デジカメケースのおすすめ10選|ハードタイプやソフトタイプも!

デジカメをキズや衝撃から守るデジカメケース。大事なデジカメを守るためにもデジカメケース選びは慎重に行いたいですよね。今回は、デジカメをきちんと保護してくれるおすすめのデジカメケースをご紹介します。選び方も詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

普段デジカメを持ち歩くとき、デジカメケースは利用していますか?デジカメをケースに入れずに持ち歩くと、バッグの中で他のものとこすれあって傷がついたり、落としたときに衝撃で壊れてしまったりします。

 

そんなデジカメの事故を防いでくれるのがデジカメケースです。デジカメケースには特定のデジカメ専用のケースもあれば、どんなデジカメにも使える汎用品までさまざまな商品があります。その中からお気に入りの1つを選ぶことで、撮影気分もぐっと上がりますよ。

 

今回は、デジカメを守りながらも、持ち運びがしやすくデザインも素敵なおすすめのデジカメケースをご紹介します。デジカメケースの選び方も解説するので、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!デジカメケースおすすめ10選

それでは、実際にどうやってデジカメケースを選べばいいのか、具体的に見ていきましょう。種類がたくさんあって迷ってしまうデジカメケースですが、1つずつポイントを抑えれば自分好みの商品を見つけられますよ。

素材の違いに注目しよう

デジカメケースは、種類によって素材に違いがあります。素材が違うとそれぞれの特徴も異なってくるので、形や大きさだけでなく使われている素材にも注目しましょう。

強度がしっかりとしたハードタイプ

とにかくしっかりとしていて丈夫なデジカメケースを探しているのであれば、ハードタイプのケースがおすすめです。ハードタイプのものは強度が強いので、万が一ケースごとデジカメを落としてしまっても壊れにくいメリットがあります。

 

ただし、しっかりしている分どうしても重くなってしまうデメリットもあります。また、バッグの中に入れたときにかさばってしまうこともあります。できるだけ軽くてスリムなデジカメケースを探している人にはあまり適していません。

 

しかし、普段からリュックやバッグなどにデジカメケースを取り付けたり、デジカメケースをむき出しのまま持ち運びをしたりする方にとっては、歩くときに障害物にぶつかってもデジカメを守ってくれるのでとても役に立つでしょう。

軽くて手軽なソフトタイプ

ソフトタイプのデジカメケースは、とにかく軽いというメリットがあります。また、柔らかいためバッグの中に入れたときにも邪魔になりにくく、持ち運びに便利です。ただし、軽くて柔らかいため、どうしても強度は弱くなります。

 

しかし、ソフトタイプのデジカメケースには、強度が弱い分中に衝撃緩和材が使われているものも多くあります。軽いタイプのデジカメケースがほしいけどデジカメが傷つかないか心配な方は、衝撃緩和材が使われているものを選ぶといいでしょう。

 

また、ハードタイプに比べて種類が豊富なので、個性的なデザインのものや可愛らしいケース、カラフルなケースなど、比較的自由に選べるのも嬉しいところです。自分のデジカメや好みにあったデジカメケースを探してみてください。

水に強い撥水素材

デジカメケースの中には撥水素材で作られたものもあります。撥水素材で作られていると水をはじいてくれるので、中のデジカメが濡れて壊れるような心配がなく安心です。特にアウトドアでデジカメを使う人におすすめのデジカメケースです。

 

防水ではなく撥水なので、もちろん水没してしまったときは水が入ってきてしまいますが、急な雨や雪、川や海の水しぶきくらいでしたら防いでくれます。ただし、あまり種類がないので、なかなか好みのものを選べない場合があります。

 

そういった場合はデジカメ用ではなくても、デジカメが入るサイズの撥水素材のポーチで代用するのもおすすめです。

使いやすいデザインかどうかを確認する

見た目が気に入っても、自分にとって使いやすいデザインでないと徐々に使う頻度も少なくなってしまいます。まずは自分が求めるデザインかどうかを確認しましょう。

すぐに撮影できる一体型

デジカメケースには、特定の機種専用のケースが売られている場合もあります。特定のデジカメ用に作られているため、デジカメと一体化するのが特徴。そのため、ケースを付けたまま簡単に撮影できるようになっているので、デジカメの出し入れの煩わしさから解放されます

