【徹底比較】おすすめのビデオカメラのメーカー|高画質の4Kも!

ビデオカメラは、メーカーごとに異なった特徴があります。実際に使う場面や頻度を想像して、比較しながら選びましょう。今回は、おすすめのビデオカメラをメーカーごとにご紹介します。ビデオカメラと他のカメラの違いも解説するので、ぜひ参考にしてください。

2022/01/13 更新

運動会やピクニックに欠かすことのできないビデオカメラ。ホームビデオとして子供の成長記録を収めるのにも便利ですよね。スマホでも動画撮影はできますが、ビデオカメラの方がより高画質で人気です。

 

しかし、いざビデオカメラを購入しようと思っても、メーカーがたくさんあってどれを買えばいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。メーカーによって特色や機能も異なりますが、どんな違いがあるのかいまいちわかりにくいですよね。

 

そこで今回は、使う用途や目的別に、ビデオカメラのおすすめのメーカーやおすすめ商品をご紹介します。ビデオカメラと他のカメラの違いも解説するので、ぜひ参考にしてください。子どもの運動会やイベントに最適なビデオカメラを見つけましょう。

最近では、ビデオカメラに代わるツールとしてカメラやスマートフォンを使う人も増えてきました。身近なもので代用できるのに、わざわざビデオカメラを購入する必要はあるのでしょうか。ビデオカメラと他のカメラの違いを解説します。

手軽に日常を記録できるのが人気のスマホですが、高画質な撮影には向きません。特に被写体が早く動く運動会などでは、画質のいいビデオカメラがおすすめです。また、両者の違いが顕著にわかるのがズーム機能です。

 

スマホは画質が悪くなるのが避けられませんが、ビデオカメラはズーム機能を使っても画質のクオリティーを保ったまま撮ることができます。さらに被写体が遠くても、クリアに映像を残す機能ではビデオカメラが上です。容量を気にせず長時間撮影するのにも向いています。

最近流行りのアクションカメラとビデオカメラは一体どう違うのでしょうか。アクションカメラとは、自転車・スキー・ダイビングなどのアウトドアスポーツの映像を残すのに特化したビデオカメラです。

 

普通のビデオカメラとは異なり、体や乗り物に固定して使うのを想定しています。そのため、小型で防水性にも優れたものが多いです。

 

手で持って撮ることを前提としているビデオカメラは、手ぶれ補正の性能がアクションカメラより勝ります。画質を劣化させることなくズームできるのもビデオカメラならではの利点です。

まず一眼レフカメラとビデオカメラとの違いを解説します。ビデオカメラは全体にピントが合うのに対して、一眼レフカメラは被写体にピントを合わせて背景をぼかすような撮影が可能です。一眼レフはレンズを変えるとことでさまざまな表現ができます。

 

コンパクトデジタルカメラとビデオカメラとの大きな違いは、画質と容量です。携帯しやすいのは大きな魅力ですが、画質はビデオカメラの方が優れています。長時間の撮影はバッテリー切れになる場合もあるので気をつけましょう。

ビデオカメラの基本的な選び方をご紹介します。ビデオカメラの画質・内蔵メモリ・ズーム倍率・手ぶれ補正・携帯性の機能面を詳しく見ていきましょう。

ビデオカメラ選びで1番のポイントになるのが画質です。最近のビデオカメラはフルハイビジョンが主流です。フルハイビジョンは、バッテリーの消費や記録容量も少なくて済むので、長時間の撮影にも向いています。

 

また、近年増えている4Kの解像度はフルハイビジョンのなんと4倍です。細部まで鮮やかに撮ることができ、高画質ならでは映像美を堪能できるビデオカメラです。ただし、4Kカメラは重量がありサイズも大きくなるので、野外で携帯しにくいデメリットがあります。

ビデオカメラは、録画した映像を本体に記録・保存できます。内蔵メモリの数値が大きくなるほど、保存できる映像も多くなります。また、内蔵メモリの大きさと価格は比例する傾向にあります。

