ミシンの価格はなぜ差があるの?価格差の理由やおすすめミシンを紹介

価格が幅広く選びづらいミシンの価格帯別の特徴やメリットデメリットをまとめました。また、高いミシンは安いミシンとどこが違うのか、価格差による違いも解説します。ミシンが一番オトクに買える時期や価格別のおすすめミシンも紹介しますのでミシン選びの参考にしてください。

2022/04/04 更新

編集部おすすめの記事

1万円以下のミシンから10万円を超えるものまで、さまざまな価格で販売されています。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、ミシンにとっては一概に安いものはダメだといえません。

 

それは、刺繍などの機能が付いていたり、直線縫いだけだったりと、ミシンでできることに幅があるためです。高いものを買えばいいということでもなく、自分が作りたいものに合ったミシンを選択することが大切です。

 

安いミシンなら耐久性が心配ですし、高いミシンは機能が過剰なことがあります。ミシンの価格帯によって購入時に気を付けるべきことは変わるので、価格帯による特徴を把握して自分にぴったりのミシンを選びましょう。

家庭でよく使用される家庭用ミシンはおおむね3種類に分類できます。それそれピンからキリまで様々な商品がありますがおおむねの価格の目安は存在します。ミシンの価格を見るときの参考にしてみてください。

シンプルな構造のため、コンパクトサイズのものが多くみられます。電動ミシンは、スイッチを入れると動き、スイッチを切るまで止まりません。そのため、針が折れた場合や糸が絡まっても動き続けてしまう点に注意が必要です。

 

また、運針のスピードは「遅い・一定・速い」の3段階になります。細かい調整は出来ず、ゆっくり強く縫うことが苦手なタイプなので厚い生地を縫うのには向いていません。

 

比較的安価なタイプで安いものだと5000円前後の商品もありますが、模様縫いなどの機能は付いておらず、洋服などよりも小物などを作るのに向いています。

シンプルな操作で多くの機能があるミシンです。直線縫い以外にジグザク縫いや返し縫いなどの機能を兼ね備えています。また、運針がミシンの電子回路によって制御されているため、ゆっくり縫い始めたり、なにか問題があったりしたときは自動で止まるため安心です。

 

初心者が手こずりがちな糸の調子も電子回路で調整してくれることもあり、初心者向けのミシンといえます。価格も初心者に手の届きやすい1~2万円台のものが多いです。

ミシン本体にプログラミングされたデータが入っており、パネルで条件を設定すれば簡単に縫えるミシンです。縫い目の幅の設定もダイヤルではなく、パネルで確認しながら0.1mm単位での設定が可能となります。

 

そのため、生地の厚さによって一番適した幅で縫うことができ、なおかつ常に同じ仕上がりが可能になります。ちょっとした小物を作る人にも、本格的に洋服を作る人にもおすすめのミシンです。

 

機能の幅が広いぶん、価格の幅も広く2万円で購入できるものもあれば10万円をこえるような高価格のミシンもあります。機能だけではなく様々な要因で価格差が生じるため、どの価格のものが良いか見極めましょう。

このページを見ていただいている人の中には、すでにミシンについて調べた人も多いと思います。調べていく中で、ミシンの価格差に驚いた人もいるのではないでしょうか。安いものだと1万円以下、高いものだと10万円以上、そこにはどんな違いがあるのかを解説します。

高値のミシンは、重量が重くなる傾向にあります。なぜかというと、重いミシンはモーターなどの部品が多く使われているのに対して、軽いミシンはプラスチックの割合が高いためです。

 

部品が多く使われることで価格があがる傾向にありますが、重量感があるミシンのほうが安定感があります。重さはモーターの馬力に比例していて、重い(馬力が大きい)方が布送りがしやすく縫いやすいことが多いです。

高級なミシンはパワーが強いと先に述べましたが、パワーが強いとうるさいという印象があるかもしれません。しかし、ミシンについてはそうではありません。

 

ミシンが作動している間は常時モーターが動いていて、モーターの性能が悪いとミシンの静音性が損なわれます。また、本体が軽く、安定していないとガタガタと内部が共鳴して音が大きくなってしまいます。

 

