洗濯機から異音がしたら?|音の種類別に原因と対処法をご紹介

洗濯機から異音が聞こえてきたら、故障したのでは?と不安になりますよね。しかし、異音が鳴るからといって全て修理が必要な故障とは限らず、キュルキュル・ギーギーなど聞こえ方で対処法が異なります。今回は洗濯機から聞こえる異音別の対処法を解説します。

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

今まで使っていて問題なかった洗濯機から、急に異音が発生したらびっくりしますよね。音が気になるだけでなく、壊れてこのまま使えなくなったらどうしようと誰もが不安になることでしょう。

 

しかし、中には「音はするけどとりあえず動くからこのまま使おう」と思う方がいるかもしれませんが、その行為には要注意です。異音をそのまま放置していると、修理できない状態まで壊れてしまうかもしれません。では、異音が発生した時はどうしたらいいのでしょうか。

 

異音は「ガリガリ」「キュルキュル」など、音の聞こえ方によって対処法が異なります。本記事では洗濯機から鳴る音ごとの原因・対処法を解説します。どうしたらいいか迷ったら、まず本記事をチェックしてみてください。

ガリガリと音が鳴る場合は、音が規則的か不規則かで対処法が変わります。

規則的にガリガリ音が鳴る場合は、経年劣化によるモーター部分の劣化が考えられます。また、音が不規則な場合は洗濯物の中に小銭や鍵、小石などの異物が混入している可能性が高いです。

規則的なガリガリ音は修理が必要なケースが多いので、メーカーに問い合わせることをおすすめします。一方、不規則なガリガリ音の場合は、庫内に異物がないか確認してください。ポケットの中もチェックしましょう。

 

庫内に何も見つからなかった場合は、洗濯機の底で回っているパルセーターと呼ばれる円板に挟まっている可能性があります。自身でパルセーターを取り外せそうなら、その裏側を確認してみてください。パルセーターを外す際は安全のためコンセントを抜きましょう。

カラカラ音が聞こえたときに考えられる原因は2つあります。以下で原因と対処法を詳しく解説します。

カラカラ音がしたときにまず考えられるのが異物の混入です。洗濯物の中に洋服のビーズやボタンなどの固形物が入っていて、ネットに入れずにそのまま洗濯すると、洗濯機の穴に引っかかるたびにカラカラ音が鳴ります。

 

異物の混入でない場合は、洗濯機底面にあるベルトの劣化によりパルセーターの嚙み合わせが悪くなっている可能性があります。ベルトが劣化して緩みが生じると、洗濯機がうまく回転せず「カラカラ」や「カチカチ」などの音が発生します。

ボタンや装飾のある洋服をそのまま洗濯していた場合は、一度取り出して洗濯ネットに入れてからもう一度運転を再開してみてください。これで音がおさまれば異物が原因だったことになります。

 

異物が原因でない場合は、洗濯機のベルトが緩んだり損傷している可能性が高いです。使い続けるといずれ動かなくなってしまうかもしれません。そのため購入した販売店やメーカーに連絡することをおすすめします。

「キュルキュル」もしくは「キーキー」と悲鳴のような音が鳴りだしたら、洗濯機の寿命のサインかもしれません。

キュルキュル音は、洗濯機底面のベルトが経年劣化により緩んでいたり、すり減っていたりする場合に起こります。洗濯機の平均寿命は6~8年ほどと言われており、もしそれ以上長く使っている場合はベルトの寿命がきたと考えられます。

ベルトの寿命が考えられる場合はベルト部分の交換が必要なので、メーカーに問い合わせて修理を依頼しましょう。ネット上には洗濯機のベルトの交換方法を紹介する記事も散見されますが、一般の方が行うには難しい作業であるためおすすめできません。

 

また、8年以上使用している場合はベルト以外の部品も劣化している可能性があり、今後もトラブルが増えることが予想されます。そのため買い替えを検討することをおすすめします。

カタカタやガタガタと振動するとともに大きな音が鳴る場合の原因・対処法を以下に解説します。

脱水のときにカタカタ、もしくはガタガタと音がするのは、洗濯機の容量に対して洗濯物が多すぎる場合によく起こります。逆に水を含みやすいタオルやジーンズなどの洗濯物をひとつだけで洗濯した場合も、脱水の際に洗濯槽に偏りが生じで大きな音が鳴ることがあります。

洗濯物が多い場合には、適切な量に分けて再度洗濯してみてください。また、洗濯槽の偏りを避けるためには水を含みやすいタオルやジーンズは他の洗濯物と一緒に洗濯しましょう。色移りが心配な場合は、ジーンズのみ2~3本入れるなど、同系統のものをまとめて洗うといいでしょう。

