おすすめのリビング向け加湿器|スチーム式も【ダイニチ・象印】

本記事ではリビング向け加湿器の選び方や注意点を解説します。また、リビング向けのおすすめ加湿器ランキングをご紹介。スチーム式・ハイブリッド式などの方式別のメリット・デメリットや、ダイニチ・象印など人気メーカーについての解説も必見です。リビング用加湿器をお探しの方はぜひご覧ください。

2024/04/27 更新

商品PRを目的とした記事です。ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されます。

編集部おすすめの記事

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

リビング等で主に昼に使用・・・質問②へ ←クリックしてジャンプ

 

 

寝室で寝るときに使用・・・質問③へ ←クリックしてジャンプ

子供・ペットがいる・・・質問③へ ←クリックしてジャンプ

 

 

子供・ペットはいない・・・質問④へ ←クリックしてジャンプ

編集部の画像

編集部

どちらも熱い蒸気が出ないので、子供やペットと一緒に寝る方にも安心です!

静音性も高いので、お昼寝や夜の睡眠を邪魔しません。


用心したい方はチャイルドロックの有無を確認しましょう。

加湿力は高い方がいい・・・質問⑤へ ←クリックしてジャンプ

 

 

本体価格が安い方がいい・・・質問⑥へ ←クリックしてジャンプ

編集部の画像

編集部

気化式とハイブリット式(温風気化式)で迷ったら、


より電気代の節約を重視・・・ 気化式

加湿の立ち上がりの速さを重視・・・ ハイブリット式(温風気化式)


で決めましょう!

編集部の画像

編集部

超音波式とハイブリット式(加熱超音波式)で迷ったら、


アロマ機能やイルミネーション付きのものを探したい・・・ 超音波式

加湿力が高いものを探したい・・・ ハイブリット式(加熱超音波式式)


で決めましょう!

加湿器使ったくらいで電気代にそんな違いある?

 

と思われる方もいるのではないでしょうか。

 

 

実は加湿器使用による電気代の上昇を感じている方は少なからずいます。アンケートの結果の通り、5人に1人は電気代の上昇を経験しています。節約を意識している方は、購入後に後悔しないように事前にランニングコストの見積もりをしておきましょう。

 

 

以下の表は適用畳数8畳の機種の電気代をランダムに集計したものになります。

 

加湿式

6畳/1hの電気代

(木造5~6畳)

3ヶ月間1日8時間

使った電気代

スチーム式

7.0円 5054.4円

気化式

0.2円 175.0円

超音波式

0.5円 349.9

ハイブリット式

(温風気化式)

2.6円 1905.1円

ハイブリット式

(加熱超音波式)

0.4円

252.7円

※適用畳数6畳の機種をランダムに集計

※電気代料金単価は1kWhあたり27円(税込)で計算

 

この差を知らないで購入し、冬の間長時間使っていたかと思うとゾッとしますよね。特にスチーム式はかなり電気代が高いです。本体価格が安く人気な機種も多い加湿式ですが、電気代の側面からいうとおすすめはできません。

 

 

上の表にある1時間あたりの電気代は「ワット数(W)÷1000×電気料金単価」で算出できます。商品のスペック詳細に記載してある消費電力の数値と、ご自宅の電気料金単価を確認して計算をしてみましょう。

【木造住宅に】おすすめのリビング向けの加湿器|口コミ評価

商品比較一覧表

商品画像
メーカー
ダイニチ
シャープ
ダイニチ
ダイニチ
三菱重工
商品名
HD-LX1022シリーズ【2022年モデル】
HV-R120
HD-LX1221シリーズ【2021年モデル】
HD-LX1021シリーズ【2021年モデル】
roomist SHE120VD
リンク
加湿タイプ
ハイブリッド式(温風気化式)
ハイブリッド式(温風気化式)
ハイブリッド式(温風気化式)
スチーム式
タンク容量【L】
7 L
7 L
7 L
7 L
10 L
設置タイプ
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
加湿量/h【mL】
1100 mL
1200 mL
1300 mL
1100 mL
1200 mL
最小運転音【dB】
13dB
30 dB
13dB
13dB
29 dB
幅x高さx奥行【mm】
390x405x245mm
370x505x245 mm
390x405x245mm
390x405x245mm
440x320x290 mm
重量【kg】
6.4 kg
8.5 kg
6.4 kg
6.4 kg
8 kg
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 加湿タイプ タンク容量【L】 設置タイプ 加湿量/h【mL】 最小運転音【dB】 幅x高さx奥行【mm】 重量【kg】
1
ダイニチ
HD-LX1022シリーズ【2022年モデル】
ハイブリッド式(温風気化式)
7 L
据え置き
1100 mL
13dB
390x405x245mm
6.4 kg
2
シャープ
HV-R120
16,834円
ハイブリッド式(温風気化式)
7 L
据え置き
1200 mL
30 dB
370x505x245 mm
8.5 kg
3
ダイニチ
HD-LX1221シリーズ【2021年モデル】
ハイブリッド式(温風気化式)
7 L
据え置き
1300 mL
13dB
390x405x245mm
6.4 kg
4
ダイニチ
HD-LX1021シリーズ【2021年モデル】
7 L
据え置き
1100 mL
13dB
390x405x245mm
6.4 kg
5
三菱重工
roomist SHE120VD
26,500円
スチーム式
10 L
据え置き
1200 mL
29 dB
440x320x290 mm
8 kg
ダイニチ

HD-LX1022シリーズ【2022年モデル】

-

ダイニチプラス HD-LX1022(H) [モスグレー]

-

ダイニチプラス HD-LX1022(W) [サンドホワイト]

-

ダイニチプラス HD-LX1222(H) [モスグレー]

加湿タイプ
ハイブリッド式(温風気化式)
タンク容量【L】
7 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
1100 mL
最小運転音【dB】
13dB
幅x高さx奥行【mm】
390x405x245mm
重量【kg】
6.4 kg
シャープ

HV-R120

【おすすめポイント】

・静音性が高く、就寝時でも音が気にならない
・上から流して入れるだけなので、給水が簡単
・プラズマクラスター搭載で空気清浄効果が期待できる


【ここが少し気になる…】

・フィルター交換が必要でランニングコストがかかる
・サイズが大きいため、設置場所を選ぶ必要がある
・耐久性に関する口コミが集まっていない

加湿タイプ
ハイブリッド式(温風気化式)
タンク容量【L】
7 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
1200 mL
最小運転音【dB】
30 dB
幅x高さx奥行【mm】
370x505x245 mm
重量【kg】
8.5 kg
ダイニチ

HD-LX1221シリーズ【2021年モデル】

Amazon での評価

(2024/06/14調べ)

Y.Kさんの口コミ

神奈川県 男性 30代 会社員(総合職)

絶対に湿度を安定させたい方、手入れのしやすさ重視の方にお勧め

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
部屋の空気が乾燥していることに気が付き、肌や髪の毛がパサついていたので、加湿器を購入することにしました。調べたところ、高性能であると評価の高いHD-LX1221に惹かれ、購入を決めました。

●予算感
購入前は、比較的低価格で空気中の湿度を調整してくれる加湿器を探していました。しかし、HD-LX1221の高性能と自動湿度調整機能に興味を持ち、購入を決めました。調べる中で、予算が少し高めになることになりましたが、長期的には健康にも良い影響を与えることができるため、投資する価値があると考えました。