これらのことからモーターの性能が高く、重量による安定感があるパワーが強い機種のミシンが静音性が高い傾向にあります。具体的に静音性の数値はメーカーが設定している静音設計表示を参考にするといいでしょう。

ミシンにはさまざまな機能があります。数多くの充実した機能があり、機能が増える分価格もアップするため、必要に応じた取捨選択が大切です。例えば初心者に人気の機能は、自動で糸を通してくれるものや、自動で糸の調子を整えてくれるものになります。

 

こだわりの作品を作りたい人には、刺繍してくれるものや、手縫い風のステッチをしてくれるものが人気です。必要最低限の機能があればいいという人は、条件にあったミシンを選ぶことで購入価格を抑えることができます。

ミシンの構造は、モーターなどの金属部品とカバーなどに使われるプラスチックでできています。安価なものはミシンの骨格になる部分にプラスチックが使用されていることが多く、価格があがるにつれて内部に使われる金属の割合が高くなる傾向があります。

 

そのため、1万円台のモデルと4万円台では、内部構造や使用素材の割合が大きく異なるのです。また、金属部品が多く使われることで精密になり、耐久性が高くなるというメリットもあります。

 

価格に差がなければ、金属の使用割合が高いもの(重量が重いもの)を選ぶのがおすすめです。

ミシンの中では格安といえる5000円台のミシンですが、格安だからこそ品質が心配という人が多いでしょう。ここでは実際5000円前後のミシンはおすすめできるのかを解説します。

5000円前後のミシンはミシンの中で最安層で、なんといってもその価格の安さが魅力です。何度も使うわけではなく、一時使うためだけにあまり高級なミシンは購入したくないという人のニーズにぴったりの価格帯です。しかし、使うとなると不便な点もありますのでしっかりと把握しておきましょう。

5000円前後のミシンは正直なところ一般的な小物の縫製などの実用に耐えうるパワー(馬力)がある商品は多くありません。上記でも解説した通り、パワーはおおむね値段に比例するものなのでこの安さだとパワー不足がおこってしまいます。特に初めてミシンを購入する人はこの価格帯に魅力を感じるとは思うのですが、5000円前後のミシンは本当にお試しとしての購入か、お子さんにミシンを練習をさせたいときなどの絞られた用途を想定している場合以外はおすすめできないです。

1万円台のミシンはミシンの平均的な価格よりも低めの価格帯です。ここでは1万円台のミシンが平均的な2~3万円台のミシンとどのような点で違うのか、どんな人におすすめできるのかなどを解説します。

1万円台のミシンになると複雑な作業を必要としないマスクなどの小物については縫製できる程度の商品が登場します。模様縫いなどの機能がない電動ミシンが中心となりますので、シンプルな単機能がいい人にはおすすめです。ミシンの中では平均よりも安い価格帯なので、初めての方にも手が出しやすく日常使いの予定はないが、何品か作ってみたいという方にはおすすめの価格帯でしょう。

1万円台のミシンはマスクなどの小物は縫製できると述べましたが逆に言えばそれ以外の縫製は難しいです。1万円台のミシンでは一般的な裁縫を不便なく楽しめるパワーを持つものはあまり多くないでしょう。

 

また、機能についてもシンプルな単機能を魅力に感じる人にはおすすめできますが、模様縫いや自動ボタンホールなどの設定はできません。また、自動糸通しや自動糸調子などのあるととても便利な機能がついていないなど日常的に使うには不便な機種が多いのも事実です。

初めてミシンを触る人におすすめされることの多い2万円台のミシンですが、購入の前に知っておくべきこともあります。ここでは2万円台のミシンのどのあたりが初心者向けなのか、高価格帯と比べて何ができないのかなどを紹介します。

趣味で裁縫を楽しむための家庭用ミシンとして推奨されているミシンの値段が2~3万円程度といわれています。特に2万円台は機能がシンプルで初心者にも使いやすい機種が揃っている価格帯です。シンプルな機能といっても1万円台のミシンと違って単機能というわけではなく、実用縫いの範囲で便利な機能は一通りそろっている機種が多いのも特徴といえます。機能と価格のバランスが良いので初心者の方には特におすすめです。