 

一体型のケースは、使う際にはとても便利なのですが、特定のデジカメにしか使えないというデメリットがあります。デジカメを違う機種に買い替えたときに、そのデジカメケースも同時に変えなくてはいけません。

 

ただし、同じメーカーのデジカメなら続けて使える場合もあるので、今持っているデジカメを長く使いたい場合や、次も同じメーカーのものを考えている場合はデジカメと同時に専用ケースを購入してしまってもいいでしょう。

オシャレに持ち運べるバッグ型

デジカメケースには、ショルダーストラップが付いているものがあります。これが付いていることで、バッグのように肩からさげて持ち運ぶことが可能です。バッグにデジカメを入れるスペースがないときやすぐに取り出して撮影に使いたい場合に便利です。

 

また、見た目もかわいいものが多く、まるでオシャレなポシェットのようなデジカメケースもあるので、見た目にこだわる方やかわいいデジカメケースを探している女性におすすめです。

 

ストラップが付いていて落とす心配もないため、子どもにも安心して持たせられます。また、ストラップは取り外し可能なものがほとんどなので、バッグにしまうときはストラップを外せばすっきりと収納できます。

ベルトにしっかり取り付けられるベルト通しつき

ズボンのベルトやウエストポーチなどにしっかりとデジカメケースを固定したい場合は、デジカメケースの背面をチェックしましょう。背面にベルト通しが付いているタイプのものを選ぶと、しっかりとデジカメを固定して取り付けられます。

 

また、ベルト通しがマジックテープで取れるタイプのものは、リュックの肩ひもに通して付けることができ、とても便利です。リュックに付けておくとすぐにデジカメを取り出せるので、登山やハイキングなどのアウトドアで特に活躍します。

 

ただし、リュックの肩ひももそれぞれ幅や長さが異なるので、自分の持っているリュックに取り付けられるかどうか、ベルト通しのサイズを確認することが必要になってきます。特に太い肩ひものリュックを持っている場合は、しっかりとサイズを確認しましょう。

色々なところに簡単に取り付けられるカラビナ付き

とにかく手軽に自分のズボンベルトやバッグにデジカメケースを取り付けたい方にはカラビナ付きのデジカメケースが便利です。ちょっとした輪っかがあれば、どこにでも取り付けられて、サイズを確認する手間もありません。

 

また、バッグの中にしまわなくてもいいので、撮影の際にすぐにデジカメを取り出すことができます。ただし、カラビナ付きのデジカメケースはどうしてもプラプラと動いてしまうので、気づかないうちにあちこちぶつかってしまう危険性もあります。

 

それほど障害物のない場所なら大丈夫でしょうが、もし岩場のような障害物の多い場所へ持ち運ぶ場合は、カラビナ付きに加えてハードタイプのデジカメケースを選ぶと安心でしょう。

今すぐ見る!デジカメケースのおすすめ10選

その他の機能にも注目

デジカメを入れるだけでなく、役立つ便利機能も兼ね備えたデジカメケースも存在します。自分にその機能が必要かどうか考えた上で選びましょう。

便利な収納スペース

デジカメを入れるメインの収納スペースの他に、サブで別の収納スペースが付いているデジカメケースがあります。デジカメ以外に入れるものはない方にとっては必要のない機能ですが、デジカメ以外にもさまざまなものを入れたい方にはとても便利です。

 

例えば、デジカメケースの前面に小さな前ポケットがついているデジカメケースがありますが、その場合は前ポケットにメモリカードを入れたり予備バッテリーをしまったりすることもできます。

 

前ポケットだけでなく、中がいくつものスペースに分かれていてデジカメ以外にも多くのものが収納できるデジカメケースもあります。デジカメだけでなくスマホやカードなどがしまえるので、旅行で観光地に出歩く場合にもとても重宝しますよ。

