洗濯機の排水口の嫌な臭いの原因は?掃除や予防方法について解説!

洗濯機の排水口の臭いや詰まりにお悩みの方は多いのではないでしょうか。この臭いや詰まりの原因となるのは排水口の汚れです。ここでは、洗濯機の排水口の掃除のポイント、そして汚れの予防には何に気をつければいいのか、徹底解説します。

2021/10/21 更新

洗濯機の排水口の嫌な臭いが気になるという方は多いのではないでしょうか?この嫌な臭いは排水口に汚れが溜まることで発生します。汚れの原因は、髪の毛や服の糸くず、衣服に付着したゴミなどから発生するカビや菌です。

 

掃除をせずにさらに時間が経つとそれがヘドロのような汚れになり、臭いも強くなっていきます。排水口の汚れを放置していると、排水口が詰まってしまうトラブルにもつながるので注意が必要です。

 

ここでは、洗濯機の排水口の掃除方法(意外と簡単!)や臭い対策について解説していきます。定期的な掃除、対策を行うことで排水口の嫌な臭いを防ぐことができるので、ぜひ参考にしてくださいね。

洗濯機の排水口の掃除を怠っていると大きなトラブルにつながることがあります。以降でトラブルの内容について解説しますので、確認して事前にしっかり対策しましょう。

洗濯機が脱水の途中で止まる

洗濯機の排水口が詰まると、脱水の途中で洗濯が止まってしまうことがあります。脱水時に洗濯機内の排水スピードが遅いと、洗濯機のセンサーが排水不良と判断してエラーを出します。

 

排水口が完全に詰まっていなくても、排水の流れが悪いと排水エラーが出る場合もあるので普段のお手入れが重要です。

排水口から水があふれて水浸し

洗濯機の排水口の詰まりによるトラブルで1番やっかいなのは、水があふれ出して床が水浸しになってしまうことです。特にマンションなどの集合住宅の場合、下の階まで浸水しまうと階下の住人に大きな迷惑をかけることになります。

 

防水パンがなく直接床に排水口がある場合は、周囲に水が広がりやすく一旦あふれてしまうと後片付けが大変です。このような事態を引き起こさないために、日ごろから排水口を掃除しておくことが大切です。

ここからは洗濯機の排水口をきれいに掃除するポイントを解説していきます。しっかり掃除して排水口の悪臭・詰まりを防ぎましょう。

事前準備

排水口の掃除を始める前に洗濯機のコンセントを必ず抜いてください。コンセントを差したままだと、洗濯機が故障してしまう可能性があります。感電事故につながる恐れもあるので、念のためにブレーカーを落としておくと安心です。

 

洗濯機へ給水する蛇口も閉めておきましょう。洗濯機を移動する際に、外れて水漏れする恐れがあります。排水口が洗濯機の下にある場合は、先に洗濯機を移動させておくと掃除がしやすくなります。

排水ホースの取り外し方

排水口を掃除するために排水ホースを外します。外す時にホースに溜まっていた水が流れ出ることがあるので、水を受けるためのバケツ・たらいなどを用意しておくことがおすすめです。

 

排水口と排水ホースは、L字型の排水エルボという部品でつながっています。排水エルボと排水ホースは、ホースクリップという器具で固定されていることが多いので、このホースクリップを外してから排水エルボを取り外しましょう。

嫌な臭い・ヌメリにはパイプユニッシュが有効

排水口の嫌な臭い、ヌメリになってしまった汚れにはパイプユニッシュを使った掃除が有効です。

用意するもの

排水口のヌメリや薬剤から手肌を守るために、ゴム手袋を用意してください。また、排水ホースを外した際に、残っていた水が流れてくることもあるので、バケツがあると安心です。他に雑巾、ゴミ袋などを用意しておきましょう。

掃除方法

パイプユニッシュに、酸性タイプの他の洗剤を混ぜないよう充分注意してください。

 

  • 排水ホースを抜きます。出てきた水をバケツで受けます。
  • 排水口に規定量のパイプユニッシュを注ぎ、約30分放置します。
  • 30分後、排水口に水を流してパイプユニッシュをよく流します。
  • 排水口のパーツを順番に戻します。

 

ヘドロ化した頑固な汚れには、パイプユニッシュで掃除することがおすすめです。

刺激が弱い重曹とクエン酸もおすすめ

パイプユニッシュは強力な洗剤なので、抵抗がある方もいることでしょう。その場合、手肌への刺激が弱い重曹とクエン酸を使った掃除もおすすめです。

用意するもの

用意するものは粉末の重曹、そしてクエン酸です。クエン酸がなければご家庭にあるお酢で代用できます。クエン酸用の小さじスプーンと、重曹用の計量カップが必要です。コップとぬるま湯も用意してください。

掃除方法

発生する泡が汚れを浮き上がらせるので、排水口の奥の汚れにも有効です。

 

  • 排水ホースを抜き、排水口のパーツを順番に外します。
  • 排水口に重曹を1カップ振りかけます。
  • クエン酸を小さじ2杯振りかけます。クエン酸がなければお酢を1/2カップ注ぎます。
  • ぬるま湯を1カップ注いで約30分放置します。
  • 30分後、排水口を水で流します。
  • 排水口のパーツを順番に戻します。