2万円台のミシンはミシンを始めたい初心者の方におすすめなのですが、本格的に洋服作りがしたい人やレザークラフトを楽しみたい人にはおすすめできません。洋服作りには2万円台のミシンにはついていないような高度な機能が必要ですし、レザーなどの厚地の生地を縫うには2万円台のミシンのパワーでは足りないからです。これらの本格的な縫製を楽しみたい中上級者の人はもう少し値段が高いミシンをおすすめします。

2万円台のミシンと並んで初心者向けとされるのが3万円台のミシンです。ここでは2万円台のミシンと比べて優れている点と3万円台のミシンだからこそ気にしなくてはいけないポイントを紹介します。

3万円台のミシンはいよいよ本格的に服作りが可能なモデルが登場する価格帯です。もちろん3万円より安い価格のミシンで服を作っている作家さんはいらっしゃいますが、やはりパワー不足が懸念されますので基準として3万円以上の価格帯をおすすめします。パワー以外の点においても、3万円台のミシンは大型でカーテンなどの縫製もできる商品が増えていきます。できるだけ安く本格的で幅広い裁縫を楽しみたい人は3万円台のミシンがおすすめです。

3万円台になると、機能が増えて多様な縫製に対応できるミシンが増えます。そのぶん、特に初心者の人は自分に必要な機能の見極めが必要になってきます。ミシンを購入したものの「機能が多すぎで使いこなせない」「機能は多いがほしい機能がついていない」など購入した後に後悔する人もいます。自分の目的をしっかり自覚して「少なくともこの機能はほしい」「この機能はあまり必要ない」と機能を選別して選ぶことが重要です。

3万円台のミシンの中には電動ミシンも含まれていますが、5万円台になると多機能で扱いやすいコンピューターミシンがほとんどの割合になります。コンピューターが自動で縫ってくれるため、仕上がりが作る人のスキルに左右されにくいという点でコンピューターミシンは初心者向けと紹介されることもあります。しかし実際には初心者でも上級者でも使いやすいミシンです。初心者の時に購入して慣れてきたら電動ミシンや電子ミシンに買い替えという人はあまり多くなく、一度高性能なコンピューターミシンを購入すればずっと使い続けることができます

3万円台のコンピューターミシンと5万円台のコンピューターミシンの違いは縫製のパワーだけではありません。3万円台のミシンにも様々な縫製用の機能が搭載されているのですが、5万円台になるとさらに作業スペースが広がったり液晶モニタで操作できるようになったりと複雑な機能を使いこなすための操作性の向上が見られる商品が多いです。また、ミシンを使う際の音が騒音にならないように静音性に配慮された商品を多く、家で日常的にミシンをたのしむための最高峰の機種が多く揃っています。

ミシンを選んでいると時折10万円越えの高級ミシンを見かけることがありますが、なぜ同じミシンなのに10万円もするのかと気になった方も多いでしょう。10万円を超えるミシンは基本的に家庭用ミシンではありません。ここでは10万円越えのミシンの種類、メリットとデメリットについて紹介します。

10万円台ともなると家庭用ミシンはほとんどありません。職業用ミシンという家庭用とはワンランクパワーが違うミシンが主なラインナップです。また、パワーだけではなく縫製スピードも2倍の速さになっており、正確に強力に素早く縫製が可能となっています。

 

また、10万円以上のミシンには刺繍用ミシンというものもあります。これは手で行う刺繍のようにコンピューターがデータ通りに刺繍を行うミシンで、データさえあれば初心者でも簡単に刺繍が施せるミシンです。

先に紹介した職業用ミシンは一見すると家庭用ミシンの上位互換的なミシンに見えるかもしれませんが、職業用ミシンは家庭用ミシン程多機能ではありません。例えば自動ボタンホール作成や模様縫いなどは職業用ミシンではできません。もしも職業用ミシンを購入するならば家庭用ミシンとの2台持ちで使い分けることをおすすめします。

 

