【最新】ビデオカメラ用ライトおすすめ6選|取り付け方法と選び方も

ビデオカメラ用ライトは映像の雰囲気をコントロールしたり綺麗に見せたりできる便利なアイテムです。この記事ではリングタイプ・手持ちタイプなどおすすめのビデオカメラ用ライトを紹介します。また、取り付け方や選び方も解説するのでぜひ参考にしてください。

2021/10/22 更新

簡単に動画の撮影ができるビデオカメラですが、専用のライトがあればより明るくきれいな映像を残せます。特に配信用の映像をきれいに見せたいときに、ビデオライトは重宝する便利なアイテムです。

 

ライトのあるなしで動画の美しさには大きな差がでます。最近は特徴や使い方が異なるさまざまなビデオライトが発売されています。そのため、自分の用途や利用シーンにあわせて使いやすく最適なものを慎重に選ぶ必要があります。

 

この記事ではおすすめのビデオカメラ用ライト6選を紹介します。さらに、ビデオライトの使い方や選び方もくわしく解説するのでぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!ビデオカメラ用ライトのおすすめ6選

ビデオカメラライトを動画撮影の際に使うと、とても美しい映像を撮影できます。そんなビデオカメラライトの主な特徴は下記のとおりです。

 

  • 動画の明るさが足りないところを補う
  • 被写体や画面の色味や質感を調整する
  • 被写体をより立体的に表現する

 

ビデオカメラに搭載されているフラッシュやストロボは、シャッターを切る瞬間に発光します。一方、ビデオカメラライトの定常光は一定の光を出し続けるため、撮影前のライティングをしっかり作り込めるのがポイントです。

「ビデオカメラライトを使ってみたいけれど、どうやって使ったらいいかわからない」という人も多いのではないでしょうか。そんな方のためにビデオカメラライトの使い方を説明します。

ライトを取り付ける前に

ライトを取り付ける前には、使用するビデオカメラの仕様を確認しておくことが重要です。SONYのハンディカムはカメラを取り付ける場所であるシュー規格が2つ混在しているため、下記の商品のような専用のアダプターが必要になります。

 

もし、SONYのハンディカムを使用する場合は必ずチェックしてください。

JJC

MSA-MIS

価格:1,840円 (税込)

SONYのハンディカムシリーズのための変換アダプター

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SONYのハンディカムシリーズのインターフェースシューにスタンダードタイプのシューを取り付けるための変換アダプターです。ビデオカメラライトを取り付ける際などに必要なアイテムです。

ライトの取り付け手順

ビデオカメラライトの取り付けをする際は、必ずビデオカメラライトの電源をOFFにした状態で行ってください。取り付け手順は下記のとおりです。

 

  • ビデオカメラライトの固定つまみを反時計回りに回しきる
  • ビデオカメラライトの裏側にある矢印とビデオカメラにある矢印の向きを合わせる
  • ビデオカメラライトの端子部をビデオカメラの凹部にはめて矢印の方向にスライドさせる
  • 固定つまみがカチッと鳴るまで時計回りに回しきって固定させる
今すぐ見る!ビデオカメラ用ライトのおすすめ6選

ここからはビデオカメラライトの選び方を解説します。ビデオカメラライトを選ぶ際には確認するべきポイントがいくつかありますので、1つ1つしっかりと確認して最適なビデオカメラライトを見つけてください。

シーン別で選ぶ

ビデオカメラライトは利用シーンによって選び方が異なります。自分がどういったシーンで利用するのかを思い返しながら、ぴったりのタイプを見極めてください。

ポートレート撮影ならリングタイプのライトがおすすめ

ポートレート撮影が目的の場合はリングタイプのライトが最適です。リングタイプは価格も安価で、被写体の人物の顔を明るく見せたり肌ツヤをよく見せてくれたりと美肌効果も抜群です。

 

リングタイプは大型タイプ・卓上タイプ・クリップタイプなど種類が豊富なので、自分に合った使いやすい商品を選べます。

アウトドアの撮影にはコンパクトな手持ちタイプがおすすめ

アウトドアシーンなど屋外での利用を想定している場合は、持ち運びがしやすい手持ちタイプがおすすめです。コンパクトで軽量なので快適に持ち運びができます。使い方も簡単なので煩わしさもなく、外出時は手軽に使用ができて便利です。

 

スティックタイプのものが多く広範囲を照らせるため、自然光に近い明るさを演出して撮影ができます。

色温度で選ぶ

色温度は光源の色味を表します。色温度の数字が小さいほど赤い色味になり、数字が大きいほど青い色味になります。赤みが強いと温かみのある印象になり、青みが強いと透明感のある美しい印象を与えられます。

 

色味によって映像の印象が全く異なるため、自身の思い描くイメージに合わせて選んでください。

サイズで選ぶ

ビデオカメラライトのサイズは想定している撮影スタイルに合わせて選んでください。小型タイプは動画配信など座って撮影する方に向いています。中型タイプ以上のものは屋外での使用や全身を映す機会が多い方におすすめです。

 

また、使用中だけではなく持ち運びの手軽さや置き場所も考慮して選ぶことが大切です。

電源タイプで選ぶ

ビデオカメラライトを選ぶ際は電源タイプも要チェックです。電源タイプは「乾電池式」「バッテリー式」「コンセント式」の3タイプに分かれます。それぞれにメリットとデメリットがあるのでしっかり確認してください。

乾電池式

乾電池式は名前のとおり乾電池を利用する電源タイプです。充電の手間がなく手軽に使用できます。コードレスなのでケーブルの煩わしさがなく、使う場所を選びません。持ち運び用としても便利です。

 

