画角別おすすめ広角WEBカメラ10選!人気メーカーや選び方も紹介!

広角WEBカメラは1度に大人数を映し出すことができ、会議やセミナーで大活躍のアイテムです。ですが、画角が広くても画質が悪い、映像が遅れるなどのマイナス面がある商品もあります。本記事では、後悔しない広角WEBカメラの選び方とおすすめWEBカメラを紹介します。

2021/10/22 更新

WEBカメラでおこなうセミナーや会議では、「画角が狭くて全員で会議に参加できない」「画角が狭くて授業しづらい」などカメラの画角問題はつきものです。全体を写すためにカメラを離すと声が入りにくくなるため、不便との声も聞かれます。

 

そんなWEBカメラを頻繁に使用する方におすすめなのが、広角WEBカメラです。広角WEBカメラなら、大人数での会議だけでなく子どもやペットの見守りにも大活躍します。広角WEBカメラは画角が広いので、部屋に死角ができにくく状況の確認が簡単です。

 

そこで本記事では、広角WEBカメラの賢い選び方や人気のWEBカメラメーカー、おすすめ広角WEBカメラ10選を紹介します。さらに超広角360°WEBカメラ2選も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!画角別広角WEBカメラおすすめ10選

広角WEBカメラは仕事で使用することが多いため、相手にどのように見えているかも大切です。使いやすさだけでなく、見え方にもこだわりたければ、以下の4つのポイントに注目しましょう。

 

 

広角WEBカメラの賢い選び方のポイントを1つずつ解説します。

①使用人数や環境で選ぶ

広角WEBカメラと謳っている商品でも、画角はさまざまです。基本的には画角が90°以上のWEBカメラが広角と言われています。画角は90°~180°、最近では360°の超広角WEBカメラも販売されています。

 

教室やホールを使用したWEBセミナーで、参加者全員の顔が見たいなら、150°以上の広角レンズがおすすめです。会議では90°以上の広角レンズが人気ですが、長テーブルを使用する会議は120~150°など、テーブルのセッティングを考えて画角を決めましょう。

②内蔵マイクの有無で選ぶ

マイクの有無も必ずチェックすべき重要ポイントです。いくら高画質のWEBカメラでもマイクが内蔵されていないと会議では使えません。集音能力もカメラによって異なります。購入前にマイクが何個付いているか、360°の集音力があるのか、前面のみかもチェックしましょう。

 

しかし、広角WEBカメラの目的は会議やセミナーだけではありません。子どもやペットの見守り用で購入する方もいます。その場合、マイク機能は必須ではない場合も。利用目的を考えてマイクの有無を決めましょう。

③画素数&フレームレートで選ぶ

見え方にもこだわりたい方は、画素数とフレームレートもチェックしましょう。この項目が画質と動画のスムーズな動きに欠かせないポイントです。記載方法と確認すべきポイントを解説します。

鮮明さ|画素数

画素数とは、画像のきめ細やかさを決める要素です。100万画素以上に設定されていれば画像もきれいに鮮明に写ります。

 

会議で資料を見せたい時や、商品の色決めや質感を伝えたい時は、より画素数の高い200万画素などの機種を選ぶのがおすすめです。画素数が高いとズームした時の画質の劣化も少ないので、よりリアルに写せます。

動きの滑らかさ|フレームレート

遅延のないスムーズな映像を届けたいならフレームレートを確認しましょう。フレームレートはfpsで記載されており、数字が大きくなるほど動きがスムーズになります。

 

例えば30fpsより60fpsのほうが動きがスムーズです。90fpsになるとさらに滑らかな動きになりカクカクとした映像の遅延がなくなります。エクササイズのような動きのあるセミナーには、fpsの高いカメラがおすすめです。

④最短撮影距離で選ぶ

最短撮影距離をチェックすれば、カメラからどのくらい近い距離でピントを合わせられるか確認できます。最短撮影距離が短いカメラを取り入れると、手元の書類を明瞭に映しやすくなるのが利点です。

 