また、刺繍用ミシンについても実用縫いに対応していない刺繍専用のミシンも多くあるので家庭用ミシンとの併用が前提です。

購入したミシンにもよりますが、購入後10年程度が買い換え時です。丈夫な作りのものだと長く使えるものもありますが、1~3万円のミシンでは10年を目安にしましょう。そして、ミシンの価格が下がる時期は、一般的に春先の2~4月といわれています。

 

入園や入学の準備でミシンを必要とする人が多く、たくさんのミシンを仕入れるためです。売れる時期に価格は下がらないだろうと思いがちですが、多く仕入れることで仕入れ値を下げ、その分売価に還元しているのです。

1位
ジャノメ

N-365

価格:16,918円 (税込)

ロックメス内蔵で裾上げが簡単!厚物縫いも得意な電子ミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジャノメの「Nuikiru」シリーズはロックメス(ヌイキル機能)内蔵の電子ミシンで、布を断ちながらかがり縫いできるのが特徴です。この機能があると、面倒な裾上げが簡単にできます。さらに、デニムのような厚手の布も楽に縫い上げるパワーも魅力です。「水平全回転釜」「カンタン糸通し」といった便利機能も搭載しており、事前準備が楽々です。 一方で、縫いスピードが若干速い傾向にあります。フットコントローラー非対応ということもあり、小回りが必要な小さめの小物を作るには慣れが必要かもしれません。しかし、お子さんの入園・入学グッズ作りや、ズボン・スカートの裾上げには大活躍間違いなしです。
2位
ジャガー

MP-110

価格:9,200円 (税込)

コンパクトボディにも便利機能がたくさん詰まっているミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、縫い目の長さ調節やスピード調節が簡単にできるコンパクトミシンです。「自動糸通し器」を搭載しているので、手間がかかる針穴への糸通しはミシンにお任せ!他にも、スピード調整の切り替え・簡単に掃除できる垂直釜・熱くならないLEDライトなど、コンパクトボディに便利機能がたくさん詰まっています。 さらに、購入してすぐ使用できるように取扱説明DVDが付いてるので、ミシン初心者の方にピッタリ!。シンプルな操作方法で作業が進められる商品をお探しの方にもってこいの商品です。コンピューターミシンのような多機能さはありませんが、アシストをあまり必要としていない方にも最適ですよ。
3位
ブラザー

CPS4204

価格:14,918円 (税込)

20種類のステッチを内蔵したミシン!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラザー工業のコンパクトミシンは、4.5kgという軽量モデルながらパワフルに縫うことができるミシンです。補助機能が充実しており初心者でも安心で、送り歯が下がり生地を動かせるドロップフィード機能なども搭載されており、趣味で使う方も満足の一台と言えます。 糸通し機能が少しわかりづらいといった口コミが見られますが、それさえ慣れればかなり使いやすいとユーザーからも太鼓判を押されています。ステッチの数も豊富なので、さまざまな作品に対応できるでしょう。
タイプ 
コンピューター
サイズ【mm】
レギュラーサイズmm
主な機能
液晶モニタ自動糸通し厚物縫い全自動ボタンホール
ライト
フットコントローラー装着
オプション
消費電力【W】
40W
重量【kg】
4.5kg
ジャノメ

JN508DX

価格:8,687円 (税込)

世界累計生産10万台を超えるジャノメの初心者向け電動ミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能や構造はシンプルですが、必要最低限の機能をしっかり押さえた、初心者でも操作しやすい人気の電動ミシンです。フットコントローラータイプなので、両手が使えるうえに細かいスピード調節も楽々です。また、簡単に糸が通せる「糸通し器」・下糸のセットがしやすい「水平全回転カマ」を採用しています。 「フリーアーム」「ボタンホール」「4種の模様縫い」により、簡単な洋服を縫うのも可能。軽くてコンパクトなボディは持ち運びしやすく、収納場所もとりません。安いミシンを購入したい方・初めてミシンを使う方・ちょっとした小物や入園入学グッズを作りたい方におすすめします。
タイプ 
電動
サイズ【mm】
レギュラーサイズmm
主な機能
厚物縫い
ライト
フットコントローラー装着
付属
消費電力【W】
45W
重量【kg】
5kg
ジャノメ

JA777

価格:8,393円 (税込)

