【徹底解説】デジタルカメラの使い方|ピント・フィルターとは?

コンパクトデジタルカメラは軽量で気軽に持ち運びでき、誰でも簡単に写真を撮れます。ただし、きれいな写真を撮るには、フラッシュやフィルターなどさまざまな機能への理解が必要です。そこで今回は、コンデジの基本的な使い方を解説し、きれいに撮影するコツを徹底解説します。

2021/02/12 更新

旅行や子どもの成長など、大切な思い出はきれいに残しておきたいですよね。そこで、初心者にはコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)がおすすめです。しかし、コンデジは操作が難しいと思っている方もいるのではないでしょうか。

 

実は、コンデジの使い方は初心者でも難しくありません。また、コンデジは持ち運びしやすくどこでも気軽に撮影できます。ただし、常に美しく写真を撮るには正しい構え方を知り、それぞれの状況に適した設定が必要です。

 

そこで今回は、コンデジのメリットや基本的な使い方を解説します。さらに、シーン別のおすすめの撮影方法もご紹介。デジタルカメラできれいな写真を撮りたい方は、ぜひチェックしてください。

デジタルカメラの種類は大きく分けて3つです。それぞれ違う構造や性能を持ち、写真の美しさや撮影の手軽さが異なります。ここでは3種類の特徴を解説しますので、デジタルカメラに対する理解を深めましょう。

コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)

コンパクトデジタルカメラはレンズが固定されているのが特徴です。カラーバリエーションが豊富で安価なモデルが多く、初心者でも気軽に始めることができます。

 

また、コンパクトボディでありながら状況に応じた細かな設定も可能です。ただし、画質は他の2種類には及ばないので、手軽さを重視したい方におすすめします。

デジタル一眼レフカメラ

デジタル一眼レフカメラはレンズから入った光を鏡で反射させ、ファインダーまで届ける仕組みです。ファインダーからは、デジタル化処理のタイムラグがない状態で被写体を確認できます。

 

そのため、シャッターチャンスを逃さず撮影しやすいのがメリットです。重たく大きい上に高価な傾向にありますが、あらゆるシーンで高画質な写真が撮れます。

ミラーレス一眼カメラ

ミラーレス一眼カメラはデジタル一眼レフカメラと同様、レンズ交換式のカメラです。ミラーが入っていないためサイズが小さく、軽いので持ち運びに向いています。

 

レンズを通った情報をデジタル化してから表示するため、瞬間を捉えた撮影には向きません。レンズの種類もデジタル一眼レフカメラより少ないものの、初心者でも使いやすいタイプです。

コンデジは一眼カメラより小さく、バッグの隙間やポケットに収納できます。荷物になりにくく、楽に持ち運べるのが最大のメリットです。

 

また、レンズ交換の手間をかけずにズームできるため、遠くの被写体も素早く撮影できます。簡単な操作で撮影できるので、デジタルカメラを使ったことのない初心者でも安心です。ただし、安価なコンデジはスマホより画質が劣る場合があります。

コンデジは充電式のバッテリーで稼働するため、まずはバッテリーの充電が必要です。専用の充電器にバッテリーをセットしてコンセントに挿すことで充電されます。バッテリーの入ったカメラを、USBケーブルでPCと繋いでも充電可能です。

 

撮影データは少量であればカメラ本体に保存できます。枚数を気にせず撮りたいならメモリーカードを使いましょう。また、撮影した写真には日付が記録されますが、あらかじめカメラ本体で日付の設定が必要です。

準備が完了したら、カメラのスイッチを入れてシャッターボタンを押せば撮影できます。しかし、何も考えずに押すだけではきれいな写真は撮れません。そこで、デジタルカメラで写真をきれいに撮る方法を解説します。

カメラの構え方

カメラが片手で楽に持てる重さであっても、撮影時は両手で持ちましょう。また、姿勢を安定させるために、足を肩幅よりわずかに広い幅で開くのがおすすめです。左手の人差し指でカメラの底面を支え、親指を側面に添えると安定します。

 

右手は親指と中指でカメラを挟み、人差し指をシャッターボタンにかけましょう。さらに、撮影時のブレを防止するために脇を締めるのが基本姿勢です。カメラを縦に持つ場合、右手の使い方は変えずに左手をカメラの上部に添えます。

基本的な使い方

最初に、撮影モードが「AUTO」になっていることを確認しましょう。写真はメインの被写体を中央に配置するのが基本的な構図です。カメラの液晶画面を見ながら、撮りたいものが画面の真ん中に来るようにカメラを構えましょう。

 

さらに、撮影する前に撮影したいもののピント合わせが必要です。シャッターボタンを半分だけ押し込む「半押し」をすればピントが合った合図が出ます。その後、カメラが動かないように注意しながら、シャッターボタンを最後まで押し込めば撮影完了です。

画面の中心にないものにピントを合わせるには

画面の中心以外の場所にメインの被写体を配置したい場合もあるはずです。まずは、ピントを合わせたい被写体を画面の中央に配置し、シャッターボタンを半押しします。ピントが合ったら半押し状態のままでカメラの向きを変えましょう

