洗濯機の振動の原因について | 振動を抑えるおすすめグッズをご紹介!

普通に動いていた洗濯機の振動音が突然大きくなったとき、多くの方は故障だと思うでしょう。しかし、洗濯機の振動は故障ばかりではありません。思いがけないことが原因で振動音が大きくなることがあるのです。今回は洗濯機の振動の原因・振動音がうるさい時の対策・防振グッズなどをくわしくご紹介します。

2021/07/17 更新

毎日のように使う家電である洗濯機。特に、夜間や早朝など静かな時間に洗濯機を使用する際は、音や振動がとても気になりますよね。また、洗濯機の振動音がある日突然大きくなったら、故障したのかと不安になるでしょう。

 

しかし、故障だと思って修理に出す前に、まずは原因を確認することが大切です。実は故障ではなく日常の小さなことが洗濯機の振動を大きくする原因になっている場合があるからです。

 

洗濯機の振動は、内部の影響と外部の影響のどちらかが原因になります。この記事では、パターン別に洗濯機の詳しい振動の原因や、振動音がうるさい時の対策・防振グッズを3つご紹介します。この記事が、洗濯機の振動が大きく感じられた際の対処方法として、お役に立てれば幸いです。

今すぐ見る!防振パッドおすすめ5選

洗濯機がガタガタと、振動がすごい事があります。どうして振動が発生するのでしょうか?振動が発生する原因は大きく分けて、内部の影響か外部の影響かの2つです。まず、内部で発生する場合の原因を探りましょう。

 

主に洗濯機の内部で振動が発生する原因となるのは以下の通りです。

 

  1. 洗濯物の入れ方が悪い
  2. 防水性の衣類を脱水にかけてしまった
  3. 水を含みやすいものを脱水に掛けた
  4. 故障もしくは寿命

 

以上です。内部で振動が発生するパターンはそれぞれどういう可能性があるのか見ていきましょう。

【内部】洗濯機振動音の原因①:洗濯物の入れ方が悪い

原因の1つとして、洗濯機の入れ方が悪いパターンがあります。特に容量が大事になるので、確認しましょう。

洗濯量が多いのも振動音の原因に?

洗濯物が多すぎると、振動の原因になります。洗濯機の容量をオーバーしたり満タンに入れたりするとその分、重量がかかります。そうなると、内部のパルセーターに重みが加わってしまいます。その結果、より強く遠心力がかかるため振動音の原因となります。

 

梅雨シーズンや忙しい時期、洗濯物の山ができることもあると思います。しかし、騒音が気になる場合は、ある程度量を減らして調節しましょう。

洗濯物の量が少なすぎるのも振動音の原因に?

逆に洗濯量が少なすぎると重さが一方方向に偏り、回転がぶれガタガタと暴れる原因になります。脱水時は元々振動音が大きいので、その分音が強く感じます。

 

そのため、洗濯する際は多すぎず軽すぎない程度にするのがベスト。おおよその目安は洗濯容量の70%ぐらいです。

【内部】洗濯機振動音の原因②:防水性の衣類を脱水に掛けた

振動が起きる原因の1つに防水性の衣類(スキーウェアやサウナスーツ)が入っている場合もあります。防水性の衣類は洗濯機で脱水してはいけません。

 

そもそも脱水時は洗濯機と脱水層を高速回転させ水を振り飛ばし脱水させます。しかし、防水性の衣類は水が浸透しないため、脱水層に水が残ります。そうすると、脱水層に残った水の重みと遠心力で、衣類が飛び跳ね振動音が激しくなります。

 

洗濯機が故障したり転倒して怪我をしたりする恐れもあるので、防水性のあるものは洗濯機で脱水しないようにしてください。

【内部】洗濯機振動音の原因③:水を含みやすいものを脱水に掛けた

毛布やタオルケットなどの大きくて厚手の布は、水を含みやすいため重たくなります。このようなものを単体もしくは少量で洗濯すると、脱水時にかたよってしまい大きな振動の原因になるのです。また、洗濯ネットに大量の洗濯物を詰め込んだ場合も同じことが言えます。

