粉から入れられるおすすめコーヒーメーカーを紹介!選び方も?

コーヒー粉から美味しいコーヒーを淹れるには、粉の量を正しく計ることが重要です。また、粉以外にもコーヒーの味に影響する要素があります。そこで今回は、コーヒー粉から美味しいコーヒーを淹れるコツや、注意点、コーヒーメーカーのおすすめモデルをご紹介します。

毎日のリラックスタイムに、コーヒーが欠かせないという方は多いのではないでしょうか。仕事の活力を養うため、少しでも美味しいコーヒーを味わいたいですよね。風味豊かに仕上げるには、まず適切な量のコーヒー粉を使うことが大切です。

 

また、コーヒー抽出に使う水の選び方や温度も美味しさに関係します。これからコーヒーメーカーの購入を考えている方は、自分に合うモデルを見つけるためスペックや機能をチェックしましょう。

 

今回は、粉から淹れるコーヒーメーカーのおすすめモデルをご紹介します。コーヒーメーカーで使用する粉の適切な量の解説や、美味しいコーヒー粉の商品も取り上げていますので、粉から風味豊かなコーヒーを淹れたい方はぜひご覧ください。

今すぐ見る!美味しいコーヒー粉のおすすめ5選

コーヒーメーカーを使い慣れていない方は、どのくらいコーヒー粉を入れていいのか分からず戸惑うかもしれません。基本的には取扱説明書に従うと美味しく淹れられるはずですが、一般的に言われているコーヒー粉とコーヒーの量の関係を確認してみましょう。

 

コーヒーの杯数 美味しく作れる粉の量
2杯 24g
3杯 32g
5杯 52g
10杯 100g

 

コーヒーメーカーで美味しく抽出するには、まずは、粉を入れるときに使っているスプーン1杯が何gのコーヒー粉をすくっているのかを確認しましょう。上の表や取扱説明書を目安に好みの粉の量に調整してください

コーヒー粉の量と味は密接に関係しており、粉の量を変えるとコーヒーの味も変わります。ここでは、コーヒーの濃さを変える方法やプロのコーヒー粉の使い方をご紹介します。

量によって濃さは左右される

コーヒー抽出時間が同じ場合、より細かく挽いたコーヒー粉の方が味が濃くなります。これは、コーヒー粉がお湯に触れる面積が大きくなるためです。しかし、コーヒー粉を購入した場合、挽き方での調節はできません。

 

コーヒー粉を購入して抽出する場合は、粉の量が濃さを決めます。粉を多く入れれば味が濃くなり、減らせば薄くなります

プロはどうしてる?

実際のカフェでは、どのような分量でコーヒーが作られているのか確認しましょう。ここでは、4つのカフェを例に濃度が高い順に並べます。

 

カフェ店名 お湯の量 粉の量
タリーズコーヒー 150~200ml 10g
スターバックス 180ml 10g
ドトールコーヒー 500ml 48g
ブルーボトルコーヒー 310ml 30g

 

以上4つのうち、タリーズコーヒーが最も味の濃いコーヒーを提供していることになります。お気に入りのカフェに合わせて分量を調節するのもおすすめです。

今すぐ見る!粉から淹れるコーヒーメーカーのおすすめ5選

粉はコーヒーの美味しさに深く関わりますが、影響を与えるのは粉だけではありません。そこで、粉以外にコーヒーを美味しくするコツをご紹介します。

コーヒーメーカーを初めて使う時は試し抽出をする

新品のコーヒーメーカーには独特の機械臭が付いています。新しく購入したコーヒーメーカーを使って最初に抽出したコーヒーには、機械の臭いすることが多いです。機械臭のついてしまったコーヒーは美味しく飲めません。

 

これを防ぐために、1回目は機械の臭いを取り除くために試し抽出をおすすめします。試し抽出時のコーヒー粉は、抽出できる最小量でも古い物でも構いません。一度試し抽出をすれば、2回目以降はコーヒー本来の香りを楽しめるでしょう。

水の種類や温度にこだわる

コーヒーに使う水は、水道水よりも軟水のミネラルウォーターの方が、より香りを引き出すことができます。水道水の消毒に使われている塩素は、コーヒーの風味を損なう原因となりますし、ミネラル分が少ない軟水の方がコーヒー本来の風味を引き出せます。

 

コーヒーの美味しさを追求するなら、水の温度にもこだわりましょう。給水タンクに入れるのは冷水よりも常温の水がおすすめです。抽出時には高温のお湯を使いますが、最初から常温に温めておくと抽出の効率が上がります。

粉から淹れるコーヒーメーカーには、たくさんの商品ラインナップがあります。自分にとって使いやすいモデルを見つけられるように、選ぶ時に着目すべきポイントを把握しましょう。

ミルの有無で選ぶ

粉から淹れるタイプのコーヒーメーカーは、コーヒー豆を引くミルなし・ミル付き(セミオート)・ミル付き(全自動)の3種類に分かれます。豆からも入れてみたい方は、コーヒー豆を挽けるモデルを選びましょう。

ミルなし

コーヒーを豆の状態から淹れるために、コーヒー豆を挽く装置をミルと呼びます。ミルが付いていないタイプの場合、あらかじめ挽いてあるコーヒー粉を購入してきて使用します。ミルなしのモデルは価格が安いのが魅力です。

