4K対応のタブレットはあるの?フルHDでも4K出力できる方法とは

鮮明な映像美が魅力の4K。4Kテレビは普及していますが、4Kタブレットはあるのでしょうか。高解像度といえば、フルHDや2Kなどのタブレットがほとんど。今回は、4Kタブレットについて、解像度や4K出力方法をまとめました。さらに、おすすめタブレットも紹介します。

2022/01/06 更新

パソコン・タブレット・スマートフォンなどの画面は、小さな点である「ピクセル」が集まってできており、このピクセルがいくつ並んでいるかを表しているのが「画面解像度」です。解像度は、HD・フルHD・2K・4K・8Kの順で画像のキメが細かくなります。

 

一般的に、タブレットの画面が大きくなるほど解像度は高くなり、緻密で鮮明な映像を映し出すのが特徴です。10インチ以上のタブレットは、フルHD(1920×1080ピクセル)がほとんどで、4Kテレビが普及している中、4Kタブレットはまだ数が多くありません。

 

そこで、今回は4Kのタブレットを始め、タブレットと解像度の関係について詳しく解説します。また、4Kコンバーターやおすすめ商品も紹介するので、ぜひご覧ください。

一般的なタブレットの解像度は、フルHDで920×1080ピクセルです。タブレットの場合は、10インチ以上のモデルによく採用されており、アプリやゲームを綺麗な映像で楽しむことができます。綺麗な画質を楽しみたい方は、フルHDのタブレットを選びましょう。

 

フルHDの更に上である、2Kの解像度は2560×1440ピクセルで、小さな文字でもくっきり表示させます。ちなみに、4Kの解像度は3840×2160ピクセルで、フルHDの解像度の約2倍を誇り、より鮮明さがアップ。テレビの場合、50インチほどのモデルによく搭載されています。

テレビやモニターでお馴染みの4Kですが、タブレットに採用されていることは少ないです。4Kを導入しているのが、サムスンのGalaxy Tab S7 (SM-T870)で、非常に高精細な映像を録画できます。

 

OSはAndroid 10搭載で、ホーム画面にウィジェットを並べて直感的な操作が可能です。高解像度の画面に加え、ストレージ容量が256GBもあるので、価格は91,000円と11インチにしては高額な価格。microSDを差し込めば、最大1TBまでストレージ容量を増やせます。

ViewNico

13.3インチ モバイルモニター

価格:20,690円 (税込)

ゲーム向きのタブレット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

13.3インチのタブレットですが、画面が大きい割に厚さ10mm、重さ597gと軽量で、どのようなバッグにもスマートに収納できます。折りたたみ式保護カバーが付属していて、使っていない時は画面のカバーにでき、使う時にはスタンド代わりに使用できます。

 

2Kの緻密な解像度で、映画・動画などのエンターテイメントを楽しんだり、ビジネスシーンでデュアルモニターとして使うことも可能です。

メーカー ViewNico 商品名 モバイルモニター
OS - 対応キャリア -
CPU - メモリ -
ストレージ - 画面サイズ 13.3 インチ
解像度 2560×1440 背面カメラ/インカメラ画素数 -
4K撮影 - ネットワーク -
バッテリー駆動時間 - サイズ/重量 36.4 x 24.6 x 6.4 cm/1.78 Kg
Corkea

モバイルモニター 13.3インチ

価格:18,960円 (税込)

保護カバー付きで便利

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重さ600g、薄さ10.5mmの13.3インチのタブレットです。Type-C端子があり、スマートフォン・パソコンにつないで、映像を映すことができます。Switch・PS3・Xboxなど、多数のゲーム機に対応していて、2Kの画面なので、驚くほど綺麗で鮮明な画質で臨場感を感じながらゲームをプレイできます。

 

手軽にダブルスクリーン表示ができるので、プロジェクターなしでプレゼンテーションが可能です。

メーカー Corkea 商品名 モバイルモニター
OS - 対応キャリア -
CPU - メモリ -
ストレージ - 画面サイズ 13.3インチ
解像度 2560 x 1440 背面カメラ/インカメラ画素数 -
4K撮影 - ネットワーク -
バッテリー駆動時間 - サイズ/重量 36 x 24.4 x 6.2 cm/1.78 Kg
TECLAST

M18 4G LTEタブレットPC

価格:22,900円 (税込)

リーズナブルで手にとりやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10.8インチ、2.5Kの解像度を誇る大型のタブレットです。メモリ容量は4GBでマルチタスクでもサクサク動かせます。ストレージ容量は128GBもあるので、映画・画像・ビデオ・音楽などのデータを保存できます。

 

GPS機能をサポートしているので、高速かつ正確に位置を決めることができます。薄くて軽いオールメタルボディデザインで、カードトレイが隠されているスタイリッシュなデザインになっています。