 

ジーンズなど色移りが気になる衣類は単体で洗いがちですが、同じような色のものと一緒に洗濯したり、色移りするものをまとめて洗濯するなどの対策をするのがおすすめです。

【内部】洗濯機振動音の原因④:故障や寿命

上記の問題でも解決しない場合、洗濯機が故障している可能性があります。故障の原因としては、洗濯機に高速回転を掛けるプロペラパーツのパルセーターが考えられます。ほかにも洗濯機の軸受けの歪みや、寿命が来た可能性もあるでしょう。

 

洗濯機の設計上寿命は約7年と言われています。そのため、5年以上使用している場合は寿命も可能性の1つです。ただし、さまざまな故障原因が考えられるので断定はできません。自分で原因を探り解決できなかった場合は、メーカーや修理業者に直接連絡をして修理に出してください。

洗濯機内部の振動の原因を見ていきました。しかし、実は洗濯機の振動は外部からの影響も潜んでいます。主に原因となっているのが次の4点です。

 

  1. 洗濯機の設置方法が悪い
  2. 輸送用固定ボルトが付いている
  3. 排水に異常がある
  4. 設置している床が弱い

 

以上です。洗濯機の外部で振動が発生するパターンはそれぞれどういう可能性があるのか見ていきましょう。

【外部】洗濯機振動音の原因①:洗濯機の設置方法が悪い

外部の原因として、洗濯機の設置方法が悪いことが挙げられます。隙間が大きく空いていたり、洗濯機のバランスが悪いと振動の原因になるため気を付けましょう。

洗濯機の振動音を防ぐために隙間を開けて設置しよう

洗濯機の設置方法も、騒音の原因になっている可能性があります。洗濯機の壁の間には壁と振動で音が響かないようにするため、ある程度の隙間が必要です。目安としては、側面の幅はおよそ9cmほど、反対側は2cm以上、背面は5cm以上離しましょう。ピッタリと壁に付いているとガタガタぶつかり騒音や振動が発生します。

洗濯機が水平になっていない

洗濯機が水平になっていない場合も注意が必要です。洗濯機についている水準器などを確認して設置し直しましょう。大抵の洗濯機の場合、トップドアを開けパネルの側に水準器が設置されています。

 

水準器は水平器の代わりになっており、水の動きで確認できます。気泡が円の中心に入ると水平というサインとなっています。ズレている場合は調節脚の高さを変えたり、傾きを直したりして調整しましょう。

 

【外部】洗濯機振動音の原因②:輸送用固定ボルトが付いている

ドラム式洗濯機の場合、輸送用固定ボルトが付いている状態で運転させるとものすごい音が響きます。輸送用固定ボルトの外し忘れは洗濯機の騒音で一番の原因とも言われています。設置する前は輸送用固定ボルトを外しましょう。中古で洗濯機を購入した場合によく起こるようです。

【外部】洗濯機振動音の原因③:排水に異常がある

スムーズに排水ができていないと、洗濯槽と脱水槽の間に水が残り、脱水槽の回転バランスが崩れることで振動が大きくなります。排水が上手くいかない主な原因は、排水ホースの詰まりやフィルターの目詰まりです。排水口の掃除や、排水ホースの引き回しを見直しすることで改善する可能性があるので確認してみましょう。

【外部】洗濯機振動音の原因④:設置している床が弱い

特にドラム式の洗濯機は重量が重たいので、設置する床には十分な強度が必要です。正常に設置できていても、特に脱水の工程で振動が大きくなる傾向がありますので、床が弱くアンバランスに設置されているとなおさら振動が強まります。洗濯機本体のガタつき・傾きが確認された場合には補強板を使用して床や防水フロアを補強するようにしましょう

