おすすめ三脚付き自撮り棒10選|三脚付きで便利に進化!動画配信にも

最近では、自撮り棒を使っている人をあまり見かけなくなりました。しかし、自撮り棒に三脚がついたことで、外での撮影だけでなく動画配信をする時にも使える便利なアイテムに進化しました。この記事では、三脚付き自撮り棒の使い方や選び方、おすすめ商品を紹介します。

2021/10/22 更新

一時期は若い女性の間で大流行した自撮り棒。旅行先のみならず、女性が集まるところではよく自撮り棒を見かけましたよね。しかし、今持ち歩いている人はほぼ見かけなくなりました。ブームが過ぎるのはあっという間です。

 

そんな自撮り棒には、実はとても便利な三脚付きのものが販売されています三脚付きの自撮り棒なら、外出先でももっと楽に、遠くからでも自撮りができます。また、誰かに写真を頼まなくても全身の撮影ができるので気を遣わずに済む点も魅力です。

 

外出先以外にも、最近需要が増えている自宅での動画配信の際にも使用できます。この記事では、三脚付き自撮り棒の選び方や使い方、おすすめの商品を紹介します。ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!離れていても撮れる!脚付き自撮り棒おすすめ10選

時代遅れといわれる自撮り棒ですが、三脚機能がついたタイプはさまざなシーンで役立ちます。特に集合写真などの画角が広い撮影では、三脚を地面に設置して使えるので、手ブレせずに広い範囲を撮影できるメリットがあります。

 

また、商品によっては360°回転や縦・横・斜めの状態からシャッターを切ることができ、自由度の高い写真も撮影可能です。ライト付属のタイプは明るさをコントロールできるので、YouTubeやインスタライブなどの動画配信にも使用できます

三脚付き自撮り棒は基本的にスマホとのBluetooth接続が必須です。多くの商品に遠隔撮影できるリモコンが付属しているため、以下の方法でペアリングを行ってください。

 

  • リモコンをペアリングモードにする
  • BluetoothをONにする
  • リモコンに表示された「接続したいスマホのデバイス名」をタップ
  • 接続と表示されれば完了

 

ペアリングはiPhone・androidともに簡単に設定できます。製品により接続方法は異なるため、取扱説明書を読んで接続しましょう。

今すぐ見る!離れていても撮れる!脚付き自撮り棒おすすめ10選

Bluetoothで遠隔操作ができる便利な三脚付き自撮り棒には、サイズ・伸縮性・付属機能など商品によって特徴があります。選び方を知り、自分にぴったりのものを選びましょう

持ち運びやすさ

三脚機能が付いた便利な自撮り棒は、旅行やアウトドアで使用される方も多いかと思います。その際に重要なのが重さとサイズです。

 

あまりに重くて大きなサイズだと持ち運びにはとても不便です。自宅のみで使う場合を除き、軽量でカバンの中にサッと入れられて、使用時にすぐに使えるタイプをおすすめします。

伸びる長さ

自撮り棒の伸びる長さもとても重要です。段階式で自在に長さを調整できるタイプが多く、収納時のコンパクトな状態から、最大100㎝まで伸ばせる商品も販売されています。

 

使いたいときに希望の長さに変えられるものを選ぶと便利です。また、三脚機能使用時にも伸縮範囲が大きいと被写体に合わせてベストな高さに変えられます。

角度の調整の可否

三脚付き自撮り棒の多くの商品には角度を変えられる機能が付いており、一度セッティングしたスマートフォンを外さなくても希望の角度に変更できます。

 

基本的には調整できる角度が広ければ広いほど自由度の高い撮影が可能です。写真の構図にこだわりたい場合には特に重視しましょう。

ライト付きやスタビライザーなどの付属機能

三脚付き自撮り棒の付属機能として、ライト付きやスタビライザー機能が挙げられます。ライトは色温度や明るさをコントロールできるので、暗い場所や自宅での動画配信にもおすすめです。

 

また、スタビライザー機能では手ブレの少ない撮影が可能です。カメラが滑らかに動くので、カメラが苦手な方やアングルを変更しながらの撮影でもきれいに仕上がります。

三脚付き自撮り棒の使い方はとても簡単です。

 

  1. Bluetooth接続のためスマホとリモコンをペアリング
  2. スマホをホルダーにセット
  3. 希望の長さに伸ばす
  4. 三脚を使用する際は下のグリップ部分を広げる
  5. リモコンを使用して撮影

 

まずはスマホとリモコンのBluetooth接続が必要なので、事前に準備しておきましょう。また、スマホをホルダーにセットする場合には、電源ボタンを挟まないよう注意してください。なかにはホルダーセット時にボタンを押さないよう保護してくれるものもあります

