洗濯機は業者に頼まずに掃除できる?掃除方法や頻度を解説!

洗濯機の掃除は洗濯機の汚れ・カビ・臭いを防いで洗濯物を清潔にするのに欠かせません。掃除を業者に依頼すれば頑固な汚れも臭いも落ちますが、頑固な汚れ・臭いでなければ、漂白剤などを使って自分で落とすこともできます。そこで、洗濯機掃除や業者選びのポイントを解説します。

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

洗濯機は汚れが気になりにくいこともあり、掃除の習慣がない方もいるでしょう。また、掃除のやり方がわからず面倒という方もいるのではないでしょうか。しかし、汚れたものの洗濯や湿気の発生で、汚れ・カビが付着しやすくなっています。

 

清潔ではない洗濯機による洗濯は、洗濯物の汚れ・臭いの原因となるので、洗濯の効果を高めるには洗濯機の掃除が必要です。洗濯機の掃除を行う業者もありますが、汚れ・臭いが頑固でなければ、自分で掃除することもできます。

 

そこで、自分でできる洗濯機の掃除方法とポイントを紹介します。洗濯機の頑固な汚れ・臭いの掃除を業者に依頼する際のポイントも紹介しているので、自分では落とせない汚れ・臭いを落としたい時にも参考にしてみてください。

洗濯機の掃除は、洗濯物をきれいに洗うことと、洗濯槽のカビを防止するために欠かせません。汗・皮脂汚れや洋服に付いた繊維など、さまざまな汚れの付いた洗濯物を洗濯していけば、洗濯機の中に洗濯物についていた汚れが溜まります。

 

洗剤と柔軟剤の石けんカス・洗濯機に付着したホコリ・水垢などでも洗濯機は汚れます。汚れた洗濯機での洗濯は、洗濯物に石けんカスなどの汚れや嫌な臭いをつける原因になります。

 

また、洗濯後の洗濯槽は湿度が高く、さらに汚れ・ホコリが溜まることが原因となり、カビが発生しやすくなります。洗濯機を掃除して清潔な状態を保つことで、洗濯の効果を高められるでしょう。

洗濯機にはゴミ取りネットやフタの裏など、洗濯槽や表面のように気がつきにくい箇所も汚れているので、細かい箇所や目につきにくい箇所も掃除が必要です。しかし、素人には難しい所まで掃除すると、洗濯機が故障する恐れがあります。

 

そこで、

  1. ゴミ取りネットや洗剤投入口などの細かいパーツ
  2. フタの裏や洗濯パン(洗濯機の下)
  3. 洗濯槽

の3箇所は最低限掃除することを心がけましょう。縦型洗濯機、ドラム式洗濯機ともに、上から順番に掃除することがおすすめです。

最初に、ゴミ取りネット・洗剤投入口を掃除します。ドラム式洗濯機・乾燥機能付き洗濯機の場合、乾燥フィルター・排水フィルターも掃除しましょう。細かいパーツの汚れは洗濯物の汚れが落ちにくくなる、臭いがつくといった原因となることに加え、洗濯機の異常につながる可能性もあるので、下記の手順できれいにすることが大切です。

 

  1. いずれも外せるパーツは外し、ぬるま湯に漬けながら歯ブラシで汚れを落とす
  2. 洗濯機本体の汚れを歯ブラシやキッチンペーパーで落としてから、パーツを取り付け

ゴミ取りネットを掃除する際、ネットに溜まったゴミを捨ててから掃除しましょう。

洗濯機のパーツや洗濯槽だけではなく、フタの裏や・洗濯槽のフチ・洗濯パンといった目につきにくく凹凸のある箇所は、石けんカスやホコリといった汚れが溜まりやすいので、洗濯槽を掃除する前に掃除することが大切です。洗濯パン以外の箇所の汚れは、タオルで拭いたり歯ブラシでこすったりして落とします。

 

見えにくい時はライトで照らしながら掃除すると、隅々まできれいにしやすいです。ドラム式洗濯機は、洗濯槽のパッキンの内側も忘れずに掃除しましょう。洗濯パンは洗濯機がある関係で拭き掃除できる範囲に限界がありますが、下記のようにしてきれいにすることができます。

 

