ソニー MDR-H600Aの評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥11,648
ソニー MDR-H600A ヘッドホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ソニー MDR-H600A ヘッドホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/04/13 更新

ランク王編集部

オシャレカラーで差をつけられる!持ち歩きにコンパクトなヘッドホン

本商品は中口径40mmHDドライバーユニットで、低音域の再現性を重視したヘッドホンです。音質だけでなくカラーバリエーションが豊富で、非常に高いファッション性があります。また、装着感は人間工学に基づいた立体縫製を採用。耳がイヤーパッドによくフィットするようになっています。

さらに、ハウジング部がコンパクトに折りたためるので、「かさばらずに持ち歩きたい方」におすすめです。加えて、スマートフォン用のマイクの付いたリモコンをケーブルに搭載。ハンズフリー通話や再生・停止をサッと操作できるタイプを探していた方にもピッタリです。

編集部おすすめの記事

MDR-H600Aの基本スペック

タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
装着方式
両耳
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
プラグ形状
ミニプラグ
インピーダンス 【Ω】
24 Ω
音圧感度 【dB】
103 dB
再生周波数帯域
5Hz〜60kHz
ドライバサイズ 【mm】
40 mm
コード長【m】
1.2 m
最大入力
1500 mW
リケーブル 
ハイレゾ 
マイク 
リモコン 
折りたたみ 
カラー
トワイライトレッド
重量【g】
220 g

MDR-H600Aの通販サイト比較

楽天 ¥11,648

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Amazon ¥17,800

在庫 : ○

送料 : 無料~

状態 : 中古

Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥17,444

在庫 : ○

送料 : 無料~

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されている記事

【2022最新版】有線ヘッドホンの厳選おすすめ20選|高コスパ&ハイレゾ対応ものサムネイル画像

【2022最新版】有線ヘッドホンの厳選おすすめ20選|高コスパ&ハイレゾ対応も

2022/05/23

【最新版】1万円以下のヘッドホンの"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】1万円以下のヘッドホンの"今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/03/22

【2022最新版】1万円前後のヘッドホンおすすめ10選【コスパ抜群】のサムネイル画像

【2022最新版】1万円前後のヘッドホンおすすめ10選【コスパ抜群】

2022/02/04

ハイレゾヘッドホンのおすすめ17選!|詳しい選び方もご紹介のサムネイル画像

ハイレゾヘッドホンのおすすめ17選!|詳しい選び方もご紹介

2021/12/15

【最新版】ハイレゾ対応の有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ハイレゾ対応の有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【最新版】5万円以下のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】5万円以下のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

ヘッドホンの選び方とおすすめ商品10選|安い・良音質な高コスパモデルものサムネイル画像

ヘッドホンの選び方とおすすめ商品10選|安い・良音質な高コスパモデルも

2021/12/15

【最新版】ハイレゾ対応のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ハイレゾ対応のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【最新版】ソニーの有線イヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ソニーの有線イヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【最新版】ソニーの有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ソニーの有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【2022最新】5000円前後のヘッドホンおすすめ14選|安い&おしゃれなモデルものサムネイル画像

【2022最新】5000円前後のヘッドホンおすすめ14選|安い&おしゃれなモデルも

2021/12/14

【最新版】音質重視!有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】音質重視!有線ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

【最新版】ドライバー口径40~70mmのヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ドライバー口径40~70mmのヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

【最新版】ドライバー口径28~40mmのヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ドライバー口径28~40mmのヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

価格帯別ヘッドホンのおすすめ12選|価格の違いは何?解説しますのサムネイル画像

価格帯別ヘッドホンのおすすめ12選|価格の違いは何?解説します

2021/12/14

【最新版】1万円台の高音質ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】1万円台の高音質ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

【2022最新】コスパ最強ヘッドホンおすすめ特集|選び方のポイントのサムネイル画像

【2022最新】コスパ最強ヘッドホンおすすめ特集|選び方のポイント

2021/12/13

あなたは音漏れ大丈夫?|遮音性の高いヘッドホンをご紹介します!のサムネイル画像

あなたは音漏れ大丈夫?|遮音性の高いヘッドホンをご紹介します!

2021/12/13

【最新版】高音質の密閉型ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】高音質の密閉型ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/13

【最新版】5千円〜1万円のワイヤレスヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】5千円〜1万円のワイヤレスヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/08

【最新版】有線のオーバーイヤーヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】有線のオーバーイヤーヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/08

【2022年最新】ソニーヘッドホンおすすめ12選|人気シリーズを詳しく解説!のサムネイル画像

【2022年最新】ソニーヘッドホンおすすめ12選|人気シリーズを詳しく解説!

