おすすめのデジカメストラップ15選|ストラップは用途に合わせて選ぼう

デジカメを使用しているときに、うっかり落とすと破損や故障の恐れがあります。お気に入りのデジカメを守るためにもストラップの使用がおすすめです。とはいえ、種類が多くどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。デジカメストラップの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。

2021/02/15 更新

デジカメを購入したとき、付属品としてストラップが付いていることがありますよね。しかしデザインがいまいちで使わない、という方も多いのではないでしょうか。ストラップなしでデジカメを使用していると、うっかり落下させてしまう可能性があります。

 

また、キャンプにようなアウトドアシーンでは、デジカメを手に持っているよりもストラップで首や肩からかけている方が楽になるといったメリットも。とはいえ、デジカメストラップはたくさんのブランドから発売されていて、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

 

この記事では、デジカメストラップの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事の最後にはデジカメストラップの使い方で注意したいことについても触れるので、ぜひ最後まで読んで役立ててください。

今すぐ見る!デジカメストラップのおすすめ15選

デジカメストラップにもいくつかの種類があり、用途によって選択肢は変わります。デジカメストラップの種類と、種類別にどんなシーンに向いているのかを見ていきましょう。

幅広い用途に使える「ネックストラップ」

ネックストラップは首にかけて使用します。常に首から下げておけば撮りたいシーンを逃さず撮影できるのがメリットです。長さがあるものは斜めがけにできるので、デジカメを下げたまま歩きたいときに使い分けもできます。

 

ネックストラップは首から下げることを前提にしているので、細身のものが多くコンパクトなデジカメに使用してもバランスがよくおしゃれに見えます。ただし長いまま使用すると行動が制限されることもあるので、長さ調節ができるものがおすすめです。

首が痛くならない「ショルダーストラップ」

一眼レフやミラーレスなど、大きめのデジカメを使用するのであれば、首が痛くならないショルダーストラップがおすすめです。デジカメ自体の重さが増すと、長時間の使用で首が疲れたりストラップが食い込んで痛くなったりします。

 

ショルダーストラップはネックストラップよりも幅がありますが、パットがついていたり肩が痛くならないようクッションが入っていたりと、長時間の使用にも疲れにくいように作られています。

安定性が高い「ハンドストラップ」

ハンドストラップは、手首に巻いて使用します。狙ったシーンを逃さないよう、常にデジカメを手に持っていたいという方におすすめです。ネックストラップやショルダーストラップに比べて、短いのでバッグに収納するときかさばらないのもポイント。

 

手首に巻くことで安定性が高まり、撮影時にブレにくいというメリットもあります。ただしレンズ交換のときはストラップを付けたままではできないため、一旦カメラをどこかに置かないといけません。

 

また、ストラップだけを手首に巻きカメラが宙ぶらりんの状態だと、どこかにぶつける可能性があるので注意しましょう。

プロにも愛用者が多い「速写ストラップ」

速写ストラップは、瞬時にストラップの長さを調節してカメラを手に取り撮影できるというメリットがあります。プロのカメラマンにも愛用者が多く、シャッターチャンスを逃したくないという方におすすめです。

 

速写ストラップにはゴム製と、ストラップにリングを通しカメラを移動させるものがあります。いずれも速写が可能ですがゴムは劣化があるので、長く使いたいのであればリングタイプを選ぶといいでしょう。 

手ブレを防ぐ「グリップストラップ」

グリップストラップは手の甲に固定して使用します。三脚穴を利用して手に固定するので、ハンドストラップよりも安定性が高いのがポイント。手に密着させられるので手ブレを防ぎたい方におすすめです。

 

ストラップ自体もコンパクトで、付けたままでも収納しやすく持ち運びにも便利です。ただし、グリップストラップを装着中は三脚が使えないので注意してください。手にしっかりと密着するので、デジカメを使い始めたばかりの初心者にもおすすめです。

