シンガー SC-250 ミシン評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥45,833
シンガー SC-250 ミシンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、シンガー SC-250 ミシンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/06/25 更新

ランク王編集部

直線縫いから刺繍まで楽しめる!多機能なコンピュータミシン

多機能な家庭用コンピュータミシンです。55種類の縫い模様が搭載されており、実用模様・応用模様・ボタンホールのソーイングが可能です。ワンタッチ操作で上糸・下糸をカットする「自動糸切」をはじめとするサポート機能を装備し、素材や縫い方に合わせて糸調子も自動で制御します。

パワーもあり繊細な縫いにも対応できるので、厚地から薄地までスムーズに縫えます。また、別売の刺繍機を取り付ければ、基本的なステッチだけでなく本格的な刺繍も楽しめます。作業の能率を上げたい方や、直線縫いから刺繍まで一台のミシンで対応したい方におすすめです。

SC-250の基本スペック

タイプ  コンピューター サイズ【mm】 439×287×195  mm
主な機能 縫い模様55種・自動糸切・自動糸調子・液晶画面表示  ライト
フットコントローラー装着 付属 幅x高さx奥行【mm】 500×440×280 mm
重量【kg】  7.7g kg

SC-250のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

シンガー SC-250 ミシンの基本スペック

シンガー

SC-250 コンピュ-タミシン

価格:50,906円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

   

メーカー シンガー(SINGER) 商品名 モナミヌウプラス SC-250 
タイプ コンピュータ サイズ レギュラー
主な機能 縫い模様55種・7枚送り歯・自動糸切り・液晶ディスプレイ・自動糸調子・刺繍機対応 フットコントローラー/ライト 付属/LED
寸法/サイズ 439mmx195mmx287mm 重量 7.7g(本体のみ)

55種類の縫い目(ステッチ)が楽しめる

シンガー SC-250は、「実用模様」「応用模様」「ボタンホール縫い」を合わせ、55種類の縫い目を楽しめます。お子様の通学グッズに模様をいれたり、オリジナルの作品の装飾をしたりと、さまざまな使い方ができます。デザインの幅を広げたい方、アレンジを楽しみたい方におすすめです。

自動糸切り機能が搭載されている

SC-250には、ボタンでワンタッチ操作できる「自動糸切り」機能が搭載されています。縫い終わりにハサミを使用することなく、上下の糸が同時に切れるので、作業効率が上がり糸の節約もできます。使いやすさや効率性を重視する方におすすめです。

専用の刺繍機を付ければ、本格的な刺繍ができる

シンガーで販売されている「刺繍機」に対応しており、設置すれば本格的な刺繍も楽しめます。刺繍機は別売ですが、大きな刺繍機がなくても刺繍が楽しめるので、ソーイングスペースや収納スペースを抑えたい方にもおすすめです。

静音性が高い

SC200シリーズのほかの機種に比べ、SC-250は作動音と糸切の音が改善され、静音性が高くなりました。小さなお子様のいるご家庭や、ご近所への騒音が気になる方でも、快適に使用できます。高い静音性を備えていますが、パワフルさもあり厚物縫いにも対応しています。よく夜にミシンを使用する方に、特におすすめです。

シンガー SC-250 ミシンの悪い点をレビュー

パワーが少し物足りない

通常のソーイング・厚物縫いは問題ないものの、厚物に特化した機種に比べると少しパワーが物足りないという口コミも見られました。ですが、速度を調節する・針を厚物用に変えるなど、少しの工夫を加えることで縫い心地も変わってきます。

想像よりサイズが大きい

写真で見た印象よりも、本体のサイズが大きかったという口コミもあります。SC-250は、デザインの可愛らしさだけでなく、確かな性能を備えたレギュラーサイズミシンです。大きい分、操作性が高いというメリットもあるので、試し縫いできる店舗でシュミレートするのもおすすめです。

刺繍機が別売なので、予算がかかる

刺繍機を取り付ければ、手軽に刺繍を楽しめるのがSC-250の特徴です。しかし、刺繍機は別売のため、予算オーバーで同時購入を諦めたという口コミもみられました。一方、家庭用ミシンも刺繍機も欲しいという方には、1台で2役対応できるので高い満足度を得ています。

実際の口コミ

使用に慣れてきて少し厚めの物(カバンベルト)を縫ってみましたが、厚物にはあまり適していないかもしれないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミシンが届いたので早速使ってみました。前のミシンは厚地の物が縫えなかったので、こっちはどうかなと思い試してみました。でもやっぱりパワーが余りないようで綿の生地が8枚ほど重なってる所はスムーズに進まないなので少し残念に思いました。デザインは丸みがあって可愛い感じで好きです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

前のミシンから言うとパワー、使いやすさは比べ物にならないくらいとても良い。 特に自動糸切りはかなり有難い! ただ、思ったよりサイズが大きかった。

出典:https://review.rakuten.co.jp

少し残念なのは、大型テーブルの高さがミシン本体より幾分高いため、段差が出来てしまう事です。キレイにフラットになる物だとばかり思っていました。まだ直線縫いしか試していませんが、趣味で小物類を作るのには十分なミシンです。肝心の刺繍機なんですが、予算オーバーの為、購入を見送りました。もう少し安ければ考える余地があったのですが…。

出典:https://review.rakuten.co.jp

シンガー SC-250 ミシンの良い点をレビュー

刺繍機を使用できる

家庭用ミシンでありながら、刺繍機を取り付けられるのが、SC-250の最大の特徴です。通常の縫いはもちろん、標準装備でも55種類のステッチを使用でき、刺繍機を使えばワンランク上の作品が簡単にできます。新たに刺繍用ミシンを購入する必要がないので、スペースも効率よく使用でき、口コミでも高評価を得ています。

