【2021年最新】防水ビデオカメラのおすすめ8選!環境を気にせず思い出を残そう!

水中で映像を撮影したいときの必需品といえば防水ビデオカメラ。通常のビデオカメラでは壊れるような水量でも難なく撮影可能。水中ビデオカメラを購入の際はいくつかのポイントがあります。購入時のポイントを理解したうえで用途にあった水中ビデオカメラを購入しましょう。

2021/10/22 更新

海辺や急な雨の中など通常のビデオカメラでは故障が心配で撮影するのに抵抗がある場面でも、防水ビデオカメラなら故障がありません。

 

例えば、お子さんの運動会が雨天決行する場合でも、通常のカメラでは撮影できなくても防水カメラであれば大切な瞬間も思い出として残せます。また、水中など通常では撮影できないような場面でも使用でき、ビーチや湖などで思う存分最高の映像をおさめることが可能です。

 

今回は、そんな防水機能を持ったおすすめの防水ビデオカメラを8選紹介します。防水ビデオカメラを選ぶ際のポイントを理解して用途のあった最高の1台を購入しましょう。

今すぐ見る!防水ビデオカメラおすすめ8選

防水ビデオカメラには、防水機能が搭載されてるため、通常のビデオカメラでは故障するような水中の中や急な雨でも故障の心配なく撮影ができます。防水ケースなしでも、多くの防水ビデオカメラは水深10mほどまでなら使用可能です。海の中にいる魚などの生物も簡単に撮影できます。マイナス10℃~プラス40℃まで対応できさまざまな環境での撮影が可能です。

購入の際によく防水ビデオカメラと混同されるのが防水カメラです。水中で使用できるという防水機能に関しては同じですが、それぞれのカメラには性能と役割の違いがあります。防水カメラとは一瞬一瞬の景色を画像として残すカメラです。対して防水ビデオカメラは、撮影した風景を動画として残すカメラになります。購入の際に画像を残したいのか動画を残したいのか用途をはっきりとしたうえで、どちらを選択するか考えましょう。

今すぐ見る!防水ビデオカメラおすすめ8選

一言で水中ビデオカメラといっても、その種類はさまざまです。自身が撮影したい用途に合わせた水中ビデオカメラを購入してください。水中ビデオカメラは大きくハンディタイプ・360°カメラ・アクションカメラの3種類に分類できます。それぞれのビデオカメラの特徴や使用場面を確認しましょう。

ハンディタイプ

ハンディタイプのビデオカメラはよく電気屋で見かけるベーシックタイプの水中ビデオカメラです。手でしっかりとホールドして動画を撮影するため、撮影時の手ぶれなどの影響を受けにくいカメラです。また、ズーム機能により撮影したいポイントを拡大できます。水中で高画質な映像を長時間撮影したい場合は、ハンディタイプのビデオカメラがおすすめです。

360°カメラ

水中ビデオカメラの中には、周りの景色すべてを撮影可能な360°撮影タイプのカメラもあります。湖や海などの水中で、神秘的な景色すべてを記録におさめたい方におすすめです。VRゴーグルを使用することで、その場にいるかのような臨場感ある思い出として見直せます。ただし、360°カメラタイプの多くはズーム機能がないため、遠くを拡大して撮影したい場合には適しません。

「GoPro」などのアクションカメラ

アクションカメラはコンパクトで防水性に優れ、軽量のため持ち運びも便利。最大のメリットは身体や乗り物に装着して撮影ができるため、両手が自由に使える状態で躍動感あふれる撮影ができる点です。水中などでライトなど他の道具を使用しながら使いたい方におすすめします。ただし、アクションカメラの多くはズーム機能がついていないので注意してください。

防水ビデオカメラを購入する際に着目すべき点がいくつかあります。何も考えず、ただ防水ビデオカメラだというだけで購入すると、用途に合わず後悔することがあります。あらかじめいくつかのポイントをチェックして購入しましょう。

まずは防水・防塵機能をチェック

初めに確認すべきポイントは、その防水カメラがどの程度の防水機能や防塵機能を持ち合わせているかという点です。水中での使用を目的にしているのに軽い雨が防げる程度の防水ビデオカメラを選ぶと故障につながります。また、浅瀬の海や湖などで使用する際は防塵機能があると安心です。防水ビデオカメラを購入の際は防水機能や防塵機能をチェックしましょう。