  1. 掃除機をかけられる箇所の汚れを掃除機で取り除きます。
  2. 針金ハンガーを縦に引き伸ばしてひし形に変形させてから、ハンガーにストッキングをかぶせてホコリキャッチャーを作ります。
  3. ホコリキャッチャーを洗濯機の下に入れてホコリや汚れを取り除きます。

ホコリキャッチャーにホコリや汚れがつかない場合、ストッキングをこすってから使うと、静電気でホコリなどがつきやすくなります。

洗濯槽は見た目がきれいでも、洗濯槽の裏側は洗剤・柔軟剤の残りなどの汚れが溜まってカビができやすいです。洗濯機に「槽洗浄コース」があれば、指定の洗剤を用意してボタン1つで洗濯槽の掃除が可能ですが、槽洗浄コースのない洗濯機でもポイントを押さえれば洗濯槽を掃除することができます。

 

洗濯槽の掃除には洗剤が必要なので、洗剤別の掃除方法とあわせて、洗剤ごとの特徴も確認しましょう。

洗濯機の掃除には「塩素系漂白剤」「酸素系漂白剤」「重曹」を使うことができます。縦型洗濯機は基本的にどれも使用できるので、洗剤のメリット・デメリットを把握して好みのものを使うといいでしょう。ただし、洗濯機によっては洗剤が指定されているので、掃除する前に必ず取扱説明書を確認してください。

 

ドラム式洗濯機は、酸素系漂白剤の使用が禁止されていたり、メーカー純正のクリーナーの使用が推奨されていたりすることがあるので、注意深く説明書を確認しましょう。

 

洗剤の種類 塩素系漂白剤 酸素系漂白剤 重曹
メリット 殺菌力が強い

泡などで汚れ やカビを浮かせて落とすので安全・臭いが気になりにくい

人体に害のない物質で安全・消臭効果
デメリット 独特の臭いがある 汚れを落とすのに時間がかかる 頑固な汚れは落ちにくい
注意点 酸素系の洗剤と一緒に使わない・ゴム手袋を着用し、換気をしながら使用する 肌の弱い方や手荒れが心配な方は直接触らない 排水時に詰まりやすいので、水で流せない場合と使用禁止されている洗濯機で使わない
商品例 カビキラー・キッチンハイター・カビハイターなど  オキシクリーン・ワイドハイターなど 国産重曹

早く確実に汚れを落とすなら、下記の流れで塩素系漂白剤を使って洗濯槽を掃除しましょう。

 

  1. 使用量の目安の漂白剤を入れる
  2. 水を満水まで溜める
  3. 標準モードで洗濯機を回す

 

  • 洗濯槽専用ではない塩素系漂白剤を使用する場合、漂白剤の量は水10リットルに対して50ccが目安です。
  • 槽洗浄コースがあれば、槽洗浄コースを使用してください。
  • 洗濯機を回した後に汚れが残っていると感じたら、再度すすぎをしてください。
  • 洗濯槽の汚れが頑固な場合は、洗濯機を回す前に最低2~3時間つけ置きすることをおすすめします。また、ドラム式洗濯機は時々ドラムを回して漂白剤が洗濯槽にまんべんなく行き渡らせることがポイントです。

安全性の高い洗剤を使いたい方は、下記の流れで酸素系漂白剤を使って掃除しましょう。

 

  1. 水、または、お湯を満水まで溜める
  2. 使用量の目安の漂白剤を入れる
  3. 標準コースで10分程洗濯機を回す
  4. 洗濯機を停止して4~6時間程放置する
  5. 汚れやカビが浮いていれば取り除いてから標準コースが終わるまで洗濯機を回す

 

  • 漂白剤の力が発揮されやすい温度は40~50℃ですが、洗濯機によって耐熱温度は異なるので、お湯を使用する際は説明書を確認してください。
  • 洗濯槽の汚れがひどく、酸素系漂白剤で落ちるか心配であれば、「念入りコース」など、頑固な汚れが落ちやすいコースがおすすめです。
  • 洗濯槽の汚れ具合によっては、汚れを落とす働きをする泡が洗濯機からあふれるくらい発生することがあります。水や泡があふれそうになったら、水・泡をすくってあふれ出さないようにしましょう。
  • 最後に洗濯機を回している最中に汚れ・カビが浮いてきたら、洗濯機を停止して汚れを取り除きながら洗濯機を回してください。

安全性が高い重曹を使った掃除方法は以下の通り。基本的には酸素系漂白剤と共通です。

 