特にオートフォーカス機能が活用できる製品であれば手軽にピントを合わせやすくなります。カメラや映したい書類を動かす手間を減らしたい方におすすめです。

⑤設置方法で選ぶ

広角WEBカメラの設置方法には、クリップタイプ・スタンドタイプがあります。それぞれのタイプのメリットを解説します。

クリップタイプ

クリップタイプは、ノートパソコンや外付けディスプレイの枠にカメラを挟んで固定します。取り外しや設置が簡単にできるため、オンラインレッスンで手軽に使用したいときにおすすめです。

 

折りたたみタイプを選べば、頻繁に持ち運びする場合も便利です。クリップタイプの多くの機種には、スタンド取り付け用のネジ穴も設けられています。別売りのスタンドを購入すれば、シーンに合わせて取り付け方法を変えられます。

スタンドタイプ

スタンドタイプはノートパソコンやモニターに取り付けるのではなく、テーブルや棚の上に設置して使用するタイプです。置き場所を自由に選べるので、配置をすぐに変更できます。画角を広げたい時は、カメラを後ろにずらせば簡単に画角を広げられます。

 

ただし、パソコンから離れた位置に設置したい場合は、USBケーブルや電源ケーブルの長さ確認が必要です。また角度を下向きにできるタイプを高い位置に置けば、部屋全体を見渡すことができ、子供やペットの見守りにも役立ちます。

【まとめ】シーンに合わせた選び方のポイント

使いたいシーンに合わせた選び方のポイントは以下の表のようになっています。

WEB会議

  • 内蔵マイクの安定性
  • オートフォーカス機能の有無
  • 最短撮影距離

動画配信

  • 高画質かどうか(YouTubeの4K画質に対応しているかなど)
  • 高音質かどうか
  • 画角の広さ

子供やペットの見守り

  • スタンドタイプが便利
  • 通話機能の有無
  • 全指向性マイクかどうか

広角WEBカメラは、有名メーカーからマイナーメーカーまで幅広く参入しています。しかしメーカーによって機種の特徴は少し異なります。ここでは、WEBカメラの人気メーカーを4つ紹介します。

ロジクール(Logicool)

ロジクールの広角WEBカメラは趣味・教育・ビジネス現場に至るまで、幅広く使用されています。30・60・90fpsの3つのフレームレートから選べます。

 

ライブストリーミング専用に開発されたWEBカメラもあるので、広角だけでなく自分にスポットを当てて動画を配信したい方にもおすすめです

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

角度の違うさまざまな広角WEBカメラを最も多く販売しているのが、サンワサプライです。広角に加え、光学ズームが搭載されたWEBカメラにも力を入れています。

 

光学ズームできるので、大人数の参加型セミナーでもピンポイントで焦点を合わせられます。大きな部屋での会議が多い、オフィスにおすすめのメーカーです。

バッファロー(BUFFALO)

バッファーローは、PC周辺機器で安定した人気を誇っています。比較的リーズナブルな機種が多く、WEBカメラ初心者の方でも使いやすいメーカーです。

 

声が伝わりやすいステレオマイクが内蔵されているので、会議でもマンツーマンのレッスンでもスムーズなコミュニケーションが可能です。

エレコム(ELECOM)

画素数の種類に定評があるエレコムは、画質にこだわりたい方におすすめです。100万画素から800万画素の超高画質のWEBカメラまで取り揃えています。

 

さらにエレコムのWEBカメラは1発接続タイプが多いので、ご自分のPCに繋げるだけで、簡単に使用できます。しかしエレコムは90°以上の広角WEBカメラは販売していません。

90°

Logicool(ロジクール)

WEBカメラ BRIO C1000eR

価格:24,200円 (税込)

4K高画質の本格派WEBカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロジクールの広角WEBカメラ、BRIOは4Kの超高画質カメラなので対象全体をきれいに映し出します。4Kだけでなく、1080pや720pなど複数の解像度を選べるため、お好みの画質で撮影可能です。最高画角は90°ですが、画角を78°と65°に狭めることができるので、セミナーや会議のタイプによって使い分けられます。高画質の動画を撮影したい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー  Logicool(ロジクール) 商品名 WEBカメラ C1000eR
有効画素数 800万画素 ビデオ解像度 4K(4096×2160p)
最大フレームレート 90fps 最低照度 -
インターフェース USB マイクタイプ 内蔵
設置タイプ クリップ WindowsHello対応(顔認証)
サイズ・重量 27×102×27mm・63g
サンワダイレクト

