パナソニック HC-VX990M ビデオカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較

3.6
最安値:¥55,700
パナソニック HC-VX990M ビデオカメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、パナソニック HC-VX990M ビデオカメラがどんな人におすすめなのか評価しました。

HC-VX990Mのショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

パナソニック HC-VX990Mの商品情報

パナソニック HC-VX990Mの基本スペック

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 4K ビデオカメラ VX990M 64GB あとから補正 ホワイト HC-VX990M-W

価格:49,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニック HC-VX990MのSDカード

コンビニマート

SANDISK SDXC 128GB EXTREME PROシリーズ 95MB/s(633倍速)class10 UHS-1 BOX SDSDXPA-128G-G46[cb]

価格:10,776円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HC-VX990Mには、SDスピードクラス CLASS10の性能が必要です。海外品はトラブルの保証が付いていないこともあるので、このサンディスクは保証付きで安心と言えます。

パナソニック HC-VX990Mのケース

パナソニック(Panasonic)

Panasonic ビデオカメラケース 2L ブラック×グレー VW-SCGS5

価格:2,161円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニック製デジタルビデオカメラ専用のソフトケースです。バックタイプではなく手に持つタイプになります。ソフトバックよりも価格が良心的で、おしゃれなデザインになっています。

パナソニック HC-VX990Mのストラップ

パナソニック(Panasonic)

Panasonic ショルダーストラップ グレー VW-SST1-H

価格:1,825円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニック製デジタルビデオカメラ専用のショルダーストラップです。色は、ブラック、グレー、ピンクの3色があります。

パナソニック HC-VX990Mの三脚

パナソニック(Panasonic)

Panasonic 標準三脚 VW-CT45

価格:7,189円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニック製デジタルビデオカメラ標準の三脚です。ズームの時でもブレの少ない、安定した撮影が可能になります。最大148cm・最小52cm、質量1.4kg(3Kg以下)。ソフトケースが付属されています。

パナソニック HC-VX990Mのおすすめポイント

高精細な4K30pと高性能オートフォーカスで美しく撮影できる

HC-VX990Mは、4K30pに対応。高精細な4K画質で、1秒間に30フレームの高精度な撮影を可能にしました。公園や運動会などで子供の元気に走る姿が、高画質でいつまでも美しく記録することができます。

 

また、高性能オートフォーカス機能「4KハイプレシジョンAF」が搭載されているので、難易度の高い4K撮影も快適です。速い動きにも追従してなめらかにオートフォーカスし、高品質で安定性のある4K映像を記録することができます。

4K&広角撮影をあとから補正

HC-VX990Mは、4Kで撮影した映像を、あとからアングル編集・補正をすることが可能です。被写体がフレームアウトしない範囲を、あらかじめ広角で撮影しておくことで、撮影後にキレイな画角で保存できます。

 

この「あとから補正」機能は5つ。新・あとから追っかけ、あとから指で追っかけ、あとからクローズアップ、あとからズーム、あとから手ブレ補正と非常に充実した機能が揃っています。

ネットワーク機能でスマホとの連携が可能

HC-VX990Mは、パナソニックならではのワイヤレスワイプ撮りが可能です。動画を撮影中にWi-Fiを利用して、スマートフォンなどの対応機器で撮影している映像を、液晶モニター上に子画面として表示。リアルタイムでPicture in Pictureの同時撮影ができます。

 

また、パナソニックのスマートフォン用アプリ「Panasonic Image App」で、スマートフォンからの遠隔操作が可能です。リモコンのように、録画ON/OFFやズーム、画質設定設定操作などがおこなえます。

パナソニック HC-VX990Mの徹底レビュー(評価・口コミ)

パナソニック HC-VX990Mの悪い点をレビュー

バッテリー消費が早い

HC-VX990Mの付属バッテリーでの連続撮影可能時間は、約50分です。運動会や学芸会など長時間撮影する場合は、あっという間にバッテリーが切れてしまいそうですね。

 

別売りの対応バッテリー「VW-VBT190-K」の場合、連続撮影可能時間は約1時間40分。「VW-VBT380-K」の場合、連続撮影可能時間が約3時間30分と、付属バッテリーよりも長く使用できます。長時間撮影する予定の場合は、初めからこちらを使用すると安心です。

静止画画素数が非常に小さい

HC-VX990Mはビデオカメラという点で、動画撮影の性能を重視しています。そのため、静止画有効画素数は約829万画素と非常に小さく、一般的なデジタルカメラの方が画質は良いと言えます。

 

特に、トリミングをすると画質が劣化するので、トリミングなどの画像編集をしたい人にはHC-VX990Mはおすすめできません。

ズーム力はフルHD機より劣る

4K対応ビデオカメラは全体的にズーム倍率が低く、HC-VX990Mのズームも20倍ズームとフルHD機より少々劣る倍率です。画質と倍率を維持を考えると、本体が重くなってしまうため、実用水準の20倍程度になっています。