  1. 水、または、お湯を満水まで溜める
  2. 1カップ程度の重曹を入れる
  3. 標準コースで10分程洗濯機を回す
  4. 洗濯機を停止して4~6時間程放置する
  5. 汚れやカビが浮いていれば取り除いてから標準コースが終わるまで洗濯機を回す

 

  • 重曹だけでは汚れが落ちなければ、石けんカスや水垢を落とすのにおすすめの「クエン酸」と重曹をあわせて使ってみてください。重曹とクエン酸は3:1の割合で入れます。重曹とクエン酸を混ぜて使う場合、半日~一晩程放置してください。
  • 重曹を入れるタイミングは、洗濯機によって異なります。
ジョンソン

洗濯槽カビキラー

価格:674円 (税込)

洗濯槽の頑固なカビも落とせる塩素系漂白剤

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の成分のおかげで、つけ置きをしなくてもカビ・雑菌を分解できるほど強い洗浄力が特長です。臭いの原因となる雑菌も分解してくれるので、消臭も期待できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ジョンソン
主成分
次亜塩素酸ナトリウム(塩素系)、界面活性剤、水酸化ナトリウム
形状
液体
内容量
55g
用途
縦型洗濯機、ドラム式洗濯機、二層式洗濯機の洗濯槽洗浄(ステンレス・プラスチック両用)※穴のない洗濯槽にも利用可
原産国
日本
グラフィコ

オキシクリーン 1500g

価格:969円 (税込)

「オキシ漬け」で有名な酸素系漂白剤

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オキシクリーンは、お湯に溶けると発生する酸素の泡で汚れを落とします。衣類の洗濯や洗濯機の掃除に限らず、キッチン・お風呂場など家中のさまざまな場所で使えます。染料を脱色しにくいため色柄物にも使用できることと、消臭効果も特長です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
グラフィコ
主成分
過炭酸ナトリウム(酸素系)、炭酸ナトリウム(洗浄補助剤)
形状
粒状※粉末タイプの洗濯槽クリーナーもあります
内容量
1,500g※500gの他、つめかえ用で1,000gと2,000のものもあります
用途
衣類・家中の汚れを落とす
原産国
中国
花王

【大容量】ワイドハイターEXパワー 衣料用漂白剤 液体 本体 1000ml

価格:423円 (税込)

濃縮タイプでワイドハイターの半分の量で使える酸素系漂白剤

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイドハイターEXパワーは、染料を脱色せず白物・色柄物ともに使用しやすい酸素系の衣料用漂白剤です。塩素系のような臭いが気になりにくい酸素系漂白剤ですが、ワイドハイターEXはさわやかな花の香りが特長です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
花王
主成分
過酸化水素(酸素系)、界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、漂白活性化剤
形状
液体
内容量
1,000g
用途
洗濯、落ちにくい汚れの漂白、衣類の除菌
原産国
日本
日本ガーリック

国産重曹東ソー製食品添加物

価格:1,690円 (税込)

食品にも使われる安全性の高い日本製重曹

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食品添加物製造工場の認可を受けた工場で製造された日本製の重曹です。日本ではふくらし粉・コンニャク凝固剤など料理に利用されていることもあり、国産重曹は食品添加物として販売されるほどの高い安全性を誇ります。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
日本ガーリック
主成分
炭酸水素ナトリウム
形状
粉末
内容量
商品による(950g、1kg、4.7kg、5kg、25kg)
用途
料理、掃除、洗濯
原産国
日本

洗濯機の使い方やお手入れの頻度に気をつけると、洗剤を使用した掃除の手間を軽くしながら汚れを落としやすくなるので、使い方と掃除の頻度も覚えておくといいでしょう。

洗濯機の使用頻度によって汚れ具合は異なりますが、カビを発生させないためには1~2ヶ月に一度は洗濯槽を掃除しましょう。ただし、洗濯槽を定期的に掃除していない場合や、既にカビ臭い、カビが発生しているといった場合は、相当なカビ・汚れが溜まっている可能性があります。

 

頑固なカビ・汚れが疑われる場合、洗濯機と洗剤の説明書を確認し、設定されたコースよりも長めに洗濯機を回してみてください。

洗濯機の定期的な掃除で汚れは溜まりにくくなりますが、普段から簡単な手入れをしておくと、洗剤を使った掃除の手間を省くことになります。

 