●迷った商品
なし

●決め手
以前までは空気清浄機の加湿機能をつかっていたが、掃除が面倒だった。今回は十分な加湿性能を担保しつつも、お手入れのしやすさにひかれて購入しました。

●懸念点
タンクの容量が7Lと大きいためキッチンや洗面台の造りによっては水を入れるのが大変

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル


●使ってみた感想(良かったこと)
自動湿度調整機能が非常に優れていることです。加湿器を購入した目的である空気中の湿度調整を、HD-LX1221は高い精度で行ってくれるため、常に快適な湿度を保つことができました。また、フィルターの性能も高く、空気中の不純物を効果的に除去することができました。想定通りに良かった点は、水タンクの容量が大きいため、一度の補充で長時間の運転が可能であることです。また、操作も簡単で、モードの切り替えもスムーズに行えました。

●使ってみた感想(悪かったこと)
フィルター が「5シーズンをめやすに新しいものと交換」とのことですが、メーカ想定では1シーズンを 6カ月、1日8時間運転がめあすであることにあとで気づきました。24時間常に電源を入れている状態なので、メーカーの想定しているフィルター寿命よりも早く劣化が進んでいる気がするところです。

●どのような人におすすめできるか
湿度に敏感な人にはおすすめできます。部屋が広すぎる場合はこの1台だけではカバーしきれないかもしれません。実際の畳数よりはサイズの大きいものを検討したほうが良いです。

●気にする必要がなかったこと
静穏設計だが、少なからず音はするとの口コミがあったが、湿度が極端に下がらない限りはそよ風のような運転状態になるので、真横にでもない限り気にならなかった。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる

S.Sさんの口コミ

北海道 男性 20代 自営業・自由業

手軽なメンテでパワフルで迅速かつ静かな加湿!

●元々使っていた商品
SHE35VD

●きっかけ
違う家で使っていた加湿器が手入れの手間の割には使い勝手が悪く、加湿能力もそんなに高くなかったので思い切ってダイニチのフラグシップ機を購入してみました。

●予算感
予算的は数万は見ていて、前不満を持ちつつ使っていたモノよりもどのように良いのか、価格等を見たり加湿の仕方なりなどを比較していった中で、割に加湿性能やお手入れ等も楽そうに見えたのと、最近自分の住んでいる賃貸にスマートリモコン等を搭載していたのでその制御に乗っかれるような感じだったのでこの商品にしました。

●迷った商品
EE-DC50

●決め手
象印社の加湿方法は沸騰をさせる必要あり、消費電力もしっかり高く音も出る。
ダイニチの加湿器は沸騰をさせる必要は無く音も静か、加湿性能と消費電力を見るとこちらに軍配は上がるかなと思ってこちらを購入しました。

●懸念点
超楽ちんに手入れが終わる機種に比べて、やや手入れに時間等が掛かること。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル


●使ってみた感想(良かったこと)
始めてダイニチ製の加湿器を使ったのですが、使ってみて指定の湿度まで上がるのが早く、割と大容量のタンクの水もすぐ無くなっていくためその分加湿されているのだなと本体とは違う温湿度計で湿度を確認して実感。
音も静かで、指定湿度付近になると標準運転ではハイブリッド式加湿から気化式にシフトして電気代の方にもメリットはあるのかなとも思いました。
また目当てだったスマートリモコンの対応に関しては申し分なく、湿度の設定やモードの切り替え等は登録しておけば遠隔で操作等は可能である。

●使ってみた感想(悪かったこと)
若干スマートリモコンの感度というか、受光に関して自分の使っているスマートリモコンだと若干シビアかなと感じました。
自分はSwitchbotハブミニにて使用していましたが、本当にハブミニの直下付近等で運用しないと赤外線が上手く拾えない事象が起きてしまいました。
最近ではSwitchbotの方も赤外線の出力が強化されているモデルもあるので、そちらを使ったり工夫すると良いのかなと思いました。

●どのような人におすすめできるか
オススメできる人は、多少の手入れはちゃんと出来る人、この要領でも面倒に思えて出来なかったらもっと楽なモノか、そもそもほぼ手入れが必要ない加湿方式を選ぶ方が良いです。後は静かでパワフルな加湿が欲しい人。スマートリモコン等と併用してシーン制御等をしたい人にオススメです。
オススメできない人はメンテを一切したくない人です。

●気にする必要がなかったこと
加湿器となると手入れが必要というのはつきものなのですが…ぶっちゃけこの機種に関しましては重曹とクエン酸をある程度用意できれば浸けおいて、各指定時間浸けたら洗って戻すだけなのでそんなに普通の加湿器の要領と変わらないかと。
この程度出来ないのならば、スチーム式意外買わない方が身のためです。逆に体調を崩しかねませんので。
ここら辺はお住まいの水質等にも左右されますので一概に説明書通りの運用をするのは適当じゃないかも知れません。
自分もなんとなく抗菌フィルターの交換時期が説明書に書かれているシーズン経過まで持たなそうかな~と思ってます。

●その他
スマートリモコンに対応なだけで赤外線リモコンはついてません。遠隔操作には赤外線を出力できるスマートリモコン等が必要です。
あとフル満タンの水をタンクに入れると結構持ち運びが重たいです。あまり余計に入れても水は毎日取り替えた方が衛生的によろしいので、使用しながら投入する水の量を調節すると良いかもしれません。
もっと見る
レビューを閉じる

M.Mさんの口コミ

鹿児島県 女性 30代 専業主婦・主夫

湿度計の数字がグングン上がる!加湿器ならコレ‼

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
以前は空気清浄機と加湿器が一緒になっている製品を使用していましたが、部屋の湿度が全く上がらないため買い替えを決意しました。

●予算感
購入前は1万円~2万円程度で購入できればと思い、ショッピングサイトで検索していましたが、やはり、20畳程のリビングを加湿するにはもう少し予算を上げないといけないことがわかりました。さらに購入者のレビューを読み漁り、今回購入した製品が間違いないとの印象を受けたので購入しました。

●迷った商品
なし

●決め手
加湿器について検索しているうちに、しっかり加湿したいならDainichi製品が間違いないとの印象を受けており、また店頭で実物を確認したところデザインもスタイリッシュでとても気に入りました。それと、お掃除が大変なトレーの部分が使い捨てで交換しやすいこともずぼらな私にはかなり魅力的でした。

●懸念点
ポジティブな口コミが多かったので、特に不安はありませんでした。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
特にありませんでした。

●使ってみた感想(良かったこと)
タンクに水を入れて電源を入れると、部屋に設置している湿度計の数字がグングン上がっていって本当に驚きました。加湿を始めてしばらくすると、部屋が加湿されていることが肌で感じられるほどです。石油ファンヒーターを稼働させていても問題なく加湿されたのでとても助かりました。静音モードやターボモードなどシーンに合わせて調整することができるところも便利です。

●使ってみた感想(悪かったこと)
もしかすると当然のことなのかもしれませんが、しっかりと窓や部屋のドアを閉めていないと湿度計の数字はほとんど変わりません。小窓を一つだけ開けて加湿したい時があったのですが、ほどんど加湿はされませんでした。

●どのような人におすすめできるか
今お使いの加湿器に満足していない方、こちらの製品は湿度が上がったことが湿度計でも確認でき、されに肌で感じられるほどですので、本気で室内を加湿したい方にぜひ使用していただきたいです。

