ブラザー MS-2000 ミシン評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥27,316
ブラザー MS-2000 ミシンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ブラザー MS-2000 ミシンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/09/23 更新

MS-2000の基本スペック

シェーバー・電源タイプ 充電のみ 水洗い可/不可
対応交流電圧【V対応】 100〜240 V対応 充電催促表示
往復式・刃数【枚刃】 3 枚刃

MS-2000のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

ブラザー MS-2000の基本スペック

あなたの街のミシン専門店創作工房

【ポイント10倍!】【純正サイドカッタープレゼント中!】価格改定ワイドテーブル&フットコントローラ付【送料無料/5年保証】ブラザーコンピュータミシン MS2000【ミシン本体】【みしん】【RCP】

価格:29,800円 (税込)

 楽天で詳細を見る  Yahoo!ショッピングで詳細を見る  Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー ブラザー(brother) 商品名 コンピュータミシン MS-2000
サイズ 幅418x高さ306x奥行190 mm 重量 6.5kg
機能 厚物縫い 自動糸調子 全自動ボタンホール コードリール フットコントローラー装置 別売り

ブラザー MS-2000のフットコントローラー

ブラザー工業

ブラザー (brother)電動ミシン用フットコントローラー30年前まで共通ほとんど使用可

価格:4,680円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品はMS-2000に対応しているフットコントローラーです。

こちらを使用することで、足でミシンを操作することができます。

ブラザー MS-2000のおすすめポイント

操作がシンプル

MS-2000はワンダイヤルでモード選択や操作を行えるので、直感的にスピーディーに使用することができます。

 

ダイヤルを回して模様を窓に合わせるだけなので、とてもシンプルでカンタンに操作することができます。

「7枚送り歯」で綺麗に縫える

MS-2000は7枚送り歯を搭載しているので、厚手な布や薄い布問わずしっかりと布送りをしてくれます。

これにより、均一な綺麗な縫い目を再現してくれます。

持ち運びや収納もラクラク

MS-2000は本体に持ち運びがラクなとってがついているので、ラクラク持ち運ぶことができます。また、コードリール式のコンセントなので、スマートに収納することができます。

本体もハードケースなので保管も安全です。

ブラザー MS-2000の悪い点をレビュー

厚めの生地が縫いづらい

MS-2000は7枚送り歯を搭載しているため、基本的には生地送りがしやすい設計になっています。

しかし、厚めの生地は少し引っかかってしまったり、しっかり送ってくれないことがあり、不便という口コミが多くあります。

 

厚めの生地で縫う際は注意が必要のようです。

重量が重い

MS-2000は本体部分に取っ手がついており、持ち運びガシやすいデザインになっています、

しかし、本体が重く、持ち運びづらいという口コミも多くあります。

 

持ち運びやすい設計な分、重くて運びづらいというのは大きなデメリットと言えます。

デザインが古くさい

MS-2000は全体的にシンプルなデザインで、操作がカンタンという口コミが多くあります。

しかし、シンプルが故に見た目が古臭く、残念という意見もあります。

 

特に収納する際、景観を損なってしまうため、奥にしまいたくなると感じるようで、若い方にはあまり評価がありません。

モードによっては綺麗に縫えないことがある

MS-2000はダイヤル一つで、モードがカンタンに設定できるため、とても便利という口コミがありますが、モードによっては綺麗に縫えなかったり、思っていたのと違うというものがあるようです。

 

基本的に綺麗に縫えるようですが、ジグザグ縫いなどモードによってはあまり綺麗に縫えないものもあるようなので注意が必要です。

ブラザー MS-2000の良い点をレビュー

ガイドが便利で使いやすい

MS-2000は本体にわかりやすいかんたんガイドがついているため、初心者でも安心してシユできるようです。

特に、ダイヤルでのかんたん操作なので、直感的に操作ができてとても便利のようです。

静音性が高い

ミシンは昼間使う方もいますが、仕事や子供の関係で夜中にしなければいけないという方も多いと思います。

MS-2000は静音性が高く、音が気にならないという口コミが多く、夜中でも安心して使用できるようです。

 

特にマンションなどの集合住宅に住んでいる方には大きなメリットになります。

糸かけがしやすい

ミシンは糸の通しやすさがとても需要ですが、MS-2000はかんたんに糸を通しやすい機能が搭載しているので便利という口コミが多くあります。

 

