【2022年版】Amazonで買うべきおすすめホットプレート10選|タイガーや象印も

ホットプレートを購入すると料理を簡単にできたり、ホームパーティを友達と楽しんだりできます。この記事ではAmazonで購入できるホットプレートの選び方からお手入れの仕方、付属のたこ焼きプレートやおすすめ商品まで幅広く紹介します。

2021/10/21 更新

スマホの普及により、お店に行かずにネット通販で買い物をする人が増えました。大手通販サイトAmazonを利用している人も多いのではないでしょうか。誰にでもわかりやすく直感的に商品の検索や購入ができます。品揃えも豊富で、なおかつ注文したらすぐに届けてくれるので便利です。

 

しかし、みなさんがよく利用しているAmazonですが、最近サイト自体が見にくくなったと思うことはありませんか?スポンサーが一緒に表示されたり、似た商品しか出てこなかったりして、本当に欲しい商品にたどり着くまで時間がかかってしまい、探しにくいことも。

 

そこで、この記事ではホットプレートを購入しようと考えている方に向けて、どのようなものを買うべきなのか、使用人数・用途・機能などについて解説し、おすすめのホットプレートを紹介していきます。

今すぐ見る!ホットプレートのおすすめ6選

料理をするためにホットプレートを買うことのメリットとデメリットについて、ホットプレート必要派の意見と不要派の意見を交えて紹介していきます。

ホットプレート必要派の意見

ホットプレートを購入するにあたって、購入して良かったといったホットプレート必要派の意見として、次のようなものがあります。

 

  • テーブルを囲んでホームパーティーするときに活躍する
  • 子供も一緒に調理できる
  • 料理が楽しくなる
  • プレートを皿代わりに使える
  • プレートに様々な種類がある
  • たこ焼きや鍋料理、パンケーキも調理が可能
  • 短時間で調理が可能
  • 1人用から家庭用、大人数用まで種類が豊富
  • デザインがオシャレなものがある
  • プレートを丸洗いできるものがある
  • コードレスのものがある
  • コンパクトで持ち運びしやすいものがある
  • 収納に困らないものがある

 

使用用途に合ったホットプレートを購入することで、短時間で料理ができたり、家族や友達と一緒に料理を楽しめたりと、生活がより豊かになります。

ホットプレート不要派の意見

一方、ホットプレート不要派の意見としては、次のようなものがあります。

 

  • 買ったものの結局使わなくなってしまった
  • イベントごとの時しか使わない
  • イベントごとで食事をするときは外食が多いからいらない
  • キッチンで料理できるから買わなくてもいい
  • 片付けが面倒
  • 部屋に匂いが残る
  • ダイニングの換気が必要
  • キッチンが狭いと置く場所に困る
  • わざわざテーブルで料理しない

 

片付けが面倒・置く場所に困るなどのデメリットが挙げられていますが、普段使いとしても気軽に料理が楽しめて、片付けが簡単でコンパクトに収納できるモデルもあるため、そこまでデメリットを気にする必要はないでしょう。

今すぐ見る!ホットプレートのおすすめ6選

まずは、ホットプレートを使用する用途と人数を決めましょう。用途を間違えてしまうと、調理したかったものに対応するプレートが付属されていないことがあります。また、何人で使用するかも重要です。購入してからもう少し大きいものがよかったとならないようにしましょう。

まずは使用用途をチェック

まず、ホットプレートを購入するにあたって、使用用途をチェックしましょう。一口にホットプレートとはいっても、付属するプレートに応じて調理方法が異なってきます。どのような料理をしたいのかという使用用途を踏まえてホットプレートを選びましょう。

 

平面プレートであれば、焼肉やお好み焼きといった焼くこと中心となり、グリル鍋と呼ばれる鍋状のものであれば、おでんや鍋料理などの煮ること中心となります。また、グリル鍋の形状のものは汎用性が高く、付属プレートを取り替えるだけで煮る以外にも焼くことや蒸すことが可能な製品もあります。

使用人数の確認

ホットプレートを購入するにあたって、使用人数の確認も忘れないようにしましょう。使用人数に応じて適したプレートの形状があるのでご紹介します。

 

1つ目は、丸形の形をしたものです。コンパクトサイズなので、一人暮らしの方や少人数の調理向けです。グリル鍋タイプはこちらの形状が主流となっています。付属するプレートも丸形です。

 

2つ目は、長方形の形をしたものです。プレート面積が大きいものが多く、食材を一度にたくさん調理できます。家族の人数が多い方や、友人を招いて大勢で食事をする機会が多い方などは、こちらのタイプがおすすめです。

加熱方式

ホットプレートを購入するにあたって、加熱方式の確認もするようにしましょう。加熱方式は、大きく分けて3つあります。電気式・IH式・カセットガス式です。それぞれの加熱方式について紹介していきます。

