パナソニック LUMIX DC-S1R デジタル一眼の評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.64
最安値:¥410,000
パナソニック LUMIX DC-S1R カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、パナソニック LUMIX DC-S1R カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

LUMIX DC-S1R のショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

パナソニック LUMIX DC-S1Rの商品情報

パナソニック LUMIX DC-S1Rの基本スペック

パナソニック(Panasonic)

パナソニック フルサイズ ミラーレス一眼カメラ ルミックス S1R ボディ 4730万画素 ブラック DC-S1R-K

価格:418,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーパナソニック商品名LUMIX DC-S1R
撮像素子35mmフルサイズ(36.0mm×24.0mm)CMOSセンサーシャッタースピード高速(H): 約9コマ/秒(AFS/MF時) / 約6コマ/秒(AFC時)
有効画素数4730万画素記録フォーマットJPEG(DCF/Exif2.31準拠)、RAW(Panasonic独自)、HLG Photo(CTA-2072準拠)
撮影感度100〜25600記録メディアXQDカード /SDメモリーカード / SDHCメモリーカード / SDXCメモリーカード
手ぶれ補正機構連写速度約9コマ/秒
動画記録画素数 4K(3840x2160) 59.94p.サイズ幅 約148.9mm x 高さ 約110mm x 奥行 約96.7mm
重量約1016g(本体、バッテリー、SDメモリーカード1枚含む)、約898g(本体のみ)、 約1696g(DC-S1RM付属レンズ24-105mm、本体、バッテリー、SDメモリーカード1枚含む)レンズキット
その他機能防塵

パナソニック LUMIX DC-S1Rのおすすめポイント

妥協なきプロユース仕様の表現力

有効画素数47.3M フルサイズ CMOSセンサー、独自のヴィーナスエンジンによる絵作りの最適化などにより、被写体を細部まで正確に再現できます。

 

また、4K/60pのスペックを誇る動画記録、用途に合わせたファイルフォーマットなど、LUMIX DC-S1Rは、高精細な映像表現を実現し、動画撮影においてもこのカメラを手に取る人の表現世界を広げる手助けをしてくれることでしょう。

多彩な撮影機能

LUMIXの目指す絵作り思想を表現すべく、LUMIX DC-S1Rは、多くの新機能を備えます。

「AF-ON 近側 遠側 設定」に加え、「HLGフォト」は、HLGに基づいてHDRの静止画を生成する新しい機能で、従来よりもハイライト/シャドウ部のディテール再現性が大幅に向上しています。

プリントでは表現の難しい、光の表現なども再現でき、臨場感のある世界を描くことが可能です。

一瞬を確実に捉える高性能AF

「AF-ON 近側 遠側 設定」により、[近側][遠側]を設定することで、瞬時にAFしたい対象を切り換えることができます。

また、人物認証AF、動物認証AFなども兼ね備えており、高速かつ高い追従性を実現したLUMIX DC-S1Rは、さらなるAF機能の進化を実現しました。

 

パナソニック LUMIX DC-S1Rの徹底レビュー(評価・口コミ)

パナソニック LUMIX DC-S1Rの悪い点をレビュー

AF関連の機能には批判も多い

近側/遠側といった新機能の追加、人体認識AF・動物認識AFの搭載を謳っているLUMIX DC-S1Rではあるものの、一方で、暗い場所での撮影においてはかなり対応に難があるようで、マニュアルでも合わせられないという声も上がっているので要注意です。

バッテリーは予備も携帯すべき

バッテリーについても、少し減りが早いため要注意です。

動画撮影を行う場合は当然のこと、一度に多くの写真撮影を行う場合も、バッテリーは予備を同時に購入した上で、撮影に挑んだほうが安心です。

携帯性は割り切りが必要

重さは、本体のみで重量898gと決して軽くありません。と言うよりは、むしろヘビー級と言えるでしょう。

 

プロユースのカメラとしてアピールされている点から考えると、重量898gは納得のいくものではありますが、長くて重いレンズなどを装着する必要がない場合は、携帯性という点から見るとマイナスになるかもしれません。