レンズの仕様をチェック

また、ビデオカメラの購入時はレンズの使用を確認することも重要です。レンズによって撮影時の明るさ撮れる焦点距離が異なり、用途によっても選ぶべきレンズが異なります。ビデオカメラをどのような場面で使用するのか、被写体との距離間や撮影時の暗さを考えたうえで購入しましょう。

レンズの明るさをチェック

ビデオカメラとして1番重要な、映像の質を保つためにレンズの確認をしましょう。例えば、水深20mを超えるような深い水中で映像を撮影する場合、光が届かず周りが暗い状態になります。水深の深い場所など、周りが暗い場所で撮影を考えている場合は、撮影した映像を明るく映し出せるレンズを選びましょう

焦点距離はどれくらいか

また、レンズの焦点距離も確認しましょう。撮影の用途として、広い画角で映像を撮りたい場合は広角レンズを選び、撮りたい映像が遠い距離の場合は望遠レンズの防水ビデオカメラを購入しましょう。せっかく、防水ビデオカメラを購入しても、撮りたい画角で撮れなければ意味がありません。購入前に必ず確認を忘れないでください。

手ブレ補正機能は重要

手ブレ補正機能があるかの確認も重要です。特に海中での撮影は波の動きにより手元が動き映像がぶれやすくなります。そのような状況下で手ブレ修正機能がないときれいな映像が残せません。手元が不安定になりやすい場面で、防水ビデオカメラを使用する場合は必ず手ブレ修正機能があるか確認して購入することが大切です。

何mまで潜れるかも要チェック

防水機能を持ち合わせていても、防水ビデオカメラごとに水深何mまで耐えられるかが異なります。ダイビング用のカメラで5mや10mほどの水深にしか耐えられないと用途には適しません。自身がどのような用途で水深何mまで使用したいのか用途をはっきり確認して購入する点も大切です。

防水ビデオカメラの製造や機能性に特化したメーカーがいくつかあります。ここでは、防水ビデオカメラの購入に適したメーカーを紹介します。防水ビデオカメラを購入する際は以下のメーカーの商品がおすすめです。

現行で防水機種を発売しているメーカー

大手カメラ会社など、防水のビデオカメラを販売しているメーカーはいくつかありますがその中でも、防水ビデオカメラに特化した商品を販売しているのは「JVC」「GoPro」です。「JVC」「GoPro」は、よりアクティブな場面での撮影を追求したビデオカメラの作成に力を入れており、野外や水中での撮影を考えた防水ビデオカメラ構造を心がけています。

防水ハウジングケース対応のメーカー

現在、防水ハウジングケーズ対応のメーカーは現行でSONYのみとなっています。さまざまな電機メーカーがありますが、その他の会社では純粋防水ケースは販売されておらず、汎用のレインケースと組み合わせるしかありません。防水ハウジングケース対応の防水ビデオカメラをお買い求めの方はSONYの商品を購入しましょう。

防水ビデオカメラの世の中ランキング

  • ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位 ジェイブイシー

GZ-RX690

価格:41,200円 (税込)

防水・防塵・耐衝撃・耐低温でどんな環境でも安心!

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は4つのプロテクト機能付きの頑丈なビデオカメラです。防水や防塵機能だけでなく、耐衝撃・耐低温機能も搭載。防水機能は水深5mまで撮影可能で、-10℃の環境下での撮影にも耐えられます。また、Wi-Fiに接続できるのもポイントです。

スマホで離れた場所から操作したり、撮影した映像や画像をすぐに転送したりでき便利。長時間バッテリー内蔵で、約4時間半の連続撮影も可能です。防水・防塵・耐衝撃・耐低温の4つの保護機能なため、タフな環境での撮影も安心。子供の運動会や旅行など、いろいろなシーンで便利に使えます。
2位 ジェイブイシー

RGZ-RY980-A

価格:46,980円 (税込)

防水・防塵・耐衝撃・耐低温機能を備えているタフなビデオカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は高画質な4K映像を撮影できるビデオカメラです。Wi-Fi接続を行えば、パソコンやスマホ経由でのライブストリーミングにも対応しています。防水・防塵・耐衝撃・-10度まで耐えられる耐低温の4つの保護性能「QUAD PROOF」を採用。

