安いビデオカメラでも綺麗に撮れる?選び方のポイントを大解説!

2万円前後で購入できる安いビデオカメラを紹介しています。価格の安さが魅力である反面、気になる性能面について解説!選び方のポイントや注意点も説明しています。さらに安いビデオカメラの中から厳選した商品を取り上げているので、是非最後までご覧ください。

2021/10/21 更新

ビデオカメラには2万円前後で購入できる安い製品が多くあるのをご存知でしたか?そのほとんどは準大手や中堅メーカーによるジェネリック家電で、シンプル・低価格が魅力です。では、実際その性能はいかほどのものなのか気になりますよね?また、安い製品にも色々なタイプがあるため選び方に悩んでしまうかもしれません。

 

2万円前後の安いビデオカメラを選ぶ時には大事なことは用途を絞ることです。多くの製品は機能がシンプルなため、さまざまな撮影シーンに対応できるようには設計されていません。「〇〇さえ撮影できればいい」と、自分の撮影目的を絞った上で選ぶといいでしょう。サブカメラとしてもおすすめできます。

 

この記事では、2万円前後で購入できる安いビデオカメラについて、メリット・デメリットに触れつつ選び方を性能面を踏まえて解説しています。また、おすすめ商品も厳選して紹介しているので、是非最後までご覧ください。

今すぐ見る!安いビデオカメラのおすすめ13選

ビデオカメラの価格は2,700~223,100円と幅広くあります。それ以上の価格の製品もありますがほぼ業務用です。価格帯の違いによる性能の違いは一見してわかりにくいですが、価格が高くなるほどさまざまなシーンに対応できる製品が多くなる傾向があります。

 

特定の用途に的を絞ったシンプルな機能の製品はおおよそ24,000円以下の価格帯に多いため、本記事では2万円前後までの製品を「安いビデオカメラ」としています。

安いビデオカメラはどんなことができて、どんな弱点があるのでしょうか?ここでは、安いビデオカメラのメリット・デメリットを説明しています。

安いビデオカメラのメリット

2万円前後で購入できるビデオカメラはアクションカムが多く、いくらかハンディカムや360度カメラもあります。1万円以下の価格帯では性能に偏りがある製品も多いですが、資料・記録映像、全体的な風景などを撮影する目的なら、十分なスペックを持っていると言えます。

 

1~2万円のビデオカメラでは、音質や画質の面でも優れた製品もあり、用途次第ではコスパが良いと言えるでしょう。HD画質よりも高解像度のフルHDや4Kの画質で撮影可能なビデオカメラもあり、安くても美しい映像に期待できますね。

安いビデオカメラのデメリット

安いビデオカメラは、機能がシンプルで限定的な用途の製品が多く、そのためさまざまなシーンでの使い回しに向いていません。特に動きの激しい場面の撮影や暗所撮影などをするなら、納得のできる映像を残せるかスペックをしっかりチェックすることを推奨します。

 

また、安いビデオカメラでは製品ごとに独自のクセを持っていることも多いです。音量が小さかったり、数分ごとに自動で動画データが分割される仕様の製品などもあります。スペック表だけでなく、公開されている取扱説明書やレビューも併せてチェックするようにしたいですね。

今すぐ見る!安いビデオカメラのおすすめ13選

2万円前後で購入できる安いビデオカメラの選び方について解説しています。自分のニーズを満たせる製品かどうかを見極めるためのポイントをまとめているので、後悔のないようしっかりチェックしてくださいね。

ビデオカメラは大きく2タイプ

ビデオカメラの分類は大きく、アクションカメラとハンディカムの2種類に分けられます。実際には機種による性能差が大きいので、ビデオカメラ選びでは細かくスペックをチェックする必要があります。ここでは低価格帯製品のおおまかな傾向について解説しています。

アクションカメラ

低価格帯のアクションカメラは、小型で携帯性に優れている点が特徴的です。ただし有名なGoProやInsta360のように激しいスポーツシーンに対応できるとは限りません。分類上アクションカメラに属している製品が多い点は注意が必要です。

 

動的な撮影がしたい場合は後述する画質やフレームレートを必ずチェックするようにしましょう。動きのある撮影に不向きな製品では、アウトドアシーンでの地形の記録などの静的な撮影に向いています。WEBカメラやドライブレコーダーとして活用するのもいいでしょう。

ハンディカム

2万円以下のハンディカムは、固定焦点で光学式の手ブレ補正機構が備わっていない製品がほぼ全てです。固定焦点のため光学ズームはなくデジタルズームのみです。一部光学ズームが可能なハンディカムもあり、ズーム時に画質を劣化させたくない方におすすめです。

 

全般的に焦点距離が長いため、被写体との距離を1m以上離して撮影する必要があります。画面を常に安定させたいなら三脚の使用が推奨されます。ただし手が疲れない程度の短時間撮影ならハンディでも安定させることは可能でしょう。基本的には風景撮影や資料・記録撮影におすすめです。

機能性のあるカメラの種類もチェック!