水中撮影もできる防水機能

海やプールでデジカメを使う場合に便利なのが、防水機能付きのデジカメケースです。こちらは撥水とは異なり完全防水なので、たとえ水の中に入れてもデジカメが濡れることはありません。

 

水だけでなく砂ぼこりも防いでくれるので、海辺での使用に適しています。また、完全に水の中に入れることもできるので水中での撮影も可能です。水の中の生き物や子どもがプールの中にもぐっている姿なども撮影できます。

 

ただし、完全防水といってもしっかりと使い方を守らなければもちろん水が入ってくる危険性もあります。防水だからといって油断はせずに、水漏れしていないかどうかの確認は常にしましょう。また、水中で使う場合はデジカメも防水機能付きのものが安心です。

サイズはしっかり確認しよう

いくら気に入ったデジカメケースがあったとしても、自分の持っているデジカメが入らなければ話になりません。特にネット通販などで買う場合は実物が見られない分、内寸の確認は怠らないようにしましょう。

 

また、ただデジカメが入ればいいというものでもなく、あまりにサイズに余裕がありすぎると、今度は移動の際にデジカメがケースの中で動いてしまいます。中で自由に動いてしまうと、傷が付く恐れがあり、故障のリスクも上がります。

 

せっかくデジカメを守るために購入するデジカメケースですので、できるだけ自分のデジカメがぴったりと収まるサイズのものを選びましょう。

エレコム

デジタルカメラケース

価格:500円 (税込)

安価で衝撃にも強い優れもの

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポリウレタンでできているため、撥水効果にすぐれたデジカメケースです。ケースの表面が水をはじくだけでなく、ファスナー自体が水を通しにくい止水ファスナーとなっているので、突然の雨にもあわてることがありません。

 

内部には波状の低反発ポリウレタンが使われているので、衝撃を吸収して大事なカメラを守ってくれます。ソフトケースですが衝撃にも強いので、アウトドアにも活躍してくれます。

 

デザインもとてもシンプルなので、使う人を選びません。カラビナがついているので服や鞄に気軽に取り付けることができます。体にぶつかっても柔らかいため痛くなりにくく、常に携帯して持ち運んでも気になりませんよ。

本体寸法 W83×D50×H135 内寸法 W66.5×D35.5×H113.5
重量 76g 材質 表地:ポリウレタン、裏地:ポリエステル、芯材:低反発ポリウレタン、ポケット:ポリエステル
ベルト通し なし 開閉方式 ファスナー式
付属品 カラビナ その他機能 メディアカードポケットつき
エレコム

デジタルカメラケース

価格:980円 (税込)

女の子にぴったりのキュートなデザイン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とても可愛らしいデザインの、女性にぴったりなデジカメケースです。ピンクだけでなくホワイトやグリーンもあるので、ピンクだとちょっと可愛すぎるかな、と思っても色の選択ができるので大丈夫です。

 

一般的なデジカメケースと違い横向きに作られており、ポーチのように口が広く開くので出し入れが楽にできます。ハンドストラップがついているので、使う時にさっと手首にかけられます。

 

常に持ち歩くというよりは、普段は鞄にしまって持ち運び、撮影の時だけ取り出すという使い方に適しています。重さも40gしかないので、鞄にいれて持ち運んでも邪魔になることはありません。

本体寸法 W138×D55×H80mm 内寸法 W113.5×D35.5×H66.5mm
重量 40g 材質 表地:ポリエステル65%+綿35%、裏地:綿
ベルト通し なし 開閉方式 ファスナー式
付属品 ハンドストラップ その他機能 なし
ナカバヤシ(Nakabayashi)

デジタルカメラケース

価格:863円 (税込)

とにかくシンプルで丈夫なデジカメケースならコレ!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セミハードタイプのシンプルなデジカメケースです。ハードタイプのものだと重量が重くなってしまうことも多いのですが、こちらのデジカメケースは丈夫にできている上に重さもわずか60gと軽くなっています。

 

カラビナと同時に背面にベルトループもついているので、ベルトに通して使うことができて便利です。比較的内部に余裕があるので、デジカメによっては一緒に予備バッテリーをいれたり、内部のポケットにはSDカードをしまうこともできます。