 

値段を抑えたい場合、こまめに外部の記録媒体に映像を移す工夫をしましょう。旅行では、予備にSDカードを持っていくことをおすすめします。また、内蔵メモリに保存しているからと安心せずデータを移動させておくことも大切です。

ズームには、光学ズームとデジタルズームの2種類があります。光学ズームは高い画質と保ったまま拡大できるのが特徴です。デジタルズームは撮影した画像を切り取って補完処理するため、どうしても画像が粗くなります。

 

画質のクオリティーを保ったまま拡大したい場合は、光学ズームの倍率をチェックしましょう。高い倍率であるほどズーム機能でもクリアな映像を撮ることができます。ただし、比例して価格も上がります。

動きが早い被写体の撮影に役立つのが手ぶれ補正です。手ぶれ補正は光学式と電子式の2種類があります。光学式はレンズを機械的に動かして補正するのに対して、電子式はソフトウェアで補正します。

 

最近では、光学式と電子式を組み合わせてオリジナルの補正を行っているメーカーもあります。選ぶ時は補正の方式を確認しましょう。

ビデオカメラを選ぶポイントとして、携帯性を挙げる人も多いです。手ぶらで撮影することもありますが、荷物を持ちながら片手でビデオカメラを使う機会もあります。

 

最近では女性にも扱いやすい軽量・小型モデルが増えてきました。一方で話題の4Kは重さ・大きさともに大きくなる傾向にあるので、使用目的を考えながら選びましょう。

パナソニックのビデオカメラは、ズーム倍率に優れているモデルが多いのが特徴です。手ぶれ補正機能も光学式・電子式を組み合わせているので画質のクオリティーを保てます。

 

パナソニックならではのワイプ撮りは、撮影者も一緒に映像に残すことができるため人気の機能です。女性に嬉しい軽量モデルも多く展開されています。

1位
パナソニック

HC-VX992M

価格:63,220円 (税込)

4Kの高画質で思い出を残せる!女性でも持ちやすいビデオカメラ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は画質にこだわる方も満足の4Kビデオカメラです。光学ズーム20倍・iAズーム25倍/40倍までのズーム撮影が可能で、遠くの被写体もばっちり撮影できます。5軸ハイブリット手ブレ補正は、ジャイロセンサーが毎秒4000回転で検知することでブレのない撮影を実現しています。専用のスマホ用アプリ「Panasonic Image App」を使えば、スマホが簡単リモコン代わりに使えて便利です。

軽量でコンパクトなため、女性でも持ちやすいのも魅力。4Kの高画質で、子供の学校行事や旅行など、大切な思い出をきれいに残せます。Wi-Fi接続で、撮影した映像を簡単にスマホに転送できるのもポイント。手ブレや傾きを自動で補正するので、初心者でも安心です。
画質
4K
撮像素子
MOS 1/2.3型
総画素数
829万画素
動画有効画素数
829万画素
静止画有効画素数
829万画素
タイプ
ハンディカメラ
光学ズーム
20 倍
デジタルズーム
250 倍
記録メディア
内蔵メモリー (64GB)SDカードSDHCカードSDXCカード
手ブレ補正機構
光学式
焦点距離
30.8mm〜626mm
F値
F1.8〜F3.6
本体重量
355 g
カラー
カカオブラウン
2位
パナソニック

HC-X1500

価格:188,680円 (税込)

動画撮影に妥協せず美しい高画質な映像を残したい方必見

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はパナソニック独自の高速高精度なオートフォーカス「4KパイプレシジョンAF」を採用しているプロ思考の人に向けた4K対応カメラです。レンズユニットを微細駆動させ続けることで、被写体の動きや位置の変化に合わせてフォーカスを素早くコントロールしています。これにより、早く動いている被写体も正確に捉えられるため、スポーツ観戦やお子さまの運動会などでも大活躍間違いなし。