ゴミ取りネット・洗剤投入口は、洗濯機を使った後に掃除しておくと、洗濯機全体の掃除にスムーズに取りかかれます。洗濯機周辺のホコリを取り除いたら、洗濯機の表面は濡れ雑巾で、洗濯槽内は水に濡らしたスポンジで拭いてください。表面と洗濯槽内を拭いたら乾いた雑巾で水気を拭き取り、乾燥させると普段の手入れは終了です。

洗濯槽のカビの原因は洗濯槽の湿気なので、洗濯槽の乾燥がカビ予防につながります。洗濯が終わった後に洗濯機のフタを閉めたままにしておくと、洗濯槽の中の湿度が高くなるので、洗濯が終わったら洗濯機のフタをしばらく開け、洗濯槽の湿気を飛ばしましょう。

 

洗濯物を濡れたまま洗濯機の中に放置しておくことも洗濯槽の湿気の原因なので、洗濯が済んだ洗濯物は早めに洗濯機から出して干すことも大切です。乾燥機能付きの洗濯機であれば、定期的に乾燥機能を使用して洗濯槽を乾燥させることもおすすめします。

洗濯槽に付着した衣類の汚れは、洗濯機の汚れだけではなく、汗や皮脂が洗濯槽の中にこもって湿度を上げる原因にもなります。洗濯機の汚れ・カビを予防するために、すぐに洗濯しないものは洗濯かごに一時的に置いておきましょう。

 

洗濯機に汚れを溜まりにくくするために、汚れがひどいものは洗濯機で洗う前に下洗いすることをおすすめします。

洗濯槽のカビは、湿度だけではなく洗剤や柔軟剤の残りカスによっても発生します。洗剤・柔軟剤は、大量に使用しても汚れを落としたり洗濯物を柔らかく仕上げたりする効果が強まるわけではありません。

 

パッケージに記載の量で、洗剤・柔軟剤は効果を発揮します。記載以上の量の洗剤・柔軟剤を使用しても、水に溶けきらずにカビの原因となるカスが残るだけなので、メーカー推奨の量を守ってカビ予防しましょう。

洗濯機には手の届かない箇所もあるので、洗剤を使って掃除をしても汚れや臭いを落としきれないことがあります。念入りに掃除しても汚れ・臭いが気になる時は、縦型洗濯機であれば自分で分解することができるので、洗濯機を分解して掃除してみましょう。

 

洗濯機を分解して掃除することで隅々まで掃除できるので、洗剤だけでは落とせなかった汚れ・カビが落ちて洗濯の効果が高まることを期待できます。下記は洗濯機の分解方法なので、念入りに掃除する際の参考にしてみてください。

 

  1. 電源プラグを抜き、水道のコックを閉じ、配管を外してから分解作業に入る
  2. 洗濯機左右のネジを外してから、後ろの2つのネジを外す
  3. フタの下にあるパネルと、洗濯機正面のカバーを外す
  4. 洗濯槽底面の回転盤の中央にあるネジを外し、ネジ穴にビスなどを指し込んで回転盤を持ち上げるようにして取り外す
  5. 洗濯槽中央と、外した下にある2つのナットを外し、洗濯槽を取り出す
  6. 洗濯槽上部のナットを外して分解する
  7. 外した部品を水洗いする
  8. 部品の水気を拭きとってから自然乾燥させて元通りにする
  9. 組み立て終わったら、水を満水まで溜めて洗濯機を回して細かいゴミ・カスを洗い流す

 

  • ネジが見えないよう、ネジ部分にカバーがかかった洗濯機もあるので、カバーがかかっていたらマイナスドライバーでカバーを外してからネジを外してください。
  • パネルはネジ式、または、スライド式で固定されています。説明書を確認しながら外していきましょう。
  • カバー手前の洗濯機に引っかかったフックを、ヘラやマイナスドライバーで持ち上げるようにすると、カバーを外せます。
  • 洗濯機の部品は大きいため、風呂場や庭など広くて濡れてもいい場所で掃除しましょう。掃除中は、濡れたり汚れたりしても問題ない服装になることをおすすめします。
  • 部品の汚れはブラシでこすると簡単に落とせますが、落とせない時はお風呂用洗剤をブラシにつけてこすり落としてみてください。

 