 

撮りたい構図になったらシャッターボタンを押し込みます。なお、ピントを合わせても、カメラが動きすぎればきれいに撮れません。メインの被写体をくっきり取るには、ピントを合わせてから撮影までに、カメラとの距離を一定に保つのがおすすめです。

フラッシュの使いどきとは

フラッシュは撮影と同時に光を発することで、暗い場所を明るく撮る機能です。夜の屋外や逆光が差す環境で、明るく見やすい写真を撮りたいときに活躍します。ただし、フラッシュは近くにあるものにしか効果が及びません。

 

また、夜に遠くの被写体を撮影するときにフラッシュを使うと、フラッシュを使用しない場合より暗くなり逆効果です。美術館や動物園などフラッシュ禁止の場所もあるので注意しましょう。

アップで撮るなら接写モード

デジタルカメラでは基本的にAUTOモードを使用しますが、あまりに近いものにはピントが合いません。そのため、花や食べ物などの写真を撮るときはモードの変更が必要です。被写体が非常に近いときは、接写(マクロ)モードに設定しましょう。

 

カメラが接写モードになると、画面にチューリップのマークが表示されます。およそ30cm以下の近距離の被写体にピントを合わせたいときにおすすめです。撮影方法はAUTOモード時と変わらず、半押しでピントを合わせてから撮影しましょう。

写真はシャッターの切り方や光の取り入れ方などで、写り方が変わります。さまざまな環境で常にきれいな写真を撮るには、細かな設定変更が必要です。ここからは、デジタルカメラでの撮影結果に影響する3つの要素について解説します。

ISO感度

ISO感度は、カメラが取り込んだ光をどれだけ増幅させるかを表す指標です。例えば、ISO1000に設定して撮影した場合、ISO500で撮影したときに比べて明るさが2倍の写真を撮れます。

 

ISO感度は高ければいいとは限らず、撮影場所の明るさに応じた調整が必要です。通常はデジタルカメラが撮影のたびに、自動でISO感度を調整します。

F値(絞り)

デジタルカメラには光の量を調節する絞り羽根が付いています。F(絞り)値とは絞り羽根の締まり具合を数値化したものです。

 

絞りを開けるとF値は小さくなり、カメラに多くの光が入ります。例えば、絞り値がF2の時は、F2.8に調節した場合の2倍の光を取り込みます。F値を上げ取り込む光の量を減らすと、輪郭のはっきりした写真が撮れます。

シャッタースピード

シャッターボタンを押すとシャッターが開き、カメラが外の光を取り込みます。シャッタースピードはシャッターの開閉にかかる時間です。

 

シャッタースピードが遅いほど、光を長時間取り込みます。昼間はシャッタースピードが1000分の1秒ほどでもきれいに撮影可能です。しかし、夜間は遅く設定しないと真っ暗な写真になります。

写真はすべてをシャープに撮るわけではなく、敢えてぼかしたい場合があるかもしれません。また、夜景や動く被写体を撮りたい時もあるでしょう。そこで、状況別にきれいな写真を撮る方法を解説します。

背景をぼかしたい

近くにある被写体の輪郭をはっきりさせ、背景をぼかしたい時はマクロモードに設定しましょう。ズーム機能は最も大きく見える状態にします。

 

背景と被写体の距離をできるだけ長く取り、カメラは被写体に近づけて撮影しましょう。さらに、F値を小さく設定したくさんの光を取り込むことで背景がぼけやすくなります。

夜景を撮りたい

夜景の撮影にはフラッシュを使わず、シャッタースピードをできるだけ遅くすることできれいに撮れます。しかし、シャッタースピードが遅いと手ブレのリスクが高まるため、三脚がある場合のみにおすすめです。

 

三脚がなければ、ISO感度を上げると暗い風景も明るく撮れます。手持ちのカメラで設定できる最大のISO感度にしましょう。

動く被写体を撮りたい

子どもの運動会の様子やペットの写真を撮る時は、被写体が動きます。動く被写体をシャープに撮影するには、シャッタースピードをできるだけ速く設定しましょう。

 

ただし、シャッターの開く時間が短いと十分な光を取り込めず、暗い写真になるかもしれません。そこで、F値を下げるかISO感度を上げることで明るい写真が撮れます。

レンズフィルターはカメラのレンズに装着するフィルターです。レンズが傷つくことを防ぎ光の反射を抑えられるほか、色彩表現が豊かになります。そのため、紅葉などの風景写真を鮮やかに撮りたい方におすすめです。

 

通常はデジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラに装着します。しかし、フィルターアダプターを利用すればコンデジにもフィルターの装着が可能です。安価なフィルターアダプターは3,000円以下で購入できます。

コンパクトデジタルカメラを使ったことがない方は、使い方を難しく感じてしまいがちです。しかし、実際に使ってみると簡単に使いこなせます。ぜひコンデジの使い方をマスターして、気軽な撮影を楽しんでください。