洗濯機がうるさくなる原因について簡単に説明してきました。ここからは振動音が大きい洗濯機を静かにする方法について解説します。下記5つの項目を確認して、できる対策から始めてみましょう。

 

  1. 振動パッドを付ける
  2. かさ上げ台を使用する
  3. パルセーターを取り外し中の異物を取り除く
  4. 【ドラム式】設定を変更する
  5. 【タテ型】脱水時に洗濯物の位置を調整する

洗濯機の振動対策①:振動パッドを付ける

洗濯機の振動対策として、振動パッドや防音ゴムなどの防音グッズを取り付けるのもおすすめです。振動パッドはほとんどが洗濯機の四隅の角に咬ませるタイプの物になります。下に敷くだけで効果があるので手軽さがあります。

 

また、かさ上げをして振動音を抑える防音グッズと併用すると更に効果が高まるといった口コミもあります。故障が振動の原因ではない場合は大きな振動抑制の効果が出るでしょう。大掛かりな作業は必要なく、2人もいれば簡単に取り付けられるので試してみてください。

洗濯機の振動対策②:かさ上げ台を使用する

水平になるかさ上げ台もを使用することも洗濯機の振動対策になります。かさ上げ台は洗濯機の下に敷いて高さを調整するための台座のようなものです。中には防振対策用のかさ上げ台もあり、下に敷くことで振動の抑制効果も期待出来ます。

 

また、かさ上げ台は床から少し隙間が出来るので掃除がしやすくなります。さらに、キャスター付きのものもあるので容易に移動させることが出来るようになります。洗濯機防振グッズの中ではかなり実用的です。

洗濯機の振動対策③:パルセーターを取り外し内部の異物を取り除こう

パルセーターの隙間に異物(お金など)が入っていてガタガタする場合は自分で修理して対策できます。パルセーターの取り外し方は簡単で、道具はドライバーを使用します。やり方はドライバーをパルセーターの中心のネジに当て回しましょう。

 

ネジが緩んできたら、パルセーターの空いている穴にネジなどを咬ませて取っ手代わりにし引き抜くとパルセーターが簡単に外れます。内部で騒音の原因となっている異物を取り除くことが出来ます。意外に色んなものが入っていることもあり驚きますよ。

洗濯機の振動対策④:【ドラム式】設定を変更する

洗濯時に「低速」の設定にすると、本体の揺れを軽減することができます。脱水時に「低振動」の設定ができるモデルであれば、こちらもおすすめです。また、2017年モデル以降のドラム式洗濯機では、脱水回転数の設定を変更できるようになりました。脱水にかかる時間は長くなりますが、回転数を減らせば、大きな振動や音を軽減する効果が期待できます

洗濯機の振動対策⑤:【タテ型】脱水時に洗濯物の位置を調整する

脱水する際に重い衣類がかたよったり、1回で大量に洗濯・脱水しようとすると、振動が大きくなります。脱水をする前に、洗濯槽内の衣類を均一になるよう位置調整をすると、振動が軽減される可能性が高まります。また、位置を調整するときは槽内の外側に衣類を均等に配置して、上から見た時に円状になるように並べましょう

ニトリ

洗濯機用かさ上げ台

価格:6,000円 (税込)

ドラム式におすすめ!振動軽減&お掃除楽々

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほとんどのメーカーの洗濯機パンに取付できる、洗濯機用かさ上げ台です。4つ足に両面テープで固定するだけで、防擦ゴムがドラム式洗濯機の振動を軽減します。また、かさ上げすることにより排水口周りの掃除が楽にできることも嬉しいポイントです。

メーカー ニトリ 商品名 洗濯機用かさ上げ台
サイズ 幅11.1×奥行11.1×高さ10.5cm
テクノテック

洗濯機台 かさ上げ用 イージースタンド

価格:7,330円 (税込)

制振ゴムで振動軽減!安定感も抜群です

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現在お使いの防水パンに接着テープで固定するだけで簡単設置できる、洗濯機台のかさ上げ台です。洗濯機との接地面には制振ゴムが採用されており、しっかりと振動を軽減してくれます。厚みもあるしっかりとした作りになっており、安定感も良いと好評の声が見て取れます。