 

重曹とクエン酸は消臭効果もあるので、臭い予防にもなります。

排水口の細かいパーツもしっかり掃除する

排水口の細かいパーツにもヌメリ汚れが付いていることがあります。パーツごとに取り外し、きれいに掃除を行いましょう。

用意するもの

細かいパーツの掃除には、使い古した歯ブラシやそのまま捨てられるスポンジを使いましょう。つけ置き洗い用のバケツも用意してください。

掃除方法

細かい箇所にヌメリ汚れが付いているので、細かいところまでよく見て掃除しましょう。

 

  • バケツにぬるま湯を入れてつけ置き洗いをします。お風呂用洗剤を入れておくと効果的です。
  • 取り出したパーツを歯ブラシやスポンジでこすり洗いをします。

 

細かいパーツをきれいにしておくことで、排水口の汚れ予防につながります。

見逃しがちな排水ホースも忘れずに!

見逃しがちですが、排水ホースの中にも汚れが溜まっています。排水ホースを掃除することで排水口の汚れ予防につながるので、一緒に掃除しておくことがおすすめです。

用意するもの

排水ホースに残っている水や掃除した後の水を入れるための、バケツ・たらいを用意しましょう。あとは、サランラップ・輪ゴム・洗濯用洗剤を用意してください。

掃除方法

排水ホースの汚れも臭いの原因になるので、細かいところまでしっかり掃除することが大切です。

 

  • コップ1杯ほどのぬるま湯に適量の洗濯用洗剤を入れます。
  • バケツ・たらいの上で、排水ホースに上記のぬるま湯を注ぎます。
  • 排水ホースの口をサランラップでおおい、輪ゴムで止めます。
  • 排水ホースを上下左右に振って洗剤がホース内に広がるようにします。
  • 洗剤を入れたぬるま湯をバケツに捨てます。

 

排水口と排水ホースはセットで掃除するようにしましょう。

洗濯機の排水口を掃除したくても、洗濯機の真下に排水口があって掃除できない場合があります。そのような時は、かさ上げ台の設置が効果的です。

 

洗濯機と排水口との間にスペースができるので排水口の掃除が可能になり、定期的な掃除が面倒になりません。ただし、設置する際は必ず2人以上で作業するようにしてください。洗濯機を傾けるので、1人だとケガをしてしまう危険があります。

洗濯機の排水口のトラブルは、起きた後の対処では遅いことがほとんどです。定期的な掃除を行いトラブルを予防しましょう。

 

特にドラム式は注意が必要です。ドラム式は少ない水量で洗濯ができて経済的です。しかしその反面、脱水時の水量も少なくなるので排水ホース・排水口に汚れが溜まりやすく、詰まりにつながることがあります。

月に1回は排水口を掃除する

排水口は月に1回は掃除をするのが理想です。もし、月に1回の掃除が難しくても最低でも2ヶ月に1回は行いましょう。定期的な掃除の習慣が付けば、それほど大変なことではありません。

 

2ヶ月以上放置するとどんどん汚れが蓄積され、汚れがヘドロ化します。放置期間が長ければ長いほど掃除が大変になるので注意が必要です。

フィルター・ゴミ取りネットをこまめに掃除する

洗濯槽の内側にあるフィルターやゴミ取りネットをこまめに掃除することで、排水口の汚れを防止することができます。

 

フィルターやゴミ取りネットにゴミが溜まったままだと、それ以上ゴミを入れることができなくなり排水口まで流れて行きます。毎日ゴミを取り除く習慣を付けるといいでしょう。

残り湯での洗濯をしない

お風呂の残り湯で洗濯する方もいますが、おすすめできません。確かに経済的ではありますが、お風呂の水は一晩おくと菌の数が一気に増えます。

 

その水を洗濯に使うことによって排水口へ菌が流れて行き、汚れや臭いの原因になります。どうしても残り湯を使いたい場合はすすぎ回数を1回増やしてください。

床に穴が開いているだけの排水口の場合は排水トラップを取り付けるといいでしょう。この排水トラップは配管の中に水を溜めておく筒状のもので、下水管からの臭いや虫などの侵入を防ぎます。

 

排水口から下水のような臭いがする場合は、この排水トラップを取り付けることをおすすめします。

ここまで紹介してきた方法で排水口を掃除しても、臭いが解消されない、詰まりが直らない場合は専門業者に依頼しましょう。排水口の奥の排水管が詰まっている可能性もあります。

 

専門業者に依頼すれば、徹底的に臭いや詰まりの原因を究明してくれますし、作業を全て任せられる安心感もあります。

洗濯機の排水口の臭いや詰まりを防ぐには、定期的な掃除がとても大切です。特に、詰まりに関しては大きなトラブルにつながることがあります。排水口の掃除は意外と簡単なので、ぜひ家事のルーティンに取り入れ、快適な洗濯機ライフを送りましょう!