自動糸切が便利

自動糸切が搭載されており、縫い終わりにボタン一つで簡単に糸切りできます。作業効率が向上するほか、余分な糸を使用しなくてもいいので、糸の使用量が減ったという口コミも見受けられました。自動糸切り機能は、使い勝手を重視する方や、ミシンの使用時間が長い方におすすめです。

使用音・作動音が静か

モナミヌウSC200シリーズのなかで、作動音の静穏性を高めたミシンがSC-250です。通常、パワーのあるミシンはモーター音も大きくなりがちですが、SC-250はパワーと静穏性を兼ね備えるので、騒音が気になる方や小さなお子様・ペットのいるご家庭などにおすすめです。

刺繍機を利用したくて、こちらの形を選びました。 以前もシンガーを使っていたので、ボタンの位置などもほぼ一緒でスムーズに始める事が出来ました。 下糸をかけるのも簡単でしたし、何より自動糸切りが大変便利です。 期待していた機能ではなかったのですが、ハサミ要らずで、また糸を無駄に引き出す必要がないので、糸の持ちが良くなりました。

出典:https://review.rakuten.co.jp

結婚した時から使っているミシンが壊れたので直そうかどうしようかと悩みましたが思い切って購入しました。結果は正解!自動糸調子、自動糸切りが素晴らしい。フットコントローラーも付いていたのも良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

以前使用していたのもシンガーという事もあり、こちらの商品に決めました。 初心者用にはとても良いです。 音も静かですし、自動糸切りがとても気に入りました。 今までのが自動糸切り機能がなく、糸を無駄に使っていましたが、それが無くなったと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ズボンの裾上げをしたくて購入、小学生の家庭科以来の使用でしたが、昔と違いセットも楽でスムーズに使用出来ました、使用音、糸切音共に静かで思い切って購入してよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

本当に使いやすいです。 ミシントラブルはほぼありません。 初心者の私でしたが、通園かばん、お弁当袋、上履き入れなどの子供グッズをほぼ手作り。布を断つのは面倒ですが、縫うのはこのミシンのおかげで楽しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

SINGER (シンガー)

モナミヌウ アルファ SC-300

価格:49,704円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SC-300は、「モナミヌウ」シリーズの最上位モデルです。SC-250よりもさらに充実したステッチ機能を備えており、文字縫い機能も搭載されています。ひらがな・アルファベットはもちろん、「年」「組」など数種類の漢字も刺繍できるので、お子様の入園・通学グッズの文字入れにもおすすめです。

 

また、厚物はもちろん、オーガンジーをはじめとする繊細な生地のソーイングもスムーズにできます。上糸に透明糸を使用すれば、手縫い風のキルトステッチも可能なので、刺し子風のデザインを楽しみたい方におすすめです。

 

一方で、SC-250のように刺繍機には対応していないので、刺繍機を使った本格的な刺繍をしたい方は、対応機種から選ぶのがおすすめです。

シンガー

モナミヌウ SC-100

価格:30,046円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SC-100はSC-250と同様に、レギュラーサイズミシンに分類されます。しかし、SC-250に比べるとコンパクトで、機能もシンプルなのが特徴です。また、SC-250のようにディスプレイ操作ではなく、ボタンで操作します。

 

ですが、初心者にも使いやすい設計になっており、自動糸調子・自動針穴通し・全自動ボタンホール縫いなど便利な機能が搭載されています。また、針上下停止切替ボタン・低速モードなど、ソーイングに慣れていなくても安全に使用できます。

シンガー

SC-250

価格:45,833円 (税込)

直線縫いから刺繍まで楽しめる!多機能なコンピュータミシン

amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能な家庭用コンピュータミシンです。55種類の縫い模様が搭載されており、実用模様・応用模様・ボタンホールのソーイングが可能です。ワンタッチ操作で上糸・下糸をカットする「自動糸切」をはじめとするサポート機能を装備し、素材や縫い方に合わせて糸調子も自動で制御します。

パワーもあり繊細な縫いにも対応できるので、厚地から薄地までスムーズに縫えます。また、別売の刺繍機を取り付ければ、基本的なステッチだけでなく本格的な刺繍も楽しめます。作業の能率を上げたい方や、直線縫いから刺繍まで一台のミシンで対応したい方におすすめです。

シンガー SC-250について、商品概要、取扱説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめ、シンガー SC-250がどんな人におすすめなのかを評価しました。デメリットとして、厚物縫いの際はややパワー不足を感じる場合がある・サイズが大きい・価格が高めといった点があげられます。

 

一方でメリットとしては、下記の点があげられます。

バリエーション豊かな55種類の縫い目(ステッチ)を楽しめる

・「自動糸切り」「自動糸調子」機能搭載で、効率よく使える

専用の刺繍機(別売)を使えば、本格的な刺繍ができる

・静音性が高い

 

以上のことから、

ベビーアイテムやお子様の入園・通学グッズを作りたい方

・初めてコンピュータミシンを使う方

・作業効率を上げたい方

刺繍機能を使いたい方

 

そういった方に、SC-250をおすすめします。コンピュータミシンのため、電動ミシンや電子ミシンに比べると価格は上がります。ですが、縫い模様の豊富さを含めた機能性の高さや、刺繍機能の使用が可能といった点を考えると妥当ともいえるでしょう。刺繍を使ってワンランク上のソーイングをしたい!という方は、2台目のミシンとしての購入もおすすめです。