水中ライトのおすすめ10選|INONやRGBlueなど有名メーカーもご紹介

水中ライトは暗い海の中を明るく照らすアイテムです。釣り用や水槽用などさまざまな種類がありますが、どれも似ているため商品選びが難しいですよね。そこで本記事では、おすすめの水中ライトをご紹介。用途別の選び方も併せて解説するので、ぜひ参考にしてください。

2021/10/22 更新

水中ライトといえばダイビングで使うイメージが強いですが、夜釣りに使ったり水槽を照らしたりする役割りも果たします。どれも見た目が似ているので商品選びが難しい水中ライトですが、ただ単純に「明るければいい」と思って選んでいませんか。

 

実は水中ライトには、色の明るさだけでなく色温度の違いや用途に適した明るさがあります。特に洞窟ダイビングでは明るさに推奨レベルが決められており、それに達していなければ使用できない場合もあります。

 

今回は、購入に失敗しないための用途に合わせた水中ライトの選び方と、おすすめの水中ライト10選をご紹介します。買い替えを後検討中の方はもちろん、水中ライトを初めて購入する初心者の方も必見です。

今すぐ見る!水中ライトのおすすめ10選

ここからは、水中ライトの使い方・使える場面をご紹介します。活用方法を幅広く知っておくと、便利に使いこなすことができますよ。

ダイビングで周囲を明るく照らす

水中ライトは、ダイビング中の暗い海の中で大活躍します。ダイビングを経験したことある方は体感したことがあるかもしれませんが、海底に近づくにつれて周囲は非常に暗くなります。

 

水中ライトを用いることで、周囲を照らしながら安全に動けるだけでなく、水中生物を観察することができます。ダイビングで活用できる水中ライトは、頭につけるタイプや、手に持つタイプなど、種類はさまざまです。

釣りで魚へ効果的にアピールできる

小型の水中ライトは魚を釣る時の集魚灯としても使用可が能。主に、太刀魚やヒラメなどの光に集まる性質がある魚を釣りたい時に役立ちます。釣りたい魚に合わせて色を切り替えられるものや、点滅モードが搭載されたものなど、種類も豊富です。

水槽を明るく飾る

アクアリウムのように、水槽を明るく飾る目的で使用することもできます。LEDタイプを使えば熱が発生せず、水槽に設置しても温度が変わらないため安心です。インテリアとしても楽しむことができるのは、嬉しいポイントですね。

水中ライトは一見どれも同じように見えますが、その種類はさまざまです。ここでは購入時に抑えておきたい、水中ライトの選び方を解説します。

明るさ(ルーメン)で選ぶ

水中ライトには、さまざまな明るさのものが販売されています。用途に合った明るさの水中ライトを使い分けることで、十分な効果を得ることがでます。

ダイビングは700ルーメン以上あればいい

水中ライトをダイビング目的で使用する方は、700ルーメン程度あると安心です。最低でも500ルーメン以上を目安に探すのがおすすめです。特にナイトダイビングでは、日中よりも水中が暗くなります。

 

光が弱いと安全面でも不安が生じるため、水中ライトの明るさは妥協せずに選びましょう。また、水中ライトは洞窟ダイビングにもおすすめ。洞窟のような暗い中では1,000ルーメン以上が推奨されている場合もあります。推奨されている明るさは、行く場所に合わせて事前に調べておきましょう。

水槽は700ルーメン以下がおすすめ

水中ライトを水槽に設置したい場合は、700ルーメン以下を目安にしましょう。それ以上光が強すぎると、魚が警戒したり刺激を与えてしまったりする可能性があります。また、明るすぎない方ががかえって水槽が映えることも。

 

水槽用の水中ライトは飼っている魚の種類や好みの雰囲気、水槽の様子に合わせて選ぶのがおすすめです。

光の広角で選ぶ

水中ライトの光の広がり方は大きく分けて2種類あります。「ワイド照射」と「スポット照射」です。目的に合わせて選ぶとより効果を得やすいです。

ワイド照射は広く照らせる

ワイド照射は名称通り、広範囲を照らすことができるタイプです。主にダイビングで暗い水中を移動するときに活躍します。また、撮影に使用したい場合もワイド照射がおすすめです。ワイド照射は、照射角が約75〜100°のものを目安に選びましょう。

スポット照射は細かい観察に向いている

スポット照射は、照らせる範囲がワイド照射に比べてやや小さいタイプのこと。水中生物の観察目的で使用する方が多いです。光が1点にまとまって照射されるため、遠くのものを見るときにも役立ちます。

 