ただし、洗濯機の分解は慣れていない方には難しく感じることもあります。間違った方法の分解は故障につながる可能性があり、自分で分解した洗濯機の故障はメーカ保証の対象外です。自分で洗濯機を分解する際は、リスクが伴うことを念頭に置きながら、細心の注意をはらって行いましょう。

洗濯機を分解して掃除すれば、洗剤だけで掃除する以上に汚れや臭いを落とすことができます。しかし、洗濯機を自分で分解して故障させてしまうと、メーカー保証の対象外となるので、洗濯機を自分で分解するのに不安があり、頑固な汚れを落としたい時は業者に掃除を依頼するといいでしょう。

業者は専用洗剤や高圧洗浄などプロならではの道具・技術で掃除してくれるので、汚れ・カビ・臭いの原因となる菌を確実に落としてくれるのが魅力です。ただし、乾燥機能が付いているといった構造が複雑な洗濯機など、機種によっては追加料金がかかるケースがあります。

洗濯機の掃除にかかる費用は業者によって大きく異なります。また、信頼できると感じる業者の方が安心して依頼できるので、業者との相性や対応を確認することも大切です。

洗濯機の掃除費用は洗濯機のタイプと洗浄方法に左右されますが、相場は13,000円~20,000円です。縦型洗濯機とドラム式洗濯機で比較すると、ドラム式洗濯機の方が費用は高い傾向にあります。

 

洗浄方法は、洗濯槽を外して掃除する「完全分解」と、上部のフレームのみを外して掃除する「部分分解」に分かれますが、完全分解の方が掃除の手間も時間もかかる分、部分分解より費用は高くなります。

洗濯機の掃除にかかる料金は、洗濯機のタイプ・洗浄方法だけではなく、人件費や出張費などとあわせて決まります。基本料金以外の費用は、掃除にかかる時間や駐車場代などで変わることから、別途請求となるケースが多いです。

 

見積もりで詳細を確認できないと、想定していた金額と異なるといったトラブルにつながる可能性があるので、お客様のことを考える業者はであれば、何にいくらかかるのか詳しく説明した見積もりを出してくれるでしょう。見積もりや洗浄の進め方などの問い合わせにも親身に対応してくれる業者であれば気持ちよく依頼できるので、選び方のポイントにしてください。

実績豊富な業者であれば、掃除の後に洗濯機に不具合が生じることはほとんどないでしょう。しかし、万が一掃除の最中に家の床や壁を汚されたり傷つけられたりした場合、業者が損害保険に加入していないと、修理の責任を負ってくれないといったトラブルは起こり得ます。

 

そこで、依頼したい業者の損害保険の加入有無を確認しておくと、掃除に関わるトラブルが生じた際も安心です。

洗濯機の掃除は、洗濯機の嫌な臭いを防ぎ洗濯の効果を高めるために欠かせません。日頃から洗濯機に汚れや湿気を残さないことはもちろん、1・2ヶ月に一度は漂白剤や重曹を使った掃除も大切です。

 

洗濯機に頑固なカビ・臭いがついている時は、業者に掃除を依頼する必要があるので、費用を抑えて洗濯機を清潔にするためにも、洗濯機の使い方の見直しと、こまめな掃除を心がけましょう。

関連する記事

洗濯機の嫌な臭いをさっぱり消去!原因別の対処法をご紹介!のサムネイル画像

洗濯機の嫌な臭いをさっぱり消去!原因別の対処法をご紹介!

2021/11/03

ドラム式洗濯機をクリーニング!業者への依頼方法とお手入れ方法のサムネイル画像

ドラム式洗濯機をクリーニング!業者への依頼方法とお手入れ方法

2021/10/21

洗濯機の買取相場はどれくらい?年式が重要?高く売るポイントを徹底解説のサムネイル画像

洗濯機の買取相場はどれくらい?年式が重要?高く売るポイントを徹底解説

2021/10/21

洗濯機の排水トラップの役割や掃除法を解説|おすすめ商品もご紹介のサムネイル画像

洗濯機の排水トラップの役割や掃除法を解説|おすすめ商品もご紹介

2021/10/21

【一人暮らし向け】5㎏の縦型洗濯機おすすめ7選|メーカー別の特徴ものサムネイル画像

【一人暮らし向け】5㎏の縦型洗濯機おすすめ7選|メーカー別の特徴も

2022/03/03