「縫い模様」ダイヤルを合わせれば選択できる家庭用電動ミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、コンパクトな家庭用電動ミシンです。「水平釜」を採用しているため、下糸のセットはボビンを入れるだけで簡単。縫い模様はダイヤルを合わせれば選択できます。また、返し縫いはレバーを押すだけでできます。両手が使えるフットスイッチ付きなので、細かい作業もスムーズに! さらに、見た目がコンパクトなだけでなく、重量も約2kgと軽量なので持ち運びもできます。そのため、必要な時だけ出して使いたい方にピッタリ!加えて、デニム3枚重ねでも縫えるパワフルさは、簡単操作でも厚手の生地が縫いたいという方におすすめです。
タイプ 
電動
サイズ【mm】
コンパクトサイズmm
フットコントローラー装着
付属
消費電力【W】
6W
重量【kg】
2.2kg
1位
シンガー

SC-300

価格:29,380円 (税込)

この商品の紹介

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

操作が簡単なコンピューターミシンです。バックライト付きの見やすい液晶画面で操作も簡単。縫い模様や、8種類のボタンホールもイラスト表示で分かりやすい。「自動糸調子」機能で生地や縫い模様にあった糸調子を自動制御してくれます。「自動糸切り」機能付きでハサミが不要。縫い終わったら、ボタンを押すだけで、上糸・下糸を切れます。薄い生地も厚手の生地も、らくらく縫えちゃいます。
サイズ【mm】
レギュラーサイズmm
主な機能
自動糸調子全自動ボタンホールコードリール
ライト
フットコントローラー装着
オプション
消費電力【W】
50W
重量【kg】
7.5kg
2位
ブラザー

MS-2000

価格:26,244円 (税込)

水かしい作業はミシンにお任せできるコンピュータミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、家庭用コンピュータミシンです。「3ステップ糸通し」・「簡単下糸巻き」・「下糸クイック」機能を装備しているため、縫い始めまでの準備が簡単です。また、模様選択はダイヤルで設定するだけ。「自動糸調子」機能を搭載しているので、糸調子の調整はミシンにお任せできます。 そのため、ミシン初心者の方にピッタリ!電源コードは、スッキリきれいに収納できるコードリール式なのも魅力の1つです。「ゆっくりスタート」や「ゆっくりぬい」もできるので、カーブや細かな場所もしっかり縫うことができますよ。持ち手がついているので、持ち運びもらくらくです。
タイプ 
コンピューター
サイズ【mm】
レギュラーサイズmm
ソーイングスペース【mm】
160×100 mm
主な機能
厚物縫い自動糸調子全自動ボタンホールコードリール
ライト
フットコントローラー装着
オプション
消費電力【W】
40W
重量【kg】
6.5 kg
3位
ジャガー

KA-20

価格:21,131円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジャノメ

ES-7

価格:22,980円 (税込)

デニム生地6枚を重ねて縫える!パワフルな電子ミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトながらもデニムなどの厚物生地も難なく縫えるパワフルさが特徴です。さらに、伸縮性のある生地に対応した「伸縮まつり縫いステッチ」や、大きい布地も縫いやすい「ワイドテーブル」も搭載しており、本格的なソーイングを楽しみたい方におすすめできます。 また、事前準備が簡単になる「ワンタッチ糸通し」「水平全回転釜」に加えて、縫う速度を調整できる「フットコントローラー」「スロー返し縫い」を採用しているので、初心者でも安心です。ミシンの操作に慣れてステップアップしたい場合でも、買い替えの必要はありません。1台で初心者〜上級者までカバーできる、コスパのよさが最大のポイントでしょう。
タイプ 
電子
主な機能
厚物縫い全自動ボタンホール
ライト
フットコントローラー装着
消費電力【W】
55W
重量【kg】
5.9kg
ブラザー

SENSIA230 CPN5003

価格:32,780円 (税込)

