洗濯機専用水栓でなくても部品の取り付けで簡単に洗濯機専用にできる!

洗濯機専用水栓は、給水ホースをワンタッチで接続でき、便利で安心です。専用水栓でなくても、洗濯機専用部品(ニップル)を取り付けるだけでワンタッチ接続が可能になります。既存水栓に適合するニップルがあれば、交換は簡単。洗濯機をより安心して使用できるようになります。

2021/10/21 更新

普段、洗濯機の給水ホースは水栓(蛇口)とつなぎっ放しなので、水栓に目を向けることがほとんどない人も多いのではないでしょうか。今使っている水栓を洗濯機専用水栓に交換したり、水栓に専用部品(ニップル)を取り付けたりすることで水漏れの危険性を減らせます。

 

2020年3月の内閣府「消費動向調査」によると、洗濯機の平均使用年数は10.2年となっています。水栓の寿命も約10年とされているので、洗濯機の買い替えの際には水栓の交換を検討してみてはいかがでしょうか。また、水栓の位置によっては、新しい洗濯機が設置できない可能性もあります。買い替えや引っ越しの際には水栓の位置にも注意する必要があります

 

この記事では、洗濯機の水栓の正しい使い方や水栓の部品(ニップル)の取り付け方法などについてまとめています。この記事を参考に、洗濯機の水栓のメンテナンスや交換について検討してみてください

洗濯機の設置場所の大きさと水栓の位置によって、設置できる洗濯機のサイズは決まってきます。近年、洗濯機のバリエーションは増えていて、サイズも以前よりも大きな機種が登場してきています。洗濯機の買い替えや引っ越しの際に、「水栓の位置が数センチ違っていれば設置できるのに」といったこともあるようです

 

洗濯機の買い替えや引っ越しの際には、洗濯機のサイズ・洗濯機の設置場所の大きさ・水栓の位置を事前に確認する必要があります

同じ洗濯・脱水容量でもドラム式は縦型より大きめ

同じような洗濯・脱水容量の場合、縦型洗濯機よりもドラム式洗濯機のサイズが大きくて設置に困ることがあるようです。下記は一例ですが、パナソニックの縦型洗濯機の洗濯・脱水容量が10kgのものとドラム式洗濯機の容量11kgのものを比較すると、ドラム式の奥行が約100mm、幅が40mm大きくなっています。

 

洗濯機置き場での100mmや40mmの違いは大きいので、水栓の位置の関係でドラム式洗濯機を設置できないことがあるかもしれません。

 

  洗濯・脱水容量 本体寸法(幅×高さ×奥行)(給・排水ホース含む)

縦型洗濯機:NA-FA100H8

10kg

599×1024×618mm
ドラム式洗濯機:NA-VX900BL 11kg 639×1058×722mm

洗濯機の形・サイズによって水栓の高さを変更する必要も

パナソニック(Panasonic)

壁ピタ水栓 CB-L6

価格:5,880円 (税込)

水栓の高さを変えられるストッパー付水栓

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯機置き場の水栓の位置が原因でドラム式洗濯機などの設置ができない場合があります。この「壁ピタ水栓」は、既設の水栓の高さが合わず、洗濯機が設置できない場合に使う水栓です。この水栓に交換するだけで、水栓の位置を高くすることができます。緊急止水機能が付いていて安心で、便利な水栓です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 壁ピタ水栓 CB-L6
機能 自動止水ストッパー

水栓の位置が横なら給水ホースの長さを確認!

水栓の位置が洗濯機の横にある場合、給水ホースの長さが足りないことがあります。洗濯機の買い替えや引っ越しの際には、標準付属の給水ホースや現在使用中のホースの長さを事前に確認しておきましょう。

 

水栓と洗濯機の位置が離れている場合は、長めの給水ホースや延長ホースを別途購入して利用する必要があるかもしれません

洗濯機置き場の水栓は、建物が古い場合は万能ホーム水栓・横水栓などが多いようです。最近の建物やリフォーム済みの建物の場合は、洗濯機専用水栓が設置されていることが多くなっています。洗濯機専用水栓は、洗濯機の給水ホースをワンタッチで接続できるので便利です。

万能ホーム水栓

万能ホーム水栓は、学校の水飲み場などでよく見かける一般的な蛇口です。蛇口の先が360度回転して、水飲みなどもしやすいタイプです。洗濯機用の水栓として使う場合は、蛇口の先の回転するパイプを洗濯機用の部品(ニップル)と交換することをおすすめします

 

万能ホーム水栓に取り付ける洗濯機用のニップルには豊富な選択肢があります。緊急止水機能付のニップルを取り付けることも可能です。

洗濯機用ワンタッチ水栓

最近の住宅の洗濯機置き場には、洗濯機専用の水栓が標準で設置されていることも多いのではないでしょうか。洗濯機用ワンタッチ水栓は、給水ホースをワンタッチで接続するニップル(継ぎ手)を標準で備えています。

 

洗濯機用ワンタッチ水栓があれば、蛇口に4つネジ式のニップルを取り付ける手間は必要ありません。なお、洗濯機用ワンタッチ水栓のニップルを交換できる場合は、緊急止水機能付きニップルと交換することをおすすめします。より安心して洗濯機を利用できるようになります。

洗濯機用ストッパー付水栓

洗濯機用ストッパー付水栓は、緊急止水機能付ニップルを標準で備えている水栓です。給水ホースを接続している時に止水弁が押し上げられて水が流れる仕組みです。給水ホースが突然外れた場合、止水弁が水を止めます。洗濯機の給水ホースをつながないと水は流れないので、洗濯機以外の用途には使えません。

 

4つネジ式のニップルと比べて、洗濯機用ストッパー付水栓はより安全です。ただし、給水ホースが洗濯機から外れることも起こり得ます。その場合にはストッパー付水栓でも水漏れ事故を防ぐことはできません。洗濯後は、水栓を必ず閉めるようにしましょう。

洗濯機用水栓に限らず、水栓は使用期間約10年で不具合が生じやすいと言われています。洗濯機用水栓に水漏れがないかどうか、普段から気を付けることをおすすめします。もし、水栓から水漏れがあったら、水栓の部品交換や水栓自体の交換が必要になります。

ニップルって何?

ニップルとは給水ホースと水栓を接続するための「継ぎ手の部品」のことです。古いタイプだと蛇口のパイプに接続して4カ所ネジ止めをする「4つネジ式ニップル」というものになります。4つネジ式ニップルは、ネジのゆるみによって水漏れしやすいので、「4つネジ式」以外のタイプの洗濯機用ニップルへの交換を検討しましょう

 

洗濯機用ニップルの取り付けは簡単です多くの場合、水栓本体を交換する必要はなく、蛇口の先の部分を洗濯機用ニップルに交換するだけです。万能ホーム水栓の場合は、蛇口を閉めて、蛇口の先のパイプを洗濯機用ニップルに交換するだけです。蛇口の先を取り外し、ニップルを取り付けてスパナでナットを締めるだけで完了です。

ニップルや水栓の交換を検討しよう

水漏れしている部分がニップルの場合、ニップルは簡単に交換することができます。いろいろな水栓のタイプに対応したニップルが販売されているので、スパナを使って交換するだけです。緊急止水機能付ニップルに交換すれば、より安心感が高まります

 

ニップルには樹脂製から金属製までいろいろな種類があり、緊急止水機能付ニップルもあります。水栓のタイプ・サイズに適合するニップルを選びましょう。水栓から水漏れしている場合は水栓の交換が必要ですが、ニップルの交換より難易度は高くなります。水栓本体の交換については、信頼できる水道工事会社に依頼したほうがいいかもしれません

パッキン・シールテープの交換・修理で済む場合も

水漏れの原因によっては、水栓のパッキン(ゴムのリング状の部品)やシールテープなど、安価な部品の交換だけで修理できる場合があります。特に、ニップルのパッキンやニップル本体の交換は適合するサイズを間違えなければ簡単にできます

 

なお、水栓本体の交換は、シールテープの巻き方や水栓の取り付け方などによって水漏れの恐れがあります。水栓の交換は信頼できる水道工事会社にお願いするほうがいいかもしれません。特に、集合住宅で階下に部屋がある場合は、水漏れ事故が起きると他の住戸に大きな迷惑をかけることになってしまいます。水栓の交換は慎重に行う必要があります

カクダイ(KAKUDAI)

洗濯機用ニップル(ストッパーつき) 772-545

価格:1,809円 (税込)

万能ホーム水栓用で水漏れ防止ストッパー付

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万能ホーム水栓に取り付け可能な、水漏れ防止ストッパー付のニップルです。万能ホーム水栓(蛇口)の先のパイプ部分を取り外して、このニップルを取り付けるだけです。給水ホースをワンタッチで接続でき、給水ホースが外れても水は自動で止まります。

 

スペック詳細はこちら

メーカー カクダイ(KAKUDAI) 商品名 洗濯機用ニップル(ストッパーつき) 772-545
適合水栓 呼13の万能ホーム水栓用 機能 水漏れ防止ストッパー
取付ネジサイズ W26山20
SANEI

洗濯機用L型ニップル PY12-40X

価格:1,664円 (税込)

万能ホーム水栓に取り付けるタイプで自動ストップ機能付

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万能ホーム水栓のパイプと交換して取り付けるだけです。自動ストップ機能付で、給水ホースが外れても水漏れ事故を防ぐことができます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー SANEI 商品名 洗濯機用L型ニップル PY12-40X
適合水栓 呼13の万能ホーム水栓用 機能 水漏れ防止ストッパー
取付ネジサイズ W26山20
カクダイ(KAKUDAI)

洗濯機用ニップル(ストッパーつき) 772-540

価格:1,600円 (税込)

2種類の水栓に対応するストッパー付ニップル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万能ホーム水栓とカップリング付横水栓の2種類の水栓に取り付け可能です。水漏れ防止ストッパー付で安心です。万能ホーム水栓はパイプの部分と交換します。カップリング付横水栓の場合もパイプの部分を外して取り付けます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー カクダイ(KAKUDAI) 商品名 洗濯機用ニップル(ストッパーつき) 772-540
適合水栓 呼13の万能ホーム水栓・カップリング付き横水栓用 機能 水漏れ防止ストッパー
取付ネジサイズ W26山20・G1/2
TOTO

緊急止水弁付洗濯機用水栓「ピタットくん」TW11R

価格:3,000円 (税込)

緊急止水弁付で安心な水栓

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

緊急止水弁付で、給水ホースが外れても自動で水が止まるので安心です。既存の水栓との交換になります。水栓の交換作業は、ニップルの交換よりも難易度が高いので、信頼できる水道工事会社に依頼することをおすすめします。

 

スペック詳細はこちら

メーカー TOTO 商品名 緊急止水弁付洗濯機用水栓「ピタットくん」TW11R
機能 緊急止水弁付
LIXIL

緊急止水弁付洗濯機用単水栓 LF-WJ38RHQ

価格:5,488円 (税込)

先端が可動式の洗濯機用水栓

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

緊急止水弁付の洗濯機用水栓です。給水ホースが外れても自動で水がストップします。先端が可動式になっているので、給水ホースを接続する時に角度が調整できるので便利です。水栓の交換作業は、ニップルの交換よりも難易度が高いので、信頼できる水道工事会社に依頼することをおすすめします。

 

 

スペック詳細はこちら

メーカー LIXIL 商品名 緊急止水弁付洗濯機用単水栓 LF-WJ38RHQ
機能 緊急止水弁付

洗濯機の水栓を常時開けていませんか?洗濯機の水栓は、洗濯を始めるときに開けて、洗濯終了後に閉めるのが正しい使い方です。洗濯機の水漏れ事故が起きると、集合住宅の場合は階下の部屋への補償など大変なことになってしまいます。水栓を閉めるだけで大事故を防ぐことができます。

洗濯が終わったら必ず水栓を閉める

洗濯終了後も水栓を開けたままにすることは、水漏れ事故の原因になるだけでなく、洗濯機に水圧の負荷をかけ続けることになります。洗濯機に水圧をかけ続けると、洗濯機の部品の劣化を早めることにつながりかねません。

 

緊急止水機能付のニップルを利用していても、給水ホースが洗濯機から外れた場合は水漏れ事故を防ぐことはできません。外出中・旅行中はもちろん、在宅中であっても洗濯機の前にいないと水漏れには気づきにくいものです。水漏れ事故防止のためにも、洗濯機の故障を起こさないためにも、洗濯終了後は必ず水栓を閉めましょう

緊急止水機能付きニップル・水栓がおすすめ

地震などで、水栓と給水ホースの接続が突然外れても水栓からの水をストップする「緊急止水機能付ニップル」があります。ニップルを交換する場合は、「緊急止水機能付」のものがおすすめです

 

緊急止水機能付ニップルで、すべての水漏れ事故を防ぐことはできませんが、安心感が高まることは確かです。緊急止水機能のないニップルとの価格差も大きくないので、ニップルを交換するのであれば緊急止水機能付ニップルにするのがいいでしょう。

洗濯機と給水ホースの接続が外れることも

水栓と洗濯機の給水ホースを接続するニップルに「緊急止水機能」があったとしても、すべての水漏れ事故は防げません。給水ホースが洗濯機から外れたり、給水ホースが破損したりした場合は、ニップルの緊急止水機能は役に立たず水漏れ事故になってしまいます。

 

時々、給水ホースに破損がないか、洗濯機と給水ホースの接続部分にゆるみがないかを点検することをおすすめします。

洗濯機を置きたい場所に水栓がなく、洗濯機と水栓との距離が大きい場合には、延長用給水ホースで対応できないかどうか検討してみましよう。3~4mの延長ホースが市販されているので、ごく短い距離であれば対応できるかもしれません。

 

もし、延長ホースで対応できないほど蛇口との距離が離れている場合は、水道の配管工事の検討をおすすめします。

SANEI

自動洗濯機給水延長ホース 4メートル PT17-2-4

価格:1,210円 (税込)

簡単に洗濯機の給水ホースを延長

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯機の給水ホースが水栓まで届かない時、この延長ホースによって長さを4m延長することができます。洗濯機につないだ給水ホースとワンタッチで接続するだけなので、取り付けがとても簡単です。なお、延長用なので単独では使用できません。

 

スペック詳細はこちら

メーカー SANEI 商品名 自動洗濯機給水延長ホース 4メートル PT17-2-4

最近の住宅では、洗濯機用水栓を壁に埋め込んだ「埋め込み式水栓」が珍しくないようです。普通の蛇口を埋め込み式水栓に変更することもできますが、壁に穴をあけて工事する必要があります。水栓の交換工事に加えて、壁の穴あけと壁紙の貼り直しなど内装工事が必要になります

 

水栓の交換工事費と内装工事費を合わせると10万円くらいかかる場合もあるようです。埋め込み式水栓にしたい場合は、水道工事会社から見積もりを複数とって検討する必要があります。また、水道工事と内装工事の両方に対応できるリフォーム会社に見積もりをお願いしてもいいでしょう。

緊急止水機能がないニップルを使っている場合は、水栓やニップルを交換することをおすすめします。内閣府の調査では、洗濯機の平均使用年数は約10年だそうです。水栓の寿命も約10年とされています。洗濯機買い替えのタイミングで水栓やニップルの交換を検討してみてはいかがでしょうか