メーカー TECLAST 商品名 M18
OS Android 8.0 Oreo 対応キャリア -
CPU MediaTek メモリ 4 GB
ストレージ 128 GB 画面サイズ 10.8 インチ
解像度 - 背面カメラ/インカメラ画素数 -
4K撮影 - ネットワーク Wi-Fi
バッテリー駆動時間 サイズ/重量 25.9 x 17.9 x 0.9 cm/1.2 Kg
富士通

Arrows Tab Q584

価格:13,200円 (税込)

タッチペンで簡単操作

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

富士通のタブレットシリーズ、Arrows Tabの10.1インチのタブレットです。IPS Alpha液晶を採用していて、鮮やかな映像美が楽しめます。キーボード部分は360度曲がるので、ノートパソコンとしてもタブレットとしても使えます。

 

タッチペン付きなので、直感的に画面を操作できます。ストレージ容量は64GBあるので、写真・動画を充分に保存できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 富士通 商品名 Arrows Tab Q584
OS Windows 10 Pro 32bit Ver.2009 対応キャリア -
CPU Intel Atom Z3770(最大2.40GHz) メモリ 4GB
ストレージ 64GB 画面サイズ 10.1インチ
解像度 2560×1600 背面カメラ/インカメラ画素数 -
4K撮影 - ネットワーク -
バッテリー駆動時間 - サイズ/重量 -

4Kのタブレットはとても少なく、解像度としてはフルHDが一般的です。しかし、コンバーターという機器を使えば、フルHDのタブレットから映像出力信号を4Kの解像度にアップグレードさせて、映像を出力できます。

 

基本的には、HDMI出力端子が必要ですが、もしHDMI出力端子がついていない場合は、別売りの変換機を使って変換してください。コンバーターがあれば、今ある機器を活かして4Kを体験できるので、4Kタブレットへ買い替えが難しい時におすすめです。

コンバーターを選ぶ時に注意すること

コンバーターをタブレットにつなぐ際に、注意すべきなのが出力端子です。出力端子が合っていないと、タブレットからテレビやモニターに出力できません。タブレットについているType-Cポートに繋いで、HDMIに出力するパターンが多いので、事前にタブレットにType-Cポートがあるかどうかを確認しましょう。

 

コンバーターの出力端子がHDMI以外のものもあると、USBメモリ・マウス・キーボードなども使えるので、タブレットの使い方の幅が広がります。

タブレットから4K出力ができるコンバーター

サンワダイレクト

Type-C HDMI 変換アダプタ

価格:3,480円 (税込)

スマホも出力可能

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Type-Cポートに接続し、HDMIの映像信号に変換するアダプタです。3.5mmのオーディオ端子があるので、お気に入りのイヤホン・マイク付きヘッドホン・スピーカー・マイクを接続してテレビ電話・会議にも使えます。

 

4K/60Hzの高解像度かつHDR対応しているので、立体的な映像を楽しめます。USB2.0ポートがあるので、マウスをつないでパソコンのように操作可能です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー サンワダイレクト 商品名 Type-C HDMI 変換アダプタ
対応ポート HDMI/USB 2.0/USB Type-C/3.5mmオーディオ端子
ラトックシステム

RS-HD2UP-4K

価格:4,787円 (税込)

コンパクトサイズで持ち運びしやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SD・HD・FHDから4Kに変換できるコンバーターです。6 x 5.5 x 0.2 cmのコンパクトサイズで、バッグに入れて持ち運べるので、外出先でも使用できます。電源スイッチで本体側から簡単にオンオフを切り替えられます。

 

HDMI出力ポートがついているので、テレビ・モニターに出力可能です。外部電源駆動によって安定動作を可能にしています。

メーカー ラトックシステム 商品名 RS-HD2UP-4K
対応ポート HDMI/USB

タブレットを選ぶ際に解像度にこだわる人は多いですが、利用目的によってはそこまで優れた解像度は必要ありません。インターネット・SNS・電子書籍の閲覧であれば、フルHDの解像度で十分です。

 

タブレットは、画面が大きくなり解像度が上がるほど価格も上がりますが、解像度にこだわらなければ選択肢が広がるので、安い価格のものを選べてコストカットになります。まずは、どんな目的でタブレットを利用したいのかを明確にしましょう。

タブレットのサイズが大きくなるほど、解像度も上がります。解像度が上がると映像の精細さが増すので、映像美にこだわりたい方におすすめですが、インターネット・SNS・電子書籍の閲覧だけなら、高い解像度は必要ありません。解像度だけではなく、タブレットの利用目的を考えてから、目的に合うタブレットを選びましょう。