パナソニック LUMIX DC-S1Rの良い点をレビュー

堅牢性の高さを体現しているデザイン

無骨なデザインを好まれる方には間違いなくおすすめのデザインです。

堅牢性をそのまま体現したかのようながっしりとした質感の良いデザインは、手に取るたびに充実感を与えてくれることでしょう。

 

また、⼿にしっかりと馴染むグリップ形状、⻑時間の使⽤を考慮したフォルムや重量バランスなど、細かい点でも信頼性が追求されています。

細部までくっきり

有効画素数47.3M フルサイズ CMOSセンサーにより高画素と低ノイズを両立。また、独自のヴィーナスエンジンによる絵作りの最適化により、被写体を細部まで正確に再現できます。

色の再現性については、LUMIX DC-S1Rの最も大きなアピールポイントの一つと言って過言ではないでしょう。

注目すべきAFの新機能

進化した空間認識技術により、あらゆる場面で高性能なAF機能が発揮されます。星空AFでは、独自の制御により微小なコントラストを検出し、星空においてもピントを合わせることができるなど、他の追随を許さないこだわりが感じられます。

 

また、新しい機能として追加された「AF-ON:近側・遠側設定」では、[近側][遠側]をFnボタンに設定することで、瞬時にAFする対象を切り換えることもできます。

揺るぎない手ぶれ補正技術

LUMIX DC-S1Rには、ボディ内手ぶれ補正(B.I.S)がついており、特に静止画における手ぶれ補正は今までのLUMIX製品と比べても信頼感を増しており、「手ぶれ補正に強いパナソニック」というイメージをさらに強固たるものにしています。

パナソニック LUMIX DC-S1Rの口コミを集めました

ネガティブに言えばミラーレス機にしては重いし大きい。

出典:https://www.mapcamera.com

重量から考えても、LUMIX DC-S1Rが大きくて重いことは事実です。 やはりこの点はプロユース仕様ということで割り切るしかなさそうです。

本機以外にフルサイズを所持していないので比較対象が無いんですが少し減りがはやい気がします。

出典:https://review.kakaku.com

バッテリーについては、少し減りが早いようです。 特に、動画撮影はバッテリーの消費がそもそも大きいため、予備のバッテリーをあらかじめ購入しておいたほうが無難です。

暗い場所は本当にダメで、マニュアルでも合わせられません。

出典:https://www.mapcamera.com

AFについての評判です。良い評判もあるのですが、暗い場所での撮影や、そもそも AF全体についていまいちといったコメントも多く見られます。

あえて難点をあげるなら、バッテリーの着脱がやりづらい。

出典:https://review.kakaku.com

ライカSLなどとは異なるギミックとなっているため、バッテリーの着脱については不満の声も上がっていました。操作性・利便性は良いレビューも多いだけに少し残念なポイントです。

キットレンズの24-105 F4を使用していますがとてもシャープに写ります。色再現性が素晴らしく全く文句無いレベルです。

出典:https://review.kakaku.com

画質については、使用するレンズを問わず高評価のようです。特に、色再現性については多くのポジティブなレビューが見受けれらます。

大雨のなか数日テストしてきました。全てびしょ濡れでしたが結果ノートラブルでした。

出典:https://review.kakaku.com

今まで触れてこなかった防水機能については十分のようです。このクラスのカメラを使用するとなると、過酷な条件下での撮影機会も増えることが予想されますが、この信頼感はユーザーにとってもとてもありがたい点でしょう。

カメラ本体の操作ボタン[再生]ボタン、[Q]ボタン、[戻る]ボタン、[消去]ボタン、[DISP.]ボタンがイルミネーション自照式に成っていて、暗い所でも操作がやりやすい。

出典:https://www.mapcamera.com

日本のカメラらしく、操作性・利便性については芸が細かく、ストレスのかからない 使い勝手のよい1台となっているようです。

0.1mm〜1000mmまで任意で選択できる手ぶれ補正は魅力的でアダプタ遊びの母艦としても今後期待できる。

出典:https://www.mapcamera.com

今までの製品においても、手ぶれ補正には高い評判のあったパナソニック。手ぶれ補正の魅力については、数あるレビューの中でも特に評価の高かった項目です。

パナソニック LUMIX DC-S1Rの関連商品と比較する

パナソニック LUMIX DC-S1RとLUMIX DC-S1の違い

パナソニック(Panasonic)