安くて種類も多い電気式

ホットプレートの加熱方式の中で最もポピュラーな方式が電気式です。種類が多く、安価な商品も数多くあります。プレートの下に電気ヒーターを配置し、このヒーターの熱によってプレートを加熱して調理する方式です。

 

電気式のメリットは、お手頃な価格で種類が多く、選択肢が豊富な点です。デメリットとしては、予熱に時間がかかるものが多い点、一定の温度に保つことが難しく調理をする際に焼きムラが出てしまう点があります。

焼きムラができにくく温度上昇が速いIH式

IH式の仕組みを解説します。まず、ホットプレート本体内部にある渦巻状のコイルに高周波の電流を流して磁力線を発生させます。この磁力線がプレート内部に渦電流を発生させ、プレートを発熱させる仕組みとなっています。

 

これによって、熱効率が高く焼きムラができにくく、温度上昇が速いのが特徴です。また、熱源部分がフラットなので、汚れがつきにくくお手入れしやすいというメリットもあります。しかし、価格は高めです。2020年現在、発売しているメーカーはパナソニックとアイリスオーヤマの2社のみとなります。

直火の美味しさが味わえるカセットガス式

カセットガス式は、カセットガスで直火によりプレートを温めて調理できるものです。電源確保の必要もなく、コードレスで調理できます。そのため、コードに引っかかって何かをひっくり返すこともなくなります。電気を使わないので、ブレーカーが落ちる心配もありません。

 

コンセントの無いアウトドアでも活躍すること間違いなしです。場所を選ばずに使用できます。また、直火で調理する分、電気式やIH式に比べて美味しく出来上がるという点がメリットです。デメリットは、ガスコンロの部分のお手入れがしにくい点や、替えのガスボンベが必要になる点です。

プレートの種類

ホットプレートに付属しているプレートの種類の紹介をしていきます。

焼肉プレート

焼肉プレートは、主に焼肉用として使う付属プレートで、波型の溝がついているので、波型プレートとも呼ばれています。メリットは、溝がついている分、余分な油を落として調理できるという点、油が飛び跳ねるのを抑えられる点です。

 

デメリットは、調理後のお手入れが面倒な点です。調理しているときに、余分な油などが溝に落ちます。そのため、プレートを洗う際に溝に油などが残らないように拭き取る必要があります。

たこ焼きプレート

たこ焼きプレートは、主にたこ焼きを焼くために用いられる、半球型のくぼみを複数持ったプレートのことです。市販の材料を揃えれば、自宅でも簡単にたこ焼き作りが楽しめます。

 

メリットは、たこ焼きの他にも肉や焼き野菜など、プレートのくぼみにさまざまな具を入れて調理し、お弁当のおかずやちょっとしたおつまみを作ることができる点です。デメリットは、くぼみのサイズに合わせて作るので、大きさが決まってしまう点です。

洗いやすさや収納性もチェック

ホットプレートを購入するにあたって、使いやすさや料理の多様性だけを見て購入する方がほとんどです。しかし、使用後の洗いやすさや収納性もホットプレートを選定する上で重要なので押さえておきましょう。

 

ホットプレートの種類によっては、プレートの部分を本体から外して水洗いできない製品があります。このような商品の場合は、拭き掃除でしかお手入れができません。格安製品や外国製品を購入する際は、機能性だけでなくプレートの取り外しができるものであるかも確認するようにしましょう。

 

また、プレートの表面がセラミックでコーティングされているものであると、傷や焦げがつきにくいのでお手入れもしやすいです。収納性は、ホットプレートの収納ケースが充実している製品や縦置き収納のもの、自立式のものなど、収納に関する工夫が施されているものを選びましょう。

アイリスオーヤマ

APA-136-B

価格:8,481円 (税込)

たこ焼きや焼肉、餃子も焼ける!

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1300Wのハイパワーホットプレートです。温度調整はダイヤル式で保温から250℃まで自由に温度設定が可能です。網焼き風焼肉プレートと、ワイドサイズの平面プレート、一度に24個焼けるたこ焼きプレートの3種類のプレートが付属しています。

 

焼肉プレートは穴あきプレートで、余分な脂を落とすものとなっています。遠赤フッ素コートで食材の芯まで加熱できるので、焼肉を美味しく調理できます。また、水受けプレートがお肉の脂を受け止めるので、少ない煙で焼肉調理ができます。

メーカー アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 商品名 APA-137-B
形状 長方形 消費電力 1300W
最高温度 250℃ 付属プレート 焼肉プレート・平面プレート
その他機能 プレート丸洗い、コンパクトに収納 コード長 1.8m
サイズ 485×356×137mm 重量 4.5kg
BRUNO

BRUNO ホットプレート

価格:12,980円 (税込)