 

これに反して、デジタルズームは40倍。画質は劣化しますが、TVと同様の超解像度技術で補っているので、多少画質の向上は期待できるでしょう。

パナソニック HC-VX990Mの良い点をレビュー

重さがたったの約355gと軽量

HC-VX990Mの重量は約355g。4Kモデルの場合、500gを超える商品が多い中HC-VX990Mは最軽量モデルとなっています。一般的なデジタルカメラくらいの重さなので、首から下げて携帯するのも負担にならず、女性でも手軽に使うことができます。

 

長時間腕をあげて撮影しても疲れにくく、「三脚はいらなかった」という声も見られます。

コストパフォーマンスも4Kの中では一番

HC-VX990Mの価格は約5万円。SONYやCANONは基本価格が高く、PanasonicもHC-VX990M以上のモデルは6万円前後です。4Kモデルの中ではHC-VX990Mは、一番コストパフォーマンスに優れた商品と言えます。

 

良心的な価格ですが、フルHDモデルよりも画質はかなり綺麗。「4K撮影がこの値段は素晴らしい!」「価格以上の価値あり!」という声が多数。

手ブレ自動補正機能で手持ち撮影が快適に

HC-VX990Mは、「5軸ハイブリッド手ブレ補正」機能を搭載。回転軸・左右・上下・縦回転・水平回転の5軸方向の手ブレを自動補正してくれます。

 

さらに、自動で手ブレ補正の強度をコントロールしてくれるので、手持ちの撮影が快適におこなえます。撮影するシーンや好みに合わせて、手動でも補正強度を調整することも可能です。

パナソニック HC-VX990Mの口コミを集めました

使用用途は主に娘(幼稚園児)の行事や家族旅行で。 三脚や一脚は、ほぼ使用しない。 プロ並みの丁寧さで撮るつもりは無く、手持ちで撮れる範囲内で撮る。 手ブレ補正が充分に高性能だから家族や親戚に見せる程度なら全く問題ないと思う。

出典:https://kakaku.com

軽量な上に手ブレ補正機能が充実しているため、ビデオカメラ初心者でも難なく使いこなせるようです。三脚は、長時間撮りっぱなしのような撮影があれば、購入を検討してもいいかもしれませんね。

テニス動画を撮って画像編集して見ています。画質は満足です。 ただし、もう少しワイドに撮れればベストなのですが。そこが少し残念かな 追加で、ワイドレンズを購入します。

出典:https://www.amazon.co.jp

HC-VX990Mの広角は30.8mmです。もっと広い画角で撮影したい場合は、ワイドコンバージョンレンズ「VW-W4907H-K」が別に発売されています。こちらを使用すると広角は約22mmとなり、より近距離からでも広々と撮影することができます。

4Kのわりに価格が安かったので決めましたが、スマホからリモート操作ができて、満足しています。

出典:https://kakaku.com

HC-VX990Mは、Wi-Fi接続が可能なことも評価が高いです。スマートフォンのリモート操作はもちろん、スマホで撮影してあとから転送・合成するのも便利ですね。

本体が軽いので、ズームボタンを操作するとぶれやすい感じがします。 というか、慣れないとズームボタンの操作が難しい感じがします。

出典:https://kakaku.com

HC-VX990Mの重量は約355gと、4Kモデルで最軽量と言われ「軽くて使いやすい!」という声が多数出ています。その一方で、軽過ぎてブレやすいという声も。手ブレ補正機能が搭載されていますから、そこでカバーできると良いですね。

単純にイベントを記録するだけなら手軽でいいかもしれませんが、周りの雰囲気までは到底記録することはできず、静止画を趣味にしている人には到底耐えられない画質だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

悪い点のレビューでも挙げた通り、静止画の画質に関してはあまり期待できません。綺麗な静止画を取りたい場合は、一般的なデジタルカメラで撮影することをおすすめします。

4K 撮影がこの値段なら文句なしです。編集も良し、スマホとの相性も良し。コスパ最高のカメラだと思います。GPS記録が無いのは残念! しかしながら、それ以上の価値があると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

HC-VX990Mのコストパフォーマンスは、非常に好評です。細かいところでの改善点はあるものの、4K撮影対応のデジタルカメラでこの価格は素晴らしいと言えますね。

赤ちゃん見守りようとして購入 赤外線撮影が特に便利 夜でもはっきり見えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

HC-VX990Mには、「ナイトモード」という赤外線撮影機能が搭載されているのも特色です。お子さんの寝顔が撮影できたり、暗い場所でも快適に撮影することが可能です。

とても使いやすいビデオカメラでした。操作も簡単ですし、なにより画質が美しい!4Kはもちろん画質を落としても十分キレイです。今月末に使う用事があるので今から楽しみです。