また、秒間60フレームの4K撮影にも対応しており、より美しくクリアな映像を記録することができます。さらに、フレアやゴーストを抑えるマルチコートや、色収差を抑える低分散ガラスを採用。より鮮やかな色彩を追求したい方におすすめのビデオカメラです。
画質
4K
撮像素子
MOS 1/2.5型
総画素数
857万画素
タイプ
ハンディカメラ
光学ズーム
24 倍
デジタルズーム
10 倍
記録メディア
SDHCカードSDXCカード
手ブレ補正機構
電子式/光学式
焦点距離
25mm〜600mm
F値
F1.8〜F4
夜間撮影機能
本体重量
900 g
カラー
ブラック
3位
パナソニック

HC-WX2M

価格:144,936円 (税込)

運動会での使用に◎4Kの映像でよりきれいな撮影を

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は有効画素数が829万画素で、4Kの映像を撮影することができます。また、光学ズームは24倍までですが、iAズームで32倍まで4K画質での撮影が可能です。また、4ドライブレンズシステムにより、さらに高い倍率のズームでも鮮明な映像撮影ができるのも魅力の1つ。

さらに、「ボールO.I.S」機構により高精度な手振れ補正を手に入れており、高倍率のズームでも手振れをしっかり低減します。そのため、運動会で遠くからでもお子さんの顔をアップした映像をきれいに撮影できます。手振れ補正にも画質にもこだわりたい方にはおすすめです。
画質
4K
撮像素子
MOS 1/2.5型
総画素数
857万画素
動画有効画素数
829万画素
静止画有効画素数
829万画素
タイプ
ハンディカメラ
光学ズーム
24 倍
デジタルズーム
250 倍
記録メディア
内蔵メモリー (64GB)SDカードSDHCカードSDXCカード
手ブレ補正機構
光学式
焦点距離
25mm〜600mm
F値
F1.8〜F4
本体重量
438 g
カラー
カカオブラウン
4位
パナソニック

HC-V480MS-W

価格:29,800円 (税込)

コスパ◎持ち運び便利なコンパクトビデオカメラ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は撮影性能が高いことから人気のあるビデオカメラです。動画の画質はフルHDですが、5万円未満の製品にしては珍しく1/2.3型の画像素子を搭載しているため、画質の良い動画を撮影できます。光学ズーム倍率が50倍と高く、5軸手振れ補正も付いているため望遠撮影の性能が高いのも魅力です。

また、3万円未満と非常にコスパが高いので、安くて高性能なビデオカメラが欲しい方におすすめ。重さも軽量化がはかられており、外出時などカバンの中に入れて難なく持ち運びができ、撮影したい場面が急遽訪れた場合でも即座の撮影できます。
画質
フルハイビジョン
撮像素子
MOS 1/2.3型
総画素数
1752万画素
動画有効画素数
220万画素
静止画有効画素数
220万画素
タイプ
ハンディカメラ
光学ズーム
50 倍
デジタルズーム
500 倍
記録メディア
内蔵メモリー (32GB)SDカードSDHCカードSDXCカード
手ブレ補正機構
光学式
焦点距離
28mm〜1740mm
F値
F1.8〜F4.2
本体重量
213 g
カラー
ホワイト
パナソニック

AG-AC30

価格:175,890円 (税込)

タッチパネル対応で操作も簡単!業務用ビデオカメラ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はPanasonicのビデオカメラです。タッチパネル対応で操作も簡単。ライト内蔵で撮影場所やシーンを選びません。20倍ズームレンズと5軸ハイブリッド手ブレ補正で使い勝手も十分です。同時記録メディアに対応したカードのスロット搭載でデータの保存も便利です。