糸通しがうまくいかないとイライラしてしまう方も多いので、糸通しがかんたんな点は大きなメリットと言えます。

ブラザー MS-2000の口コミを集めました

厚いところは自動では進まず、強引に引っ張りながら縫いました。

出典:https://item.rakuten.co.jp

記事の厚い部分を縫う際、なかなか生地送りをしてくれず、イライラしてしまうという口コミが多くあります。 厚めの生地を縫う際は注意が必要です。

少し重めです。

出典:https://item.rakuten.co.jp

重量が重く少し不便という口コミが多くあります。 持ち運び用の取っ手がついていて、持ち運び安いようですが、重い点がネックのようです。

【デザイン】少し古い感じ…がします

出典:https://item.rakuten.co.jp

デザインがシンプルで使いやすいという口コミも多くありますが、デザインが古くさいと感じる方も多いようです。 置くスペースもとるので、デメリットと言えます。

ジグザグ抜いの出来には少し不満もありますが、シンプルで使いやすいと思います。

出典:https://item.rakuten.co.jp

モードによっては綺麗に縫えない場合があり、残念という口コミが多くあります。 縫う際に、しっかりとモードを確認しなければいけないようです。

かんたん操作ガイドで、下糸と上糸の準備はわかりやすく書いてあって便利です。

出典:https://item.rakuten.co.jp

かんたん操作ガイドが搭載されているので初心者でもカンタンに操作できるようです。準備から縫うまでしっかりサポートしてくれるので便利という口コミがあります。

音も静かで、夜でも使えます。

出典:https://item.rakuten.co.jp

音が静かで夜でも使いやすいという口コミが多くあります。 夜中に使いたいけど音が気になるという方に便利なようです。

糸かけも楽な上針の糸通しも一発、ノンストレスでした。

出典:https://item.rakuten.co.jp

糸かけがラクで、縫うのに時間がかからず便利という口コミが多くあります。 ストレスがかからないという点は大きなメリットのようです。

生地をしっかり固定してくれ、きれいに縫うことが出来ました。

出典:https://item.rakuten.co.jp

綺麗に縫うことができて便利という口コミが多くあります。 生地をしっかりと固定することができるので、綺麗に縫えるようです。

MS-2000とCPE0004の違い

ブラザー brother

ブラザー brother コンピュータミシン 「SENSIA500」 CPE0004

価格:28,461円 (税込)

Amazonで詳細を見る  楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CPE0004はMS-2000の下位互換の製品で発売は同じ2018年モデルです。

 

MS-2000とCPE0004の大きな違いは「液晶モニターの有無」「コードリールの有無」「サイズ・重量」です。

 

液晶モニターですがMS-2000には搭載されていませんが、CPE0004には搭載されています。性能的には下位互換であるCPE0004ですが、液晶モニターがある点では優れています。液晶モニターは視覚的により操作しやすくなるので、大きなメリットと言えます。

 

コードリールですが、 MS2000には搭載されていて、CPE0004には搭載されていません。

コードリールは収納の際に非常に便利なものなので、コードリールがないのは大きなデメリットと言えます。

 

サイズと重量ですが、全体的にCPE0004の方がコンパクトで、軽い設計になっています。

特に重要な重さですが、MS-2000は6.5kgですが、CPE0004は4.6kgと約2kgも違います。

 

その他基本的なスペックの面では大きな違いはありません。

 

価格は下位互換であるCPE0004の方が安くなっています。

 

結論としては性能にそこまでこだわらないのであれば、軽くて持ち運びがしやすい、価格の安いCPE0004をおすすめします。

MS-2000とCPS5230の違い

ブラザー

ブラザー コンピュータミシンbrother CENTURY 7700 センチユリ-7700(CPS5230)

価格:48,043円 (税込)

Amazonで詳細を見る  楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CPS5230はMS-2000の上位互換の製品で発売時期は2017年モデルです。

 

MS-2000とCPS5230の大きな違いは「自動糸通しの有無」「自動糸切りの有無」「ふとコントローラーの有無」です。

 

自動糸通しですが、上位モデルであるCPS5230に搭載されている機能でMS-2000には搭載されていません。糸通しがうまくいかないとストレスに感じてしまう方もいるので、自動糸通しは大きなメリットと言えます。

 

自動糸切りですが、こちらも上位モデルであるCPS5230に搭載されている機能でMS-2000には搭載されていません。

こちらは自動糸通しのおまけみたいなものなので、そこまでメリットとは言えません。

 

フットコントローラーの有無ですが、上位モデルであるCPS5230は付属していますが、MS-2000は別売りとなっています。

フットコントローラーですが、別売りで購入することができるので、価格や性能面で違いはあるかもしれませんが、MS-2000でも後からつけることはできます。

 

その他基本的なスペックとしては大きな違いはありません。

 

価格ですが上位互換であるCPS5230の方が2万円弱高くなっています。

 

結論として、初心者で、そこまで機能を求めないという方はMS-2000をおすすめしますが、高機能なものが欲しいという方はCPS5230をおすすめします。

あなたの街のミシン専門店創作工房

【ポイント10倍!】【純正サイドカッタープレゼント中!】価格改定ワイドテーブル&フットコントローラ付【送料無料/5年保証】ブラザーコンピュータミシン MS2000【ミシン本体】【みしん】【RCP】

価格:29,800円 (税込)

 楽天で詳細を見る  Yahoo!ショッピングで詳細を見る  Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラザー MS-2000 ミシンの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

MS-2000は静音性が高く、操作もかんたんなとても優れた製品です。

ダイヤルからかんたんにモード選択もできるので、初心者でも安心です。

 

しかし、サイズや重量、性能の面では他製品に劣っている部分もあります。

 

評価として、多機能を求める上級者には向いておらず、かんたん操作ガイドがついているので初心者の方におすすめです。

 

ミシンは、性能や価格によって仕上がりが大きく違ってきます。なので初心者と上級者では必要な機能が大きく異なってきます。

まずは自分のレベル、どんなものを作りたいのかということを明確にして、メーカー、機能、価格の面から、自分にあったミシンを探してみてください!