ビデオカメラの分類上、アクションカメラやハンディカムに属するものの、構造や用途が他の製品とは明らかに異なるビデオカメラについて解説しています。通常のアクションカメラやハンディカムにはない魅力があるので、是非チェックしてください。

機能性のあるカメラの種類もチェック!

ビデオカメラの中にはジンバルにカメラを取り付けた構造の製品もあります。ジンバルの機能で手ブレを打ち消すので、安定した映像を撮影することができるのが魅力です。撮影中はずっと手にもっている必要がありますが、歩きながらの風景撮りや自撮りをしたい方におすすめです。

 

4K画質や高いフレームレートに対応している製品もあり、動的な撮影にも応用できる可能性は高いでしょう。またプレビュー機能付きで撮影しながら動画を確認できたり、三脚不要でタイムラプス撮影ができる製品などもあり、さまざまな撮影が楽しめます。

360度カメラ(半天球)

360度カメラは、180度以上の超広角レンズを用いることで1度に上下左右の広範囲を撮影することができます。2万円前後で購入できる低価格帯では半天球(レンズの反対方向は映らないタイプ)の製品が主です。

 

専用のソフト(アプリ)で、天球映像を楽しむことができるのも魅力的で、登山などで壮大な風景を思い出として残したい方におすすめです。360度カメラを試してみたい方の入門用としてもいいかもしれないですね。

フレームレートで選ぶ

動きのあるシーンを撮影したい方はフレームレートに注目しましょう。フレームレートが高いほど、素早い動きでもカクカクしない滑らかな映像を残すことができます。また、高解像度の設定でも高いフレームレートに対応できるかについても確認しておくといいでしょう。

 

30fpsはテレビと同等のフレームレートで、子供の運動会やペットが動き回る様子の撮影には十分でしょう。60fpsではスポーツシーンや鉄道など、より速い被写体の撮影に向いています。動きがない会議の記録撮影や資料撮影などの場合には15fps程度でも十分と言えます。

デジタルズームの倍率で選ぶ

2万円前後で購入できるハンディカムでは、光学ズームができない代わりにデジタルズーム可能な製品が多です。ズームを使う必要性がある方はズーム倍率についてチェックしましょう。倍率が高いほど被写体を大きく映せるがズームをかけるほど画質は荒くなる点は注です。

 

またズームをかけることで手ブレの影響を受けやすくなるため、遠くの被写体を追従するなど撮影シーンによっては三脚の必要性が高くなります。デジタルズームを使用した撮影は、画質の良さがそこまで求められないおおまかな記録に向いています。

大容量のデータ保存にはSDXC対応がおすすめ

安いビデオカメラの場合、内蔵メモリーの容量が少ない製品が多いです。そのため長時間撮影などデータ容量を必要とする場合、SDカードの使用が推奨されます。画質を落とすことで長時間撮影することも可能ですが、せっかくならきれいな画質が撮りたいですよね?

 

SDカードにはSDHCやSDXCなどの規格があり、64GB以上保存容量をもつカードの規格はSDXCです。そのため大容量の動画データを残したい方は、SDXC規格に対応しているビデオカメラがおすすめです。

撮影シーンで選ぶ

暗所撮影には赤外線撮影機能付きがおすすめです。赤外線撮影は暗い場所でも人の目には見えない光である赤外線をとらえて撮影することができます。防犯カメラなどに採用されることが多い機能で、夜間の記録撮影に便利な機能です。

 

シュノーケリングやダイビングなど、水中での撮影を可能にする防水対応のビデオカメラもあります。対応可能な水深があるので、用途に適しているかをチェックしましょう。低価格帯でも水深40mまで対応可能な製品もあります。

通販サイトでは、公式サイトをもたない所在不明メーカーの格安ビデオカメラを取り扱っている場合が多々あります。中華メーカーと呼ばれることも多いですが、公式サイトがないメーカーの製品はビデオカメラに限らず信頼性の点でおすすめできません。

 

一見すると4K対応・〇〇倍デジタルズーム・64GBのSDカード対応など魅力的なスペックをもっている製品もあります。しかし、レビューの評価は高評価・低評価が2極化しているなど不審な点も見られるため、十分に調べた上で判断することが大事です。

