【徹底解説】ミキサーの捨て方は自治体ごとで違う|注意点や他の捨て方も!

使わなくなったミキサーを処分しようと思っても、捨て方が分からないですよね。この記事では横浜市や大阪市など、自治体によって違うミキサーの捨て方について解説します。また、記事後半では買い替えにおすすめのミキサーもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

2021/10/21 更新

古くなった、使わなくなったなどを理由にミキサーを処分しようと考えている方は少なくありません。しかし、ミキサーはどう処分したらいいのだろうと悩んでそのままになっていませんか?

 

ミキサーは便利な調理家電ですが、地域によってゴミ分別区分が違うため各自治体のHPなどで事前に確認しておく必要があります。ゴミの区分を自分で判断し出してしまうと思いがけないトラブルの原因になる可能性があるので、絶対にやめましょう。

 

処分したいけど、どうしたらいいのと迷う方のために今回は、ミキサーの捨て方について詳しご紹介します。ゴミとして出す以外の方法や処分時の注意も記載しているので、ぜひ参考にしてくださいね。また、買い替えにおすすめのミキサーもご紹介しています。

今すぐ見る!買い替えにおすすめの最新ミキサー!

ミキサーを捨てる際、自治体によって粗大ごみに区分される場合と不燃ごみに区分される場合があります。分別区分がわからない場合は事前に自治体へ問い合わせて確認しましょう。

粗大ごみの場合

粗大ごみは一般的に大きさが30cm以上の家庭ごみのことを指します。ミキサーは高さがあるものが多く、粗大ごみとして処分されることが多いです。

 

大きさに関わらずミキサーはすべて粗大ごみに分別している自治体もあるので、30cm未満でも安易に捨てることなく、まずは自治体に相談するのがいいでしょう。また、分解することができ30cm未満で収まる場合でも問い合わせてごみの分別区分を聞くのがベストです。

不燃ごみの場合

多くのミキサーは金属やプラスチック、ガラスなどさまざまな素材から作られています。容器は一般的にガラスやプラスチック製で、容器台はプラスチック製、刃は金属製ですよね。

 

ミキサーは分解できるので、容器は燃えないゴミやガラスゴミとして処分し、金属製の刃は小さな金属類に分別して素材ごとに捨てるのがいいでしょう。

 

プラスチック製のものは燃えないゴミ扱いになりますが、自治体によっては燃えるゴミに分別されることがあります。住んでいる地域のゴミ区分を調べておきましょう。また、自治体によってミキサーを小型家電として収集している場合もあるので確認しておくといいですよ。

ゴミとして処分する以外の方法についてご紹介します。まだ使えるのに捨てるのはもったいないなと感じている方におすすめですので、ぜひ参考にしてくださいね。

下取りキャンペーンを活用する

もし新しいミキサーの買い替えを検討中なら、お店で下取りをしていないか確認しましょう。同じブランドメーカーの新商品を買うことなど条件がある場合がありますが、下取りしてもらえると買い替え代金を安く済ませることができます。

 

店舗によっては引き取りに対応している場合があります。引き取りは有料になる場合があるので、各店舗に問い合わせて聞いてみるのがいいでしょう。

フリマアプリなどを利用する

まだ使えるミキサーならフリマアプリを使って出品する方法もあります。使用回数が少ないものや人気のモデル、買ったけどそのまま使っていない未使用品なら、すぐに買い取り手が見つかりやすいですよ。

 

フリマアプリなどで売る場合は、見た目のきれいさや付属品が揃っていることなどが重要になってきます。出品する前に念入りに手入れをし、付属品のチェックをしましょう。ミキサーは意外と重いので、送料負担にも注意してくださいね。

買取業者や不用品回収業者を利用する

買取業者は、有料で買い取ってくれる可能性があります。ほぼ未使用の状態のものや比較的新しい機種、高級ブランドだと高値で買い取ってもらえる場合もありますよ。業者によって価格はさまざまなので、確認しましょう。不用品回収業者は各自治体と提携していることが多く、引き取り価格もそれぞれ違います。

 

費用を抑えたい場合は、複数の業者から見積書を請求して比較するといいです。不用品回収業者を選ぶ際は、一般排気物処理業の許可を得ている業者にしましょう。無許可の業者はトラブルに発展する危険性があるため、利用しないように気をつけてくださいね。

ここまででミキサーの捨て方の種類を紹介しました。ここでは、各方法でミキサーを処分する際の注意点を詳しくご紹介します。

粗大ごみとして処分する場合

粗大ごみとして出す場合は、申し込みが必要なので各自治体の窓口に電話して申し込みをしましょう。電話などで収集日などを決め、収集日までに粗大ごみ処理券を購入する必要があります。

 