2021/12/03

【最新版】1万円以下で買えるヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】1万円以下で買えるヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/11/16

【最新版】安いヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】安いヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/11/15

ソニー(SONY)

ソニー SONY ヘッドホン h.ear on 2 MDR-H600A : ハイレゾ対応 密閉型 リモコン・マイク付き 2017年モデル グレイッシュブラック MDR-H600A B

価格:14,480円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
h.ear on 2 MDR-H600A B(グレイッシュブラック)・N(ペールゴールド)・B(ムーンリッドブルー)・R(トワイライトレッド)・G(ホライズングリーン)
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
密閉型
プラグ形状
ミニプラグ
コード長
1.2m
その他機能
リケーブル、ハイレゾ、マイク、リモコン、折りたたみ

MDR-H600Aはファンションアイテムとしてもライフスタイルに溶け込む多彩なミディアムトーンのカラーバリエーションを実現しています。

 

ウォークマンA40シリーズと同色なので、統一した色でさらに音楽のライフスタイルに溶け込み、おしゃれを演出することができます。

MDR-H600Aは低反発のウレタン素材のイヤーパッドを搭載しているので、快適な着け心地を実現してくれます。

 

耳を圧迫しない設計になっているため、長時間の着用にも適しています。

MDR-H600Aはハウジング上に設けられた通気孔により、こもりがちな低音をしっかりとコントロールしてくれます。

 

振動板の動作を最適化させることで、より細かな低音のコントロールを実現しています。

MDR-H600Aは全体的に音質がフラットなため、様々なジャンルの音を癖なく表現してくれるヘッドホンです。

しかし、フラットなため、迫力のある強弱の効いたサウンドではないため、音が物足りないと感じてしまう方が多いようです。

 

ドンシャリ感を味わいたい方は注意が必要なようです。

MDR-H600Aは低音から高音まで、ワイドレンジに対応している優れたヘッドホンですが、中高音域が弱いと感じてしまうという口コミが多くあります。

 

特にボーカルや金管楽器などを多く聴く方は、中高音域の弱さが目立ってしまうため、デメリットと言えます。

MDR-H600Aはハウジング上に通気孔が搭載されており、低音のリズムをしっかりとコントロールしてくれる機構があります。

しかし、音質のよっては低音がこもってしまうことが多いようで、不満に感じている方が多い印象です。

 

こもった低音はヘッドホンとして大きなデメリットと言えます。

MDR-H600Aは折りたたみ機能も搭載されており、デザイン性も高いため、屋外での使用をメインで購入される方も多い製品です。

 

しかし、実際に持ち歩くとサイズが大きくかさばってしまうため、持ち運ぶのが大変という口コミが多くあります。

かさばってしまうという点は携帯性の面で大きなデメリットと言えます。

ヘッドホンの使用用途として、音声チャットや電話等があります。

その中で、MDR-H600Aはマイクの性能が高く、相手方とも高音質でやりとりができるため重宝しているという口コミが多くあります。

 

マイクの性能が高いというのは大きなメリットと言えます。

MDR-H600Aはハイレゾの高音質音源にも対応しているハイスペックなヘッドホンです。

そのため、通常で使用していても解像度が高いと感じるという口コミが多くあります。

 

音源が多少音質が悪くても艶やかな音質で楽しむことができるようです。

MDR-H600Aはイヤーパッド部分に低反発ウレタン素材を搭載しており、長時間の使用でも疲れにくい設計になっているようです。

そのため、快適に使用でき、通勤などでも便利という口コミが多くあります。

 

装着性が高いのは大きなメリットと言えます。

ダイナミックさを楽しみたい人には物足りないかもしれません

出典: https://www.amazon.co.jp

音がフラットなため、音に強弱が少なく物足りないと感じてしまうという口コミが多くありあります。 重低音など迫力がある音楽を望んでいる方にはデメリットのようです。
もう少し中音、高音が出てくれると良かったです。

出典: https://www.biccamera.com

中高音域が弱く、物足りないと感じてしまうという方が多くいるようです。 中高音域が弱いのはボーカルや金管楽器などが弱いと感じてしまうため大きなデメリットと言えます。
TV視聴は低音がこもり気味

出典: https://www.amazon.co.jp

視聴するものによっては低音がこもって聞こえてしまうことがあり、残念という口コミが多くあります。 ヘッドフォンの特性で低音がこもる可能性があるという点はデメリットと言えます。
ただカバンに入れるとかさばる

出典: https://www.amazon.co.jp

本体のサイズが大きく、持ち運ぶ際にかさばってしまうという口コミが多くあります。 屋外での使用がメインという方はサイズに注意が必要です。
iphone純正イヤホン比較して、 ボイスチャットが相手に聞き取りやすく、相手の声もクリアに聞こえて良好です。

出典: https://www.amazon.co.jp

マイクの性能がよく、通話が快適に行えて満足しているという口コミが多くあります。 相手にもクリアに聞こえるという点は大きなメリットと言えます。
ハイレゾ音源でなくても、ヘッドホンによるディテールアップと艶やかさは気持ちよく、 色々な曲を聴きたくなります。