アクションカメラ

SAC

アクションカメラ AC150

価格:2,680円 (税込)

30m防水ケース付きの格安アクションカム

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼性のあるメーカーのビデオカメラの中では、最も安価で付属品が充実したアクションカメラです。水深30mに対応できる防水ケースの他、自転車やバイクに取り付け可能なマウントなどが付属し、さまざまなシーンに対応するでしょう。フルHDで15fpsとフレームレートが高くないため、風景撮りなどにおすすめですが、自分で楽しむ分にはアクションカムとしても手頃ですね。HD画質では30fpsでの撮影が可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー エスエーシー(SAC) 商品 AC150
映像素子 CMOS F値 -
有効画素数 - 光学ズーム -
デジタルズーム - 焦点距離 -
手ぶれ補正 - タッチパネル/ファインダー -
静止画画素数 - その他機能 内蔵マイク
サイズ 59.3x41.1x24.6 mm 重量 -
ナガオカ

MOVIO M1034K

価格:4,980円 (税込)

Wi-Fi機能でワイヤレス通信が可能なアクションカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wi-Fi対応のアクションカメラです。専用アプリを通じて無線でデータを転送したり、離れたところから撮影データを閲覧できたりと使い方の幅が広がり便利ですね。解像度は最高で4K30fpsの撮影が可能です。フルHDでは60fpsと激しいアクションも滑らかに撮影できるので、スポーツシーンやアウトドアシーンの活用におすすめです。また、USBケーブルでパソコンと接続することでWEBカメラとして活用することもできます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ナガオカ 商品 M1034K
映像素子 1/3.2型 F値 -
有効画素数 - 光学ズーム -
デジタルズーム - 焦点距離 -
手ぶれ補正 - タッチパネル/ファインダー -
静止画画素数 - その他機能 内蔵マイク・Wi-Fi
サイズ 59x41x25 mm 重量 56g
REMOVU

3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1

価格:11,500円 (税込)

4K映像が撮影できるジンバル付きカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4K解像度30fpsでの撮影が可能なジンバル付きカメラです。モーターによる3軸ジンバルで映像を安定させるので、映画のような高精細で滑らかな動画を撮ることができるでしょう。ただしレビューでは、使い方や仕様のクセが強いようなので事前にチェックしておくことを推奨します。セルフィーモード搭載で自撮りもしやすく4時間連続撮影できるバッテリーも魅力的ですね。旅の風景を歩きながら撮るなどの用途におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー REMOVU 商品 RM-K1
映像素子 CMOS 1/2.3型 F値 F2.8
有効画素数 - 光学ズーム -
デジタルズーム - 焦点距離 50cm~ ※適正距離
手ぶれ補正 タッチパネル/ファインダー -
静止画画素数 1200万画素 その他機能 内蔵マイク・Wi-Fi
サイズ 58x216x70 mm 重量 -
ジョワイユ

360°VIEW CUBE CAM PRO JOY700WH

価格:15,200円 (税込)

Wi-Fi対応と充実の付属マウントが嬉しい360度カメラ

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wi-Fi対応でスマホからカメラ制御や動画のチェックなどができる半天球の360度カメラです。ヘルメットやハンドル、腕などに固定するマウントが付属していて、アクションカムとしても防犯カメラなどの用途にも活用できます。64GBのSDカードにも対応しているので、データ容量が大きくなっても安心ですね。360度カメラの中では最も低価格帯に属する製品で、手軽に超広角映像を撮影したい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ジョワイユ 商品 JOY700
映像素子 CMOS F値 F2
有効画素数 - 光学ズーム -
デジタルズーム - 焦点距離 -
手ぶれ補正 - タッチパネル/ファインダー -
静止画画素数 - その他機能 内蔵マイク・Wi-Fi
サイズ 48x50x52.5 mm 重量 85g
ゴープロ

HERO7

価格:19,890円 (税込)

音声コントロールで完全ハンズフリーなアクションカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音声コントロールが可能なアクションカムです。「GoPro ビデオスタート」などの音声コマンドで録画も写真撮影もハンズフリーで行うことができます。撮影を意識せずにスポーツやレジャーに集中できるビデオカメラとしておすすめです。4K30fpsの精細な動画を撮影でき、より激しいアクションではフルHD60fppsで撮影できます。水深10mの防水性能や画面安定化機能も魅力で、アウトドアシーンを鮮やかに記録するでしょう。

 

取扱説明書はこちら

メーカー GoPro 商品 CHDHC-601
映像素子 - F値 -
有効画素数 - 光学ズーム -
デジタルズーム - 焦点距離 -
手ぶれ補正 タッチパネル/ファインダー 〇/-
静止画画素数 - その他機能 内蔵マイク×2・音声コントロール・Wi-Fi・Bluetooth
サイズ 62.3x44.9x28.3 mm 重量 94.4g
Insta360

