パナソニック ビデオカメラ HC-VX990M

最安値:¥75,000
パナソニック HC-VX990M ビデオカメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、パナソニック HC-VX990M ビデオカメラがどんな人におすすめなのか評価しました。

2023/06/01 更新

ランク王編集部

手軽な操作と4K撮影が魅力!思い出記録に最適なビデオカメラ

本商品は、パナソニックより発売されている子供の成長記録に相応しい4K対応のビデオカメラです。手軽に4K撮影を行え、撮ったあとは「あとから補正」でより綺麗に編集することができます。さらに、ワイヤレスでワイプ撮りが行え、スマホからでもしっかりとお子さまの活躍を見られますよ。

加えて、専用アプリを使えば、スマホ上からスマートな操作が可能。リモコンのように扱えるので、操作感がいいビデオカメラをお求めの方におすすめです。これにより、気軽に遠隔操作が行え、結婚式・屋外イベント・スポーツといった幅広いシーンで大活躍します!子供の成長記録だけでなく、どんな場所でも持ち歩いて思い出を残したい方に最適です。

HC-VX990Mの通販サイト比較

Amazon ¥75,000

在庫 : ○

Amazonで詳細を見る
楽天 ¥90,132

在庫 : ○

楽天で詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

この商品が紹介されている記事

Wi-Fi対応ビデオカメラおすすめ17選|パソコンなしでスマホに転送のサムネイル画像

Wi-Fi対応ビデオカメラおすすめ17選|パソコンなしでスマホに転送

2023/10/25

【10分で選べる!】配信用のおすすめカメラ|アクションカメラもご紹介!のサムネイル画像

【10分で選べる!】配信用のおすすめカメラ|アクションカメラもご紹介!

2023/08/10

赤外線機能付きビデオカメラおすすめ9選|夜間撮影でも鮮明に!のサムネイル画像

赤外線機能付きビデオカメラおすすめ9選|夜間撮影でも鮮明に!

2023/08/10

小型もある!クリエイター用のビデオカメラ10選【Webカメラにも】のサムネイル画像

小型もある!クリエイター用のビデオカメラ10選【Webカメラにも】

2023/08/10

この商品と同じメーカーの商品

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。
使用用途は主に娘(幼稚園児)の行事や家族旅行で。 三脚や一脚は、ほぼ使用しない。 プロ並みの丁寧さで撮るつもりは無く、手持ちで撮れる範囲内で撮る。 手ブレ補正が充分に高性能だから家族や親戚に見せる程度なら全く問題ないと思う。

出典: https://kakaku.com

軽量な上に手ブレ補正機能が充実しているため、ビデオカメラ初心者でも難なく使いこなせるようです。三脚は、長時間撮りっぱなしのような撮影があれば、購入を検討してもいいかもしれませんね。
テニス動画を撮って画像編集して見ています。画質は満足です。 ただし、もう少しワイドに撮れればベストなのですが。そこが少し残念かな 追加で、ワイドレンズを購入します。

出典: https://www.amazon.co.jp

HC-VX990Mの広角は30.8mmです。もっと広い画角で撮影したい場合は、ワイドコンバージョンレンズ「VW-W4907H-K」が別に発売されています。こちらを使用すると広角は約22mmとなり、より近距離からでも広々と撮影することができます。
4Kのわりに価格が安かったので決めましたが、スマホからリモート操作ができて、満足しています。

出典: https://kakaku.com

HC-VX990Mは、Wi-Fi接続が可能なことも評価が高いです。スマートフォンのリモート操作はもちろん、スマホで撮影してあとから転送・合成するのも便利ですね。
本体が軽いので、ズームボタンを操作するとぶれやすい感じがします。 というか、慣れないとズームボタンの操作が難しい感じがします。

出典: https://kakaku.com

HC-VX990Mの重量は約355gと、4Kモデルで最軽量と言われ「軽くて使いやすい!」という声が多数出ています。その一方で、軽過ぎてブレやすいという声も。手ブレ補正機能が搭載されていますから、そこでカバーできると良いですね。
単純にイベントを記録するだけなら手軽でいいかもしれませんが、周りの雰囲気までは到底記録することはできず、静止画を趣味にしている人には到底耐えられない画質だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

悪い点のレビューでも挙げた通り、静止画の画質に関してはあまり期待できません。綺麗な静止画を取りたい場合は、一般的なデジタルカメラで撮影することをおすすめします。
4K 撮影がこの値段なら文句なしです。編集も良し、スマホとの相性も良し。コスパ最高のカメラだと思います。GPS記録が無いのは残念! しかしながら、それ以上の価値があると思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

HC-VX990Mのコストパフォーマンスは、非常に好評です。細かいところでの改善点はあるものの、4K撮影対応のデジタルカメラでこの価格は素晴らしいと言えますね。
赤ちゃん見守りようとして購入 赤外線撮影が特に便利 夜でもはっきり見えます。

出典: https://www.amazon.co.jp

HC-VX990Mには、「ナイトモード」という赤外線撮影機能が搭載されているのも特色です。お子さんの寝顔が撮影できたり、暗い場所でも快適に撮影することが可能です。
とても使いやすいビデオカメラでした。操作も簡単ですし、なにより画質が美しい!4Kはもちろん画質を落としても十分キレイです。今月末に使う用事があるので今から楽しみです。

出典: https://www.hikaku.com

軽量な上に操作が簡単なところも、HC-VX990Mは好評です。ビデオカメラ初心者の人でも、あまり抵抗なく使用することができるでしょう。

Panasonic HC-WX1Mは、HC-VX990Mの上位モデルです。HC-WX1Mは2018年5月17日に発売され、その翌月の6月14日にHC-VX990Mが発売されました。いずれも4K撮影に対しており、HC-WX1Mはファインダーを省いたスタンダードモデル、HC-VX990Mは4Kを簡単に撮影できる機能を搭載したエントリーモデルになります。

 

画質はそこまで大差がありません。有効画素数もF値もほぼ同等です。光学ズームは、HC-VX990Mは20倍ですが、HC-WX1Mは24倍。至近距離の撮影は、HC-WX1Mの方が綺麗に撮影することができるでしょう。

 

特徴としては、メインとサブの2つのカメラで同時に2つのシーンを残せる「ワイプ撮り」機能を搭載していること。メインカメラに写っている被写体と一緒に、撮影者も同時に撮影できます。

 

一方で、HC-VX990Mに搭載されている手ぶれ補正機能「アクティブモード(回転補正)」が、HC-WX1Mには搭載されていません。

 

本体重量は約438gと、HC-VX990Mに比べて若干重さはありますが、一般的に4Kモデルのビデオカメラは500gを超えてしまう商品がほとんどですので、こちらも軽量と言えます。

 

HC-WX1Mの価格は6~7万円程度となっており、HC-VX990Mより2万程度高くなっています。4K初心者にはHC-VX990Mの方が、機能性やコストパフォーマンスから考えるとおすすめです。