出典: https://www.amazon.co.jp

音質として解像度が高く、原音の音質が悪くても艶やかな音質で聴くことができて満足しているという口コミが多くあります。 解像度が高いという点は大きなメリットと言えます。
装着感は驚くほどストレスがなく、コードの形状も絡まりにくく、 出し入れしやすい手軽さに結びついています。

出典: https://www.amazon.co.jp

本体の装着感がよく、長時間使用でも疲れないという口コミが多くあります。 また、コードも絡みづらいため、通勤などでも使えて便利のようです。
全体の線は少ないながら、シンプルで統一感のあるデザイン。 どちらかというとオシャレな感じでBeatsを意識したようなデザイン優先な雰囲気。 独特な落ち着いたカラーリングはどれも綺麗です。

出典: https://www.amazon.co.jp

本体のデザインやカラーがシンプルで統一されており、おしゃれという口コミが多くあります。 屋外で使用する際にもファッションに溶け込むデザイン性のようです。
ソニー(SONY)

ソニー SONY ヘッドホン h.ear on MDR-100A : ハイレゾ対応 密閉型 折りたたみ式 ケーブル着脱式/バランス接続対応 リモコン・マイク付き チャコールブラック MDR-100A B

価格:16,370円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MDR-100AはMDR-H600Aより一つ前の製品で、MDR-H600Aは後継機種に当たります。

発売時期は2015年モデルです。

 

MDR-H600AとMDR-100Aの大きな違いはほとんどありません。

 

ドライバーサイズですが、どちらも40mmを搭載しています。

ドライバサイズは数値が大きいほど高音質と言われていて、40mmというのはハイレゾにも対応している高音質なものになっています。

 

周波数帯域ですが、どちらの機種も5Hz~60kHzとなっています。

周波数帯域は数値の幅が大きいほどより広い範囲の音を拾うことができるということで、どちらもワイドレンジに対応していると言えます。

 

重量としてもどちらも220gとなっているので、ほとんど違いがないと言えます。

 

カラーバリエーションですが、後継機種であるMDR-H600Aはミッドレンジカラーに対応しており、全体的に柔らかい印象のカラーをしています。対して、MDR-100Aは濃いめのカラーバリエーションになっています。

 

MDR-H600AとMDR-100Aはスペック面で違いはなく、カラーバリエーションが違うのみということがわかりました。

 

価格の面でもほとんど違いはありません。

 

結論として、純粋に価格が安い方を購入することをおすすめします。

ほぼ同じ価格ならば自分の好みのカラーを選んでみてください。

ソニー(SONY)

ソニー SONY ワイヤレスヘッドホン h.ear on 2 Mini Wireless WH-H800 : Bluetooth/ハイレゾ対応 最大24時間連続再生 密閉型オンイヤー マイク付き 2017年モデル グレイッシュブラック WH-H800 B

価格:14,676円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

WH-H800はMDR-H600Aの上位互換の製品で、発売時期は同じ2017年モデルです。

 

MDR-H600AとWH-H800の大きな違いは「ワイヤレスの有無」「周波数帯域」「重量」です。

 

ワイヤレス機能ですが、MDR-H600Aは有線タイプのヘッドホンですが、上位モデルであるWH-H800はワイヤレスタイプのヘッドホンになります。

WH-H800はMDR-H600Aと見た目のデザインとしてはほとんど違いはありませんが、MDR-H600Aのコードがないタイプという認識で間違っていません。

 

周波数帯域ですが、MDR-H600Aは5Hz~60kHzとなっていますが、WH-H800は5Hz~40kHzとなっています。

ワイヤレスになっているため、WH-H800の方がワイドレンジ対応の面で劣っていると言えます。

 

重量ですが、MDR-H600Aは220gとなっていますが、上位モデルであるWH-H800は180gと40gも軽くなっています。40gという差は大きくは思えないかもしれませんが、長時間使用する場合大きな違いが出てくると言えます。

そのため、WH-H800の方が携帯性という面では優れていると言えます。

 

価格としては、有線で高音質をとるか、ワイヤレスで携帯性をとるかで、どちらを選ぶか決めてみてください!

ソニー(SONY)

ソニー SONY ヘッドホン h.ear on 2 MDR-H600A : ハイレゾ対応 密閉型 リモコン・マイク付き 2017年モデル グレイッシュブラック MDR-H600A B

価格:14,480円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー MDR-H600A ヘッドホンの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

MDR-H600Aは有線のヘッドホンですが、デザイン性も高く、ハイレゾの高音質にも対応しているハイスペックな製品です。

フラットな音も定評があり、癖のない音質はヘッドホンです。

 

評価として、音質に深くこだわる方には向いておらず、高音質のヘッドホンが欲しい初心者の方におすすめです。

 

ヘッドホンは屋内で使用するのか、屋外で使用するのかで、遮音性など必要な機能が異なります。

そのため、まずは、自分の使用する環境をしっかりと明確にする必要があります。

明確にしたら、機能から価格の面でしっかりと比較して、自分にあったヘッドホンを探してみてください!