WEBカメラ 400-CAM083

価格:12,800円 (税込)

画像ノイズリダクション機能搭載のWEBカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パソコンやモニターの場所が逆光や暗めの部屋で会議をする場合、光加減をコントロールするのは難しいですよね。しかしこの広角WEBカメラには、画像ノイズリダクションと呼ばれる映像の明るさを自動で補正する機能が付いているので、最適な明るさで撮影できます。さらに取り付け方法は据え置き・クリップ・スタンドの3タイプに対応しているので、色んなアングルから撮影可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー  サンワダイレクト 商品名 Webカメラ 400-CAM083
有効画素数 200万画素 ビデオ解像度 1080p
最大フレームレート 30fps 最低照度 0.05Lux
インターフェース USB マイクタイプ 内蔵
設置タイプ クリップ WindowsHello対応(顔認証) -
サイズ・重量 118×37.2×30.8mm・190g
ロジクール

C930eR

価格:12,800円 (税込)

デジタルズーム搭載の広角WEBカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4倍デジタルズームが搭載されたビジネスモデルの広角WEBカメラです。発言者にすぐにピントを合わせられるオートフォーカス機能も付いているため、会議もスムーズにおこなえます。さらに独自のライトテクノロジーによって、わずかな光でも鮮明な映像を映し出せるようになりました。また全方位マイクが2つ搭載されています。声が聞き取りやすいビジネスシーンにおすすめのWEBカメラです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー  logicool(ロジクール) 商品名 WEBカメラ C930eR
有効画素数 300万画素 ビデオ解像度 FHD1080p
最大フレームレート 30fps 最低照度 -
インターフェース USB マイクタイプ 内蔵
設置タイプ クリップ WindowsHello対応(顔認証) -
サイズ・重量 29×94×24mm・162g

120°

バッファロー

BSW500MBK

価格:3,660円 (税込)

プライバシーシャッターで危険を防ぐ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手動で開閉ができるレンズカバーが付いているので、万が一のハッキングや盗撮を防ぐことができます。レンズカバーが付いていると、移動時につきやすい傷からもレンズを守ることが可能です。さらに、専用ソフトウェアと併用して使用すると、監視モードやプレゼンテーション用のビデオを作成できたりと使用の幅が広がります。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー  BUFFALO(バッファロー) 商品名 WEBカメラ BSW500M
有効画素数 200万画素 ビデオ解像度 1080p
最大フレームレート 30fps 最低照度 -
インターフェース USB マイクタイプ 内蔵
設置タイプ クリップ WindowsHello対応(顔認証) -
サイズ・重量 81×51×50mm・110g
サンワサプライ

スピーカーフォン CMS-V47

価格:33,200円 (税込)

本格スピーカー搭載のWEBカメラで音声くっきり

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パソコンにWEBカメラとスピーカーなど複数の機器を付けるとデスク上がスマートに見えません。このWEBカメラにはカメラとマイクだけでなくスピーカーも搭載されているので、1台で3役こなせます。デスクがスッキリ見えるだけでなく、声も大きく聞こえるので会議に集中できます。エコーキャンセリング機能も搭載されているので、ハウリングの心配もありません。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー  サンワサプライ 商品名 スピーカーフォン CMS-V47
有効画素数 200万画素 ビデオ解像度 1080p
最大フレームレート 30fps 最低照度 0.5Lux
インターフェース USB マイクタイプ 内蔵
設置タイプ 据え置き WindowsHello対応(顔認証) -
サイズ・重量 62×62×235mm・476g
Gushen

WEBカメラ GG1

価格:6,399円 (税込)

カメラを360°回転できる

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カメラが360°自由に回転し、パソコンやモニターの後ろ側も撮影できる広角WEBカメラです。周囲だけでなく、上下の角度も変えることができるため、さまざまな角度から撮影できます。しかも画質は1200万画素の超高画質なので、きれいな4K映像を配信できます。しかしカメラの解像度が高くてもZoomやTeamsなどのアプリは、最大1080pまでの解像度にしか対応していないのでご注意ください。

