすすめの記事

シュラフの通販サイト比較

楽天 ¥4,880

在庫 : ○

送料 : 送料無料

楽天で詳細を見る
Amazon ¥9,000

在庫 : ○

送料 : 送料無料

状態 : 新品

Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥5,842

在庫 : ○

状態 : 新品

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

冬の星空を眺めながらのキャンプは格別です。しかし、実際には寒くて眠れないかもしれないと不安な気持ちになることも。そこで今回は、-15℃でも暖かく眠れると人気のホークギアの寝袋をご紹介します。

 

暖かさをキープする工夫が凝らされているのに低価格なのが魅力で、初めてのシュラフで高額なものに手を出しづらい方やファミリーの分を複数買い揃えたい方にもぴったりです。しかし、購入してみたら暖かくなかった、ということになってしまうのは避けたいですね。

 

本記事では、ホークギアの寝袋の評判・口コミ・レビューを徹底調査しました。小さくたたむ方法や封筒型との比較などもご紹介しているので、商品選びの参考にしてください。

キャンプ人口の増加に一役買ったアニメ「ゆるキャン△」。その実写ドラマで、野クルメンバーが使用していたのがホークギア(HAWK GEAR)のシュラフです。ホークギアは日本のメーカーで、キャンプや登山をはじめとするアウトドアギアを販売しています。

 

シュラフは中国で製造しており、他メーカー製の同等製品と比較して格安なのが魅力。さらに、一括輸入して販売しているので品質管理やアフターフォローも万全です。高コスパなシュラフを求める方におすすめします。

ホークギアの寝袋は、使用下限温度が-15℃で冬場の使用にもぴったり。つま先から頭部までをすっぽり包み込むマミー型なので、朝まで暖かく眠れるのが魅力です。耐寒性が高い形状のため、体温で温まった空気が外へ逃げ出すのを防いでくれます。

 

また、冬場でも天候の変化による外気温の上昇や、比較的暖かいテント内では眠っていると暑くなることも。上下どちらからでも開閉できるダブルファスナー仕様なので、温度調節が簡単なのもメリットです。

全身をすっぽり覆っても、冬場のキャンプでは首元が冷たくて眠れないこともあります。ホークギアの寝袋は、首から顔まわりに当たる部分にドローコードを装備しているのが特徴。首元の隙間から冷気が侵入するのをブロックしてくれます。

 

ドローコードは鼻と目がわずかに出る程度まできつく絞ることができます。そこまで閉める必要はないかもしれませんが、肩口や首元の耐えがたい寒さを防げるのはメリット。丁寧な縫製で開閉しやすいのもポイントです。

ホークギアの寝袋には、新型素材「中空ホローファイバー」が内包されています。中空ホローファイバーは、非常に軽量で保温性に優れているのが特徴。化繊中綿のシュラフは比較的ずっしりした商品が多い中、ホークギアの寝袋は重量を感じさせず快適な寝心地です。

 

また、繊維1本1本にストロー状の空洞が空いており、水濡れしても素早く乾きます。丸洗いして衛生的に使用したい方にもおすすめです。

従来の寝袋にも収納袋が付属していますが、なかなか小さくまとめらず初心者は特にてこずります。圧縮できる収納袋がセットされている商品が少ない中、ホークギアの寝袋にはコンプレッションバッグまで付属しているのが魅力です。

 

ダウンよりも化繊中綿の方がコンパクトに収納するのが難しいのですが、コンプレッションバッグがあれば空気を逃しやすいのがメリット。小柄な方でも持ち運びが楽になります。

化繊素材とは思えない暖かさで、先日行ったキャンプ場では夜は気温が5度まで下がり、手足が凍るような感じでしたが、このシュラフに入った途端に暖かさを実感します。足元から首回りまで空気を閉じ込めてしまうので、まるで羽毛布団に潜り込んだような感じを受けました。

出典: https://www.amazon.co.jp

ホークギアの寝袋には化学繊維を特殊加工した中空ホローファイバーを内包しています。体温で温まるダウンとは異なり、アウトドアでの空気の冷たさを遮蔽するような使用感が特徴。ドローコードで閉めれば朝までポカポカです。
シュラフの作りも非常に丁寧であり、また、収納袋も上部の挿入部分を広めに作るなど考えられており、あのしまいにくいシュラフが一回で収納袋に納まります。これ大切ですよね

出典: https://www.amazon.co.jp

化繊中綿を使用したシュラフは、押し返すような弾力性に富んでいます。このため、収納用コンプレッションバッグに入れるのにやや苦戦することも。しかし、ホークギアの付属バッグは入れやすい工夫がされているので安心です。
内側から開閉可能で、さらに足元からも開けられるダブルファスナー仕様になっていて便利。 保証付きなので安心して購入できる商品だと思います。 価格の割にとても良い商品だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

