【2019年最新】人気おすすめの1/1.7型コンデジ3選を紹介!【コスパに優れた名機】

1/1.7型はコンデジの上位機種に使われるような高性能の画像素子でしたが、1型が人気になりすぎたため、1/1.7型のコンデジは市場から姿を消してしまいました。ここでは、画質が高いことから隠れた名機となっている、1/1.7型コンデジについて紹介していきます。

1/1.7インチコンデジとはどんなカメラ?

1/1.7インチコンデジは1/2.3インチコンデジよりも画素数で劣るものの、センサーサイズ 自体が大きいので実際の画質は1/2.3インチコンデジよりも良くなります。1/1.7型コンデジは現在では販売されていないため中古品が多いですが、コスパの良い商品が多くなっています。

【画質に拘る方必見】コンパクトデジタルカメラのセンサーサイズで何が変わるのか。特徴とおすすめの選び方を紹介

1インチのコンデジよりも手頃な値段で手に入る

1インチコンデジでは全体的に値段が高く、最も手頃な値段で買えるRX100でも3万円台になっています。より画質の良い1インチコンデジが開発されたことにより、1/1.7インチコンデジの人気が下落したため、画質が良いのにも関わらず1~3万円程度と手頃な価格で購入できます。

【2019年最新】1インチコンデジのおすすめ機種5選!高画質でコンパクトが魅力!

1/2.3インチコンデジよりもF値の小さい機種が多い

1/2.3インチのモデルでは開放F値が3以上となる機種が多いですが、1/1.7型では全域でF値が2.8の製品や、開放F値が1.8となっているモデルが存在します。そのため、1/1.7型では1/2.3インチのコンデジよりも、明るくてボケのある画像を撮影することが可能となっています。

画素数が1200万画素程度と控えめなモデルが多い

2016年ごろに販売された1/2.3型のコンデジが1600万から2000万画素であるのに対し、1/1.7型のコンデジは1200万画素と控えめになっています。

 

画素数が低いカメラは画質が良くないと思われがちですが、画素数が低いとノイズが減って逆にキレイな画像になることが多いので、結果的に1/2.3型のコンデジよりも画質が良くなります。

1/1.7型の人気おすすめデジカメ3選

ソニーやキャノンといった日本の代表的なカメラメーカーは、1型以上の画像素子を搭載したコンデジを押し出してます。そのため、1/1.7型のコンデジを販売しているメーカーは、オリンパスやカシオ等のマイナーなメーカーが多いです。

オリンパスの1/1.7型コンデジ

オリンパスのデジカメの一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方
オリンパス

デジタルカメラ STYLUS-1S

価格:69,800円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2014年に発売された古い機種ですが、価格コムの評判が良くて画像素子の大きさも1/1.7型と大きいので、隠れた名機となっています。また、ズーム倍率も10.7倍と高いですが、古い機種なので質量は402gと少々重いコンデジとなっています。

 

オリンパスのSTYLUS-1sは画像データをスマホに送るWi-Fi機能と、チルト液晶の両方が付いていて非常に使い勝手が良いので、万人におすすめできるカメラとなります。

 

「オリンパスのSTYLUS-1S デジタルカメラの製品情報・レビュー」について見る

カシオの1/1.7型コンデジ

【2019年最新】カシオのデジカメの一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方
CASIO(カシオ)

デジタルカメラ EXILIM EX-ZR3100WE

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カシオは2018年にデジタルカメラの販売を終了してしまいましたが、今でも在庫があり新品で販売されることもある1/1.7型のコンデジとなります。12倍の光学ズーム倍率を持つのにもかかわらず、質量が250g程度と大変軽いコンデジとなっています。

 

Wi-Fi機能が有るので、画像データをスマホに送ることが出来る上に、チルト液晶もあるので、自撮りもできる便利なカメラとなっています。更にピンク色のカメラもあるので、女性にもおすすめできるコンデジとなっています。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー CASIO(カシオ) 商品名 EXILIM EX-ZR3100WE
最短撮影距離 6cm 撮像素子 1/1.7型CMOS(裏面照射型)
F値 F2.8~F6.3 有効画素数 1210万画素
光学ズーム 12倍 焦点距離 19mm
撮影感度 ISO80~25600 手ぶれ補正 レンズシフト方式手ブレ補正
AF(オートフォーカス) コントラスト検出方式オートフォーカス AF補助光付き 連写速度 30枚/秒
動画 FHD(1920x1080) 30fps サイズ 108.3mm × 61.5mm × 36.7mm
重量 249g その他機能 Wi-Fi機能・チルト液晶
「カシオのEX-ZR3100WE デジタルカメラのレビュー」について見る

ニコンの1/1.7型コンデジ

【2019年最新】ニコンのデジカメの一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方
Nikon

デジタルカメラ P340

価格:19,380円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ニコンのコンデジでは数少ない、1/2.3型よりも大きな1/1.7型の撮像素子を搭載した機種となります。P340は開放F値が1.8と非常に明るく、速射性能も1秒間に120枚と非常に速いですが、操作性があまり良くなくスナップ撮影には不向きといった欠点があります。

メーカー Nikon(ニコン) 商品名 P340
最短撮影距離 2cm 撮像素子 1/1.7型CMOS (裏面照射型)
F値 F1.8~F5.6 有効画素数 1219万画素
光学ズーム 5倍 焦点距離 24mm
撮影感度 ISO80~2560 手ぶれ補正 レンズシフト方式
AF(オートフォーカス) コントラスト検出方式 連写速度 120コマ/秒
動画 1920x1080(フルHD) / 60p サイズ 103mm x 58.3mm x 32mm
重量 194g その他機能 Wi-Fi機能
「ニコンのP340 デジタルカメラのレビュー」について見る

1/1.7インチコンデジが製造中止になった理由

最近では、スマホの画像素子も大型化して1/2.3型に近い物を使うようになったので、コンデジ離れを防ぐためには大型の画像素子が必要となります。それにも関わらず、最近では1/1.7型カメラは製造中止となり、すっかり販売されなくなってしまいました。

 

昔は高級コンデジの画像素子は1/1.7型の画像素子が主に使われていました。しかし、ソニーが1インチセンサーを開発したことにより、画質の劣る1/1.7インチコンデジは高級コンデジではなくなってしまい、需要が暴落して製造中止になってしまいました。