メーカー  Gushen 商品名 WEBカメラ GG1
有効画素数 - ビデオ解像度 4K
最大フレームレート 30fps 最低照度 -
インターフェース USB マイクタイプ 内蔵
設置タイプ クリップ WindowsHello対応(顔認証) -
サイズ・重量 -
バッファロー

BSW500MBK

価格:3,660円 (税込)

広角でも中央部分がはっきりと映りやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広角でも中央部分がはっきりと映りやすいため、真ん中にいる人・書類をよりきれいに映すことが可能です。最大1920×1080p・200万画素と高画質の映像をカメラに映せるのも魅力で、書類などの細かいデータをよりはっきりと映したい方に適します。また繋いですぐ使えるため、複雑な操作をせずに導入しやすく便利に活用可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー  BUFFALO 商品名 BSW500MBK
有効画素数 200万画素 ビデオ解像度 最大1920×1080
最大フレームレート 30fps 最低照度 -
インターフェース USB 2.0 Type-A マイクタイプ 内蔵
設置タイプ 3Wayスタンド WindowsHello対応(顔認証) -
サイズ・重量 80×51×50mm・約110g

150°

サンワサプライ

WEBカメラ CMS-V43

価格:5,535円 (税込)

折り畳みスタンドで角度調整が自由自在

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

WEBカメラをテーブルの上に直接置くと位置が低くなりすぎるため、顔がフレーム内に入らないことがあります。しかしこの機種は折り畳みスタンドの角度を自由に調整できるので、下からのアングルでも、顔を画角に収めることが可能です。また市販の三脚にもセッティングできるので、高い位置からの撮影もできます。状況に合わせてセッティングを変えられるのでとても便利です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー  サンワサプライ 商品名 WEBカメラ CMS-V43
有効画素数 100万画素 ビデオ解像度 1280×720
最大フレームレート 30fps 最低照度 30Lux
インターフェース USB マイクタイプ 内蔵
設置タイプ クリップ WindowsHello対応(顔認証) -
サイズ・重量 115×25×33mm

180°

Jabra(ジャブラ)

WEBカメラ Panacast

価格:84,800円 (税込)

スタイリッシュな超広角WEBカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなデザインと超広角のレンズが魅力のジャブラのWEBカメラです。180°のパノラマビューなので、部屋の隅々まで撮影できます。壁に取り付けられるため、スペースを最大限に活用してセミナーをおこなえます。また狭い会議室を有効活用したい方にもおすすめです。さらにジャブラのスピーカーを併用して使えば、リモートとは思えないほどのリアルな映像と音声で会議できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー  Jabra(ジャブラ) 商品名 WEBカメラ Panacast
有効画素数 - ビデオ解像度 パノラマ4K 3840×1080p
最大フレームレート 30fps 最低照度 -
インターフェース USB-C マイクタイプ 内蔵
設置タイプ 据え置き・壁掛け WindowsHello対応(顔認証) -
サイズ・重量 102×67×20mm・100g
I-O DATA (アイ・オー・データ)

ネットワークカメラ TS-WRFE

価格:15,800円 (税込)

無線LANにも対応した超広角WEBカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

室内の様子を離れた場所からいつでもチェックできるので、ペットや小さなお子様の留守番時に大変便利な広角WEBカメラです。180°のWEBカメラは死角が非常に少ないので、安心ですよね。ズーム機能が付いているので気になる箇所にピントを合わせて確認できます。さらにパトロール機能を使用すれば、設定箇所を自動で監視可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー  I-O DATA (アイ・オー・データ) 商品名 ネットワークカメラ TS-WRFE
有効画素数 300万画素 ビデオ解像度 FHD1080p
最大フレームレート 15fps 最低照度 -
インターフェース WiFi マイクタイプ 内蔵
設置タイプ スタンド・壁掛け WindowsHello対応(顔認証) -
サイズ・重量 41×31×95mm・75g

おすすめの広角カメラの比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5757643の画像

    Logicool(ロジクール)

  • アイテムID:5757644の画像

    サンワダイレクト

  • アイテムID:5757645の画像

    logicool(ロジクール)

  • アイテムID:5757647の画像

    BUFFALO(バッファロー)