ホークギアの寝袋なら、睡眠中の温度調節もラクラクです。ファスナーの裏にも折り返しがあり冷気が入らず、暖まれば足元だけを開閉できるダブルファスナー仕様。周囲の温度に合わせて3シーズン使いやすい機能です。
気になったのが、ファスナーの噛み込み。意識すれば全く問題ないが、高性能系と同じ感覚で使ってすんなりとファスナーが締まるわけではない。これは値段なりと割り切るべし。

出典: https://www.amazon.co.jp

ファスナーの噛み込みについての低評価が数件ありました。中綿を薄手のナイロン生地で包んでいるため、ファスナー自体が埋まりやすくなるのは確かなようです。噛み込み防止用のパーツは付いているので、布地に片手を添えるとスムーズに開閉できます。
サイズ感としてはボトルリッター6本入りの箱くらいであり、決して小さいわけではないので積載増やしたバイクにギリ積めるくらいでした。 車で持っていく分には申し分ないサイズです。

出典: https://www.amazon.co.jp

ホークギアの寝袋は、比較的コンパクトなコンプレッションバッグに収納できます。しかし、ダウン製よりも圧縮率が低く、60L程度のバックパックでは半分ほどのスペースが必要という声も。他の携行ギアとの兼ね合いを考えて荷造りをするのがおすすめです。

ホークギアの寝袋には軽量タイプも用意されています。それぞれのスペックは以下の通りです。

 

  通常タイプ 軽量タイプ
形状 マミー型 封筒型
使用下限温度 -15℃ -10℃
重量 1.62kg 1.4kg
サイズ 72.5×210cm 150×190cm

 

最大の違いは形状で、通常タイプはマミー型、軽量タイプは封筒型という点。封筒型は布団のように使用でき、半分に折って寝袋にするイメージです。軽量タイプでもドローコードが付属しているので、暖かく使用できます。

中綿に化繊を使用した寝袋をコンパクトにたたむのは腕力勝負ともいえます。力が弱い方なら尚更ですが、コツを抑えれば比較的力を使わずにたたんで収納できます。たたみ始める時から「小さめ」を意識して丸めていきましょう。

 

また、膨張を抑えるため、丸めながら膝で体重をかけて空気を抜いていくのがポイント。さらに、コンプレッションバッグの開口部に寝袋を入れたら、袋を寝袋に沿わせて引っ張るように収納しましょう。

ホークギアのシュラフといえばマミー型を思い浮かべる方が多いようですが、実は封筒型も使いやすさで人気を集めています。先ほどスペックはご紹介しましたが、封筒型はファスナーを開けて2人分の掛け・敷布団がわりに使えるのも魅力です。

 

また、マミー型よりも安い価格で入手できるので初心者にもぴったり。ファスナーを閉めても長方形で寝返りを打ちやすいので、春から秋の3シーズン用としておすすめです。

ホークギアはカラーラインナップの幅広さも特徴です。現在販売中のカラーは以下のようになっています。

 

タイプ カラー
マミー型 コヨーテ・ブルー・オレンジ・レッド・グレー・カーキ・ネイビー・ブラック
封筒型 コヨーテ・ネイビー・ブラック・カーキ・迷彩

 

マミー型だけでも8色もあるので、お好みのカラーを選べて誰ともかぶらないのが魅力。キャンプ仲間やファミリーと色違いで購入するのも楽しみです。

ホークギアのシュラフのデメリットを挙げるなら、収納サイズがやや大きいという点でしょう。口コミでも数件見られましたが、徒歩でのキャンプにはやや難があるかもしれません。キャリーなどを活用すると快適に持ち運べます。

 

また、ファスナーが安っぽいとの声もありますが、個人の感じ方にも左右されるため一概にデメリットとは言いきりにくいでしょう。高級ファスナーを使用しない分安く購入できると考えれば、逆に利点かもしれません。

ホークギアの寝袋の保温効果をよりアップしたい方には、インナーシュラフがおすすめです。やわらかいフリース素材を使用しており、寝袋の内側に入れると寝袋のヒヤッとした冷たさを感じません。

 

また、断熱仕様で起毛処理を施しているので、夏用のシュラフとしても使えます。150×180cmなので、テント内で使用するインナーマットにもぴったり。くるくる丸めてコンパクトに収納できるので、1枚持っておくと便利でしょう。

ホークギアの寝袋は、抜群のコスパと暖かさが魅力です。-15℃まで対応できる新開発中綿や、首元や肩口の寒さを防ぐドローコードなど、冬場の長い夜を快適に過ごせる工夫が満載です。人気のホークギアの寝袋でキャンプを楽しんでください。