おしゃれなデザインが魅力的

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BRUNOは若者に人気のブランドです。ホットプレートは3種類に展開されており、コンパクト、グランデサイズ、オーバルとなっています。保温から250℃まで温度調整できる基本機能は同じで、大きさやデザイン、別売のオプションの種類などが比較のポイントです。

 

テーブルに出しっぱなしでもかわいい、おしゃれなデザインです。マグネット式コンセントなので引っかかっても安心です。1〜3人が使用人数目安なので、結婚祝いのギフトモデルもあります。ギフトをお探しの方は、検討してみてください。

メーカー BRUNO 商品名 コンパクトホットプレート2点セット
形状 長方形 消費電力 1200W
最高温度 250℃ 付属プレート 平面プレート・たこ焼きプレート
その他機能 プレート丸洗い、コンパクトに収納、脱着式の電気コード コード長 -
サイズ 375×240×235mm 重量 2,3kg
山善

YHC-W600-S

価格:3,280円 (税込)

鉄板料理も煮込み料理も

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2WAYで気軽に料理を楽しむことができるホットプレートです。深鍋タイプなので、定番の鉄板料理はもちろんお鍋やおでん、煮込み料理まで調理することができます。また、フッ素加工プレートのため、汚れが落ちやすく、プレートも取り替え式のため、丸洗いできます。

 

料理によって使い分けすることができる温度調節機能があります。4段階に分かれており、80℃が保温、140℃が目玉焼きやホットケーキ、180℃がハンバーグや焼き餃子、210℃が焼肉や鍋料理と料理の幅が広がります。

メーカー 山善(YAMAZEN) 商品名 YHC-W600(S)
形状 長方形 消費電力 600W
最高温度 210℃ 付属プレート 波形プレート・鍋プレート
その他機能 プレート丸洗い コード長 1.9m
サイズ 245×230×70mm(波形)145mm(鍋) 重量 1.2kg(波形)1.7kg(鍋)
象印

EA-DD10AM-TA

価格:10,688円 (税込)

ワイドサイズだから大勢での食事にぴったり

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅48cmとワイドサイズのホットプレートです。大きなお好み焼きが2枚焼けるワイドサイズの遠赤平面プレートとなっております。遠赤トリプルチタンセラミックコートで、丈夫で長持ちな3層構造です。

 

調理面までの高さが5cmと薄型ボディなので料理が取りやすいです。プレートの縁に直接手が触れにくくするため、本体ガードを設けています。また、この本体ガードは分解できて丸洗いできるので、気になる油汚れもきれいに落とすことができます。

メーカー 象印(ZOJIRUSHI) 商品名 EA-DD10AM-TA
形状 長方形 消費電力 1350W
最高温度 250℃ 付属プレート 平面プレート
その他機能 プレート丸洗い コード長 2.5m
サイズ 600×380×110mm 重量 5.5kg
イワタニ

CB-GHP-A

価格:7,750円 (税込)

カセットコンロとしても使用可能

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直火で美味しく調理することができるカセットガス式のホットプレートです。カセットガス がマグネットによって取り付く仕組みです。電気式やIH式のホットプレートの火力では物足りない方におすすめです。カセットコンロとしても使えるため、8号サイズまで土鍋調理できます。

 

カセットガス により直火で調理するため、コードレスで場所を選びません。毎日の家庭料理やホームパーティに大活躍します。カセットボンベを適度に暖めて器具の火力を維持させるヒートパネル搭載により、無駄なくガスを消費できます。

メーカー イワタニ(iwatani) 商品名 CB-GHP-A
形状 長方形 消費電力 -
最高温度 - 付属プレート 平面プレート
その他機能 プレート丸洗い、コンパクトに収納 コード長 -
サイズ 471×325×169mm 重量 4.5kg
タイガー

CRV-A300-T

価格:8,800円 (税込)

縦置き収納で置き場所に困らない

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

垂直縦置きで幅約15.6cmとなり、コンパクトに縦置き収納することができるホットプレートです。温度調節器も収納できる収納スタンド、3枚のプレートと金属へらがまとめて収納できるプレート収納ケースが付属しています。

 

8畳間でも延長コートがいらない3mとゆとりのあるコードなので、使いやすいです。また、プレートを本体に置かないと温度調節器がセットできません。遮熱板をセットしないとヒーターに温度調節器が取り付けられない構造なので、安全に配慮されています。

メーカー タイガー(TIGER) 商品名 CRV-A300-T
形状 長方形 消費電力 1300W
最高温度 250℃ 付属プレート 平面プレート・たこ焼きプレート・焼肉プレート
その他機能 プレート丸洗い コード長 3m
サイズ 523×379×136mm 重量 9.1kg

Amazonでは、売れ筋ランキングを見ることができます。また、注文したらすぐに届けてくれます。使用人数は何人なのか、主にどのような用途で使用しようとしているのか、洗いやすさや収納性はどうなのかといった点を踏まえて、お好みのホットプレートをAmazonで購入してみてください。