  • アイテムID:5757648の画像

    サンワサプライ

  • アイテムID:5757649の画像

    Gushen

  • アイテムID:5757767の画像

    BUFFALO(バッファロー)

  • アイテムID:5757651の画像

    サンワサプライ

  • アイテムID:5757654の画像

    Jabra(ジャブラ)

  • アイテムID:5757655の画像

    I-O DATA (アイ・オー・データ)

  • 商品名
  • WEBカメラ BRIO C1000eR
  • WEBカメラ 400-CAM083
  • WEBカメラ C930eR
  • WEBカメラ BSW500M
  • スピーカーフォン CMS-V47
  • WEBカメラ GG1
  • BSW500MBK
  • WEBカメラ CMS-V43
  • WEBカメラ Panacast
  • ネットワークカメラ TS-WRFE
  • 特徴
  • 4K高画質の本格派WEBカメラ
  • 画像ノイズリダクション機能搭載のWEBカメラ
  • デジタルズーム搭載の広角WEBカメラ
  • プライバシーシャッターで危険を防ぐ
  • 本格スピーカー搭載のWEBカメラで音声くっきり
  • カメラを360°回転できる
  • 広角でも中央部分がはっきりと映りやすい
  • 折り畳みスタンドで角度調整が自由自在
  • スタイリッシュな超広角WEBカメラ
  • 無線LANにも対応した超広角WEBカメラ
  • 価格
  • 24200円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 14996円(税込)
  • 4200円(税込)
  • 33200円(税込)
  • 6399円(税込)
  • 4200円(税込)
  • 5535円(税込)
  • 84800円(税込)
  • 15800円(税込)
  • メーカー
  • Logicool(ロジクール)
  • サンワダイレクト
  • logicool(ロジクール)
  • BUFFALO(バッファロー)
  • サンワサプライ
  • Gushen
  • BUFFALO
  • サンワサプライ
  • Jabra(ジャブラ)
  • I-O DATA (アイ・オー・データ)
  • 商品名
  • WEBカメラ C1000eR
  • Webカメラ 400-CAM083
  • WEBカメラ C930eR
  • WEBカメラ BSW500M
  • スピーカーフォン CMS-V47
  • WEBカメラ GG1
  • BSW500MBK
  • WEBカメラ CMS-V43
  • WEBカメラ Panacast
  • ネットワークカメラ TS-WRFE
  • 有効画素数
  • 800万画素
  • 200万画素
  • 300万画素
  • 200万画素
  • 200万画素
  • -
  • 200万画素
  • 100万画素
  • -
  • 300万画素
  • ビデオ解像度
  • 4K(4096×2160p)
  • 1080p
  • FHD1080p
  • 1080p
  • 1080p
  • 4K
  • 最大1920×1080
  • 1280×720
  • パノラマ4K 3840×1080p
  • FHD1080p
  • 最大フレームレート
  • 90fps
  • 30fps
  • 30fps
  • 30fps
  • 30fps
  • 30fps
  • 30fps
  • 30fps
  • 30fps
  • 15fps
  • 最低照度
  • -
  • 0.05Lux
  • -
  • -
  • 0.5Lux
  • -
  • -
  • 30Lux
  • -
  • -
  • インターフェース
  • USB
  • USB
  • USB
  • USB
  • USB
  • USB
  • USB 2.0 Type-A
  • USB
  • USB-C
  • WiFi
  • マイクタイプ
  • 内蔵
  • 内蔵
  • 内蔵
  • 内蔵
  • 内蔵
  • 内蔵
  • 内蔵
  • 内蔵
  • 内蔵
  • 内蔵
  • 設置タイプ
  • クリップ
  • クリップ
  • クリップ
  • クリップ
  • 据え置き
  • クリップ
  • 3Wayスタンド
  • クリップ
  • 据え置き・壁掛け
  • スタンド・壁掛け
  • WindowsHello対応(顔認証)
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • サイズ・重量
  • 27×102×27mm・63g
  • 118×37.2×30.8mm・190g
  • 29×94×24mm・162g
  • 81×51×50mm・110g
  • 62×62×235mm・476g
  • -
  • 80×51×50mm・約110g
  • 115×25×33mm
  • 102×67×20mm・100g
  • 41×31×95mm・75g
j5create