手元は広々で操作もらくらく!コンパクトサイズの電動ミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、清潔感のあるホワイトカラーを基調とした、どんなお部屋にも馴染みやすい電動型ミシンです。搭載されている6枚送り歯が、デニムやカーディガンのような厚い布もしっかりと送り出します。さらに、液晶画面で現在の設定状況を確認することができるので、縫い間違いや押さえ忘れも事前に防ぐことができます。 また、操作を誤った際には、ディスプレイでのエラー表記とアラーム音でお知らせしてくれるため、慣れていない初心者でも扱いやすいのも魅力です。縫い始めと縫い終わりに、自動で返し縫いまたは止め縫いをするなど、細かい部分まで設定できるので、始めから終わりまで効率よく作業を進めることができますよ。
タイプ 
コンピューター
サイズ【mm】
レギュラーサイズmm
主な機能
液晶モニタ厚物縫い
ライト
フットコントローラー装着
オプション
消費電力【W】
43W
重量【kg】
4.8 kg
1位
シンガー

SC-150

価格:51,110円 (税込)

初心者からベテランまで!安価で買えるコンピューターミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、シンガーより発売されている文字縫い機能を搭載したコンピューターミシンです。数字・アルファベットをはじめ、漢字にも対応。フットコントローラーも付属しているので、両手での作業が行えますよ。そのほかにも、ワイドテーブルや針セット、リッパーやシームガイドといった付属品も充実。お求めやすい価格もあり、手軽に始められます。 そのため、コンピューターミシンの初心者の方や、買い替えを検討している方にうってつけ!ステッチは207種類も搭載しており、ミシンの腕が上達しても飽きずに長く使い続けられますね。また、直感的に使えるダイレクト選択ボタンも魅力的です。難しい操作や取扱いで諦めていた方にもおすすめです。
タイプ 
コンピューター
2位
シンガー

SC-250

価格:48,186円 (税込)

直線縫いから刺繍まで楽しめる!多機能なコンピュータミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能な家庭用コンピュータミシンです。55種類の縫い模様が搭載されており、実用模様・応用模様・ボタンホールのソーイングが可能です。ワンタッチ操作で上糸・下糸をカットする「自動糸切」をはじめとするサポート機能を装備し、素材や縫い方に合わせて糸調子も自動で制御します。 パワーもあり繊細な縫いにも対応できるので、厚地から薄地までスムーズに縫えます。また、別売の刺繍機を取り付ければ、基本的なステッチだけでなく本格的な刺繍も楽しめます。作業の能率を上げたい方や、直線縫いから刺繍まで一台のミシンで対応したい方におすすめです。
タイプ 
コンピューター
シンガー

SC-360

価格:63,963円 (税込)

便利な機能が充実していて初心者にも扱いやすい電子ミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は人気のモナミヌウアルファシリーズに新機能が加わった最高グレードのミシンです。新たに押さえ圧調整機能が搭載され、布地に合わせて圧を調整することでさらに縫いやすくなりました。また、上糸かけのミスを防ぐニューレッディングシステム・下糸ラクスルー・自動糸調子など、便利な機能が満載。 文字刺繍をはじめ豊富な縫い模様もあり、この1台で何でも縫えます。ミシンが簡単に扱える機能が満載で初心者にも使いやすいのも魅力。文字刺繍も含めた豊富な260種類の模様縫いもでき、この1台でなんでも縫えるオールマイティーなミシンです。
タイプ 
コンピューター
1位
ジャノメ

1200D

価格:122,223円 (税込)

家庭でもプロのような仕上がりに!効率アップのロックミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、ジャノメより発売されている「3本針・5本糸」のロックミシンです。簡単に糸調子合せが行えるのが嬉しいですね。カバーステッチ機能もついており、1台でプロさながらの仕上がりに!そのほかにも、縁かがり・縫い合わせといった機能も搭載しています。 また、「ワンタッチ」で全巻き・細巻きロックに切り替えができる操作感もポイント!作業をスムーズに行いたい効率重視の方におすすめです。また、手元にはLEDライトが付いているので、見にくい場所や布地でも安心です。日が当たりにくい場所や時間帯に作業したい方にもピッタリですね。
タイプ 
ロックミシン(5本糸) 
主な機能
かがり縫い・巻き縫い・オーバーロック・飾り縫い・ステッチ20種・2本縫い
ライト
 〇
フットコントローラー装着
付属
消費電力【W】
110/ランプ100V 15 W
重量【kg】
8.6kg
2位
ジューキ