メーカー イージースタンド 商品名 D105
サイズ ‎15.7 x 15.7 x 10.5 cm
因幡電工(INABA DENKO)

因幡電工(INABA DENKO) ふんばるマン OP-SG600

価格:1,330円 (税込)

独自の内部構造で振動音抑制効果大

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯機用の防振対策アイテムのふんばるマンはかなりおすすめです。ふんばるマンの材質はゴムでもジェルでもありません。ポリプロピレンですが、独自の内部構造で柱上の形状をしており、洗濯機の振動をしっかりと吸収します。

 

ドラム式洗濯機専用となっており、防水パンの角に丁度当たるような形状になっています。その結果、防水パンの角にもピッタリと合わせられ、床にも直接設置できます。パッドというかかさ上げ台なので、隙間が出来、掃除も出来るスペースも生まれ実用性は大です。

 

ふんばるマン一つでも耐震抑制が出来ます。ふんばるマンの上から更に防振パッドを設置すると効果も増大。洗濯機がガタガタ震えてうるさい場合は設置を検討してみてはいかがでしょうか。

メーカー 因幡電工(INABA DENKO) 商品名 OP-SG600
サイズ 縦100mm×横100mm×高さ62mm
東京防音

東京防音 TW-660 ニューしずか

価格:1,180円 (税込)

約12dBの振動音抑制効果を発揮

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手軽な防振グッズなら、東京防音のニューしずかという防振ゴムがおすすめです。ニューしずかは、天然ゴムより高性能なハネナイトと言われる素材を使用しており、大きな振動抑制に効果があります。その振動抑制効果は大きな振動から小さな振動など様々。

 

実験の結果では、12dBの振動音の抑制に成功しています。この数値は天然ゴムの10倍と言われています。床振動や脱水時の振動が原因の場合、8割は軽減できると言っても良いでしょう。ふんばるマンとも相性が良く併用して使用できます。

 

ほとんどの洗濯機で設置が可能なのもおすすめポイントです。集合住宅に住まわれている方は近隣住民ともトラブルになる前に設置し、騒音のトラブルを未然に防ぐというのもありかもしれません。

メーカー 東京防音 商品名 TW-660
サイズ 幅60*長さ60*厚み9mm
Lifinsky

Lifinsky TJ-002

価格:3,380円 (税込)

高さ調節自由、最大荷重500kgの騒音抑制台

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴムパッド付のジャッキ、キャスター、防板パッドが付いているので、洗濯機台は騒音抑制台の防振グッズとしておすすめです。最大荷重500kgまで耐えられるので、縦型洗濯機からドラム式洗濯機まで対応しています。

 

高さも調整可能で伸縮自在でお掃除ロボットのルンバなどもスイスイと通ります。台の四隅にもキャスターが付いているので手前に引いたり、戻したりと簡単に出来るので移動もらくちんです。

メーカー Lifinsky 商品名 TJ-002
サイズ 幅46.5~68*奥行46.5~68*高さ11〜12cm

特にアパート・マンションなどの集合住宅にお住まいの方は、洗濯機の振動には要注意です。早朝・夜中に洗濯機を回すと、普段よりも振動などが大きく響いてしまい、近隣トラブルに発展しかねません。

 

しかし、仕事をしていたりすると、どうしても洗濯できるのが夜になってしまうこともありますよね。以下のリンク記事では洗濯機を回す時間について解説しています。ぜひそちらも参考にしながら、できる限りの対策とって極力振動を抑える工夫をしていきましょう。

洗濯機の振動音はとても気になるものです。最悪の場合、隣の部屋の方やご近所の方と騒音トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。そうなる前に、振動音が気になったら早めに対策しておきましょう。その際はぜひ、この記事でご紹介した方法やグッズを試してくださいね。