業務用なため、サイズが大きく重量も重いのが難点ですが、映像の質は抜群。自然にレンズの上に配置されたLCDタッチスクリーンにより、ハンドヘルド撮影時もお楽しみいただけます。業務用でも操作しやすいため、ご家庭のイベント時の使用にもおすすめしたい商品です。
画質
フルハイビジョン
撮像素子
MOS 1/3.1型
動画有効画素数
603万画素
静止画有効画素数
603万画素
タイプ
ハンディカメラ
光学ズーム
20 倍
デジタルズーム
10 倍
記録メディア
SDHCカードSDXCカード
手ブレ補正機構
電子式/光学式
焦点距離
29.5mm〜612mm
F値
F1.8〜F3.6
本体重量
1500 g
カラー
ブラック系
パナソニック

HC-W590M

価格:41,999円 (税込)

暗い場所の撮影も◎ワイプ撮りで撮りたい写真も簡単に!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイプ撮りを採用しているのが、パナソニック(Panasonic)HC-W590M ビデオカメラの特徴です。カメラに搭載している液晶の横にあるサブカメラを使用することで、テレビでよく観る映像を簡単に撮影できます。撮影する方も楽しめるのは嬉しいポイント。撮影をしたあとも、有線で接続せずに無線でテレビと接続できる機能も便利です。

また、「お部屋ジャンプリンク」機能を使うことで、自宅に帰ってすぐに大画面で映像を確認できます。もちろん、旅行先でも対応しているテレビであれば確認可能。手ぶれ補正も、「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を採用しているので、暗い場所でも安心して撮影ができるビデオカメラです。
画質
フルハイビジョン
撮像素子
MOS 1/5.8型
総画素数
251万画素
動画有効画素数
220万画素
静止画有効画素数
220万画素
タイプ
ハンディカメラ
光学ズーム
50 倍
デジタルズーム
500 倍
記録メディア
内蔵メモリー (64GB)SDカードSDHCカードSDXCカード
手ブレ補正機構
光学式
焦点距離
28mm〜1740mm
F値
F1.8〜F4.2
本体重量
266 g
カラー
ホワイト

映像美に定評があるソニーのビデオカメラ。画質のクオリティーが高く、繊細な動画撮影が可能です。

 

ズームでもクリアな映像を残すことができる・独自の手ぶれ補正機能搭載など機能性に優れたモデルが多数揃っています。また、プロジェクター機能がついたモデルがあるのもソニーのビデオカメラの特徴です。

1位
ソニー

FDR-AX700

価格:215,000円 (税込)

画質にこだわりたい方に!被写体の細部や微妙なグラデーションまで鮮明に

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は高解像度になった有機ELファインダー「Tru-Finder」を採用した最上級モデルです。撮影中のピント合わせや画角の確認も従来品より快適に行えるようになりました。また、付属の大型アイカップを使えば、晴天下でのフレーミングや撮影後の画像チェックも簡単にできるのも嬉しいポイント。

さらに、タッチパネル式ワイド液晶パネルも高解像度を追求したモデルのため、被写体の細部や微妙なグラデーションまで鮮明に映し出します。本格的に撮影を行う方や、とことん画質にこだわりたい方に最適のビデオカメラです。
画質
4K
HDR動画
撮像素子
CMOS 1型
総画素数
2100万画素
動画有効画素数
1420万画素
静止画有効画素数
1420万画素
タイプ
ハンディカメラ
光学ズーム
12 倍
デジタルズーム
192 倍
記録メディア
SDカードSDHCカードSDXCカードメモリースティックPRO DuoメモリースティックPRO-HG Duo
手ブレ補正機構
光学式
焦点距離
29mm〜348mm
F値
F2.8〜F4.5
夜間撮影機能
カラー
ブラック系
2位
ソニー

FDR-AX45

価格:87,800円 (税込)