 

洗濯ネットを使用する場合も、1つのネットに詰め込みすぎると洗濯槽が偏る原因になるため数個のネットに洗濯物を分けて入れてください。

ギーギーと音が聞こえる場合に考えられる原因は主に2つあります。

小石などの固い物質や、金属性の異物の混入が考えられます。異物は洗濯槽の中や、パルセーターに挟まっている可能性があります。

 

異物の混入がない場合は、モーター部分が故障しているかもしれません。

まずは洗濯機内に異物がないか確認し、ない場合はパルセーター部分をチェックしてみてください。パルセーターに挟まりやすいものとして、小石やヘアピンなどの小さい異物が考えらえます。懐中電灯で照らして確認してみてください。

 

モーター部分の故障に関しては、メーカーに直接問い合わせて修理を依頼する必要があります。

 

ブーンと音が聞こえる場合は、洗濯機自体から聞こえるのか、排水ホースから聞こえるのかで対処法が異なります。

ブーンという音は、ファンが回る冷却音もしくは排水ホースの詰まりが原因と考えられます。排水ホースは定期的に糸くずなどを取り除く必要があり、長期間お手入れを怠っていると詰まりが生じて音が鳴ります。

洗濯機自体のファンが回る音は故障ではないため安心してください。排水口からブーンという音が聞こえる場合は、お手入れすることで改善される可能性があります。排水口から排水ホースを外して、糸くずなどを取り除いてから再度運転させてみてください。

上記でも触れましたが、カタカタやガタガタと異常に振動する場合は、もともと洗濯機を設置する際に傾いた状態だった可能性があります。本体が傾いていると重心が偏ってしまい、異常振動する原因になるため水平に設置しているか確認してください。

 

また、設置の際に輸送用の固定ボルトを外さないと、運転した際に騒音や振動が大きくなります。ボルトがついたままになっていた場合は、外すだけで音や振動が改善されるでしょう。輸送用の固定ボルトの位置は使っている製品の据付説明書で確認してみてください。

洗濯機の機種によって構造が異なるため、異音の対処法も分かれる場合があります。もし上記のように対処しても解決しない場合は、取扱説明書もしくは以下のメーカーの公式ページを確認してください。

 

 

公式ページを確認して対処を行っても解決しない場合は、直接カスタマーセンターへ問い合わせることをおすすめします。

修理代は修理する箇所や故障の程度、メーカーなどによって異なります。東芝の公式ページを参考にすると、異音がする場合の修理代の目安は11,000~31,000円との記載があります。

 

パナソニックの公式ページ上では、品番を入力すると修理診断を行った上で修理目安料金が分かるようになっています。もし公式ページで確認できない場合は、購入した販売店もしくはメーカーに直接問い合わせましょう。

異音の聞こえ方別に原因と対処法を紹介しました。同じ洗濯機を長年使用している場合には、部品の劣化により音が鳴る場合が多く、異音は寿命を知らせるサインでもあります。壊れて使えなくなる前に修理を依頼したり、買い替えを検討したりするなど異音が鳴ったらしっかり対応しましょう。

関連する記事

その洗濯機、買い替えどきかも?洗濯機の買い替え時期や寿命・処分方法を紹介!のサムネイル画像

その洗濯機、買い替えどきかも?洗濯機の買い替え時期や寿命・処分方法を紹介!

2021/10/21

洗濯機は業者に頼まずに掃除できる?掃除方法や頻度を解説!のサムネイル画像

洗濯機は業者に頼まずに掃除できる?掃除方法や頻度を解説!

2021/10/21

洗濯機のフィルターの掃除方法とおすすめの交換用フィルターをご紹介!のサムネイル画像

洗濯機のフィルターの掃除方法とおすすめの交換用フィルターをご紹介!

2021/10/21

洗濯機の置き台おすすめ9選|かさ上げキャスターのデメリットは?のサムネイル画像

洗濯機の置き台おすすめ9選|かさ上げキャスターのデメリットは?

2022/03/17

ミシンから変な音がする!その原因と試してほしい対処法とは?のサムネイル画像

ミシンから変な音がする!その原因と試してほしい対処法とは?

2021/10/21

洗濯機の排水口の嫌な臭いの原因は?掃除や予防方法について解説!のサムネイル画像

洗濯機の排水口の嫌な臭いの原因は?掃除や予防方法について解説!

2021/10/21