また、ダイビングで近づきにくい生物や遠くの岩場をみるときにも活躍します。照射角は約5〜30°が目安です。

目的別に選ぶ

水中ライトは目的に応じて適したタイプを選ぶことが大切です。ダイビング・写真撮影・水槽向け・釣りの4つのシーンに分けて解説します。

ダイビングなら小型ライトやヘッドライト

ダイビング目的で使用する場合は、小型のライトで頭に付けたり固定できたりするタイプが使いやすいです。ナイトダイビングであれば、2種類のライトを持って活用するのもおすすめ。万が一海底で落としてしまったときのために、落としてもわかりやすいようなデザイン・色のライトを選ぶと見つけやすいですよ。

Go Pro・カメラを用いた写真撮影なら色温度に注意

近年、防水カメラやGo Proなど水中でも使用できるカメラが増えています。写真撮影目的で水中ライトを使用したい場合は、色温度に注意しましょう。目安としては5,000〜5,500ケルビン程度の、太陽光と近い色味がおすすめ

 

光の質も写真に影響するため、十分こだわって選ぶことが大切です。また、色温度をあえて不自然なものにしても味のある写真が撮影できます。これらはあくまで参考程度なので、ご自分の好みに合わせて選んでくださいね。

水槽を飾るならデザイン・形にこだわる

水中ライトを使って水槽をアクアリウムのようにしたい方は、ライトのデザインや形にこだわりましょう。水槽に入っていて見た目を損なわないか、魚の邪魔をしないサイズ感かを確認してください。壁や床に吸着できるタイプだと、設置しやすくおすすめです。

タチウオ・ヒラメなどの釣りはサイズ・色が関係する

釣り目的で水中ライトを使用したい方は、サイズと色を確認してください。魚から見て違和感がある大きさだと、食いつきが悪くなるので注意しましょう。また、魚によって色を変えたい場合は、色の切り替えができるものがおすすめです。

 

集魚効果を高めたいという方は、点滅モードが搭載されている水中ライトを選ぶと効果を得やすいですよ。

充電式・乾電池式で選ぶ

水中ライトの電源方式は、充電式と乾電池式の2種類です。充電式は光量が多いため、ナイトダイビングにおすすめ。しかし、充電がなくなると突然切れてしまうので、フル充電でどのくらいの時間使用できるのか事前に調べておく必要があります。

 

一方で、乾電池式は電池がなくなったらすぐに取り換えられるので、長時間撮影したい方やダイビングで水中観察をしたい方におすすめです。また、電池が減るにつれて徐々に暗くなっていくため、交換のタイミングもわかりやすいです。ただし、充電式よりも明るさが劣る点に注意してください。

今すぐ見る!水中ライトのおすすめ10選

水中ライトを販売しているメーカーの中でも有名なメーカーをご紹介します。それぞれ特徴があるため、好みや目的に応じて選んでください。

INON

INONは水中撮影機器を販売しているメーカーで、光の質や色温度にこだわった水中ライトが人気を集めています。水中の中とは思えないような光を出してくれるのがINONの水中ライトの魅力です。水中撮影をしたい方には特におすすめのメーカーです。

tovatec

tovatecは、ダイビング用の水中ライトを扱っているアメリカの定番メーカーです。機能面にもこだわって作られており、性能性のいい水中ライトを購入できます。コンパクトタイプの水中ライトも扱っていますよ。

RGBlue

RGBlueでは、色温度と光の質にこだわり抜かれた水中ライトを多く販売しています。他にも、水中での撮影に使用できる水中拡大鏡などの製品を多く扱っているのが特徴です。ネットで購入する場合も、実際に照らしたときの写り方がわかりやすく掲載されていため、自宅にいながら購入しやすいのも嬉しいポイントです。

TKS

ダイビングライト LEDライト

価格:1,110円 (税込)

見た目がわかりやすくシンプル

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水深10mまで使用できる、見た目の色がはっきりしているタイプの水中ライトです。電池式でもあるので、ダイビングにおすすめです。距離としては25mほど遠くまで照らすことができます。LED電球で長期的に使用できるため、ダイビング以外のときは自宅の防災用として使用することも可能です。

明るさ 最大180ルーメン 照射タイプ スポット
電源 電池式 防水性 IPX8
Volador

ダイビングライトXM-L2

価格:4,980円 (税込)

水深100mまで使える

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1000ルーメンと強い光を当てることができる水中ライトで、水深100mまで使用することができます。4種類のモードが搭載されているので、場面に応じて使い分けができるだけでなく、照射の範囲も調節できます。耐食性と耐摩耗性が高いので、長期的に使用したい方や安心して使いたい方におすすめです。

明るさ 1000ルーメン 照射タイプ スポット
電源 充電式 防水性 IPX8
TrustFire

水中ライト

価格:10,985円 (税込)