スポーツカメラ Insta360 GO

価格:21,780円 (税込)

携帯性と手ぶれ補正機構が魅力のアクションカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

20g以下の軽量ボディで極めて携帯性に優れたアクションカメラです。クリップや磁気ストラップなどで身につけることで、ハンズフリーで撮影することができます。揺れや振動に対して6軸ジャイロスコープ手ぶれ補正が強力に働き、安定した滑らかな映像を実現。6倍速のハイパーラプスやスローモーションなどの動画も作成できます。ドラマチックな演出を動画編集に盛り込みたい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Insta 360 商品 Go
映像素子 - F値 F2.1
有効画素数 - 光学ズーム -
デジタルズーム - 焦点距離 -
手ぶれ補正 タッチパネル/ファインダー -
静止画画素数 - その他機能 内蔵マイク・Bluetooth
サイズ 21.4x49.4x14.85 mm 重量 18.3g

ハンディカム

ケンコー(Kenko)

デジタルビデオカメラ VS-FUN III

価格:5,960円 (税込)

乾電池駆動で外出先で使用しやすいビデオカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルカリ単4電池を電源とするビデオカメラです。充電式とは異なり、電池切れの際に乾電池の入れ替えですぐに使用できる点が魅力的ですね。解像度は1280×720となるため、画質の良さを求めない資料作成などでコンスタントに使用する方におすすめです。液晶モニターは回転することができるので、手を高く伸ばして撮影するような場合にも使いやすいでしょう。LEDライト搭載なので、暗い場所の撮影にも対応できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ケンコー(Kenko) 商品 VS-FUN III
映像素子 CMOS 1/3.2型 F値 -
有効画素数 - 光学ズーム -
デジタルズーム 8倍 焦点距離 -
手ぶれ補正 - タッチパネル/ファインダー -
静止画画素数 503万画素 その他機能 内蔵マイク
サイズ 68x41x111 mm 重量 211g
ジョワイユ

TCL ビデオカメラ D857

価格:6,272円 (税込)

回転可能なタッチパネルの液晶モニターを搭載したハンディカム

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タッチパネルで回転可能な液晶モニターを搭載した使い勝手に優れるビデオカメラです。フルHD画質を30fpsで撮影することができます。夜間撮影モードやタイムラプスモードなどを搭載しており、低価格帯のハンディカムの中でも汎用性の高い製品と言えるでしょう。対応するSDカードは32GBまでで連続長時間撮影には向きません。しかし細かい設定不要のオートモードもあり使い勝手がよく、旅行やレジャーの思い出を残す用途にはおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ジョワイユ 商品 D857
映像素子 CMOS F値 F3.2
有効画素数 - 光学ズーム -
デジタルズーム 20倍 焦点距離 -
手ぶれ補正 電子式 タッチパネル/ファインダー 〇/-
静止画画素数 - その他機能 内蔵マイク
サイズ 32x52x110 mm 重量 -
三金商事

デジタルビデオカメラ LIV-SCDV

価格:7,200円 (税込)

録画・再生・データ操作のシンプル機能のビデオカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

動画の録画/再生・静止画撮影・データ管理のシンプルな機能で構成されたビデオカメラです。撮影時はモニターを開いて録画ボタンを押すだけ、再生時も簡単操作で複雑はなく誰でもすぐに扱えるでしょう。多機能で複雑な操作が苦手な方におすすめです。フルHD画質に対応しており、静止画モードでは笑顔を検出して自動撮影する機能が搭載されています。USBでPCと接続してデータを転送可能。最低限の機能を備えたビデオカメラと言えるでしょう。

メーカー 三金商事 商品 LIV-SCDV
映像素子 CMOS F値 F2.8
有効画素数 - 光学ズーム -
デジタルズーム 8倍 焦点距離 6mm
手ぶれ補正 - タッチパネル/ファインダー -
静止画画素数 - その他機能 内蔵マイク
サイズ 56x58.3x120.2 mm 重量 180g
サイトロンジャパン

ナイトゲイザー SP868A

価格:23,800円 (税込)

暗所の視認性に優れた暗視カメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンティングや天体観測・野鳥観察などのアウトドア用スコープを開発・製造するサイトロンのビデオカメラです。ナイトスコープとしてのニュアンスが強い本製品は、暗闇の中でも最大100mの視認性能をもっています。最大32GB対応のmicroSDで動画の記録をすることができます。解像度は最大で640×480と高くないため、一般的な用途には向きませんが、サバイバルゲームや釣りなどをサポートするツールとしてはおすすめです。

