キヤノン EOS C100 MARK IIの評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥475,200
Canon EOS C100 Mark II ビデオカメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、Canon EOS C100 Mark II ビデオカメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/10/31 更新

EOS C100 MARK IIの基本スペック

画質
フルハイビジョン
HDR動画
-
撮像素子
CMOS
総画素数
-
動画有効画素数
829万画素
静止画有効画素数
829万画素
記録メディア
SDカードSDHCカードSDXCカード
液晶モニター
3.5 型(インチ)
手ブレ補正機構
-
焦点距離
-
F値
-
夜間撮影機能
-
撮影時間
200 分
ファインダー
0.45型/約123万ドット/ワイドカラー液晶
360度カメラ
-
タッチパネル
-
静止画解像度
1920×1080
メモリー静止画記録形式
JPEG
メモリー動画解像度
1920×1080
インターフェース
miniUSB2.0/AV出力/HDMI
付属バッテリー
BP-955
最低被写体照度
-
内蔵マイク
本体:モノラルマイクハンドルユニット:ステレオマイク
外部マイク入力
本体:3.5mmステレオミニジャックハンドルユニット:XLR(バランス)2系統
LOG撮影
RAW撮影
-
音声コントロール
-
Wi-Fi
Bluetooth
-
NFC
-
防水性能
-
防塵性能
-
耐衝撃性能
-
耐低温性能
-
幅x高さx奥行き
147x174x169 mm
本体重量
1125 g
カラー
ブラック系

EOS C100 MARK IIの通販サイト比較

楽天 ¥475,200

在庫 : △

送料 : 無料〜

楽天で詳細を見る
Amazon -
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥519,340

在庫 : ○

送料 : 無料〜

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
ISOの感度は飛躍的に上がりISO102400と言う数値に成っている。勿論この次元になるとエマージェンシー的な扱いになるが、今までもの実用限界値だった数値より確実に2つ上の数値まで使える様になった。

出典: https://www.pronews.jp

ISO感度は102400となっており、プロのカメラマンも満足といえる感度で撮影することができる。さまざまなシチュエーションに対応できるビデオカメラであることは間違いない。
一番重要な心臓部にはDIGIC DV4が搭載されている。

出典: https://www.pronews.jp

DIGIC DV4が搭載されていることにより、4Kのレベルで撮影したものをFULL HDにリサイズすることで、ノイズや細かなブレ、ジャギーなどを軽減することができています。
EVFに関しても大きな進化がある。ほぼ「見えなかった」C100に対してMark IIはより大型で高詳細な物に変更された。これでLCDが見えない様な晴天時でもEVFでの運用が可能となった

出典: https://www.pronews.jp

大型のアイカップが搭載されているので、かなり見やすいEVFになっています。背面のスクリーンが太陽の光などに反射して見えない時に、アイカップを使うことで撮影を続けることができます。
AFも標準搭載されその精度は顔認識も含めてC100と比べると更に上がった様に感じた。同じ被写体で比べた感じでは間違いなく追従性は良く、無理にフォーカスワークが必要ないならAFオンリーでもいける。

出典: https://www.pronews.jp

EOS C100 Mark IIはひとつ前のモデルのEOS C100と比べてAFの機能が向上しています。フォーカスに大きなこだわりがなければ、AFだけの利用でも十分に満足のいく撮影をすることができるでしょう。
やはり時代は4Kなので、MARK Ⅱというより、C200とかの4Kモデルを出して欲しかったです。 まだ出してくれないでしょうかね。

出典: https://bbs.kakaku.com

4K撮影に対応していないのが不満という声は出ています。最高画質はFULL HD(1920×1080)なので、絶対に4K撮影をしたいという方には不満かもしれません。
手持ち撮影はブレがどうしても起こる

出典: https://bbs.kakaku.com

本体のサイズはお世辞にも小さいとは言えず、それに伴ってしっかりとした重みもあります。手持ちでの長時間の撮影はなかなか辛いでしょう。三脚などを利用して快適な撮影環境にすることがおすすめです。
たしかに木の葉なんかを見るとブロックノイズが目立つ

出典: https://bbs.kakaku.com

最高級レベルのカメラと比べるとやはりブロックノイズが目立ってしまうところもあります。映画やテレビなどを撮影しているプロ向けのカメラと比べると劣る点はあります。
C100mk2は受注生産らしいですね。

出典: https://bbs.kakaku.com

EOS C100 Mark II は一般的なカメラというより、しっかりとした映像作品を作るクリエイター向けのカメラになっています。よって、常に在庫が大量に用意されているわけではありません。

EOS C100は、EOS C100 MarkIIの下位機種になります。EOS C100は、映像作品を制作することを目的に生産されているビデオカメラです。一般的な家庭用のビデオカメラよりもスペックが高く、さまざまな用途に利用することができます。

 

「PUSH AUTO IRIS」ボタンと「ONE-SHOT AF」ボタンが搭載されており、ワンタッチで自動的にIRISとピント合わせの調整をすることができます。

EOS C100 MarkIIではピント合わせの機能が向上しており、自動的にAFを合わせたり、追尾してくれるので、EOS C100より快適に撮影をすることができるという進化を遂げています。

 

EOS C100はFULL HD(1980×1080)の撮影に対応しており、結婚式や映画作成などの映像制作者に向けて制作されたカメラでしたが、EOS C100 MarkIIはC100と比べてグレードアップしたセンサーを搭載しています。

 

また、EOS C100 MarkIIは背面の液晶モニターのチルト角度もEOS C100と比べて大きくなっており、撮影者が自分の写り具合を常に確認しながら撮影を続けることができるので、非常に便利です。

 

初めて映像制作に興味を持ち、ある程度のクオリティーの撮影をしたい場合、EOS C100でもしっかりと撮影をすることができますが、撮影のシーンは限られてしまうでしょう。

 

本格的に映像制作を始めたり、自分でインタビュー動画や商品レビューをする場合、自分の姿を確認できる、EOS C100 MarkIIがおすすめです。

EOS C200はEOS C100 MarkIIの上位機種です。本格的な映像撮影を想定している、シネマティックカメラで、4K撮影も可能な機種になっています。

 

EOS C200は、4K UHD 60Pに対応しているカメラで、高画質の撮影ができるカメラです。デュアルDIGIC DV6のセンサーが搭載されており、本体は小型ですが高画質の撮影を可能にしています。

 

C-FASTカード記録、Proxy記録、SDカード記録の3つの4Kファイルフォーマットに対応しているので、撮影データの利用を非常に簡単で快適にすることができています。

 

EOS C100 MarkIIと同じく、ISO102400まで対応されているので、暗いところでの撮影や影などをしっかりと捉えることができます。高感度でなおかつ低ノイズでの撮影を可能にしています。

 

「Over Sampling HD Processing」が搭載されており、フラッグシップモデルのカメラと同等レベルの高画質と信号処理を可能にしています。フラッグシップモデルに搭載されている、「高感度ディベイヤーアルゴリズム」を採用しています。

 

モアレの発生を抑え、ノイズが目立たなくなるのはもちろん、4Kに基づいている表現力をFULL HD(1980×1080)画質での映像に有効活用することで、映像のクオリティを底上げすることに成功しています。

 

また、本機にWiFiが搭載されており、ワイヤレスでのカメラコントロールが可能になっています。同じWiFiに接続されている機器のWEBブラウザからリモート操作して動画を撮影することができます。