●気にする必要がなかったこと
ターボモードで運転すると運転音がうるさいかなぁと心配でしたが、気になるほどではありませんでした。

●その他
水を入れるタンクが大きいので、タンク満タンに水を入れると運ぶのが大変な方もいるかもしれません。
もっと見る
レビューを閉じる
加湿タイプ
ハイブリッド式(温風気化式)
タンク容量【L】
7 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
1300 mL
最小運転音【dB】
13dB
幅x高さx奥行【mm】
390x405x245mm
重量【kg】
6.4 kg
ダイニチ

HD-LX1021シリーズ【2021年モデル】

Amazon での評価

(2024/06/14調べ)

-

ダイニチプラス HD-LX1021(H) [モスグレー]

-

ダイニチプラス HD-LX1021(W) [サンドホワイト]

タンク容量【L】
7 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
1100 mL
最小運転音【dB】
13dB
幅x高さx奥行【mm】
390x405x245mm
重量【kg】
6.4 kg
三菱重工

roomist SHE120VD

加湿タイプ
スチーム式
タンク容量【L】
10 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
1200 mL
最小運転音【dB】
29 dB
幅x高さx奥行【mm】
440x320x290 mm
重量【kg】
8 kg

おすすめ木造リビング向けの加湿器|比較一覧表

商品画像
メーカー
ダイニチ
シャープ
ダイニチ
ダイニチ
三菱重工
商品名
HD-LX1022シリーズ【2022年モデル】
HV-R120
HD-LX1221シリーズ【2021年モデル】
HD-LX1021シリーズ【2021年モデル】
roomist SHE120VD
リンク
加湿タイプ
ハイブリッド式(温風気化式)
ハイブリッド式(温風気化式)
ハイブリッド式(温風気化式)
スチーム式
タンク容量【L】
7 L
7 L
7 L
7 L
10 L
設置タイプ
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
加湿量/h【mL】
1100 mL
1200 mL
1300 mL
1100 mL
1200 mL
最小運転音【dB】
13dB
30 dB
13dB
13dB
29 dB
幅x高さx奥行【mm】
390x405x245mm
370x505x245 mm
390x405x245mm
390x405x245mm
440x320x290 mm
重量【kg】
6.4 kg
8.5 kg
6.4 kg
6.4 kg
8 kg
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 加湿タイプ タンク容量【L】 設置タイプ 加湿量/h【mL】 最小運転音【dB】 幅x高さx奥行【mm】 重量【kg】
1
ダイニチ
HD-LX1022シリーズ【2022年モデル】
ハイブリッド式(温風気化式)
7 L
据え置き
1100 mL
13dB
390x405x245mm
6.4 kg
2
シャープ
HV-R120
16,834円
ハイブリッド式(温風気化式)
7 L
据え置き
1200 mL
30 dB
370x505x245 mm
8.5 kg
3
ダイニチ
HD-LX1221シリーズ【2021年モデル】
ハイブリッド式(温風気化式)
7 L
据え置き
1300 mL
13dB
390x405x245mm
6.4 kg
4
ダイニチ
HD-LX1021シリーズ【2021年モデル】
7 L
据え置き
1100 mL
13dB
390x405x245mm
6.4 kg
5
三菱重工
roomist SHE120VD
26,500円
スチーム式
10 L
据え置き
1200 mL
29 dB
440x320x290 mm
8 kg

【マンションに】おすすめのリビング向けの加湿器|口コミ評価

商品比較一覧表

商品画像
メーカー
パナソニック
ドウシシャ
パナソニック
ダイニチ
ダイニチ
三菱重工
ドウシシャ
東芝
ダイニチ
三菱重工
スリーアップ
モダンデコ
シリウス
アピックス
商品名
FE-KXU07シリーズ
KSX-603シリーズ
FE-KFU07/05シリーズ
RXT TYPE【2022年モデル】
RXT SERIES【2021年モデル】
roomist SHE60シリーズ
KHW-652シリーズ
TKA-S60A
HD SERIES【2022年モデル】
roomist SHK70VR
ST-T2139
AND・DECO jxh003jシリーズ
SVW-MQA70
AHD-200
説明
壁際の設置も可能な薄型加湿器
リンク
加湿タイプ
気化式
スチーム式
気化式
ハイブリッド式(温風気化式)
ハイブリッド式(温風気化式)
スチーム式
ハイブリッド式(加熱超音波式)
スチーム式
ハイブリッド式(温風気化式)
ハイブリッド式(温風気化式)
スチーム式
ハイブリッド式(加熱超音波式)
気化式
超音波式
タンク容量【L】
4.2 L
3 L
4.2 L
6.3 L
6.3 L
4 L
5 L
4 L
2.4 L
4.5 L
5.5 L
6.5 L
6 L
4.5 L
設置タイプ
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
加湿量/h【mL】
800 mL
600 mL
800 mL
800 mL
960 mL
600 mL
650 mL
600 mL
300 mL
700 mL
600 mL
550 mL
700 mL
600 mL
最小運転音【dB】
15dB
15dB
13dB
13dB
27 dB
13dB
18 dB
32 dB
幅x高さx奥行【mm】
375x375x186 mm
221x346x232 mm
375x375x180mm
375x375x210mm
375x375x210mm
221x308x297 mm
265x615x160 mm
264x302x257 mm
322x325x165 mm
385x370x198 mm
235x415x240 mm
256x340x200 mm
320x400x280 mm
335x385x180 mm
重量【kg】
5.2 kg
2.6 kg
4.7 kg
5.1 kg
5.1 kg
4 kg
3.7 kg
3.5 kg
3.4 kg
5.2 kg
3.9 kg
5.8 kg
2.1 kg
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 加湿タイプ タンク容量【L】 設置タイプ 加湿量/h【mL】 最小運転音【dB】 幅x高さx奥行【mm】 重量【kg】
1
パナソニック
FE-KXU07シリーズ
壁際の設置も可能な薄型加湿器
気化式
4.2 L
据え置き
800 mL
15dB
375x375x186 mm
5.2 kg
2
ドウシシャ
KSX-603シリーズ
スチーム式
3 L
据え置き
600 mL
221x346x232 mm
2.6 kg
3
パナソニック
FE-KFU07/05シリーズ
気化式
4.2 L
据え置き
800 mL
15dB
375x375x180mm
4.7 kg
4
ダイニチ
RXT TYPE【2022年モデル】
ハイブリッド式(温風気化式)
6.3 L
据え置き
800 mL
13dB
375x375x210mm
5.1 kg
5
ダイニチ
RXT SERIES【2021年モデル】
ハイブリッド式(温風気化式)
6.3 L
据え置き
960 mL
13dB
375x375x210mm
5.1 kg
6
三菱重工
roomist SHE60シリーズ
スチーム式
4 L
据え置き
600 mL
27 dB
221x308x297 mm
4 kg
7
ドウシシャ
KHW-652シリーズ
ハイブリッド式(加熱超音波式)
5 L
据え置き
650 mL
265x615x160 mm
3.7 kg
8
東芝
TKA-S60A
9,780円
スチーム式
4 L
据え置き
600 mL
264x302x257 mm
3.5 kg
9
ダイニチ
HD SERIES【2022年モデル】
ハイブリッド式(温風気化式)
2.4 L
据え置き
300 mL
13dB
322x325x165 mm
3.4 kg
10
三菱重工
roomist SHK70VR
15,790円
ハイブリッド式(温風気化式)
4.5 L
据え置き
700 mL
18 dB
385x370x198 mm
5.2 kg
11
スリーアップ
ST-T2139
6,980円
スチーム式
5.5 L
据え置き
600 mL
235x415x240 mm
3.9 kg
12
モダンデコ
AND・DECO jxh003jシリーズ
ハイブリッド式(加熱超音波式)
6.5 L
据え置き
550 mL
32 dB
256x340x200 mm
13
シリウス
SVW-MQA70
気化式
6 L
据え置き
700 mL
320x400x280 mm
5.8 kg
14
アピックス
AHD-200
7,480円
超音波式
4.5 L
据え置き
600 mL
335x385x180 mm
2.1 kg
比較表を全て見る(10位以降)
パナソニック

FE-KXU07シリーズ

Amazon での評価

(2024/06/13調べ)

壁際の設置も可能な薄型加湿器

【おすすめポイント】
・加湿+ナノイーでうるおい効果アップ
・パワフル加湿で素早く適湿に
・壁際に設置しても壁やカーテンが濡れない

【ここが少し気になる...】
・音が気になる場合がある

SWさんの口コミ

千葉県 男性 20代 会社員(一般職)

ついに見つけた!理想の加湿器!