JVCU360-EJ

価格:16,198円 (税込)

6種類の表示モードで視界が広がる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホストモードや180°モニター、360°モニターなど計6種類の表示ができる超広角WEBカメラです。ケーブルは3mの長めのコードが採用されているので、カメラを会議室の真ん中に設置したい方におすすめです。カメラスタンドの高さは自由に調整できるため、ゲストの身長や椅子の高さに合わせられます。またパソコンとの接続端子は、USB-AとUSB-Cどちらにも対応しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー  j5 create(ジェイ ファイブ クリエイト) 商品名 Webカメラ JVCU360
有効画素数 - ビデオ解像度 FHD1080p
最大フレームレート - 最低照度 -
インターフェース USB・USB-C マイクタイプ 内蔵
設置タイプ スタンド WindowsHello対応(顔認証) -
サイズ・重量 93.5×37×193mm・350 g
Owl Labs

WEBカメラ Meeting Owl Pro MTW200

価格:125,950円 (税込)

発言者に自動フォーカスできるWEBカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このWEBカメラはAIが発言者を見極め、自動でフォーカスするので、会議がとてもスムーズです。しかも参加者が遠い場合は、発言者に自動でズームしてくれます。本体には計8個のマイクが内蔵されているため、小さな発言も逃しにくく生産性の高い会議が可能です。マイクは半径5.5mまで集音できるので、参加者みんなが発言できるミーティングにぴったりの広角WEBカメラです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー  Owl Labs 商品名 Webカメラ Meeting Owl Pro MTW200
有効画素数 - ビデオ解像度 FHD1080p
最大フレームレート - 最低照度 -
インターフェース USB,WiFi接続 マイクタイプ 内蔵
設置タイプ 据え置き WindowsHello対応(顔認証) -
サイズ・重量 176×171×301mm・1.2kg

WEBカメラと合わせて使うと便利なアイテムについて知って導入すれば、WEBカメラに映る映像や再生される音のクオリティを高めやすいです。こちらでは、以下の2つのアイテムについて説明します。

 

  • スピーカーフォン
  • リングライト

スピーカーフォン

スピーカーフォンはWEBカメラにマイクが内蔵されていない場合・内蔵マイクの性能に満足できない場合に取り入れるとマイク機能を充実させられるという特色があります。音質が重要になる動画形式でのプレゼンテーションをWEBカメラを通して行いたい方にもおすすめです。

 

こちらの記事ではスピーカーフォンの選び方などについて説明しているので、ぜひ併せてチェックしてみてください。

リングライト

リングライトは顔周りを明るく見せる照明として活用できるアイテムです。顔の表情をわかりやすくしたり、より明るい印象でカメラに映るようにしたい場合に活躍します。特にYoutubeなどで動画配信をする場合、顔色の明るさや表情の鮮明さは重要になるため、取り入れるのがおすすめです。

 

リングライトについてより詳しく知りたい方はぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

広角レンズを後付けすることで、WEBカメラの画角を手軽に広げられるのがポイントです。こちらでは、おすすめな広角レンズの製品を具体例として紹介します。

サンワダイレクト

広角レンズ 400-CAM081

価格:2,980円 (税込)

挟み込むだけで最大110度まで画角を広げられる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

挟み込むだけで設置でき、最大110度まで画角を広げられるという強みがあります。収納ケース・クリーニング用のクロスも付属しているため、傷を付けずに持ち運びがしやすく、使う時には液晶をきれいにして使えるのがポイントです。日本語の取扱説明書も付属するので、わからない点を確認しながら直感的に使えます。手軽にwebカメラの画角を広げたい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー  サンワダイレクト 商品名 400-CAM081
画角 最大110° サイズ(レンズサイズ) 直径約40×H18.3mm
重量(レンズ) 約34g サイズ(ホルダー) W22×D55×H24mm
重量(ホルダー) 約10g

本記事では、WEBセミナーや会議で便利な広角WEBカメラを紹介しました。広角WEBカメラは使用人数や使用環境、マイクの有無や画素数、さらにフレームレートと設置方法に注目すると快適に使用できます。目的に合った広角WEBカメラを購入しましょう。