パナソニック フルサイズ ミラーレス一眼カメラ ルミックス S1 ボディ 2420万画素 ブラック DC-S1-K

価格:289,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LUMIX DC-S1Rの発売日は2019年2月、LUMIX DC-S1の発売日も同時発売の2019年2月となります。ここでは、両者の違いについて触れていきます。

 

LUMIX DC-S1の有効画素数は2420万画素となっており、まずこの点が一番の違いと言えます。LUMIX DC-S1が一般向けのスタンダードモデル、LUMIX DC-S1Rが上級者向けのフラッグシップモデルという位置づけと考えて問題ないでしょう。

 

ただし、LUMIX DC-S1のほうが優れているポイントもあるので要注意です。まずは、ISO感度です。LUMIX DC-S1RがISO 100-25600・拡張でISO 50-51200であるのに対して、LUMIX DC-S1はISO 100-51200・拡張でISO 50-204800を実現しており、LUMIX DC-S1のほうが高感度撮影においては、LUMIX DC-S1Rより優れています。

 

また、動画のファイル種類においてもLUMIX DC-S1のほうが選択肢が豊富で、LUMIX DC-S1Rでは対象外となっているMP4 HEVCが追加されており、選択に幅を持たせることが可能です。

 

そして、何より実売価格でLUMIX DC-S1は、LUMIX DC-S1Rより約10万円ほど安く購入することができるため、夕方以降の暗い場所での撮影や、コストを重視するユーザーにとっては、LUMIX DC-S1R以上に魅力的な商品と言えそうです。

パナソニック LUMIX DC-S1RとLUMIX DC-GH5の違い

パナソニック(Panasonic)

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5S ボディ ブラック DC-GH5S-K

価格:225,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ご参考までに、Sシリーズと併行して展開されている「Gシリーズ」についても触れさせていただきます。

 

LUMIX DC-GH5は、2017年3月に発売されたモデルで、ミラーレス一眼として世界初の、4K/60p動画記録が可能なモデルです。

 

その点からも、Sシリーズの購入を検討される方には、選択肢の一つに入ってくる一台です。

 

有効画素数は2033万画素、AF機能などもSシリーズよりはシンプルに構成されておりますが、気軽に持ち歩ける軽量さでありながら、一眼レフカメラ並みの表現力を実現できることが強みとなっているため、LUMIX DC-S1RやLUMIX DC-S1には価格的に手が届かない方や、本格ミラーレス一眼カメラに初めて挑戦するユーザーの皆様には、Sシリーズよりもむしろおすすめの一台となっております。

パナソニック LUMIX DC-S1Rの総合評価

パナソニック(Panasonic)

パナソニック フルサイズ ミラーレス一眼カメラ ルミックス S1R ボディ 4730万画素 ブラック DC-S1R-K

価格:426,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニック LUMIX DC-S1R デジタルカメラの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

プロユース仕様のモデルというだけあり、性能については悪いレビューも少なく、メーカーサイドの本気が窺えるモデルであるといってよいのではないでしょうか。

 

AF機能においては、撮影シーンや他機種との比較において、改善すべき点も少なからずありますが、被写体の再現性や高精細な描写力に関しては、LUMIX DC-S1Rは、欠点の少ないとても満足できる一台と言えそうです。

 

LUMIX DC-S1Rの評価としては、気軽に持ち運びをして撮影を行うためのカメラというよりは、じっくりと撮影に取り掛かりたい人が買うべきカメラと言えそうです。

 

カメラは、廉価なものからプロ仕様の高価なものまで、性能と価格において他の家電以上に選択肢の豊富なジャンルであるため、どのシーンで、どのような写真・動画を自分が撮影したいのかを良く考えたうえで、最適な一台にたどり着いていただけると大変嬉しいです。

関連する商品

デジタル一眼の人気商品