また、ダブルSDカードスロットを搭載しており、長時間の撮影もできます。さらに、大容量バッテリーなので、4Kモードで約4.5時間の連続撮影も可能。スローモーションやタイムラプス撮影もでき、スポーツ性の高いアクティブなアウトドアシーンにおすすめです。
3位 ジェイブイシー

GZ-R470

価格:15,340円 (税込)

驚きの防水性!長時間撮影可能なアウトドア向けビデオカメラ

楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水、防塵、耐衝撃、耐低温にくわえ、大容量バッテリーも備えたビデオカメラです。特に水中5m地点で30分撮影しても浸水しない防水仕様は群を抜いています。コンパクトながらバッテリーは連続で4時間40分撮影可能。モバイルバッテリーからの充電もできるので安心です。ズーム倍率は光学40倍、ダイナミック60倍で美しい映像が撮影できます。

さらに安定感のある「Y字グリップベルト」と「広視野角モニター」でどんな体勢でも水陸問わずしっかり撮影ができ、汚れてもサッと水洗い可能。まさにアウトドアにピッタリ!32GBの長時間メモリーのおかげで家族や友人とレジャーでもたっぷりと思い出を記録できますよ。
4位 ジェイブイシー

GZ-R480-A

価格:29,800円 (税込)

防水・防塵・耐衝撃・耐低温の保護機能◎海やウィンタースポーツにに!

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は発売が2018年のモデルですが、エブリオの特徴である防水・防塵・耐衝撃・耐低温の保護機能はしっかり搭載されています。天候に左右されず、海やウィンタースポーツでも使えるのが嬉しいポイントです。加えて、連続撮影が最長で4.5時間可能のバッテリーを搭載

いざという時に、ビデオカメラの内蔵バッテリーからスマートフォンへ充電できるのも特徴です。さらに、40倍にもできる光学ズームレンズが搭載されていて、手に取りやすい価格で販売されているのも嬉しいポイント。4K撮影はできませんが、フルハイビジョン画質で十分だという方にはお買い得のモデルです。
5位 JVCケンウッド

Everio R GZ-R480

価格:31,960円 (税込)

深さ5mの水中でも使える!アウトドアにピッタリなビデオカメラ

楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は明るい環境下で視認性を向上させる、反射低減液晶モニターを採用したビデオカメラです。連続4時間30分撮影できる長時間バッテリーが内蔵されています。内蔵メモリーも32GBと大容量でデータを残すことができ、大切な場面を長期にわたり保存できるのも便利なポイントです。

また、光学40倍ズームで、遠くの被写体もアップで撮影することができます。そして、防水・防塵だけでなく衝撃や低温にも強いのも特徴の1つ。そのまま水洗いもでき、悪天候の時やアウトドアでも汚れを心配せずに安心して使用できます。
6位 JVCケンウッド

GZ-R300-D

価格:15,800円 (税込)

過酷な撮影環境でもへっちゃら!アウトドア向けビデオカメラ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IPX8の高い防水性能付きで海などのアウトドアシーンもより快適に撮影が楽しめます。防塵・耐衝撃・耐低温 にも対応しており使う場所を選びません。ビデオカメラ本体が汚れてしまった場合も水で丸洗いができるのでお手入れも楽々です。内蔵メモリーは32GBで、SD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応しています。

最大連続撮影時間が5時間の大容量バッテリーは、長時間アウトドアで撮影したい方にピッタリ。おまかせ機能ではさまざまなシーンに合わせて撮影モードを自動設定するので最高の思い出が残せます。キャンプなどのレジャーでうっかり倒してしまっても壊れる心配もないので、小さな子どもがいる家庭にもおすすめです。
7位 360fly

360FLY HD

価格:8,203円 (税込)

バイクに取り付けて録画できる!マイク内蔵型のアクションカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、サインハウスより発売されているアクションカメラです。ちょっと変わった形をしており、バイクに取り付けることができますよ。ワンプッシュで電源のON・OFFや録画の開始・停止といった操作ができるので、片手が塞がっていても簡単に操作できます。マイクは内蔵式で、加速度センサーも搭載しています。さらに、専用アプリをインストールすれば遠隔操作も可能です!

