【2022年最新】ファインダー付きデジタルカメラのおすすめ3選!役割と魅力について

カメラを楽しむ方にとって「ファインダー」はおなじみです。しかし、デジタルカメラは今や液晶モニターでの撮影が主流で、ファインダーは必要ないものなのでしょうか。改めてファインダーの役割と、ファインダー付きコンデジの魅力について解説します。またファインダー搭載のデジタルカメラのおすすめモデルも紹介します。

2022/07/26 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

カメラに関係する言葉で、よく「ファインダー」の単語を目にするのは多いです。あまりカメラに関心がない方でも、一度は聞いたことがあるかもしれません。フィルム式カメラのころから、おなじみのファインダーとはどんな機構なのか気になります。

 

今は、被写体を液晶画面で見て撮影するのが多くなってきましたが、外の撮影などで液晶画面が見えづらい時に活躍するのがファインダーです。直接ファインダーを覗いて被写体を捉えるのでより鮮明に見えます。

 

そして、ファインダー付きコンデジも魅力的です。改めてファインダーの役割や魅力と、おすすめのファインダー付きデジタルカメラをご紹介します。

ファインダーとはカメラ上部の左の方か中央にある、小さな窓のような部分のことです。

撮影の際にのぞき込むことで、撮りたい写真の構図を確認したり、ピントを合わせたりするときに使います。

 

デジタルカメラでは、シャッタースピードや露出などがファインダーに表示されるため、撮影に必要な情報の確認をすることもできます。

カメラによってさまざまな種類があるファインダーですが、大きく2つに分けられます。一つ目が主に一眼レフカメラに採用されている光学式ファインダー。レンズから光として入ってきた光景をミラーで反射させ、ファインダーに直接届ける仕組みです。

 

目で見たものをそのまま撮影できるのが光学式のメリットで、素早い動体の撮影に向いています。

二つ目が電子式ファインダーで、こちらはミラーレスカメラに採用されるのが多いです。レンズを通った光を電子信号に変換して、映像にしてからファインダーへ映し出します。

 

光を変換するぶん若干タイムラグが発生しますが、ファインダーに届く映像はフィルターなどの設定が反映されたものになるため、写真の仕上がりを確認しながら撮影ができます。

軽くて持ち運びやすいが売りのコンデジには、ファインダーがなく、スマートフォンのように液晶モニターを確認しながら撮影する機種がほとんどです。ファインダーとはフィルム写真のころからの、写真愛好家の方が愛用しているだけのものなのでしょうか。

 

実はファインダーには、これからカメラを本格的にはじめる方にも知っていただきたい、さまざまな魅力があります。

 

旅行やアウトドアで天気のいい日にデジタルカメラの背面モニターで撮影映像を確認しようとしたら、反射して見づらかったいう経験はありませんか?ファインダーで撮影すれば外光の影響が少ないため、しっかり被写体をとらえます。

 

余計な景色が見えないぶん、撮影に集中できますね。ただし、撮影に夢中になりすぎて、周りへの注意がおろそかにならないよう注意してください。

カメラ撮影の際、身体からカメラを離すほど手ブレしやすくなりますが、ここでもファインダーが活躍。ファインダーをのぞきながらの撮影すると、自然と脇がしまり、カメラボディをきちんと支える姿勢がとれます

 

ファインダーを覗き、しっかりと構えると一眼レフはもちろん、コンデジでも手ブレしにくく、安定した撮影ができるのです。

撮影する際、周りが暗い場所では液晶の発光が目立ちます。しかし、ファインダーがあれば周りの人を気にせず撮影できます。

液晶を使った撮影では、画面外の視覚情報が気になってしまい作品撮りに集中できません。一方、ファインダーを覗いた撮影であれば被写体や写真の構図に集中できます。

ファインダーを使って撮影すると身体からカメラが離れにくいのですが、逆をいえば、カメラに密着して撮影しなければなりません。目の高さよりも低い被写体を撮りたい場合、かがんだり腹ばいになったりといった姿勢になります。
 
