【天体望遠鏡】どこまで見える?仕組み・倍率・見え方について詳しくご紹介

「天体望遠鏡を使うとどこまで見えるのか」と疑問に思いませんか。今回は、天体望遠鏡の仕組みや倍率の求め方について紹介します。また、天体によって観測しやすい倍率は異なるため、それぞれの天体に適した倍率や天体の見え方についても解説します。ぜひ参考にしてください。

2022/08/03 更新

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

「天体望遠鏡を使うと一体どこまで見えるのだろう」と疑問に思いませんか?たとえば月の場合、月は肉眼でも見えますが、天体望遠鏡を使うとクレーターや海まで観測が可能になります。普段見られない風景を見られるととてもワクワクしますよね。

 

さらに、天体望遠鏡の倍率を変えると見える天体が変わるだけでなく、同じ天体でもより鮮明に観測ができるのです。天体望遠鏡を選ぶときは、天体をどこまで見たいのかによって選び方が変わってきます。

 

今回は、天体望遠鏡の仕組みや倍率の求め方、について紹介します。さらに、天体によって観測しやすい倍率は異なるため、水星や金星などそれぞれの天体の観測に適した倍率や天体の見え方についても解説します。ぜひ参考にしてください。

天体望遠鏡は、鏡筒・架台・三脚からできています。そのほかにも対物レンズや接眼レンズなど、レンズにも種類があるので、事前に知っておくと設置も簡単です。天体観測に使う天体望遠鏡の仕組みについて知っておきましょう。

 

 

【目次】

天体望遠鏡は、反射鏡や対物レンズが組み込まれている筒状の鏡筒と、望遠鏡を三脚に固定する部分の役割を担っている架台、鏡筒と架台を安定して支えてくれる三脚の3つのパーツから構成されています。ここからは、それぞれのパーツについて詳しく説明します。

鏡筒は、天体望遠鏡の中でもメインとなる、反射鏡や対物レンズが組み込まれている筒状のパーツです。そして、この鏡筒には、対象物を見つけやすい初心者の方におすすめな屈折式と、天体周りの色にじみが少なく観測の質を重視した中~上級者の方向けの反射式の2種類があります。

 

 

【目次】

屈折式天体望遠鏡は、対物レンズを使って光を集めて像を作る仕組みの望遠鏡です。この天体望遠鏡は観測対象の方向に向かって覗くので、目標を見つけやすく、初心者でも簡単に使用できますさらに、鏡筒内の空気の動きが少ないため、視野も広くて像がきれいに見えます。

反射式望遠鏡は、ガラスの表面をメッキした反射鏡を利用して光を集めて、その光を斜鏡で反射させて、さらに接眼レンズで拡大させる望遠鏡です。この望遠鏡は鏡を使っているので、屈折式に比べて天体周りの色のにじみがなくすっきりした視界で観測できます。

鏡筒の底面に凹面鏡を配置して光を集め、副鏡の2枚目の凸面鏡を鏡筒の前面に配置し、屈折式のように鏡筒の底面側から覗いて観測します。ほかの形式に比べて鏡筒の長さが短いので、非常に持ち運びやすいのが特徴です。アウトドアでの天体観測にも適しています。

架台は、天体望遠鏡を支える役割を持ち、天体を追尾するための仕組みを備えています。また、この架台には構造がシンプルで組み立ても簡単な経緯台と、長時間の観測や写真撮影に向いている赤道儀の2種類があります。観測の目的に合わせて選ぶのがおすすめです。

経緯台は、鏡筒を水平と垂直の2方向に動かして視野を移動し天体をとらえる架台です。軽量かつ構造がシンプルで組み立てが簡単なので、初心者の方にもおすすめです。また、モーターが内蔵された電動の経緯台付きの天体望遠鏡も販売されています。

赤道儀は、あらかじめ軸を北極の方向に向けておくと、地球の自転の動きに合わせて天体を追尾できる架台です。天体が移動しても容易に対応できるため、長時間の観測や写真の撮影に適しています。動作は簡単ですが、構造自体が複雑なので上級者の方におすすめです。

三脚は、架台に接続した天体望遠鏡の鏡筒を地面に立てるのに使います。安定しない三脚だと天体望遠鏡がぐらつき危険なのに加え、思うように天体観測や写真撮影ができません。そのため、三脚を購入するときは、価格の安さより安定性のあるものを選ぶようにしましょう。

天体望遠鏡でどこまで見えるかは、倍率と有効径によって変わります。ここからは倍率の求め方や、対物レンズの有効径によって最高倍率が決まってくるなど、知っておくと天体観測が快適になる知識をご紹介します。

 

 

【目次】

天体望遠鏡の倍率は、鏡筒の焦点距離÷接眼レンズの焦点距離で求められます。このとき、焦点距離は屈折式・反射式どちらの望遠鏡でも同じ方法で倍率が計算できます。さらに、接眼レンズの焦点距離は接眼レンズによって変わるので、それぞれに応じて計算しましょう。

 

天体望遠鏡は、倍率が高ければ高いほうが見えやすいと思われがちです。しかし天体望遠鏡の倍率が高くなりすぎると、天体が全く見えないほど視野が暗くなってしまいます。接眼レンズは交換できるので用途に応じて交換しましょう。