 

シンプルなデザインですがカラーバリエーションは豊富で、オレンジ、ピンク、イエロー、ブルー、ホワイトなど、男女それぞれに使える色がそろっています。発色も鮮やかなカラーで、鞄にしまっても目立つので埋没することなく探しやすいですよ。

本体寸法 W85×D50×H130mm 収納部内寸 W70×D40×H110mm
重量 60g 材質 ポリエステル
ベルト通し あり 開閉方法 ファスナー式
付属品 カラビナ その他機能 インナーポケット
エツミ

デジタルカメラケース

価格:980円 (税込)

見た目も華やか、服と一緒にコーデを楽しもう!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

花柄が可愛いコンパクトなデジカメケースです。可愛すぎることもなく、若い方から年配の方まで幅広く使うことができます。材質もふんわりとしているので、デジカメの保護だけでなく触っても心地よいのが嬉しいところです。

 

重量もわずか25gと、持ち運ぶ時にもまったく邪魔にならない重さです。ただ持ち運びはかさばらずに便利ですが、そのコンパクトさゆえ自分のデジカメが入るかどうかの確認だけはきちんとしたほうがいいでしょう。

 

デザインが可愛いので、腰からさげたりストラップをつけて首からさげたりしてもファッションのひとつとして溶け込みます。他の人とはちょっと違った可愛いデジカメケースを探している人にはおすすめの商品です。

本体寸法 内寸法 W60×D28 ×H 98mm
重量 25g 材質
ベルト通し なし 開閉方式 ファスナー式
付属品 カラビナ その他機能 なし
GREGORY(グレゴリー)

パデッドケース

価格:2,745円 (税込)

グレゴリーファン必見!まるで小さなバックパッカー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファンも多いグレゴリーから出されている小型のポーチです。デジカメ専用のケースではありませんが、大きさがちょうど一般的なデジカメケースと同じくらいなので、デジカメケースとして使っている人も多いようです。

 

パッドが入っているのでデジカメの保護もきちんとしてくれます。背面にはベルト通しもあり、内側にはポケットもついているため、デジカメケースとしてもとても使いやすい作りとなっています。

 

ブラックやウルトラバイオレットなどもあり、見た目もかっこいいポーチです。グレゴリーのバックパッカーとあわせて装着してもオシャレでいいですね。デジカメだけでなくスマホケースなどとしても活躍しますよ。

本体寸法 W80xD40×H155mm 内寸法
重量 67g 材質 ナイロン・ポリエステル
ベルト通し あり 開閉方式 ファスナー式
付属品 なし その他機能 インナーポケット
トラベル用品専門店BIGTREE

多機能ポーチ

価格:1,330円 (税込)

デジカメ以外にも使える!頑丈なミニスーツケース

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるで小さなスーツケースのようなこちらの商品は、デジカメケースとしても使える多機能ポーチです。本物のスーツケースと同じABS樹脂で加工されており、撥水性と耐久性に優れています

 

デジカメ専用のケースではなく多機能ポーチということで、大きさがだいぶあります。そのため少し大きめのデジカメでも収納することができます。またデジカメだけでなく、スマホやパスポートなども楽々いれることができて便利です。

 

ハンドストラップがついているので、サブバッグとして鞄に取り付けることもできます。とにかく衝撃に強いデジカメケースや、他とは一味違ったデジカメケースを探している人におすすめの商品です。

本体寸法 W175×H105×D75mm 内寸法 W約170×約H100×D約50mm
重量 240g 材質 ABS樹脂+ポリカーボネート
ベルト通し なし 開閉方法 ファスナー式
付属品 ハンドストラップ その他機能 防水
ハクバ

デジタルカメラケース

価格:811円 (税込)

片手で簡単、開け閉め楽々

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファスナー式の多いデジカメケースですが、こちらのデジカメケースは珍しく面ファスナー(マジックテープ)での開閉となっています。普通のファスナーですとなかなか片手で開けられなかったりすることもありますが、このデジカメケースは片手で簡単に開閉が可能です。

 