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
冬になり、暖房使用時や起床時の喉の痛みや、肌の乾燥が気になり、加湿器の購入を検討しました。

●予算感
以前安い加湿器を購入して、壊れやすさや性能面で公開をしていたので、1?2万円くらいで性能のいいものを探していました。Youtubeやネット記事を見ている中でこちらの商品に出会い、少し予算感は上がってしまうことになったのですが、Panasonicのブランドイメージやデザイン、機能面に惹かれて最終的にはこちらの商品にしました。

●迷った商品
象印 加湿器 EE-DA50-WA

●決め手
加熱式が衛生的にもいいという口コミを見たのですが、デメリットとして電気代が高くなるなどがあり、近年電気代が高騰している背景などもあったため、今回の気化式の商品の電気代の安さに惹かれました。また、湿度の自動調整機能などもついていたので機能的な面でもこちらの商品に惹かれました。

●懸念点
気化式なので、ファンの音が気になるというコメントや、雑菌が増えやすいというコメントがあったのでその点は不安でした。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
一つは加湿器はインテリアに馴染みにくいデザインが多いイメージだったのですが、こちらの商品はデザインもインテリアに馴染み、壁にぴったりとつけてもいいというものだったのでデザイン的にも気に入っています。また、湿度の自動調整機能に関しても、のど・肌モードなど湿度を一定に保つ機能があり、状況に応じて設定できるのがいいなと思いました。

●使ってみた感想(悪かったこと)
掃除の頻度は一週間に一度程度しっかりと行う必要があるので、その点はデメリットに感じました。ただ、パーツも細かく外せるようになっているので、掃除をする場合には細かいところまで洗うことができたのでその点は良かったです。

●どのような人におすすめできるか
小さいお子さんやペットがいる方や今まで加湿器で部屋がびちゃびちゃになってしまったというご経験がある方にはかなりおすすめできます。

●気にする必要がなかったこと
ファンの音が気になるというコメントがあったのですが、実際に使ってみるとそれほど気になりませんでした。(個人差があるかとは思いますが)また、静かモードなどもありますのでこのあたりもしっかりと対策されているのであまり気していただかなくても問題ないかなと思いました。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる

S.Hさんの口コミ

広島県 女性 40代 会社員(一般職)

安定の加湿機能!信頼できるメーカーの加湿器

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
1歳6か月の娘が風邪をひき始めて、エアコン暖房では喉を傷めてしまい、加湿が足りない為、購入しました.

●予算感
購入時に気化式がいいのか、超音波式がいいのか迷っていました
ただ、100満ボルトの店員の方が小さく安いものだと床が水浸しになって、結局、拭いたり、タオルを引いたりすることになるから、パナソニック、ダイニチ、シャープあたりでしたら、そうなることはありませんと説明いただき、値段も一番安いパナソニックにしました
特段、nanoeがついているかなどはかんがえませんでした

●迷った商品
商品というよりはメーカーで迷いました. パナソニック、ダイニチ、シャープで迷いました

●決め手
一番その時に安かったのがあります
後は、大手家電メーカーという点、日本製品ということです
パナソニックでしたらすぐに壊れないという認識です.

あとは家電量販店さんの説明も後押しされてます.

●懸念点
手入れが大変などと記載があったので、正直不安でした.
何度も手入れするようでしたら、娘が小さいので大変ですし、フィルター交換も何度もする必要があるようでしたらコスパも悪いとは思っていました.

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
音も静かですし、部屋のインテリアも邪魔をしません.
加湿もしっかりと効いてますし、掃除も10分程度で終わってしまうので苦ではありません.
フィルター交換も購入して半年ですが1回もしてません.
蒸気も熱くなくて、幼児がいてもチャイルドロックも備わっているので安心して使用できます.
nanoeがついているので、普通の加湿器より気持ちよく過ごすことができます.

●使ってみた感想(悪かったこと)
幼児が遊びで押すと倒れるという点です.
土台があるわけではないので、壁沿いにおいておかないと、押したら倒れます
コードが短いです.延長コードが必要になる場合が多いと思います
※コードは1mぐらいでした.
加湿の温度が数字ではっきりと見れるようにされておらず、目安で表示されています.

●どのような人におすすめできるか
おすすめできます.
加湿機能だけですが、nanoeもついており、普通の加湿より心理的にもっと安心して過ごせます.
加湿機能が欲しい人には十分だと思います.

●気にする必要がなかったこと
音がうるさいかなぁと思っていましたが、うるさくなく寝れました.

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる

R.Nさんの口コミ

大阪府 女性 50代 専業主婦(主夫)

広いリビングにおすすめの加湿器

●元々使っていた商品
アイリスオーヤマUTK-230

●きっかけ
今まで超音波式の安価な加湿器を使っていましたが、リビングが広いため、スポット的にしか加湿されず、広範囲対応のこの加湿器を買いました。

●予算感
家電量販店の下見で2万前後を考えていました。
スポット的な加湿ではなく部屋全体を加湿出来る品を調べました。
一番重要視したのは、電気代です。
結果、電気代が非常に安く済むこのPanasonicの機種が候補にあがりました。

●迷った商品
シャープHV-R55

●決め手
多少高くても、部屋全体をしっかり加湿出来る機種を考えました。
シャープとPanasonicの二択になったのですが、最終的に電気代も安く、ナノイーがついているPanasonicに決めました。

●懸念点
大手メーカーの売れ筋商品。
電気代も安く、部屋全体が加湿されてとても良い評価、評判ばかりだったので、不安は一切ありませんでした。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
かなり湿度の低い部屋なのですが、30分もつけていると快適な湿度に保たれます。
加湿器の性能は思った以上で大変満足しています。
想定外で良かったのは、フィルターを取り外して洗える事です。
一ヶ月に一度くらい洗剤で洗うのですが、その時に周囲にたくさん付いているカルキや汚れのような物を見ると、簡単にフィルターを洗える事がとても良いです。
また、空気の取り込み口なども、すべて取り外して掃除出来るので、加湿器そのものをとても清潔に保つ事ができます。
また、水の入れ口も、台所のシンクと蛇口にすっと入るような大きさで、さすがPanasonicというところです。

●使ってみた感想(悪かったこと)
静かな設定にしている時は気にならないのですが、部屋が乾燥していて、強く加湿器を稼働させると、結構な音がします。
部屋の中心の、ソファーの横に置いているのである程度の強さで加湿器を付けている時は、加湿器の音がかなり気になります。