離れていても撮れる三脚付き自撮り棒はとても便利です。外出先や自宅でも利便性は抜群。商品によってそれぞれ特徴も違うので、ご自身の使用用途に合わせて最適なものを見つけてください

Trackbee

自撮り棒 Gopro三脚 TB-SBD

価格:1,599円 (税込)

360°回転可能で自在に撮影をコントロール!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い撮影シーンに役立つ三脚機能付き自撮り棒です。360°回転可能なボールヘッドが自撮り棒での撮影を自在にコントロールします。7段階伸縮し、20cm〜100cmまで対応。また、シーンに合わせて自撮り棒や三脚として臨機応変に使用できます。遠隔操作できるリモコン付きなので三脚にした際にも安心。10mまでの遠隔操作ができます。

伸縮範囲 20cm〜100cm 角度調整 360°
重量 200g 付属機能 -
スマホホルダー対応機種 - スマホホルダー対応サイズ -
エレコム

スマートフォン用2way三脚 P-STSRWH

価格:2,527円 (税込)

デジカメも取り付けができて便利!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自撮り棒90cmで三脚87.5cmまで伸ばして使用することができる2wayタイプのスマートフォン用三脚です。8段階伸縮で自由に長さに調整できて便利。約50cm~90cmの幅のスマホなら取り付け可能です。また、三脚雲台部分には標準ネジ(1/4inch)を採用し、スマートフォン以外にもデジタルカメラの取り付けできるのも魅力の1つといえます。

 

スペック詳細はこちら

伸縮範囲 三脚:18.5cm~87.5cm 自撮り棒:19cm~90cm 角度調整 360°
重量 210g 付属機能 -
スマホホルダー対応機種 - スマホホルダー対応サイズ 幅約50cm~90cm
Yibaodan

LEDライト付き自撮り棒 L02s

価格:3,553円 (税込)

3色2段階調光でワンクリックでモード切り替え可能!

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LEDライト付属の三脚にもなる自撮り棒です。暗い場所でもうれしいLEDライトは3色2段階調光が可能。モード変更ボタンはワンクリックで変更でき、操作は簡単です。また、スマホだけではなくデジカメやGoProでも使用できます。360°好みの角度に回転ができ、縦や横でも自由なアングルを設定できます。

伸縮範囲 19cm~100cm 角度調整 360°
重量 215g 付属機能 ライト付(3色・2段階調光)
スマホホルダー対応機種 iOS 5.0以上・Android 4.2.2以上 スマホホルダー対応サイズ 幅約6cm~9cm
Aokeou

自撮り棒 SB-526

価格:2,799円 (税込)

自宅での配信や自撮り写真にもぴったり!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3色9段階調光可能なライトが備わり、暗い場所でも明るく照らします。明るくなると同時に肌もきれいに見せる効果もあるので、Youtube・TikTok・自撮り写真などにもおすすめ。5段階調整できて最長90cmまで伸縮可能ですが、収納時には19㎝までコンパクトになるのもうれしいポイントです。

伸縮範囲 19cm~90cm 角度調整 360°
重量 310g 付属機能 ライト付(3色・9段階調光)
スマホホルダー対応機種 - スマホホルダー対応サイズ 幅約6㎝~9㎝
Ginova

自撮り棒

価格:2,099円 (税込)

Bluetoothリモコンは自撮り棒に取り付け可能で安心!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360°回転に加え、120°回転チルト可能なので全身の撮影にもぴったりです。7段階20cm~100cmまで伸縮できてさまざまな撮影スタイルにも対応します。Bluetooth接続のリモコンは無くさないように自撮り棒に取り付けておくことも可能。また、三脚の先端には滑り止めゴムがついていて安定性もあり安心です。

伸縮範囲 20cm~100cm 角度調整 360°
重量 235g 付属機能 -
スマホホルダー対応機種 - スマホホルダー対応サイズ 幅約5.2cm~10.5cm
Rakum

自撮り棒 SB20210107005

価格:1,399円 (税込)

バッグミラ付きでアウトカメラでも撮影もできる!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バックミラーが特徴的な三脚機能付き自撮り棒です。高精細なミラーは撮影前に身だしなみをチェックできます。自撮り棒の後ろにミラーがついているので、アウトカメラでの撮影も可能にします。アウトカメラで撮影ができることで、より高画質な撮影が実現。5段階調整で19cm~68cm伸縮し、135gと軽量で持ち運びにも便利です。