メーカー サイトロン(SIGHTRON) 商品 SP868A
映像素子 CMOS F値 F1.52
有効画素数 - 光学ズーム -
デジタルズーム 2倍 焦点距離 -
手ぶれ補正 - タッチパネル/ファインダー -
静止画画素数 - その他機能 夜間撮影機能
サイズ - 重量 140g
JVC

ハイビジョンビデオカメラ GZ-E380 Everio

価格:19,980円 (税込)

フルHD・光学ズーム40倍・テレマクロモード搭載ハンディカム

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JVC Everioシリーズの2017年発売モデルのハンディカムです。いわゆる型落ち品で低価格帯に属していますが、性能バランスに優れ40倍光学ズームやフルHDなど魅力的な性能を持っています。被写体の細部を大きく美しく撮影するテレマクロモードや夜景モードなどがあり、幅広い撮影シーンに活用できるでしょう。安いビデオカメラの中でも信頼性が高く、家族の思い出や学校行事の撮影に最もおすすめできます。

 

取扱説明書はこちら

メーカー JVC 商品 GZ-E380
映像素子 CMOS 1/5.6型 F値 F1.8~F6.3
有効画素数 229万画素 光学ズーム 40倍
デジタルズーム 200倍 焦点距離 ダイナミックズーム時:40.5~2430mm
手ぶれ補正 タッチパネル/ファインダー 〇/-
静止画画素数 229万画素 その他機能 内蔵ステレオマイク
サイズ 50x57x116 mm 重量 195g
ZOOM(ズーム)

ハンディビデオレコーダー Q2n

価格:21,800円 (税込)

音声録音に重点を置いたビデオカメラ

Amazon(中古)で詳細を見る 楽天(中古)で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

立体的に音を録音するXYステレオマイクを内蔵したビデオカメラです。ミュージシャンのビデオコンテンツ配信を想定して開発された製品で、音質が良く演奏の迫力を感じることができるでしょう。フルHD30fpsの高画質で録画でき、128GBのmicroSDにも対応しています。ナイトモードやアウトドアなど、演奏シーンに合わせたカメラ設定も可能です。なお、4K対応のQ2n-4Kも本製品に数千円上乗せした程度の価格で新品購入できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ズーム(ZOOM) 商品 Q2n
映像素子 CMOS 1/3型 F値 F2
有効画素数 - 光学ズーム -
デジタルズーム 1.5倍 焦点距離 16.6mm
手ぶれ補正 - タッチパネル/ファインダー -
静止画画素数 - その他機能 120度XYステレオ
サイズ 66x85.4x46.5 mm 重量 92g
ジョワイユ

デジタルムービーカメラ JOY-F9IR

価格:23,500円 (税込)

赤外線撮影(IR)機能搭載のビデオカメラ

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

暗所の撮影に適した赤外線撮影が可能なビデオカメラです。形状は一般的なハンディカムですが撮影距離1m~・デジタルズームなどの特性から、夜間業務などの特殊な用途で活躍する製品と言えるでしょう。日中であれば風景撮りや外観撮りなどの用途にもおすすめです。フルHD対応なので画質も十分にきれいで、またタッチパネル操作に対応しているのも扱いやすいポイントですね。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ジョワイユ 商品 JOY-F9TCIR
映像素子 CMOS F値 F2.8
有効画素数 - 光学ズーム -
デジタルズーム 8倍 焦点距離 -
手ぶれ補正 - タッチパネル/ファインダー 〇/-
静止画画素数 - その他機能 内蔵マイク
サイズ 58x58x126 mm 重量 280g

単に安いだけではなく、性能面も充実したビデオカメラがほしい場合は、SONYやJVCなど大手メーカーの型落ち品がおすすめです。メーカーでは毎年1回新モデルを出しますが、その度に革新的な技術が搭載されるわけではなく、前モデルとほぼ同等の性能の製品も少なくありません。

 

とは言え、本記事で紹介した製品よりも価格は高くなるので過度な期待はしない方が無難です。大手メーカーのビデオカメラを安く買う方法として覚えておくといいですね。また、新製品の場合は毎年1~2月に発売され徐々に値下がり、6月に最安値になる傾向があります。

安いビデオカメラは用途が限定的だったりクセのある製品が多いですが、自分のニーズにぴったりはまればとてもコスパに優れています。スペックやレビューなどを確認して、家族の思い出や旅の記録・資料作成などに役立つビデオカメラを見つけてくださいね。

# 安い