今すぐ見る!デジカメストラップのおすすめ15選

デジカメストラップを選ぶ際は、使い回しのしやすさ・取り外しのしやすさ・デジカメとのバランスを考えて選ぶのがおすすめです。それぞれのポイントについて詳しく解説します。

使いまわしやすい長さを選ぼう

デジカメストラップは長すぎても短すぎても使いにくと感じることがあります。また、使う人によっても使いやすいと感じる長さは異なるので、自身にとって使い勝手がいいかを見極めてください。

 

使用する人の身長や体格、手の大きさ、デジカメのサイズや重量によってもベストな選択肢は変わります。長さ調節ができるものは使いやすい長さを選べるので、長さ調節が可能かどうかをチェックしましょう。

取り外しのしやすさをチェック

メーカーや商品によっては、1度取り付けると簡単に外せないものがあります。安定性という意味ではメリットですが劣化して新しいストラップと交換したり、季節に合わせて頻繁にストラップを交換したりする際は不便に感じることも。取り外しがしやすいことも大切です。

 

また、デザインが気に入って購入しても、手持ちのデジカメに取り付けられないと使用できません。取り付け部分の互換性はしっかりとチェックしてください。

デジカメとのバランスを見極めて

デジカメにもさまざまなサイズやデザインがあるように、デジカメストラップも種類が豊富です。一眼レフやミラーレスのように大きいデジカメには、幅広のストラップの方が適しています。

 

しかしコンパクトデジカメに、幅広のストラップではバランスが悪く見えてしまうので注意しましょう。見た目にもこだわりたいのであれば、デジカメとストラップのバランスも意識して選ぶのがおすすめです。

ネックストラップ

HAKUBA(ハクバ)

PixGEAR スマートネックストラップ KST-48BK

価格:473円 (税込)

コンパクトデジタルカメラにもピッタリ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅3mmの細身のネックストラップは、コンパクトなデジカメをスタイリッシュに持ち運びたい方にもおすすめです。カメラ取付部のバックルで着脱するので、互換性が高く幅広いデジカメに取り付けられます。コンパクトデジカメであれば、ネックストラップで首に下げたまま胸ポケットに入れておくことも可能です。

メーカー HAKUBA(ハクバ) 商品名 PixGEAR スマートネックストラップ KST-48BK
サイズ 長さ53×幅0.3cm 長さ調節 可能
Nikon(ニコン)

ネックストラップ コンパクトデジカメ・COOLPIX用 AN-CP23

価格:705円 (税込)

細いので邪魔にならない

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ニコンCOOLPIX AN-CP23を始めとして、計7種類のニコン・コンパクトデジカメラに対応しています。一応ニコンのコンパクトデジカメに対応するよう設計されていますが、他社のコンパクトデジカメでも使用可能。金具を使用していないので、カメラを傷つけないのも嬉しいところです。シンプルなデザインは、使用するシーンや人を選びません。

メーカー Nikon(ニコン) 商品名 ネックストラップ コンパクトデジカメ・COOLPIX用 AN-CP23
サイズ - 長さ調節 可能
ソニー(SONY)

ストラップ STP-XSG1

価格:2,245円 (税込)

斜めがけでも使えるロングストラップ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長さが94cmまであるので、斜めがけでも使用できます。長さ調節が可能で、身長やシーンに合わせて使いやすい長さを選べるのもポイントです。素材はポリウレタンを使用していますがレザー調に見え、ホワイト・ブラック・ピンク・ブラウンの4色からお好きな色を選ます。控えめなSONYロゴは強調し過ぎないのもポイントです。

メーカー SONY(ソニー) 商品名 ストラップ STP-XSG1(W)(P)(B)(T)
サイズ 長さ94cm 長さ調節 可能

ショルダーストラップ

ソニー(SONY)

ショルダーストラップ STP-XSR1

価格:2,508円 (税込)