伸縮範囲 19cm~68cm 角度調整 360°
重量 135g 付属機能 バックミラー付
スマホホルダー対応機種 iOS 6.0.以上・Android 4.2以上 スマホホルダー対応サイズ 幅約6cm~9cm
CBGGQ

自撮り棒 G0008

価格:1,599円 (税込)

縦の撮影可能で全身もきれいに写る!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体に取り外し可能なリモコン付きで、必要なときに取り外してBluetoothで遠隔操作できます。19㎝のコンパクト収納ができるのでアウトドアや旅行などにも最適。5段階に伸縮可能で69㎝まで対応しています。滑らかな360°回転はもちろん、クリップを225°動かせるので縦の撮影も手軽に行えます。また、バックミラー付きでアウトカメラでの撮影もできます

伸縮範囲 19cm~69cm 角度調整 360°
重量 135g 付属機能 バックミラー付
スマホホルダー対応機種 - スマホホルダー対応サイズ 幅約5.8cm~9.0cm
Rayfoto

自撮り棒 RA410KJ20S

価格:980円 (税込)

7段階伸縮で最大100㎝まで伸びる!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360°回転と120°チルト可能で縦や横に自由度の高い撮影を可能にします。7段階自由伸縮でなんと最長100㎝まで伸びます。1/4inchネジでカメラとgoproなどのアクションカメラを自撮り棒に固定できます。また取り外せるリモコンは10m以内ならBluetoothで接続可能。お出かけ先や自宅での動画配信など幅広い撮影におすすめです。

伸縮範囲 21.5cm~100cm 角度調整 360°
重量 240g 付属機能 -
スマホホルダー対応機種 iOS 5.1以上・Android 4.44以上 スマホホルダー対応サイズ 幅約6㎝~8.5cm
SanDony

自撮り棒 ADYSS-A19

価格:1,999円 (税込)

伸縮機能も抜群!ライトもついて動画配信にも

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホホルダー部分が水平360°、上下270°に自由に回転できて自由度が高いです。手軽にクオリティーの高い写真が撮れます。8段階の伸縮機能を採用し、最大110cmに伸びます。しかし、収納時にはわずか22cmに。サイズの面でも自由度が高く、持ち運びにとても便利です。また、LEDライトも付属していて動画配信では美肌効果も期待できます

伸縮範囲 22cm~110cm 角度調整 360°
重量 210g 付属機能 ライト付(3段階調光)
スマホホルダー対応機種 iOS 5.0.以上 & Android 4.2以上 スマホホルダー対応サイズ 幅約6cm~8cm
SAWDEGAN

自撮り棒 SAS-1

価格:1,640円 (税込)

スマホだけでなくカメラやGoProにも対応!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いつでもどこでも思い出が残しやすく、オールマイティな使用ができます。スマホだけではなく、カメラやGoProにも対応可能です。折りたたむと19cmのサイズでポケットやバッグにも入れやすく、持ち運びにぴったり。132gと軽量なのもうれしいポイントです。また、360°回転可能でスマホホルダーを備えた225°回転ヘッドも魅力です。

伸縮範囲 19cm~86cm 角度調整 360°
重量 132 付属機能 -
スマホホルダー対応機種 - スマホホルダー対応サイズ -

おしゃれな雑貨で人気のスリーコインズでは、三脚付き自撮り棒が販売されています。詳細は以下の表のとおりです。

 

名称 ワイヤレス三脚自撮り棒
価格 1000円(税別)
スマホホルダー対応サイズ 約6.5~9.6cm
伸縮範囲(㎝) 約~40㎝

 

リモコン付きでBluetoothに接続して使用できるのも特徴です。ドンキホーテには手持ちで使える自撮り棒はいくつか販売されています。

 

ショップによって価格も機能もさまざまです。価格だけでなく必要な機能や利便性なども考慮した上で、自分にぴったりの三脚付き自撮り棒を探しましょう。

100均で三脚付き自撮り棒を代用する場合には、複数の商品を組み合わせる必要があります。下記の商品を準備しましょう。

 

  • 三脚
  • スマホホルダー
  • Bluetoothリモートシャッター

 

三脚とスマホホルダーがセットになった商品も販売されています。しかし、この代用品は自撮り棒の機能としては期待できません。ダイソーの300円商品のBluetoothリモートシャッターを追加購入すれば、卓上用の三脚としては使用できます。

三脚機能付き自撮り棒は、手持ちの自撮り棒に比べかなり利便性が高いのが特徴です。外出先で三脚として使用するのはもちろん、自宅で動画配信をする際にも活躍します。お気に入りの三脚付き自撮り棒を見つけて、手軽に撮影を楽しみましょう。