 
地面に近い場所で撮影したい場合は、液晶モニターの方がいいです。特に液晶モニターを自由に動かせる、バリアングル式のデジカメが便利ですね。

普段眼鏡をかけている方にとって、ファインダーは使いにくそうです。しかし、ファインダー付きデジカメには「視度調整」の便利な機能があるのです。

 

本来は、ファインダーのレンズを動かしてピントを合わせるためのものですが、自分の視力に合わせて調整し、裸眼でもクッキリ見えるようにできるのです。遠くが見えにくい方はマイナス側、近くが見えにくい方はプラス側に視度調整するといいです。

ソニー

DSC-RX100M3

価格:39,730円 (税込)

コンパクトで軽量なRX100モデルに初めて電子ビューファインダーを内蔵

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

1.0型センサー採用の小型軽量なRX100シリーズはモデルチェンジを重ねて現在は新旧7機種がラインナップされ販売されています。RX100M3は三代目となる機種で、価格は最新機種の約半額近くになっていてお買い得感があります。この機種から電子ビューファインダー(EVF)が搭載されるようになり、明るい戸外で液晶モニターが見にくい場面でも構図が決めやすくなりました。動画モードはフルHD(60p)で、最大120fpsのスローモーション撮影が可能。最高連写速度は約10コマ/秒なので一瞬を逃さず捉えることもできます。内蔵ズームの開放F値はF1.8~F2.8と大口径、カバーする画角はフルサイズ判換算で広角24mmから中望遠70mmまでです。
撮像素子 
1型CMOS(裏面照射型)
光学ズーム 
2.9 倍
タッチパネル 
-
GPS機能 
-
4K対応 
-
360度カメラ 
-
タイムラプス 
-
Wi-Fi 
防水性能
-
防塵性能
-
耐衝撃性能
-
カラー
ブラック系

SONYのRX100M3は、高精密有機ELファインダーと大口径レンズを搭載しながら、非常にコンパクトで携帯性に優れたコンパクトデジタルカメラです。ファインダーは展開・収納できるため、使用しない際は収納してコンパクトさを損なわないデザインとなっています。1.0型CMOSセンサーを内蔵しているため、高画質で緻密な撮影が可能です。

パナソニック

DC-TZ90

価格:32,630円 (税込)

24~720mm相当の光学式30倍ズーム内蔵でチルト式液晶モニター採用の小型カメラ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

2016年に発売されたDC-TZ85のバージョンアップ機種で、画素数が約1800万画素から約2100万画素になったこと、液晶モニターが固定型からチルト型の可動式になったこと、撮影可能枚数が最高約320枚から約380枚に増えたことがおもな進化ポイントで、他のカメラ性能はほぼ同じです。なかでもチルト式液晶モニター採用が注目点ですがTZ85もTZ90も電子ビューファインダー(EVF)を内蔵しているので、極端なローアングル/ハイアングル撮影や自撮り撮影をしないのであれば少しでも価格の安いTZ-85を選ぶというのもいいのかも。どちらの機種も連写性能は最高10コマ/秒ですし4K動画もスローもション動画も撮影できます。
撮像素子 
1/2.3型MOS
光学ズーム 
30 倍
タッチパネル 
GPS機能 
-
4K対応 
360度カメラ 
-
タイムラプス 
Wi-Fi 
防水性能
-
防塵性能
-
耐衝撃性能
-
カラー
ブラックシルバー

PanasonicのDC-TZ90はLVFファインダーと180度チルト式のタッチモニター、高倍率な光学ズーム30倍レンズ搭載が特徴です。また、4K/30p動画記録や4K画質で30コマ/秒の高速連写も可能と多機能が魅力です。ただ重量が322gとコンデジの中では若干大きめのボディとなっている点が注意です。