コスパ◎250倍もの拡大ができる優れもの!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は光学式20倍ズーム、電子ズームを含めると250倍もの拡大性能を誇るハンディカムシリーズのビデオカメラです。焦点距離26.8mmのビデオカメラ業界では最高峰の広角レンズを搭載しており、幅広い撮影を実現してくれます。また、180通りもの組み合わせの中から撮影状況に合わせた最適な映像を取れるように、カメラが自動設定してくれる「おまかせオート」を搭載。

さらに、フレームレートも圧倒的に高く、撮影した4K動画から決定瞬間を静止画としてきれいに切り出せる機能も秀逸。値段相応の圧倒的性能を誇るおすすめのモデルです。
画質
4K
撮像素子
CMOS 1/2.5型
総画素数
857万画素
動画有効画素数
829万画素
静止画有効画素数
829万画素
タイプ
ハンディカメラ
光学ズーム
20 倍
デジタルズーム
250 倍
記録メディア
内蔵メモリー (64GB)SDカードSDHCカードSDXCカードMS PRO DuoMS PRO-HG DuoMS XC-HG Duo
手ブレ補正機構
光学式
焦点距離
26.8mm〜536mm
F値
F2〜F3.8
本体重量
510 g
カラー
ブラック
3位
ソニー

HDR-CX470

価格:35,299円 (税込)

コスパ◎初心者でも使いやすいフルハイビジョンビデオカメラ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HDR-CX470はコストパフォーマンスに優れたビデオカメラです。価格は3万円弱と安いですが光学ズームを搭載し、30倍まで上げられます。また、電子式ズームは350倍と破格の性能を誇り、手振れ補正もいいので、遠くからでもしっかりお子さんの姿を撮影できるのも嬉しいポイント。

重さは190gととても軽く、長時間の撮影でも非常に疲れづらいの魅力の1つです。内蔵メモリーが32GBあるのも便利なポイント。画質にあまりこだわらない方は、価格も安いのでおすすめです。コンパクトで軽量なので、運びやすさや持ちやすいという点も特徴といえます。
画質
フルハイビジョン
撮像素子
CMOS 1/5.8型
総画素数
251万画素
動画有効画素数
229万画素
静止画有効画素数
229万画素
タイプ
ハンディカメラ
光学ズーム
30 倍
デジタルズーム
350 倍
記録メディア
内蔵メモリー (32GB)microSDカードmicroSDHCカードmicroSDXCカードメモリースティックマイクロ
手ブレ補正機構
光学式
焦点距離
26.8mm〜804mm
F値
F1.8〜F4
本体重量
190 g
カラー
ホワイト
ソニー

HDR-AS50

価格:24,800円 (税込)

海やプールでも安心して使える!高音質で高画質アクションカメラ

Amazonで詳細を見る
\ゾロ目の日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は高音質で高画質な映像が特徴のアクションカメラです。アクティビティ向けのカメラなので、素早い動きも滑らかに低ノイズな映像を撮影できます。ドイツの名門光学機器メーカーであるツァイス社の「テッサー」レンズを採用することで、解像度・コントラスト・色再現性に優れた美しい映像を残すことに成功しました。

そして、臨場感まで残せるステレオマイクも魅力の1つです。小型なので風の影響を受けにくく、頭や自転車に取り付けても安定した撮影をできます。防水ハウジングが付属しているので、海やプールでも安心できます。さらに衝撃に強い構造なので、長く使えるのもメリットです。
画質
フルハイビジョン
撮像素子
CMOS 1/2.3型
総画素数
1680万画素
動画有効画素数
1110万画素
静止画有効画素数
1110万画素
タイプ
アクションカメラ
デジタルズーム
3 倍
記録メディア
microSDカードmicroSDHCカードmicroSDXCカードメモリースティックマイクロ
手ブレ補正機構
電子式
焦点距離
18.4mm〜21.8mm
F値
F2.8
本体重量
58 g
カラー
ブラック系

JVCケンウッドのビデオカメラといえば「洗えるビデオカメラ」が有名です。その名の通り水で洗ってもOKな防水性以外にも、防塵・耐衝撃・耐低温などさまざまな性能を併せ持ちます。