●どのような人におすすめできるか
広いリビングの人にはおすすめです。
反対に、リビングがそんなに広くない人は、5千円前後で買える超音波式で充分だと思います。
我が家も寝室などは安価な超音波式を使っています。

●気にする必要がなかったこと
電気代が安いとわかっていましたが、やはり使うまでは心配でした。
しかし、実際に使ってみると、とても安い電気代です。

●その他
乾燥がひどく、広いリビングには最適な機種だと思います。
もっと見る
レビューを閉じる
他0件の買い物体験談を見る
加湿タイプ
気化式
タンク容量【L】
4.2 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
800 mL
最小運転音【dB】
15dB
幅x高さx奥行【mm】
375x375x186 mm
重量【kg】
5.2 kg
ドウシシャ

KSX-603シリーズ

Amazon での評価

(2024/06/02調べ)

Y.Wさんの口コミ

和歌山県 女性 30代 パート・アルバイト

加湿力バツグン!給水カンタン加湿器

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
引越ししてしばらくして、寝室の乾燥が気になり始めたため、加湿器の購入を検討しました。

●予算感
購入前はだいだい1万円位を想定していました。調べていて、ハイブリッド式、スチーム式、気化式、超音波式の4種類があると知り、いいとこどりのハイブリッド式がいいなあと思っていましたが、予算もあるので、結局店頭で見て決めようと思いました。

●迷った商品
アイリスオーヤマ KHDK-35-TM

●決め手
アイリスオーヤマのハイブリッド式加湿器がオシャレで迷いましたが、購入したドウシシャのスチーム加湿器は、店頭で見た中でも一番給水がしやすいと感じこちらに決めました。

●懸念点
調べていた中ではあまり印象になかった商品で、口コミなども見ていなかったため特に不安要素はなかったです。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
給水のしやすさは、思っていた通り簡単でした。蓋も簡単に開け閉めでき、直接、水を入れることが出来るのが利点です。また、寝室用で、寝ているときには真っ暗で寝たいタイプため、なるべく光が目に入らないようにしたかったので、その点でも、稼働時は小さい緑のランプのみですし、丸い形状なので向きを逸らせて置けば問題なく使用できました。

●使ってみた感想(悪かったこと)
スチーム式が初めてだったのですが、いわゆる湯沸かしポットのような感じでした。起動させてしばらくすると、シューというちょっと大きめの音がし始めたので、初めてでびっくりしました。それからまた数分経つと音は小さくなり、蒸気が一定量で出続けるといった感じです。あと、給水時はタンクごと持って水場まで行くので重いですし、水を入れるとさらに重いです。加湿器は置いておき、水を汲んできて入れるのがいいかもしれません。また、結露がかなり気になります。

●どのような人におすすめできるか
吹き出し口は、蒸気でかなり高温になるため、お子様がいる家庭には不向きだと思います。また省エネの点でも超音波式などに比べるとやや落ちます。ただスチーム式は加湿力も高く、室温が上がり暖房がわりになるのでその点を重視される方にはおすすめです。

●気にする必要がなかったこと
省エネの部分でスチーム式は最初あまり検討していませんでしたが、使用した際の電気代を見てもそれほど気になるほどではありませんでしたし、部屋が暖かくなることを思えば問題なかったです。

●その他
予算に余裕があれば、ハイブリッド式がやはり機能的に優れていると思いますので、次買い替えるとすればそちらにしようと思います。
もっと見る
レビューを閉じる

Mさんの口コミ

東京都 女性 30代 会社員(総合職)

加湿器に加湿能力と清潔さを求める人におすすめの1台

●元々使っていた商品
シレーヌ 超音波式2WAY加湿器 ホワイト

●きっかけ
以前使用していた加湿器が超音波方式であったため、加湿能力は高かったもののピンクカビが気になり掃除が大変でスチーム加湿器の購入を考えた。

●予算感
・購入前の予算:5,000円以上10,000円以下程度
・購入前の期待:加湿能力の高さと掃除のしやすさ
・調べる中でその期待がどう変わったか:期待していた加湿能力と掃除のしやすさはその通りで、デザインの良さも気に入りました。

●迷った商品
象印EE-RQ50-WA

●決め手
スチーム加湿器でメジャーなのは象印だが、今回購入したドウシシャの製品はデザインが良くて自宅のインテリアと調和していたため購入を決めました。

●懸念点
特になし

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
特になし

●使ってみた感想(良かったこと)
加湿能力は期待以上でした。加湿する強さのモードも三段階選べて、加湿のしすぎも防げます。一度沸騰させて蒸気を出すため、雑菌も全く気にならず、ミストが床を濡らすことがないため、以前使用していた超音波式の欠点は全て解消することができた。蓋が完全に外せるので水も入れやすくて手入れもしやすいのも良かった点です。

●使ってみた感想(悪かったこと)
加湿部分はどうしても高温になってしまうため、防ぐような機構がカバーとしてついているが、それに触るとそれなりに熱いため、注意する必要がありました。取り外し可能な蓋に持ち手があるため、水を入れた状態で持ち手を持って運ぶ際に若干蓋が外れないか不安があります。

●どのような人におすすめできるか
加湿器にパワフルさを求める人には特にお勧めできます。上記部分が熱くなるため、小さい子供がいる家庭にはあまりお勧めできません。

●気にする必要がなかったこと
蒸気が出る時の音がうるさいというコメントがありましたが、実際にはそこまで気になりませんでした。寝るときに寝室に置いていてもそこまで気にならないレベルでした。

●その他
特になし
もっと見る
レビューを閉じる

S.Hさんの口コミ

愛知県 男性 40代 経営者・役員

シンプルでおシャレ!スチーム式加湿器

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
冬場、朝起きると部屋の空気が乾燥して唇が割れたり、喉の調子が悪くなったりしたので加湿器を検討しました。

●予算感
以前に超音波式の加湿器を使っていたことがあったのですが、白い蒸気が出ている割にはなかなか湿度が上がらなかった経験があったので、湯を沸かすスチーム式の加湿器を探しました。予算は1万円程度でデザインがシンプルでオシャレなものを探しました。

●迷った商品
象印マホービンの「EE-DC35」と迷いました。

●決め手
一番大きな理由はデザインがシンプルなところです。あとは、フタがまるっと外れるので手入れや給水・排水がしやすそうであった点、予算より大分安かったからです。

●懸念点
就寝中に湯を沸かす音が気になるという口コミがあったので自分にとってはどうか不安ではあった。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
特に難しい操作も無かったので、開封後すぐに使うことができました。

●使ってみた感想(良かったこと)
音はそれ程心配することもなく、就寝時も気になりませんでした。個人的には蒸気の音が心地よく感じることもありました。結構頻繁に水を補給しないといけないかと思っていましたが、加湿レベル「中」、8畳の部屋で1日2回程度の補給で済みました。湿度も十分に上がります。あと、期待していた通りフタを外すと開口が広く、手入れや給水・排水がし易いです。

●使ってみた感想(悪かったこと)
フタに握りやすいレバーがついているので、本体を持ち運ぶのについつい持ってしまいそうになる。少し回すだけでフタは取れてしまうので熱いお湯が残っている時はとても危ない。レバーにロックがあっても良かったのではないかと思う。

●どのような人におすすめできるか
おすすめできる人はシンプルなデザインが好きな人。しっかり加湿したい人にもいいかもしれません。お湯が湧く音は多少するのでそれが気になる人は超音波式の方が向いているかもしれません。