有効径は、対物レンズや主鏡の直径で表され、口径ともいわれます。この有効径が大きければ大きいほど多くの光を集められるので、暗い天体の観測や写真撮影も可能です。さらに、有効径が大きければ大きいほど明るく見えるため、より鮮明に観測できます。

天体がぼやけずにはっきりと観測できるギリギリの倍率を、最高倍率と言います。天体望遠鏡で出せる最高倍率は有効径数の2倍までです。あまりにも高倍率で見ようとすると天体望遠鏡は重くなりサイズも大きくなります。持ち運びをしたい場合にはサイズを考えましょう。150倍以上あればだいたいの天体を観測できるので500倍・1,000倍は必要ありません。

土星や木星など宇宙にはさまざまな天体がありますが、観測するにはそれぞれに適した倍率にしないと観測できません。ここからは、天体望遠鏡でそれぞれの天体を観測するためにどれくらいの倍率にすればいいのかについて説明します。

 

 

【目次】

月の全体を観測する場合には、50倍くらいの倍率に合わせるのがちょうどいいです。さらに、月の表面を見たい場合には100倍、クレーターや海を見たい場合には150倍以上にするのがおすすめです。見たい場所によって倍率を調整しましょう。

土星は、100倍くらいで周りの環がはっきりと観測できます。もっと詳しく観測したい場合には、200倍~250倍にしましょう。木星は80倍くらいから縞模様を観測できます。木星本体が明るめなので、300倍くらいでも観測が可能です。

 

金星は、口径が60mmで倍率が70倍~140倍であれば、満ち欠けや大きさの変化が観測できます。さらに、口径が100mmで倍率が140倍以上あれば、先端の光輝や白斑や濃淡まで観測できます。

水星は日の出前、日の入り後のわずかな時間しか観測できない天体なので、他の天体と比べると観測はやや難しいです。水星を観測するときは倍率を100倍以上にしましょう。140倍以上であれば、表面の淡い模様や形の変化も観測できます。

火星を観測する場合は、100倍以上の倍率にしましょう。口径が60mmで倍率が70倍~140倍であり、大接近の時期と重なれば、大シルチスや極冠も観測できます。また、種々の模様も見えやすいです。スケッチする際は150倍以上がおすすめです。

ここまで、天体の観測に最適な倍率について紹介してきましたが、天体望遠鏡を使えば天体だけでなく彗星も観測できます。ここからは天体望遠鏡を使って星団・アンドロメダ銀河・オリオン大星雲などを観測する方法について紹介します。

ほとんどの星団は、50倍以下の倍率で観測が可能となっています。さらに、倍率が150倍~200倍であれば星のかたまりが分離しているのを観測でき、200倍以上であれば、星のかたまりまで鮮明に観測できます。星雲の場合は200倍以上の倍率があれば鮮明に見えます。

アンドロメダ銀河・オリオン大星雲は、20倍~30倍の倍率であれば観測できます。低倍率で観測できるので、初心者の方でも観測が簡単です。さらに、鏡筒のレンズ口径が大きいほど明るく見えるので、観測の際は口径をしっかりとチェックしてください。

自動追尾機能や自動導入機能が搭載されていると、天体が観測しやすくなります。さらに、天体を撮影するときにスマホ撮影に対応しているものだと便利です。ここからは、天体観測をするときに天体望遠鏡にあると便利な機能について紹介します。

自動追尾機能が搭載されているものであれば、一度とらえた天体を望遠鏡が自動で追いかけ続けてくれるので非常に便利です。さらに、自動導入装置が搭載していれば、見たい天体をセットすると自動で向きを変えて探してくれるので、初心者の方や子供でも安心して楽しめます。

天体望遠鏡の中には、スマートフォンと連携して天体撮影ができるものもあります。さらに、スマホ用のカメラアダプターが付属している天体望遠鏡や天体情報を送信できる製品もあるので、カメラを買わなくてもお手持ちのスマートフォンで気軽に天体の写真を撮影できます。

天体望遠鏡で直接太陽を見るのは危険です。もし、太陽を観測したいのであれば太陽投影版を使いましょう。太陽投影版を使って太陽を観測したい場合は、屈折式望遠鏡でないと観測ができないので気をつけてください。

宇宙望遠鏡とは、地球の衛星軌道上などに打ち上げられた天体望遠鏡です。作成費用は莫大にかかりますし、宇宙空間に打ち上げる必要もあるので、設置は困難。しかし、地球の大気に影響されずに観測ができ、宇宙の本当の姿を知るためには必須の望遠鏡です。

 

なかでもハッブル宇宙望遠鏡は、人類史上初めて宇宙空間での観測を可能にした宇宙望遠鏡です。それまでは観測できなかった、数々の発見をもたらしました。ハッブル宇宙望遠鏡以外にも、アメリカやEU、そして日本が宇宙望遠鏡を打ち上げています。今後も多くの宇宙望遠鏡が生まれ、私たちに宇宙の神秘を見せてくれるはずです。

今回は、天体望遠鏡の仕組みやそれぞれの天体を観測するのに最適な倍率について紹介しました。天体望遠鏡は、倍率を上げすぎると暗くなって観測が難しくなるため、それぞれの天体に合った適切な倍率で観測を行いましょう。