ただ、こまめに電池を交換する必要があり、明るさもバッテリー式やコンセント式に比べると少し劣るのがデメリットです。

バッテリー式

バッテリー式はライト本体にバッテリーが内蔵されており、その都度充電して使う電源タイプです。コードがないので使用場所を気にせずに使うことができます。明るさも十分で快適に使用できるうえ、持ち運びにもぴったりです。

 

しかし、バッテリーが切れていると使いたい時にすぐ使えないので、こまめな充電が必要です。

コンセント式

コンセント式はケーブルをコンセントに繋いで使用する電源タイプです。充電や電池交換の手間が不要で、バッテリーを気にせずにいつでも使うことができるので安心です。明るさの強度も強いため、明るさを求める撮影の場合は満足度の高い映像を残せます。

 

しかし、コンセントの近くでないと使えない・ケーブルが煩わしいというデメリットがあります。

ソニー(SONY)

HVL-LEIR1 C

価格:7,980円 (税込)

室内の照明下でも自然な色味でナチュラル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型ながらも十分な明るさを発揮してくれるLEDライトです。室内の照明下でも自然な色味に見せてくれるのでナチュラルに綺麗な動画の撮影が可能です。逆光での撮影も明るく撮影できるので場所やシーンを選ばず快適で便利に使用できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

タイプ クリップオンタイプ 色温度 3,200k
電源タイプ 乾電池式 サイズ 約7.23×8.01×5.04cm
重量 約90g
YONGNUO.

YN360III PRO

価格:12,800円 (税込)

タッチ調整モード搭載で照明モードや明るさ調整も簡単

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タッチ調整モード搭載で照明モードや明るさを簡単に調整できます。10種類の特別な補助照明モードでシーンに合わせた使い方も幅広く対応可能です。カラフルな色味にも対応しているので撮影時だけでなくダンスシーンなどにも活躍してくれます。明るさも十分でアウトドアシーンにも満足なクオリティです。

タイプ 手持ち 色温度 5600K
電源タイプ バッテリー式 サイズ 2.4x4.8x 58.3cm
重量 859.1 g
パナソニック(Panasonic)

VW-LED1-K

価格:10,455円 (税込)

明るさ調整ダイヤル付きで簡単に明るさをコントロール

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

照度も高く広範囲を照らすことができます。中心だけでなくビデオカメラ画面の四隅までしっかりと明るいので自然な明るさを演出することが可能です。消費電力が少ないため電池も長持ちで快適に使用ができます。明るさ調整ダイヤル付きで簡単に明るさをコントロールすることもでき便利です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

タイプ https://panasonic.jp/dvc/p-db/VW-LED1-K_manualdl.html 色温度
電源タイプ 乾電池式 サイズ 6.9 x 5.3 x 11 cm
重量 130 g
OhaYoo

B07T8ZRDDF

価格:2,580円 (税込)

3段階の色味調整が可能でシーンに合わせた雰囲気を演出

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色味の調整が可能なのでシーンに合わせた雰囲気を演出することができます。10段階の調光もできるので場所に合わせた最適な明るさを選ぶことも可能です。コンパクトでも高性能なのでどんな場面でも快適で便利です。美肌効果も強く動画配信用としても最適です。安定感のある三脚付きなので安心して撮影ができます。

タイプ リングタイプ 色温度 5500K
電源タイプ USB給電式 サイズ 27.1x23.7x5cm
重量 660 g
Moman

MOMAN-MFL06

価格:7,499円 (税込)

幅広い色温度調節が可能でどんなシーンの演出もばっちり

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い色温度調節が可能でどんなシーンの演出もばっちりです。ポケットにも入る小型サイズで持ち運びも苦になりません。Type-C USBポートでの充電が可能なため手軽です。高演色性で被写体の本来のリアルな色味を表現できます。耐久性も高いので万が一落としても心配ありません。

タイプ 小型 色温度 3000K-6500K
電源タイプ バッテリー式 サイズ 21.84 x 12.95 x 5.08 cm
重量 500 g
USKEYVISION

UVZL-R

価格:5,999円 (税込)

耐久性も高く高品質で使い勝手も抜群

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色温度も幅広く対応しておりコールド・イエロー・ウォーム照明の3種類の色モード変更が可能でシーンや場所に合わせることができ便利です。耐久性も高く品質もいいので使い勝手抜群です。USBポートを使っての充電なので対応しやすく快適です。取り付けも簡単で煩わしさもありません。

タイプ クリップ式 色温度 2700-6500k
電源タイプ バッテリー式 サイズ 13.2 x 10 x 6 cm
重量 200 g

昔は家庭用のビデオカメラにもライト機能が搭載されているものがありましたが、現在は下記の業務用ビデオカメラしかありません。サイズが大きく持ち運びは大変ですが、撮影できる映像は業務用ならではの迫力とインパクトです。

 

目的に合っており予算が許すなら、このようなライト内蔵のビデオカメラもおすすめです。

Twilight

AG-AC30

価格:266,970円 (税込)

20倍ズームレンズと5軸ハイブリッド手ブレ補正で使い勝手も十分

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タッチパネル対応で操作も簡単です。ライト内蔵で撮影場所やシーンを選びません。20倍ズームレンズ5軸ハイブリッド手ブレ補正で使い勝手も十分です。同時記録メディアに対応したカードのスロット搭載でデータの保存も便利です。業務用なのでサイズが大きく重量も重いのが難点ですが映像の質は抜群です。

有効画素数 光学ズーム 20倍
デジタルズーム 手ぶれ補正
サイズ 2.54 x 2.54 x 2.54 cm 重量 3.33 Kg

ビデオカメラ用のライトはタイプもさまざまで、それぞれ特徴が異なります。どのタイプにもメリット・デメリットがあるので、自分に合うビデオカメラライトを慎重に選んできれいな動画を撮影しましょう!