人とは違ったおしゃれなアクションカメラをお探しの方にピッタリ!バイクに取り付けて使えるため、ツーリングをしたい方にも最適です。直感的に操作ができ、手間もいらないので 「機械操作が苦手…」という方でも安心してお使いいただけます よ。

防水ビデオカメラの世の中ランキングの比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:6057205の画像

    ジェイブイシー

  • アイテムID:6057206の画像

    ジェイブイシー

  • アイテムID:6057207の画像

    ジェイブイシー

  • アイテムID:6057208の画像

    ジェイブイシー

  • アイテムID:6057209の画像

    JVCケンウッド

  • アイテムID:6057210の画像

    JVCケンウッド

  • アイテムID:6057211の画像

    360fly

  • 商品名
  • GZ-RX690
  • RGZ-RY980-A
  • GZ-R470
  • GZ-R480-A
  • Everio R GZ-R480
  • GZ-R300-D
  • 360FLY HD
  • 特徴
  • 防水・防塵・耐衝撃・耐低温でどんな環境でも安心!
  • 防水・防塵・耐衝撃・耐低温機能を備えているタフなビデオカメラ
  • 驚きの防水性!長時間撮影可能なアウトドア向けビデオカメラ
  • 防水・防塵・耐衝撃・耐低温の保護機能◎海やウィンタースポーツにに!
  • 深さ5mの水中でも使える!アウトドアにピッタリなビデオカメラ
  • 過酷な撮影環境でもへっちゃら!アウトドア向けビデオカメラ
  • バイクに取り付けて録画できる!マイク内蔵型のアクションカメラ
  • 価格
  • 41200円(税込)
  • 46980円(税込)
  • 15340円(税込)
  • 29800円(税込)
  • 31960円(税込)
  • 15800円(税込)
  • 8203円(税込)

すでに、防水機能が付いていないビデオカメラを購入しおり、防水ビデオカメラを購入すべきか悩んでいる方は、防水ケースを使用することで普通のビデオでも水を防ぎながら撮影可能です。普通のビデオカメラをお持ちで防水機能を持たせたい場合は以下のレインカバーの購入を考えましょう。

SONYもOK!汎用品のレインカバー3選

ソニー(SONY)

SONY LCR-TRX5 レインジャケット

価格:3,240円 (税込)

急な雨もシャットアウト

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まずは、大手電機メーカーのSONYが販売するレインジャケットの紹介です。防水機能を持ち合わせていないカメラでも急な降水時にこちらのジャケットをかぶせるだけで、多少の雨なら故障の心配はありません

 

また、使用しないときは折りたたんでコンパクトにしてかさばることなく持ち運びも可能です。天気予報が怪しいときなど、折りたたんでカバンの中に入れておくだけで、とっさの雨にも対応できます。ハンディタイプのビデオカメラに対応したおすすめレインジャケットです。

サイズ W140×H150×D240mm 重さ 75g
対応機種 フィルター径25mm/30mm/37mmのHC/TRV/TRシリーズ
Zecti

Zecti カメラ 防水レインジャケット

価格:1,899円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

続いては、一眼レフ用のカメラに対応した防水レインジャケットになります。全身2重ファスナー構造となっており、雨の心配なく一眼レフカメラで撮影可能。また、ジャケットをかぶせた状態でも、左右のスリーブから簡単にカメラを操作できます。

 

撮影のモニターが見えるようスーパークリアウインドウとなっており、雨の日でも撮りたい映像をミスなく撮影可能です。

サイズ 25 x 17 x 14 cm 重さ 240g
対応機種 レンズ長さ135~220mm以内
waka

wake カメラレインカバー

価格:1,899円 (税込)

大きなサイズのカメラもこれで一安心

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最後に紹介するレインカバーは、中型から大型のDSLRカメラに対応可能な防水カバーです。日本のタフタ素材で作らせており、ナイロンのレインカバーと比べて、より防止機能に優れています。さらに、重さも軽量化がはかられており持ち運びも便利

 

レンズの長さは20㎝までの物なら急な雨もシャットアウト可能です。大きなカメラで防水を求めるならこのレインカバーがおすすめです。

サイズ 26.4 x 7.2 x 5.2 cm 重さ 160g
対応機種 大きなサイズのカメラ全般

水中ビデオカメラの種類や選び方のポイントを理解できましたか。もしも、通常のビデオカメラをお持ちの場合でも防水ケースを購入することで急な雨でも難なく対応可能です。自身の用途に合った最高の防水ビデオカメラを手に入れて、神秘的できれいなシーンを一生の思い出として残しましょう

# おすすめ

ビデオカメラ 防水性能の全商品一覧

商品一覧を見る