シーンに合わせて使わけできるリバーシブル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マルチストライプの部分はコットンを使用し、その他の部分にはレザー調のポリウレタンを使用しています。SONYの幅広いデジカメに対応しており、リバーシブルで両面使えるのもポイントです。装着も長さ調節もしやすく、97cmのロングストラップは斜めがけで使用したい方にもおすすめ。

メーカー SONY(ソニー) 商品名 ショルダーストラップ STP-XSR1
サイズ 長さ97cm 長さ調節 可能
VKO

カメラネックストラップ

価格:1,499円 (税込)

丈夫なクライミングロープを使用

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高強度クライミングロープを採用した耐久性の高いショルダーストラップです。長さを80cmから135cmまで調節できるので、ネックストラップとショルダーストラップを使い分けることもできます。対応機種は富士フイルムやSONYなど7メーカーと幅広く、一眼レフ・ミラーレス・コンパクトデジカメまで幅広く対応。人間工学に基づきデザインされているので使う人を選びません。

メーカー VKO 商品名 カメラネックストラップ
サイズ 長さ80~135×幅0.9cm 長さ調節 可能
TARION

本革ショルダー ストラップ TNS-L3-DB

価格:1,688円 (税込)

高級感のある牛革を使用

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツで撮影機材を扱うTARIONの、牛革を使用した高級感のあるショルダーストラップです。1本ずつ手作業で作られているので裁縫も丁寧で、使うほどに経編変化を楽しめるのもポイント。取付部には金具を使用していますが、カメラを傷つけないようパッドがついているので安心です。

メーカー TARION 商品名 本革ショルダー ストラップ TNS-L3-DB
サイズ 長さ107cm 長さ調節 -

ハンドストラップ

HAKUBA(ハクバ)

Straps リストストラップ M8

価格:2,209円 (税込)

カラーバリエーションが豊富

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パラコードを使用して、熟練の職人が手作業で丁寧に編み込み作っています。商品名にはマイアミやアムステルダムという地域名が付けられており、地域ごとに自然食をモチーフとした8色を展開。色鮮やかな配色から、好みに合わせて選べます。8mm幅の先紐で取り付けるので、カメラに8mm幅の先紐が通る金具があれば使用可能です。

メーカー HAKUBA(ハクバ) 商品名 Straps リストストラップ M8
サイズ 長さ17cm
ORMY

リストストラップ

価格:1,000円 (税込)

あらゆる手首サイズに対応

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

円型鋼製リングと革製保護カバーが付いており、装着が容易でカメラが傷つくのを防げます。パラシュートに使用されているパラコードを編んでいるので、耐久性に優れているのがポイント。速乾性にも優れ蒸れにくいのも嬉しいところです。Dリングで自在にサイズを変えられるため手首の太さに関係なく使用できます。軽いので長時間の使用でも疲れにくいでしょう。

メーカー ORMY 商品名 リストストラップ
サイズ 長さ30cm
VKO

ハンドストラップ

価格:1,099円 (税込)

長時間の使用でも疲れにくい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上質なコットンとマイクロファイバーを使用しているので、柔らかく肌触りがいいストラップです。接合部とストッパーには革を使用しており、しっかりと縫い付けられており耐久性にも優れています。さらに、手首の太さに合わせて自在に調節が可能。先端は細い紐を使用しているので、紐が通るサイズであればメーカーやモデルを選ばず使用できるのもポイントです。

メーカー VKO 商品名 ハンドストラップ
サイズ -

速写ストラップ

BLACKRAPID

速写ストラップ 020599

価格:5,745円 (税込)

左右どちらの肩にもかけられる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカのカメラマンが発案した、カメラを逆さ吊りにして使用するという斬新なアイデアの速写ストラップです。左右どちらの肩にもかけられ、ラバーモールパッドによりずり落ちを防ぎます。カメラの固定や解除にはスプリング入りバンパーを使用するので、操作性に優れているのもポイント。

メーカー BLACKRAPID 商品名 速写ストラップ 020599
サイズ 長さ26.5×幅3.5cm
Carry Speed

速写ストラップ SLIM Mark IV

価格:8,280円 (税込)

一流カメラマンにも選ばれている

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一眼レフやミラーレス用に設計された速写ストラップです。金属製のクイックアジャスターを引き下げストラップを収縮させますが、撮影したいときはカメラを引き上げるだけで瞬時に最適な長さにリリースするのがポイント。幅広で柔らかく滑りにくい素材を使用しているので肩からずり落ちにくく、重さを分散するので長時間の使用にもおすすめです。

メーカー Carry Speed 商品名 速写ストラップ SLIM Mark IV
サイズ 長さ90cm
ETSUMI

たすき掛け専用速写ストラップ E-6547

価格:1,231円 (税込)

シンプル構造で使いやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトデジカメ用のスリムな速写ストラップです。移動時には腰の位置にカメラがあっても、瞬時に胸部までスライドできるのでシャッターチャンスを逃しません。カメラのストラップ穴と底部の三脚穴との2ヶ所で固定してうっかり落下させるミスを防ぎます。1kgまでの対応できるので、ミラーレスに使用したい方にもおすすめです。

メーカー ETSUMI たすき掛け専用速写ストラップ E-6547
サイズ 長さ100~150cm

グリップストラップ

HAKUBA(ハクバ)

ピクスギア グリップストラップ KGP-04

価格:1,109円 (税込)

安定性が高く手ブレを軽減

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カメラと一体化するようなフィット感で手ブレを軽減します。台座を小さめに設計しているので、コンパクト一眼レフにも対応できます。ただしカメラの底部のネジ穴径が50mm~90mmのカメラのみなので、購入の際はネジ穴径をチェックしてください。カメラ取付部を使用すれば、ストラップとの併用も可能です。コンパクトデジカメを使用している方に向いています。

メーカー HAKUBA(ハクバ) 商品名 ピクスギア グリップストラップ KGP-04
サイズ W4×D1.4×H7cm
ケンコー(Kenko)

カメラグリップ 握 カメラグリップ

価格:866円 (税込)

三脚への取り付けも可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトデジカメでなかなか合うグリップストラップが見つからないとお悩みの方におすすめな、小型カメラ用に設計された商品です。カメラのストラップ取付部とカメラ底部のネジ穴に取り付けます。三脚を使用したい場合は、付属のメスネジを使えば三脚の使用も可能です。ただし若干小さめに作られているので女性向きです。

メーカー ケンコー(Kenko) 商品名 カメラグリップ 握 カメラグリップ 豹 HY
サイズ 長さ47cm
PeakDesign(ピークデザイン)

クラッチ CL-3

価格:5,008円 (税込)

手にしっかりとフィット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプル構造でサイズ調整が容易なため、初めてグリップストラップを使う人におすすめです。サイズ調節が可能で、自身の手に合わせてフィットするのもポイント。グリップストラップを使用すると三脚が使えなくなるというデメリットを回避するために、スタンダードプレートが付属しているのもポイントです。ショルダーストラップとの併用も可能で幅広い用途に使用できます。

メーカー PeakDesign(ピークデザイン) 商品名 クラッチ CL-3
サイズ -

デジカメストラップを使用する目的は、取り回しのしやすさを高めるというだけでなく、デジカメを落下させて故障や破損を防ぐという目的もあります。デジカメにストラップを取り付ける際は、うっかり落下させないよう不安定な場所を避けましょう。

 

取り付け時に落下させて故障や破損させてしまえば本末転倒です。また、しっかりと取り付けられていないと、使用中に外れてしまう可能性があります。取り付け時は、正しく取り付けられているかを確認しておくと安心です。

デジカメストラップは、デジカメのサイズやデザインに合わせてバランスが取れているものを選びましょう。デザインだけでなく自身にとって使い回しがしやすいかどうかの見極めも大切です。