またフラップタイプなためデジカメがとても取り出しやすく、撮影したい時にすぐに取り出せます。内部にはポケットもついており、奥行きが広いため予備バッテリーくらいなら余裕で収納することができます。

 

バンパー構造になっており強度もあるので、外からの衝撃にも耐えやすくなっています。持ち歩きながらデジカメを頻繁にケースに出し入れする人にはとてもおすすめの商品です。

本体寸法 内寸法 W65×D35mm×H110mm
重量 材質
ベルト通し あり 開閉方式 面ファスナー式
付属品 カラビナ その他機能 メモリーカードポケット
【BLUEBLUE1】

デジカメ ケース

価格:1,780円 (税込)

プレゼントにも最適!高級感ただようデジカメケース

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見るからに高級そうなこちらのデジカメケースは、素材に人工皮革を使って職人が丁寧に縫製して作られた高品質のデジカメケースです。この人工皮革は防水機能も持っているので、水にぬれても大丈夫です。

 

ケースの裏地は起毛生地になっているので、デジカメを保護してキズや衝撃から守ってくれます。ショルダーストラップもついており、肩からかけてデジカメを持ち歩くことができ、ふたの開閉もマグネット式なので簡単に行うことができます。

 

見た目がとてもシャープでかっこいいので、自分用だけでなくプレゼントとして贈るのにも最適です。デジカメをオシャレに持ち歩きたい人にはぴったりのデジカメケースです。

本体寸法 W85×D50mm×H120 内寸法 W75×D40mm×H100
重量 材質 PUレザー
ベルト通し あり 開閉方法 マグネット式
付属品 ショルダーベルトストラップ その他機能 防水
ハクバ

デジタルカメラケース

価格:950円 (税込)

コンパクトでスタイリッシュ、サブ使いにも便利

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナイロン製でつるつるした手触りが心地よいデジカメケースです。光沢感のあるチェック柄の生地で、見た目もスタイリッシュなデザインになっています。ピンクやライムなどの可愛いカラーも揃っていて、男女問わず使うことができます。

 

カラビナとベルト通しの両方装備されていますが、特に背面のベルト通しに幅があるので、ウエストポーチなどの幅広のベルトにも装着できるところが便利です。前面にはポケットもついていて、予備バッテリーやSDカードを収納することができます。

 

生地は薄めですが、クッションはついているのでデジカメにキズがつく心配はありません。値段も手ごろでサイズ的にも使い勝手がいいので、子供用にもうひとつ、というようにメインのデジカメケースに追加して購入するのもいいかもしれませんね。

本体寸法 内寸法 W65×H115×D30mm
重量 材質 ナイロン
ベルト通し あり 開閉方式 ファスナー式
付属品 カラビナ その他機能 前ポケット
アウトドア

デジタルカメラケース

価格:1,134円 (税込)

オシャレで使い勝手もいい、イチオシのデジカメケース!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界的にも人気のブランド、アウトドアから出されているデジカメケースです。まるで小さなデイパックのようなデザインでとてもオシャレですね。お手頃価格なのにしっかりとした作りで、ファスナーもなめらかで開けやすいと評判です。

 

メインポケットだけでなく前ポケットもそこそこの収納力があるので、メインポケットにデジカメ、前ポケットにスマホ、というような使い方もできます。また全面にクッションがきているのでデジカメの保護もしっかりとしてくれます。

 

こちらのデジカメケースはカラーバリエーションも豊富で、シンプルな一色使いのものから可愛い柄ものまで様々取りそろっています。とてもオシャレで使いやすいので、普段使いから旅行、登山にまで、様々なシチュエーションで活躍してくれますよ。

本体寸法 内寸法(メインポケット) W70×D35mm×H115mm
重量 約35g 材質 ナイロン
ベルト通し あり 開閉方法 ファスナー式
付属品 カラビナ その他機能 前ポケットつき

今回は、デジカメケースの選び方のポイントやおすすめ商品をご紹介しました。「デジカメを守る」という大事な役割を担っているデジカメケース、慎重に選びたいですよね。ぜひお手持ちのカメラにぴったりなデジカメケースを見つけて、カメラライフを充実させましょう。