ニコン

COOLPIX A1000SL

価格:30,800円 (税込)

多彩な撮影機能や機構を備えた24~840mm相当の光学35倍ズーム内蔵の高級カメラ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

2019年に発売されたばかりのスタイリッシュな高級コンパクトカメラで最新の撮影機能がたくさん搭載されています。約1600万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用して高感度はISO6400まで設定できます。24mm相当の広角から840mm相当の超望遠までを光学式35倍ズームレンズでカバーして、さらにデジタルズームを使えば最大3360mm相当の超望遠撮影も可能です。シャッタースピード換算で約3段ぶんの補正効果のあるレンズ内光学式手ぶれ補正も備えていますからぶれの少ない望遠撮影もできます。フルHD動画(60p)のほか4K動画(30p)、画像サイズは少し小さくなりますがスローモーション動画撮影もできます。ファインダーは電子ビュー式(EVF)、液晶モニターは上下チルト式で180度回転させて自撮り撮影することも可能です。
撮像素子 
1/2.3型CMOS(裏面照射型)
光学ズーム 
35 倍
タッチパネル 
4K対応 
タイムラプス 
Wi-Fi 
カラー
シルバー

NikonのCOOLPIX A1000は、のぞきこむだけで自動的に撮影モードが切り替わる、アイセンサー付きファインダーを搭載。高倍率な光学ズーム35倍レンズ搭載で、遠くの被写体も楽々撮影できます。一方、センサーサイズ は1/2.3と一般的なスマホと同等のサイズです。画質に拘りたい方であれば他のコンデジを選ぶのをおすすめします。撮影感度が高いため、暗い場所や夜景の撮影にもおすすめのコンデジです。

外付けのファインダーをつけると見た目もよりかっこよく見えます。動く被写体をしっかり捉え、姿勢も整うので手ブレを防ぎ、外の撮影などで液晶が見づらい時にも外付けビューファインダーを付けておけば大いに活躍します。

富士フイルム

FUJIFILM X70用外付け光学ビューファインダー VF-X21

価格:12,949円 (税込)

外付けファインダー

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くて小さめなので外付けしても負担が少なく使用できます。見た目も主張しすぎず、カメラに付けても違和感なく、元のカメラのデザインに馴染みます。外の撮影で液晶画面が見づらい時に外付けファインダーで被写体を捉えることが可能です。ファインダーを使うことでカメラの充電消費も削減できるのでおすすめです。

製品サイズ
‎6.35 x 6.1 x 5.08 cm; 45.36 g
製品重量
‎0,1ポンド
対応OS
‎Not_machine_specific

撮影しようとファインダーをのぞきこんだとき、小さなゴミや汚れがあると気になります。ファインダーについている埃や汚れに気づいたときは、ブロアーやブラシではらうか、クリーニングクロスで拭き取ります。

 

手入れの道具は細かい繊維が出にくい、精密機器用のものを使いましょう。ひどい汚れやセンサーなど内部の汚れの場合は、専門の業者にクリーニングを委託してください。

TYCKA

TYCKA 9点セット カメラクリーニングキット カメラメンテナンス 清掃用品 30mlクリーナー&6枚センサースワブ カメラクリーナーキット 防水袋付き DSLR レンズおよび電子機器用 TK005

価格:2,449円 (税込)
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今まで問題なく撮影できていたのに、急にファインダーがぼやけて見えて焦ってしまったのはありませんか。そんなときはまず、視野調整ボタンで改めてピントを合わせてみましょう。

 

視野調整のズレが原因で、ファインダーがぼやけて見えるのはよくあります。視野調整を行っても直らない場合はカメラの故障も考えられます。

デジタルカメラのファインダーについて、改めて役割や魅力をご紹介してきました。ファインダーは、写真撮影をより豊かにしたり、便利にしたりする強みをもっています。カメラをもっと楽しみたいと考えている方は、ファインダー付きデジタルカメラの導入を検討してください。