●気にする必要がなかったこと
音が気になるという口コミを見ましたが、自分にとってはそれ程気にしなくても良かったです。
もっと見る
レビューを閉じる
加湿タイプ
スチーム式
タンク容量【L】
3 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
600 mL
幅x高さx奥行【mm】
221x346x232 mm
重量【kg】
2.6 kg
パナソニック

FE-KFU07/05シリーズ

Amazon での評価

(2024/06/14調べ)

T.Iさんの口コミ

愛知県 男性 10歳未満 会社員(総合職)

小さなお子さんがいる家庭でリビングで使う加湿器

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
子供が生まれたので、冬でも室内の湿度を保つために加湿器を購入することに。熱くなく安全な加湿器がほしいと思った。

●予算感
購入の予算は2〜3万円程度で検討しており、リビングで使うためそれなりの広さをカバーできるタイプを探していた。
小さな子供がいるので蒸気がでるタイプだと不安があったため、熱くならない加湿器でかつそれなりの加湿力があるものを求めた。

●決め手
Twitterでパナソニックのこの商品をオススメしている人がいたので、これを購入しようと思った。
その人も小さな子供がいるので安心できそうだった。

●懸念点
特になし

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
自動のモードにしていると、湿度状態によって適切に稼働力を変えてくれる。静かなモードにすると、電源がついているかわからないくらい本当に静かで、テレビを集中して観たいときなどに便利である。
容量もそれなりに大きいため、タンクに水がたくさん入るので水の追加もあまり苦にならない。
見た目のデザインもシンプルで良く、どんな部屋でも合わせやすい。

●使ってみた感想(悪かったこと)
湿度がでる部の穴がそれなりの大きさのため、子供がものを入れて遊んでしまうときがある。
乾燥していてフルパワーで稼働するときは、静かなモードとは逆で音がそれなりに大きいため、機械音が気になる人は気になるかもしれない。
私はフルパワーでも全く気にならない。

●どのような人におすすめできるか
おすすめできるのは、小さなお子さんがいる家庭でリビングで使う用途。
おすすめできないのは、とにかく加湿力にこだわりたい人は蒸気がでるタイプが良いと思う。

●気にする必要がなかったこと
サイズが大きめかなと思っていたが、実際にリビングにおいてみると気にならない。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる

M・Yさんの口コミ

滋賀県 女性 30代 パート・アルバイト

超静音!寝室におすすめの加湿器

●元々使っていた商品
なし

●きっかけ
子供がよく風邪を引いて夜中に鼻づまりや咳で寝苦しそうにするため、寝室の湿度を上げるために購入を検討しました。

●予算感
購入前は2万円以内で、そこそこ加湿ができて寝室で使用するため音が静かなものを購入したいと考えていました。調べるとスチーム式の加湿器は加湿能力が高いが音が気になる人は気になるという口コミが多かったので、こちらのハイブリッド式の加湿器を購入しました。

●迷った商品
象印加湿器EE-RQ35-WA

●決め手
インターネット通販サイトを見ていると、象印の加湿器は加湿能力は高いがお湯を沸騰させる際の音が気になるという口コミが多かったので、近くの家電量販店に話を聞きに行きました。こちらの商品は加湿能力も高く音も静かで電気代が安いということで、予算にも収まっていたのでこちらの商品を購入しました。

●懸念点
加湿器の手入れが面倒という口コミがあり不安でした。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
見た目がシンプルで部屋のインテリアの邪魔になりません。音に敏感なタイプの人間ですが、寝室で使用しても音が気になるということは全くなく、静かです。湿度はすごく上がるわけではないですが少しずつ上がっていき、ちょうどいいです。1時間当たりの電気代が安く、電気代が高騰していても安心して使用することができます。

●使ってみた感想(悪かったこと)
すぐに湿度が上がるわけではなく、少しづつ上がっていきます。そして想像していたより加湿能力は低いです。手入れもたまにですが重曹につけて洗ったりと、少し手間がかかります。しっかり手入れしないと中が汚くなるので少し面倒です。

●どのような人におすすめできるか
寝室で就寝中に使用したい方は、音がとても静かなのでおすすめできます。手入れが必要なので、面倒な人にはおすすめできません。

●気にする必要がなかったこと
手入れが面倒という点を気にしていましたが、毎日ではないので個人的には猶予範囲でした。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる
加湿タイプ
気化式
タンク容量【L】
4.2 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
800 mL
最小運転音【dB】
15dB
幅x高さx奥行【mm】
375x375x180mm
重量【kg】
4.7 kg
ダイニチ

RXT TYPE【2022年モデル】

-

ダイニチプラス HD-RXT722(W) [サンドホワイト]

-

ダイニチプラス HD-RXT522(WK) [ホワイト×ブラック]

-

ダイニチプラス HD-RXT522(T) [ショコラブラウン]

-

ダイニチプラス HD-RXT522(W) [サンドホワイト]

-

ダイニチプラス HD-RXT722(T) [ショコラブラウン]

-

ダイニチプラス HD-RXT922(T) [ショコラブラウン]

N.Aさんの口コミ

鹿児島県 女性 30代 無職

デザイン製バツグン!ダイニチのハイブリッド式加湿器

●元々使っていた商品
YAMAZENハイブリッド式加湿器MZH-B45

●きっかけ
使用していた加湿器を丸2年使用し、汚れが気になったため、買い替えを検討しました。

●予算感
購入前は、3万円以内で、ハイブリッド式のものを買おうと考えていました。ちなみに購入前に使用していたものは2万円台でした。
調べる中で、より3万円に近いものを選ぶと自分が期待している商品に近づくことが分かり、こちらの商品にしました。

●決め手
YAMAZEN、Panasonicなどを検討しましたが、デザイン製が高いダイニチの商品で、ハイブリッド式、部屋の間取りに合わせて、こちらの商品にしました。

●懸念点
ネガティブな口コミが無かったため、不安は何もなかったです。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
掃除のし易さが想定以上でした!全体的に部品の1つ1つが軽いため、部品の取り外し、取り付けに力がいらなかったです。掃除の仕方は、給水タンクを取り外し、下部のトレーを引き抜くのみです。下部のトレーの中は簡単に洗うだけです。再度、トレーをしまい、給水タンクをのせるだけです。非常に簡単で想定以上の簡単さでした。

●使ってみた感想(悪かったこと)
給水の際に、取り外したタンクが想定より長かったため、
台所のシンクの底から蛇口にタンクがはまらず、タンクを斜めにして給水しなくてはなりません。また、給水後にシンクから持ち上げる際に重いですが、タンクのボディーにくびれなどがないため、不便です。

●どのような人におすすめできるか
デザイン製を重視する人にはおすすめです。色は3種類ありました。配置する場所に合わせて選ぶのをおすすめします。また、商品が非常に軽いです。

●気にする必要がなかったこと
部屋に馴染むデザインか気にしましたが、実際、部屋に置いてみると馴染みました。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる

H.Wさんの口コミ

東京都 男性 50代 会社員(総合職)

圧倒的に素晴らしい、みんなに勧めたい加湿器

"●元々使っていた商品
Cado STEM 300

●きっかけ
デザインが綺麗な家電が良くてCado STEM 300を使っていたものの、メンテナンスが思ったよりも面倒であったこと。消耗品がとても高額でランニングコストが納得行かなかった点。故障が多かったことからこれらを解消すべく買い替えを検討。