 

ビデオカメラをアウトドアメインで使いたいという人におすすめです。撮影した動画はWi-Fiでスマホなどに転送できます。また、2つの再生画像を並べて表示できるため、スポーツをしている人にもぴったりです。

プロ仕様のカメラメーカーとして名高いBlackmagic社。ワンランク上のカメラを探している人におすすめのメーカーです。本社はオーストラリアにあり日本をはじめ、アメリカ・イギリスと世界中で展開しています。

ブラックマジックデザイン

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K

価格:134,980円 (税込)

プロ仕様のハイクオリティーな動画撮影が可能

Amazonで詳細を見る
\ゾロ目の日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラックマジックデザイン社のビデオカメラは、プロ仕様のハイクオリティーな動画撮影が可能です。多彩な機能が搭載察れており、結婚式のムービーからインディーズの映画作りにもおすすめです。夜間でも自然光の撮影ができるようなプロ仕様のカメラですが、リーズナブルな価格設定も人気を集めています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
ブラックマジックデザイン
商品名
Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K
有効センサーサイズ
18.96mm x 10mm(フォーサーズ)
レンズマウント
アクティブ方式MFTマウント
レンズコントロール
アイリス、フォーカス、ズーム(互換レンズ使用時)
スクリーンサイズ
スクリーンサイズ 5インチ - 1920 x 1080
ダイナミックレンジ
13ストップ
デュアルネイティブISO
400および3200
ビデオ出力合計
HDMI(1080p60まで) x1
タッチパネル/ファインダー
バッテリー持続時間
約60分 (24fpsでUSB-C機器が接続されていない状態での収録)
その他機能
Wi-Fi
サイズ
85.5×178.1×96
本体質量
約722g

ビデオカメラは同じようにみえても、メーカーごとに異なる特色があります。特徴や性能を知ることも購入する上では大切です。既に購入されている人も、この機会にワンランク上のものを探してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

ビデオカメラのおすすめ12選|メーカー・機能を比較して選ぼう!のサムネイル画像

ビデオカメラのおすすめ12選|メーカー・機能を比較して選ぼう!

2021/12/21

ビデオカメラの種類を知って、自分にぴったりなビデオカメラを選ぼう!のサムネイル画像

ビデオカメラの種類を知って、自分にぴったりなビデオカメラを選ぼう!

2021/11/10

ビデオカメラの選び方とおすすめ商品10選|便利な機能を徹底解説!のサムネイル画像

ビデオカメラの選び方とおすすめ商品10選|便利な機能を徹底解説!

2021/10/22

【最新】初心者にぴったりのビデオカメラおすすめ9選|選び方も解説のサムネイル画像

【最新】初心者にぴったりのビデオカメラおすすめ9選|選び方も解説

2021/10/22

ビデオカメラの価格はどのくらい?用途にあったビデオカメラの選び方を解説!のサムネイル画像

ビデオカメラの価格はどのくらい?用途にあったビデオカメラの選び方を解説!

2021/10/29

【最新】ナイトモード搭載ビデオカメラおすすめ6選|パナソニックの商品ものサムネイル画像

【最新】ナイトモード搭載ビデオカメラおすすめ6選|パナソニックの商品も

2021/11/04

【2022年最新】おすすめの4Kビデオカメラ8選|4Kのメリットって?のサムネイル画像

【2022年最新】おすすめの4Kビデオカメラ8選|4Kのメリットって?

2021/11/04

【徹底解説】デジカメの選び方|メーカーごとの特徴ものサムネイル画像

【徹底解説】デジカメの選び方|メーカーごとの特徴も

2021/10/22

おすすめの小型ビデオカメラ10選!種類や選び方、超小型モデルも紹介のサムネイル画像

おすすめの小型ビデオカメラ10選!種類や選び方、超小型モデルも紹介

2021/10/22