手数料も事前に聞いておくといいでしょう。また、費用を少しでも安くしたいなら自治体のゴミ収集センターへ持ち込めるかどうかもチェックしてみてくださいね。

不燃ごみとして処分する場合

ミキサーを粗大ごみとしてではなく分解してゴミに出す場合、どの分別区分になるのか確認しておきましょう。自治体によって不燃ごみ扱いになる場合や燃えるゴミ、資源ゴミ扱いになるのでHPなどで確認してくださいね。

 

刃や容器は別区分になる場合が多いので、注意しましょう。ゴミに出す際、刃は紙などで包んで危険とわかりやすくして出すのがマナーです。容器がガラス製の場合も刃と同様にして捨てましょう。

ミキサーを捨てるときは収集日を必ずチェック

ミキサーを捨てる際は、自治体の分別ルールによって収集日が違うのでしっかりと確認しておきましょう。粗大ごみで処分する場合でも、随時収集している場合と月に1回決まった日時で収集する場合があるので間違えないように気を付ける必要があります。

 

燃えるゴミの収集日は毎週1回以上が多いですが、燃えないゴミは週2回~月1回と収集頻度は自治体によって違うのでHPなどで確認しておきましょう。分解して処分する場合はまとめて捨てていいのか部品ごとに捨てるのか事前にチェックする必要があります。

 

また、ミキサーを粗大ごみで出す場合は申し込みが必要です。収集日までに粗大ごみ処理券を購入しておく必要があるので忘れずに用意しておきましょう。手数料の確認も忘れずにしておくのもポイントです。

パナソニック(Panasonic)

MX-X701-T

価格:14,364円 (税込)

食感まで楽しめるスムージが作れるミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑らかなスムージを作った後にアレンジホールと呼ばれる上部の穴からナタデココなどを投入し、ゴロゴロとした食感を楽しむことができます。わざわざフタを開けずに加水の微調整ができたり食材を後入れすることができるので、便利です。大容量ですが400mlのタンブラーや小型ミルカップが付属しているので必要に合わせて使い分けることができます。

内容量 1000ml 消費電力 255W
定格時間 重量 2.9kg
サイズ 幅20.3×奥行12.3×高さ37.2 付属品 ミル、タンブラー、レシピブック
ティファール(T-fal)

BL1325JP

価格:12,999円 (税込)

狭いキッチンにも置きやすいコンパクトミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

置き場所に困りにくいコンパクト設計なので、狭いキッチンにも置きやすくなっています。氷も砕けるハイパワーミキサーなので、硬い食材も簡単にかき混ぜることが可能です。速度調節が2段階ですることができるので、材料の大きさに合わせてかき混ぜることができます。刃が取り外せて、ジャーも軽いのでお手入れや収納しやすいのもポイントです。

内容量 600ml 消費電力 300W
定格時間 重量 1.1kg
サイズ 幅10.5×奥行10.5×高さ31.5cm 付属品 ミル付き
BRUNO

BOE023

価格:3,967円 (税込)

おしゃれで可愛いミキサーが欲しいならこれ!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レトロで可愛いデザインでキッチンを華やかにしてくれることでしょう。氷も砕くことができるので使い勝手も抜群です。回転速度はHIGHとLOWの2段階なので、誰でも使いやすいのがポイント。容量が少なめなので、1人~2人暮らしの方におすすめです。

内容量 400ml 消費電力 250W
定格時間 重量 1.1kg
サイズ 154mm 高さ:306mm 奥行:117mm 付属品
日立(HITACHI)

HX-C2000

価格:3,400円 (税込)

色鮮やかで鮮度のいいスムージを楽しめる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HX-C2000の最大の特徴は真空設計です。真空ポンプで真空状態を作り食材をかき混ぜることで酸化による変色を防ぐことができます。変色しにくいので、色鮮やかな鮮度のいいスムージを楽しむことが可能。また、泡立ちを抑える効果もあるので口当たりが滑らかなのもポイントです。

内容量 600L 消費電力 180W
定格時間 4分間動作、2分休止 重量 1.4kg
サイズ 41.6×12.6×13.3cm 付属品 レシピブック、真空ポンプ、保存用ボトル、キャップ、飲み口付きキャップ、保護キャップ、清掃ブラシ
バイタミックス

E310

価格:18,600円 (税込)

アボカドを種ごと粉砕できるハイパワーミキサー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量1.4Lなので、大家族の方やまとめて作り置きしたい方におすすめです。高さがないので、キッチンスペースに置きやすくなっています。硬化ステンレス製の刃はアボカドまで粉砕することができるので、ロックアイスも簡単に砕くことが可能です。一瞬だけブレンドする「パルス機能」を搭載。また回転数を設定することができるので、お好みの粗さに砕くことができます

内容量 1.4L 消費電力 900W
定格時間 8分 重量 4.2kg
サイズ W190xD240xH440mm 付属品 タンバー、レシピブック

今回はミキサーの捨て方についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。使わなくなったままのミキサーをぜひ、この機会に処分してキッチンをすっきり片付けてくださいね。下記にミキサーについての記事をまとめましたので、ぜひチェックしてくださいね。

# 捨て方