TL-30DX

価格:87,900円 (税込)

厚手の生地をきれいに縫いたい方にぴったりの直線専用ミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

工業用ミシンの技術を採用した「ジューキ」の直線専用ミシンです。アルミダイカストフレームを採用していて、低振動で静音性に優れています。ステッチの種類はありませんが、工業用に採用されている高性能なサポート機能やパワフルモーターが魅力です。縫い品質に徹底的にこだわっており、生地の厚さにとらわれず優美で安定した品質を提供します。 高品質な仕上がりの本格ミシンをお探しの方におすすめです。付属品として、便利な補助テーブルや自動糸切り機能付コントローラーが付いてきます。きれいな縫い目で確実に厚物が縫いたいという方にもぴったりですよ。とにかく高品質な直線縫いにこだわる方にも向いています。
サイズ【mm】
フルサイズmm
ソーイングスペース【mm】
215×150mm
主な機能
厚物縫い自動糸通し自動糸切り
ライト
フットコントローラー装着
付属
消費電力【W】
92W
重量【kg】
11.5kg
ジューキ

MO-2800

価格:191,400円 (税込)

糸通しが早くて簡単・便利!進化したロックミシン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品は、糸通し穴からルーパー穴へ、ボタン一つで空気の力を使って簡単に糸が通せるロックミシンです。自動糸通しも付いて、針穴への糸通しも簡単!従来のような面倒な糸かけが不要になりました。小回り押えも標準装備され、内カーブがきれいに仕上がります。静音設計で振動も少ないので、小さいお子さまのいるご家庭や、夜間のソーイングにも最適です。 穴に糸を入れるだけで簡単に糸が通るので、とにかく糸通しが苦手な方におすすめです!本体には針交換時にちょこっと置きができるマグネット針置き場も採用。ストレスなく使えて初心者から上級者まで満足できる商品です。
タイプ 
ロック
主な機能
厚物縫い自動糸通し
ライト
フットコントローラー装着
付属
消費電力【W】
105W
重量【kg】
10 kg

ミシンと価格について紹介しました。ミシンは大きな価格差の原因と、それぞれの価格帯のミシンの特徴がおわかりいただけたでしょうか。購入するまでは、何かと不安が多いかもしれません。

 

しかし、一度購入するとミシンの活躍する場面は多く、購入してよかったと思えるはずです。 今は初心者でも簡単に扱えるミシンも多いので、気になる人はぜひ参考にしてください。

ミシン 2万円以下の全商品一覧

商品一覧を見る

ミシン 20000〜50000円の全商品一覧

商品一覧を見る

ミシン 50000〜70000円の全商品一覧

商品一覧を見る

ミシン 70000円以上の全商品一覧

商品一覧を見る

関連する記事

人気メーカーJUKIおすすめミシン16選【特徴と口コミを紹介】のサムネイル画像

人気メーカーJUKIおすすめミシン16選【特徴と口コミを紹介】

2021/10/27

ミシンの有名人気メーカー6社を特徴を紹介!選び方とおすすめ13選ものサムネイル画像

ミシンの有名人気メーカー6社を特徴を紹介!選び方とおすすめ13選も

2021/11/23

【2022年版】家庭用ミシンおすすめ24選と選び方|初心者向けも紹介のサムネイル画像

【2022年版】家庭用ミシンおすすめ24選と選び方|初心者向けも紹介

2022/05/19

【2022最新】口コミで人気のミシンおすすめ15選|初心者向から上級者までのサムネイル画像

【2022最新】口コミで人気のミシンおすすめ15選|初心者向から上級者まで

2021/10/21

世界で愛される日本製のミシンおすすめ20選|便利機能とメーカーの特徴もご紹介のサムネイル画像

世界で愛される日本製のミシンおすすめ20選|便利機能とメーカーの特徴もご紹介

2021/10/21

ミシンの機能を徹底解説!初心者向け機能やおすすめ商品12選を紹介のサムネイル画像

ミシンの機能を徹底解説!初心者向け機能やおすすめ商品12選を紹介

2021/10/21