●予算感
購入前の予算は満足いくものであれば特に決めることなく、まずは性能、デザイン、口コミによる評価などをもとに対象製品を探してみました。購入前の期待は、現在の不満を解消することができるものがあれば良いということですが、ダイニチの製品は間違いなく満たしてくれそうだということでこちらにしました。

●迷った商品
条件を全て満たす前提で調べていくと、ダイニチしか該当しないため最終的には迷いませんでした。

●決め手
まず価格がお手頃であること。加湿器のメンテナンスはトレイやフィルターに付着する水垢や固まったミネラルとの戦いになりますが、ダイニチのこちらの機種はリーズナブルな消耗品として洗わずとも交換してしまえる選択が取れることが大変素晴らしい。他のメーカーでは調べた限りでは水受けトレイのカバーまで交換式になっているものはないと思います。
ランニングコストに関しても、消耗品価格は気になるような値段のものはなく、気軽に購入できる価格設定。電気代は気になる場合はエコモードにすることで加熱しないので劇的に安く済ますことができるにもかかわらず、加湿量は加熱無しでもかなり性能が良い点が評価が高いです。口コミでもよく故障するというような評価は見当たらないですし、家庭用加湿器メーカーとしても非常に良い評価なので、安心して購入しました。

●懸念点
いずれの口コミでも不安になるような評価はありませんでした。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
全く問題なし

●使ってみた感想(良かったこと)
事前に調べていた性能は期待通り発揮してくれた上に、やはりメンテナンス性も大変すぐれていて申し分ありません。良すぎたので、子供部屋、寝室、リビングなどもすべてダイニチに買い替えを行いました。おそらく対抗できるような製品が出てこない限り、今後ずっと加湿器は家中ダイニチ製品にすると思います。
文句なしです。

●使ってみた感想(悪かったこと)
使ってみて想定外のことはありませんでしたし、期待通りの製品ですが、デザイン性については上面操作パネルの見栄えや表示などが普通すぎるので、もう少しデザイナーさんが頑張ってくれるとさらに素晴らしいです。

●どのような人におすすめできるか
おすすめできる人:すべての加湿器を希望する人に当てはまります
おすすめできない人:デザイン家電でないと見える場所に家電を置きたくない人

●気にする必要がなかったこと
動作音がどの程度耳につくか気になっていましたが、実際に使ってみたところ、耳障りな音質ではないため気になりません。

●その他
通常の加湿フィルターは3〜5年使えるように記載がありますが、匂いやメンテナンスの手間を考えると毎シーズン買い換えてしまうのがお勧めです。
もっと見る
レビューを閉じる
加湿タイプ
ハイブリッド式(温風気化式)
タンク容量【L】
6.3 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
800 mL
最小運転音【dB】
13dB
幅x高さx奥行【mm】
375x375x210mm
重量【kg】
5.1 kg
ダイニチ

RXT SERIES【2021年モデル】

-

ダイニチプラス HD-RXT921(T) [ショコラブラウン]

-

ダイニチプラス HD-RXT521(T) [ショコラブラウン]

-

ダイニチプラス HD-RXT521(W) [サンドホワイト]

-

ダイニチプラス HD-RXT521(WK) [ホワイト×ブラック]

-

ダイニチプラス HD-RXT721(T) [ショコラブラウン]

-

ダイニチプラス HD-RXT721(W) [サンドホワイト]

-

ダイニチプラス HD-RXT921(W) [サンドホワイト]

加湿タイプ
ハイブリッド式(温風気化式)
タンク容量【L】
6.3 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
960 mL
最小運転音【dB】
13dB
幅x高さx奥行【mm】
375x375x210mm
重量【kg】
5.1 kg
三菱重工

roomist SHE60シリーズ

Amazon での評価

(2024/06/14調べ)

加湿タイプ
スチーム式
タンク容量【L】
4 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
600 mL
最小運転音【dB】
27 dB
幅x高さx奥行【mm】
221x308x297 mm
重量【kg】
4 kg
ドウシシャ

KHW-652シリーズ

加湿タイプ
ハイブリッド式(加熱超音波式)
タンク容量【L】
5 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
650 mL
幅x高さx奥行【mm】
265x615x160 mm
重量【kg】
3.7 kg
加湿タイプ
ハイブリッド式(加熱超音波式)
タンク容量【L】
5 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
650 mL
幅x高さx奥行【mm】
265x615x160 mm
重量【kg】
3.7 kg
東芝

TKA-S60A

K.Kさんの口コミ

大阪府 男性 20代 会社員(一般職)

ノーストレスで使用できるスチーム式加湿器

●元々使っていた商品
HV-G50

●きっかけ
以前はハイブリッド式の加湿器を使用していましたが、古くなったうえ、加湿器肺炎のニュースを見て、純粋に加熱した水蒸気を出すモデルにしようと思いました。

●予算感
購入前は2万円程度の予算で考えていましたが、店舗で見ると5千円程度想定より安かったので即決しました。他社が出している似たような価格帯の商品もありましたが、その場で色々と検討した結果、このモデルに決めました。

●迷った商品
https://www.zojirushi.co.jp/syohin/life/humidifier/ee-dc/

●決め手
実際に展示されている商品のデザインと使い勝手をその場で実際に確かめて、このモデルに決めました。ネットの口コミも高評価だったのも後押しになりました。

●懸念点
なし

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
なし

●使ってみた感想(良かったこと)
加湿器肺炎のネットニュースを見てから、古いハイブリッド四式をモヤモヤした気持ちで使用していたので、今回スチーム式を購入した結果、安心して使用することができました。また、お手入れも簡単に済ませることができることも良いと思いました。ハイブリッド式だと底が変色したり、ヌルヌルすることもありましたが、このモデルだとそういったこともありません。

●使ってみた感想(悪かったこと)
初めてスチーム式を使ったのですが、予想以上に加湿能力が高く、一度カーテンの下に置いていたら、カーテンから水が滴ることがありました。こちらの不注意なので使う場所さえ気を付ければデメリットにはなり得ないと思います。

●どのような人におすすめできるか
高温の水蒸気が出ますので、小さいお子様がいるご家庭だと少し気を付ける必要があると思います。その他の方には十分におすすめできると思います。

●気にする必要がなかったこと
作動音が気になっていましたが、杞憂に終わりました。

●その他
なし
もっと見る
レビューを閉じる
加湿タイプ
スチーム式
タンク容量【L】
4 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
600 mL
幅x高さx奥行【mm】
264x302x257 mm
重量【kg】
3.5 kg
ダイニチ

HD SERIES【2022年モデル】

加湿タイプ
ハイブリッド式(温風気化式)
タンク容量【L】
2.4 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
300 mL
最小運転音【dB】
13dB
幅x高さx奥行【mm】
322x325x165 mm
重量【kg】
3.4 kg
三菱重工

roomist SHK70VR

加湿タイプ
ハイブリッド式(温風気化式)
タンク容量【L】
4.5 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
700 mL
最小運転音【dB】
18 dB
幅x高さx奥行【mm】
385x370x198 mm
重量【kg】
5.2 kg
スリーアップ

ST-T2139

【おすすめポイント】

- 自動機能やタイマー、湿度表示機能などの節電に役立つ便利な機能搭載- デザインがおしゃれでインテリアに馴染む- スマートリモコンや音声操作に対応し、使い勝手が良い