出典:https://www.hikaku.com

軽量な上に操作が簡単なところも、HC-VX990Mは好評です。ビデオカメラ初心者の人でも、あまり抵抗なく使用することができるでしょう。

パナソニック HC-VX990Mの関連商品と比較する

パナソニック HC-VX990MとHC-WX1Mの違い

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 4K ビデオカメラ WX1M 64GB ワイプ撮り あとから補正 ブラック HC-WX1M-K

価格:62,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Panasonic HC-WX1Mは、HC-VX990Mの上位モデルです。HC-WX1Mは2018年5月17日に発売され、その翌月の6月14日にHC-VX990Mが発売されました。いずれも4K撮影に対しており、HC-WX1Mはファインダーを省いたスタンダードモデル、HC-VX990Mは4Kを簡単に撮影できる機能を搭載したエントリーモデルになります。

 

画質はそこまで大差がありません。有効画素数もF値もほぼ同等です。光学ズームは、HC-VX990Mは20倍ですが、HC-WX1Mは24倍。至近距離の撮影は、HC-WX1Mの方が綺麗に撮影することができるでしょう。

 

特徴としては、メインとサブの2つのカメラで同時に2つのシーンを残せる「ワイプ撮り」機能を搭載していること。メインカメラに写っている被写体と一緒に、撮影者も同時に撮影できます。

 

一方で、HC-VX990Mに搭載されている手ぶれ補正機能「アクティブモード(回転補正)」が、HC-WX1Mには搭載されていません。

 

本体重量は約438gと、HC-VX990Mに比べて若干重さはありますが、一般的に4Kモデルのビデオカメラは500gを超えてしまう商品がほとんどですので、こちらも軽量と言えます。

 

HC-WX1Mの価格は6~7万円程度となっており、HC-VX990Mより2万程度高くなっています。4K初心者にはHC-VX990Mの方が、機能性やコストパフォーマンスから考えるとおすすめです。

パナソニック HC-VX990MとHC-VX985Mの違い

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 4K ビデオカメラ VX985M 64GB あとから補正 ブラック HC-VX985M-K

価格:55,480円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Panasonic HC-VX985Mは、HC-VX990Mの下位モデルです。2017年2月16日に発売されました。重量は352gと、HC-VX990Mとほぼ同等です。

 

こちらも、有効画素数やF値、光学ズーム倍率などの仕様に変わりはなく、写真の綺麗さや至近距離撮影など、性能面での差はほとんどありません。

 

ただし、持ち手のベルトデザインがHC-VX990Mは改善されています。軽量な上により持ちやすく進化したものが、HC-VX990Mと言えます。

 

お値段も、HC-VX990Mとほぼ同等またはHC-VX985Mの方が若干高くなっていますから、仕様が同じで持ちやすさを高めたHC-VX990Mの方が人気となっています。

パナソニック HC-VX990MとHC-VX1Mの違い

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 4K ビデオカメラ VX1M 64GB あとから補正 ブラウン HC-VX1M-T

価格:53,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Panasonic HC-VX1Mは、2018年5月17日に発売されたカラーバリエーション豊富なデジタルビデオカメラです。レッド、ホワイト、ブラウンの3色のラインナップとなっています。

 

HC-VX990Mと有効画素数やF値は同じ仕様となっていますが、光学ズームがHC-VX990Mが20倍に対してHC-VX1Mは24倍。HC-VX1Mの方が、画質を劣化させずに拡大できますから、至近距離での撮影をしたい方にはおすすめですね。

 

重量は、HC-VX990Mが約355gに対して、HC-VX1Mは約430g。HC-VX1Mも軽量ですが、より軽量で女性向けなのはやはりHC-VX990Mと言えるでしょう。

パナソニック HC-VX990Mの総合評価

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 4K ビデオカメラ VX990M 64GB あとから補正 ホワイト HC-VX990M-W

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Panasonic HC-VX990M デジタルビデオカメラの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

HC-VX990Mは、4K30pに対応。高性能オートフォーカス機能「4KハイプレシジョンAF」が搭載されている、高画質・高品質の画像記録ができるビデオカメラです。手ぶれ補正機能も充実しており、Wi-Fi経由でスマートフォンとの連携も可能となっています。

 

また、これまでの4Kビデオカメラにはない、重量約355gと軽量化を実現。持ち歩きやすく、長時間の手持ち撮影も負担なく使うことができます。「ビデオカメラの撮影は男性が」というこれまでの概念を覆し、女性でも手軽に運動会やおゆうぎ会などの撮影ができるようになりました。

 

コストパフォーマンスも素晴らしく、4K対応で5万円は他にはなかなかありません。4Kが初めてという方には大満足のビデオカメラと言えるでしょう。

 

4Kを使いこなしている人や更なる性能の良さを求める人は、価格は上がりますが上位モデルを比較検討してみてくださいね。

関連する商品

ビデオカメラの人気商品