明るさ重視の方におすすめ!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大明るさ3200ルーメンと照射能力が非常に高い水中ライトです。照射距離も375mと長めで、長時間使用しても熱くなりすぎないよう対策が施されています。4段階の点灯モードが搭載されており、ダイビング以外にアウトドアや悪天候下での使用にも適しています。高品質のアルミニウム合金で出来ているため、腐食の心配もありません。

明るさ 3200ルーメン 照射タイプ スポット
電源 充電式 防水性 IPX8
INON

LED水中ライト LF1300-EWf

価格:29,933円 (税込)

撮影向きの水中ライト

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光量を二段階に切り替えて使える、撮影向きの水中ライトです。外部からのフラッシュ閃光に反応して消灯する「シャッター連動自動消灯機能」が搭載されています。この機能があることで撮影画像への光の映り込みや、ライトの光が浮遊物に反射してゴミのように映るのを防げます。同じシリーズ同士のライトヘッドを交換することも可能です。

明るさ 1300ルーメン 照射タイプ ワイド
電源 乾電池式 防水性 -
Neewer

水中防水ライト

価格:2,799円 (税込)

Go Pro対応の水中防水ライト

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手持ちのカメラに取り付けて使用できる部品が付属している、水中撮影向きの水中ライトです。照射モードが3種類あり、3色のフィルターに切り替えて使用できるので、撮影効果を高めてくれます。もちろん水中撮影だけでなく、キャンプやダイビングにも使用できます。色温度は5500カルビンで、水深40mまで使用できます。

明るさ 300ルーメン 照射タイプ ワイド
電源 充電式 防水性 -
INON

LE700-S LEDライト Type2

価格:15,798円 (税込)

自然光に近い色合いで照らせる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水中撮影に向いているLEDライトの水中ライトです。700ルーメンあるため、撮影以外の様々な場面でも使用することに向いています。色温度は5000カルビンで、太陽光に近い色で照らすことが出来ます。ダイビング用からマクロ撮影まで可能です。幅広い使い方をしたい方におすすめです。

明るさ 700ルーメン 照射タイプ 切り替え可能
電源 充電式 防水性 -
Wonderful Importers

LED 集魚灯 水中ライト

価格:1,800円 (税込)

4色に切り替えられる釣り向けライト

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4色に切り替えができるタイプの釣り向け水中ライトです。他に連続点灯と点滅点灯が可能なため、これがあればある程度の魚に対応することが出来ます。淡水と海水両方に使用でき、デザインにシャンデリアカットが施されているため、水中でも光が反射しやすい工夫がされています。釣りに使える水中ライトで悩んでいる方におすすめです。

カラー 赤、青、緑、白 サイズ 12cm
HIROMI(ヒロミ)

水中ライト 点灯タイプ

価格:899円 (税込)

魚が違和感を感じにくいタイプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

点灯タイプ・点滅タイプと光の点灯方法で2種類、色は青・黄・赤・緑・レインボーなど種類が豊富です。釣りたい魚やこだわりに合わせて選べます。耐水圧は約200mで電池1個で稼働できるエコに使用できます。サイズの軽量化と小型化にこだわって作られたため、魚が違和感を感じにくい点にメリットがあります。

カラー 赤、青、緑、黄色、レインボー サイズ 9.5×80mm
Wurkkos

ダイビングライト

価格:4,299円 (税込)

洞窟ダイビングにも使える明るさ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイパワーLEDが搭載されており、水中を2000ルーメンの強力な明るさで照らすことができます。明るさは4段階で調節できるため、ダイビングだけでなく海中観察にも最適です。耐摩耗性と耐腐食性に優れており、航空機と同じレベルのアルミ合金で作られているので、強い水圧に持たえることができます。

明るさ 2000ルーメン 照射タイプ スポット
電源 充電式 防水性 IPX8
GENTOS(ジェントス)

LED ダイビング ヘッドライト SR-244DH

価格:2,691円 (税込)

頭に固定できるダイビング向けライト

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

70ルーメンから最大200ルーメンの明るさで照らせる、頭に固定して使用できるタイプの水中ライトです。頭に固定できるタイプは少なかったり、別に固定するベルト自体を別購入しないといけない場合が多いです。しかしこれは一つあれば装着までできるのでお得です。マグネットスイッチで切り替えができるため、操作も簡単です。

明るさ 200ルーメン 照射タイプ ワイド
電源 電池式 防水性 IP68

水中ライトの選び方から用途・おすすめ商品までご紹介しました。一口で水中ライトと言っても、使い方や種類はさまざまです。目的に合わせて、好みの水中ライトを選んでくださいね。

# おすすめ