【ここが少し気になる…】

- 動作音が気になる方には不向き- スマホ連動機能がない- 湿度表示が他の湿度計と異なる場合がある

【口コミ分析結果】

44%の人がポジティブな評価をしています。
8/18

この商品に関して投稿されたコメントをAIが分析し肯定・批判度合いを計算しました。

加湿タイプ
スチーム式
タンク容量【L】
5.5 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
600 mL
幅x高さx奥行【mm】
235x415x240 mm
重量【kg】
3.9 kg
モダンデコ

AND・DECO jxh003jシリーズ

-

AND・DECO jxh003j-gy [グレー]

加湿タイプ
ハイブリッド式(加熱超音波式)
タンク容量【L】
6.5 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
550 mL
最小運転音【dB】
32 dB
幅x高さx奥行【mm】
256x340x200 mm
シリウス

SVW-MQA70

-

switle moist SVW-MQA70(W) [シルクホワイト]

-

switle moist SVW-MQA70(K) [サテンブラック]

加湿タイプ
気化式
タンク容量【L】
6 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
700 mL
幅x高さx奥行【mm】
320x400x280 mm
重量【kg】
5.8 kg
アピックス

AHD-200

加湿タイプ
超音波式
タンク容量【L】
4.5 L
設置タイプ
据え置き
加湿量/h【mL】
600 mL
幅x高さx奥行【mm】
335x385x180 mm
重量【kg】
2.1 kg

マンションのリビング向けの加湿器|比較一覧表

商品画像
メーカー
パナソニック
ドウシシャ
パナソニック
ダイニチ
ダイニチ
三菱重工
ドウシシャ
東芝
ダイニチ
三菱重工
スリーアップ
モダンデコ
シリウス
アピックス
商品名
FE-KXU07シリーズ
KSX-603シリーズ
FE-KFU07/05シリーズ
RXT TYPE【2022年モデル】
RXT SERIES【2021年モデル】
roomist SHE60シリーズ
KHW-652シリーズ
TKA-S60A
HD SERIES【2022年モデル】
roomist SHK70VR
ST-T2139
AND・DECO jxh003jシリーズ
SVW-MQA70
AHD-200
説明
壁際の設置も可能な薄型加湿器
リンク
加湿タイプ
気化式
スチーム式
気化式
ハイブリッド式(温風気化式)
ハイブリッド式(温風気化式)
スチーム式
ハイブリッド式(加熱超音波式)
スチーム式
ハイブリッド式(温風気化式)
ハイブリッド式(温風気化式)
スチーム式
ハイブリッド式(加熱超音波式)
気化式
超音波式
タンク容量【L】
4.2 L
3 L
4.2 L
6.3 L
6.3 L
4 L
5 L
4 L
2.4 L
4.5 L
5.5 L
6.5 L
6 L
4.5 L
設置タイプ
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
据え置き
加湿量/h【mL】
800 mL
600 mL
800 mL
800 mL
960 mL
600 mL
650 mL
600 mL
300 mL
700 mL
600 mL
550 mL
700 mL
600 mL
最小運転音【dB】
15dB
15dB
13dB
13dB
27 dB
13dB
18 dB
32 dB
幅x高さx奥行【mm】
375x375x186 mm
221x346x232 mm
375x375x180mm
375x375x210mm
375x375x210mm
221x308x297 mm
265x615x160 mm
264x302x257 mm
322x325x165 mm
385x370x198 mm
235x415x240 mm
256x340x200 mm
320x400x280 mm
335x385x180 mm
重量【kg】
5.2 kg
2.6 kg
4.7 kg
5.1 kg
5.1 kg
4 kg
3.7 kg
3.5 kg
3.4 kg
5.2 kg
3.9 kg
5.8 kg
2.1 kg
画像 商品名 参考価格(※) 通販サイト 特徴 加湿タイプ タンク容量【L】 設置タイプ 加湿量/h【mL】 最小運転音【dB】 幅x高さx奥行【mm】 重量【kg】
1
パナソニック
FE-KXU07シリーズ
壁際の設置も可能な薄型加湿器
気化式
4.2 L
据え置き
800 mL
15dB
375x375x186 mm
5.2 kg
2
ドウシシャ
KSX-603シリーズ
スチーム式
3 L
据え置き
600 mL
221x346x232 mm
2.6 kg
3
パナソニック
FE-KFU07/05シリーズ
気化式
4.2 L
据え置き
800 mL
15dB
375x375x180mm
4.7 kg
4
ダイニチ
RXT TYPE【2022年モデル】
ハイブリッド式(温風気化式)
6.3 L
据え置き
800 mL
13dB
375x375x210mm
5.1 kg
5
ダイニチ
RXT SERIES【2021年モデル】
ハイブリッド式(温風気化式)
6.3 L
据え置き
960 mL
13dB
375x375x210mm
5.1 kg
6
三菱重工
roomist SHE60シリーズ
スチーム式
4 L
据え置き
600 mL
27 dB
221x308x297 mm
4 kg
7
ドウシシャ
KHW-652シリーズ
ハイブリッド式(加熱超音波式)
5 L
据え置き
650 mL
265x615x160 mm
3.7 kg
8
東芝
TKA-S60A
9,780円
スチーム式
4 L
据え置き
600 mL
264x302x257 mm
3.5 kg
9
ダイニチ
HD SERIES【2022年モデル】
ハイブリッド式(温風気化式)
2.4 L
据え置き
300 mL
13dB
322x325x165 mm
3.4 kg
10
三菱重工
roomist SHK70VR
15,790円
ハイブリッド式(温風気化式)
4.5 L
据え置き
700 mL
18 dB
385x370x198 mm
5.2 kg
11
スリーアップ
ST-T2139
6,980円
スチーム式
5.5 L
据え置き
600 mL
235x415x240 mm
3.9 kg
12
モダンデコ
AND・DECO jxh003jシリーズ
ハイブリッド式(加熱超音波式)
6.5 L
据え置き
550 mL
32 dB
256x340x200 mm
13
シリウス
SVW-MQA70
気化式
6 L
据え置き
700 mL
320x400x280 mm
5.8 kg
14
アピックス
AHD-200
7,480円
超音波式
4.5 L
据え置き
600 mL
335x385x180 mm
2.1 kg
比較表を全て見る(10位以降)

超音波式とは水を超音波の振動で小さな粒子にし、霧状にして飛ばすタイプです。構造がシンプルで価格帯の安い商品が多数存在するため、ドンキや100均などでも気軽に購入できます。またデザインの自由度も高いためインテリア性のある商品も多いです。

 

 

メリットは静音性が高く電気代も比較的低めな点です。スチーム式のような熱い蒸気も出ないため、子供やペットがいるご家庭でも使えます。アロマ機能やUSB対応などの機能が搭載されたモデルが多いのも強みですね。

 

 

デメリットはヒーターを使用しないため雑菌が繁殖しやすい点と、加湿器の水をそのまま霧状にして飛ばすため、水道水の中のカルキが家具や電化製品に付着する点です。最近ではこの超音波加湿器で拡散されたカルキによる、精密機器の故障例も報告されているので使用場所は要検討しましょう。

 

メリット デメリット
  • 電気代や本体価格が安い
  • デザイン性があり、アロマやUSB対応などさまざまなタイプがある
  • 加湿力は比較的低い
  • 水分中のミネラルで周囲が白く汚れる場合がある
  • ヒーターレスのため雑菌が繁殖しやすい
  • 気化式と同様にこまめな手入れが必要

 

\加湿器の選び方①加湿式の種類から来た方は/

>>今すぐ次の選び方の見出しに飛ぶ<<

出典: