【トラブル】洗濯機が回らない原因と対処法?買い替えのサインは?

洗濯機が回らない原因や対処法についてまとめました。日常的に使用する洗濯機が回らない状態になった場合、適切な対処を行うことで再び使える場合があります。さまざまな観点から原因を突き止め、回らない洗濯機をまた使えるようにしていきましょう。

2021/10/22 更新

編集部おすすめの記事

いつものように洗濯物を洗濯機に入れてスイッチを押しても、洗濯機が回らない…というトラブルは起こり得ることです。洗濯機が回らなくなってしまう理由はさまざま。洗濯機が回らなくても焦らずに状況を把握して対処をすることが大切です。

 

しかし、洗濯方法が悪いのか、洗濯機自体にトラブルが起きているのか、素人では判断が難しいですよね。洗濯機が回らない場合でも、洗濯方法などが悪い場合は自分自身で解決が可能です。

 

今回は、洗濯機が回らない時の対処方法をご紹介します。自力で解消ができる場合や修理が必要になる場合もあるので、ぜひこちらの記事を参考に状態をしっかりと確認してから対応してください。

普段から使用している洗濯機が急に回らないようになったら、原因を探ることが大切です。洗濯機が回らないのにはさまざまな原因があるため、どれに当てはまるかチェックしていきましょう。原因を把握することができれば、再び洗濯機を回せるようになるかもしれません。

ここでは、洗濯機が回らない原因の1つである、「洗濯の仕方」に焦点を当てて解説します。洗濯の方法でも洗濯機が回らなくなることがあるので、まずはこちらの記事を参考にしながら原因を確かめてください。

洗濯機の中に洗濯物を入れ過ぎると容量オーバーになり、回らなくなります。また、洗濯物を入れ過ぎることで洗濯槽内に偏りが生まれ、エラーの原因になります。洗濯物の許容量を確認し、適切な量の洗濯物を入れるようにしましょう

 

洗濯ネットに洗濯物を詰め込み過ぎた場合も、洗濯機が回らない原因になります。洗濯ネットが重くなることで洗濯槽内の偏りが生まれるため、注意しましょう。洗濯物の許容量を超えるのであれば、複数回に分けて洗濯をする方法がおすすめです。

洗濯機の設置面が床に対して水平でないと洗濯槽内に傾きができて、エラー表示がされるようになります。洗濯物を入れ過ぎていないのに回らないときは、洗濯機の設置場所を確認することも大切です。

洗濯機内に異物が入ると、内蔵コンピューターが検知して自動的に停止されます。ポケットなどに、ヘアピンやカードなどが入っていませんか?

 

洗濯機には、うっかり洗濯物以外の異物を混入させてしまうことがあるので注意が必要です。異物が混入することで、洗濯機が故障する原因にもなります。

給水・排水が正常にできない状態にあると、洗濯機は回らなくなります。例えば、給水栓がきちんと開いていない場合、洗濯がスタートしてすぐにエラー表示が出ます

 

また、排水口にゴミクズが溜まり、排水ができなくなると洗濯機は自動的に停止します。給水栓や排水口の確認も必要になります。

洗濯方法が洗濯機が回らない原因ではなかった場合、洗濯機そのものに原因がある可能性が高いです。ここでは、洗濯機の部品である駆動ベルトとパルセーターについて解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ドラム式洗濯機にありがちなのが、駆動ベルトが劣化しているパターンです。駆動ベルトは、ドラムを回す際に必要な箇所です。

 

駆動ベルトが劣化することでドラムが正常に回らなくなり、エラー表示が出ます。洗濯中の様子を見て、ドラムの回りが悪くなっているようなら、駆動ベルトに原因があるかもしれません。

縦型洗濯機の場合は、パルセーターの劣化により洗濯機が回らなくなることがあります。パルセーターとは、洗濯槽の底にある回転式の羽です。パルセーターが回ることで、水流と撹拌が行われ、洗濯物の汚れを取ります。

 

洗濯機の心臓部となるため、パルセーターに不具合が出ると作動が停止されます。また、パルセーターに異物が挟まっているときも洗濯機が回らなくなるため、確認を怠らないようにしましょう。

洗濯機が回らない状態になった場合は、どのような対処を行えばいいのでしょうか。基本的な対処法についてまとめました。原因に合わせた対処法を取り入れる事で、洗濯機を再び使えるようにしていきましょう。

洗濯物を入れ過ぎている場合は、量を変えてください。詰め込み過ぎず、適量を守ることが洗濯機を正常に作動させるためには必要となります。

 

また、洗濯ネットに洗濯物を入れ過ぎているときも、量を減らすようにしましょう。複数回に分けて洗濯をすることで、通常通りに洗濯機を動かせるようになります。

洗濯機の設置面が床に対して水平になっていないときは、設置位置を変えましょう。洗濯機は重いので、設置位置を変えるときは2人以上で行なってください。1人で行うと怪我や転倒の原因になります。設置面を確認し、水平にすることができれば完了です。

給水栓が閉まったままだと、エラー表示が出て洗濯機が回らない状態になります。洗濯機を作動させた直後にエラーが出たら、給水栓を確認しましょう。給水栓は中途半端に開いた状態でも洗濯機は回らないので、きちんと開くようにしてください

排水口にゴミクズが詰まっていると、排水ができず洗濯機が回らなくなります。排水口のゴミは臭いの原因にもなるため、定期的に掃除するのがおすすめです。

 

1〜2ヶ月に1回を目安に掃除を行うようにしましょう。排水口を掃除するときは、漏電を防ぐため必ず電源を抜きます。水漏れをする可能性があるため、給水栓も閉めておきましょう。

 

排水トラップや排水フタを取り外したら、重曹1カップを排水口に振りかけます。続いて、クエン酸大さじ2を重曹の上に振りかけてください。ぬるま湯1カップを重曹とクエン酸にかけ、30分放置します。30分後、水で重曹とクエン酸を流したら完了です。

洗濯機の部品の劣化などといった、洗濯機そのものに不調がある場合の対処方法です。洗濯機そのものが原因の場合は、劣化を確認することはできますが、修理をする際には業者に依頼しなければなりません。

洗濯槽の底にあるパルセーターの確認を行います。パルセーターを取り付けているネジをドライバで外し、全体をチェックしましょう。パルセーターの下にヘアピンなどの異物が入っていたら、取り除いてください。パルセーター本体が故障しているときは修理が必要になります。

洗濯機が正常に回らない場合、焦げ臭くなることがあります。異物が混入し、摩擦が起きる事で臭いが発生している可能性が考えられるため、取り除きましょう。

 

また、異物が入っていないのに臭いがするときは、洗濯機のベルトやクラッチが故障して臭いを発生していることも考えられます。

洗濯機の部品の劣化の場合は、部品を交換しなければなりません。部品の交換や洗濯機の修理は素人ができることではないので業者にお願いをします。自分で修理をしようとしてしまうと、故障が悪化するだけでなく、保証制度が効かなくなる可能性があるので注意が必要です。

 

また、修理代や部品の交換代よりも新しい洗濯機を購入した方が安く済むことがあります。保証期限内での修理なら無料であることがほとんどですが、有料の場合は下取りや買い替えの方が安く済む可能性があるので、新しい洗濯機を購入することも視野に入れて検討してください。

回らない洗濯機を処分するときの方法は複数通りあります。代表的な処分方法についてチェックし、買い替えと同時にきちんと洗濯機の処分を行うようにしましょう。

業者にお願いをしても明確に故障原因がわからないことも。その場合は使用している洗濯機が「寿命」を迎えている可能性もあります。洗濯機の寿命は5〜10年程度です。5年以上同じ洗濯機を使用している場合は寿命の可能性が高いので、修理ではなく買い替えを検討するのがおすすめです。

古い洗濯機を購入した家電量販店と同じ店で新しい洗濯機を購入すると、無料で洗濯機を引き取ってもらえます。新しい洗濯機を購入する際には、古い洗濯機を引き取ってもらえるか確認をしてください。

 

洗濯機は家電リサイクル法の対象商品です。できるだけ正規の家電量販店で引き取ってもらうようにしてください。また、廃品回収業者でも引き取りが可能です。しかし、廃品回収業者を利用する場合は認可を受けているかどうかも確認をしてください。

市町村区の指定引取所で処分する場合は、郵便局でリサイクル券を購入します。指定引取所へ持って行き、リサイクル券と引き換えに洗濯機を渡しましょう。

量販店などに引き取ってもらう以外にも市町村区の指定取引所で処分をすることもできます。指定取引所で処分を依頼する場合は、郵便局で有料のリサイクル券を購入しなければなりません。リサイクル券を購入したら指定取引所へ持って行き、リサイクル券と引き換えに洗濯機を渡します

 

指定取引所でも処分は可能ですが、一般的な洗濯機の処分方法は新品を購入した量販店もしくはその洗濯機を購入した量販店に引き取ってもらう方法です。指定取引所を利用するのには有料のリサイクル券も必要になるので、買い換える場合は特に量販店で引き取ってもらう方法がおすすめです。

ハイアール

JW-C45A-K

価格:16,800円 (税込)

スピードモードやシワ軽減モードなどを備えた高機能洗濯機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルかつ高機能な洗濯機として人気を集めているモデルです。最短10分のスピードモードや、脱水の力を抑えることでシワを軽減するモードなど、充実の機能を備えています。

メーカー
ハイアール(Haier)
商品名
JW-C45A-K
タイプ
全自動洗濯機
洗濯容量
4kg
風乾燥容量
2kg
標準使用水量(洗濯時)
76L
標準コース目安時間
37分
騒音レベル
40.0 dB~52.0dB
1回あたりのコスト
洗濯時目安:20.8円
寸法・サイズ
幅526×奥行500×高さ888  設置可能防水パン(奥行500) [mm]以上
日立

BD-SG100EL-W

価格:164,000円 (税込)

高度な洗浄能力とシワ防止機能をもつ優秀なドラム式洗濯機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

センターピックドラム洗浄により、頑固な汚れもきちんと落とすことができる優秀なドラム式洗濯機です。風アイロン機能を使用すれば、シワのない綺麗な仕上がりで、アイロン無しで着ることができるのも嬉しいポイントです。

メーカー
日立
商品名
HITACHI BD-SG100EL-W
タイプ
ドラム式洗濯乾燥機
洗濯容量
10.0kg
乾燥容量
6.0kg
乾燥方式
ヒートリサイクル乾燥
標準使用水量(洗濯時)
78L(リットル)
標準コース目安時間(洗濯時/洗濯乾燥時)
45分/165分
騒音レベル
34db~48db
便利機能
センサービッグドラム洗浄/自動おそうじ
1回あたりのコスト
洗濯時目安 22円 洗濯乾燥時目安 41円
寸法・サイズ
630×1050×715 設置可能防水パン(奥行540) [mm]以上

洗濯機が回らないときは、さまざまな原因が考えられます。洗濯物を入れ過ぎていないか、給水栓が閉まっていないか、基本的なところを確認しましょう。故障をしている場合は無理をせず、業者に修理を依頼するか、買い替えを検討してください。