 

ミルなしのコーヒーメーカーは豆を挽いてコーヒーを作ることがない方や、コーヒーミルを別で持っている方に適しています。1万円以下のモデルが多く、低予算の方でも導入しやすいでしょう。

ミル付き(セミオート)

ミル付き(セミオート)タイプにはミルが搭載されているので、豆からもコーヒー作りが可能です。ミルに豆を入れ、スイッチを押せば粉状にしてくれます。そのため、挽きたてのコーヒーを味わえるのがメリットです。

 

挽き終わったコーヒー豆は、手動でフィルターに移さなければなりません。低価格なモデルも少なくないため、購入費用を抑えつつコーヒー豆を使いたい方におすすめです。

全自動

全自動タイプは、コーヒー豆をミルにセットし、水を給水タンクに入れてスイッチONするだけでコーヒー豆を挽いて、自動でフィルターに移し、抽出までを行ってくれます。少ない作業で美味しいコーヒーが飲めることがメリットです。

 

出来るだけ手間をかけず、挽きたてのコーヒーを楽しみたい方におすすめです。ただし、価格が高く1万円以上のモデルがほとんどです。予算に余裕がある方は、全自動のコーヒーメーカーを検討してみてはいかがでしょうか。

何杯用かチェック

一度に抽出できるコーヒーの量は機種ごとにさまざまです。4杯程度の小さなモデルから、1回の抽出で10杯以上作れる機種があります。何杯用のコーヒーメーカーなのか必ず確認し、後悔しないように選びましょう。

 

飲む量が多いにもかかわらず小さいものを選ぶと、水や粉を補充する作業が増えてしまいます。家族が多い家庭やコーヒーをよく飲む方には、大型モデルがおすすめです。一人暮らしなど、一度に抽出する量が少ない方は小さなモデルがおすすめです。

サーバーはガラス?ステンレス?

コーヒーメーカーのサーバーには、ガラス製とステンレス製の2種類があります。ガラス製のサーバーは、抽出量をひと目で確認できます。ただし、コーヒーの温度が下がりやすいため、すぐに飲みきれないことが多ければ、保温機能があるモデルを選びましょう。

 

ステンレス製のサーバーは丈夫な上、保温機能を使わなくても温度が下がりにくい点がメリットです。ただし、外から中が見えないため、抽出量や残りの量がわかりづらい点はデメリットです。

あったら便利な機能

次に、コーヒーメーカーでおすすめの機能について解説します。必須の機能ではありませんが、よりコーヒーメーカーを便利に使いたい方は、ぜひチェックしてくださいね。

予約タイマー

予約タイマーは、コーヒーを抽出する時刻を自由に決められる機能です。前日の夜に準備を済ませておけば、起床してすぐに淹れたてのコーヒーを飲むことができます。また、来客の予定がある場合にも予約タイマーが便利です。

 

来客の時間に合わせてコーヒーを抽出すれば、淹れたての美味しいコーヒーを提供できるでしょう。なお、設定できる時間の細かさは機種ごとに異なります。何時間先まで予約できるのか、あらかじめ確認しましょう。

自動内部洗浄

コーヒーメーカーは、こまめなお手入れが必要です。給水タンクやフィルターカバーなどの部品は、放っておくと水垢やコーヒー渋がこびり付きます。汚れのこびりつきを防ぐには、洗える部品は使うたびに水洗いすることをおすすめします。

 

また、機械内部の見えない部分も月1回程度のペースでの洗浄が必要です。クエン酸水でドリップするなどの方法がありますが、それなりに手間がかかります。自動で内部洗浄できるモデルなら、お手入れが楽になるでしょう。

豆からひくならひき方調節

豆からコーヒーを抽出する場合、豆の挽き方によってコーヒーの味が変わります。一般的に、濃い味にしたい場合は細かく粉砕するのがおすすめです。挽き方の粗さを調節できるモデルなら、1台で複数の風味が楽しめます

 

家庭に1台のコーヒーメーカーを導入する場合、家族間で味の好みが違うと全員の好みのコーヒーが作れません。飲む人の好みに合わせて挽き方を変えることができれば、家族全員が満足できるコーヒーを味わえます。

タイガー(TIGER)

コーヒーメーカー ACT-B040

価格:8,615円 (税込)

丁寧な蒸らしで美味しさを引き出す

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

蒸らしの工程ではたくさんのスチームをかけ、コーヒー粉の美味しさをたっぷり引き出せる魅力な製品です。テイストは「マイルド」と「ストロング」の2通りから選べます。ステンレス製のサーバーには断熱層があり、電気を使わずに温度を保てる省エネ仕様です。トレイの高さは4段階の調節が可能なため、タンブラーやコーヒーカップにも直接注げます。給水タンクは取り外しできるため、毎日のお手入れを楽にしたい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー タイガー(TIGER) 商品名 コーヒーメーカー ACT-B040
サイズ 幅181×奥行279×高さ342mm タイプ ドリップ式ミルなしタイプ
容量 4杯 サーバータイプ ステンレス製
最大使用水量 540ml コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ ◯/-/-
重量 3.2kg その他機能 スチーム蒸らし、オートオフ
メリタ(Melitta)

オルフィ SKT52

価格:7,199円 (税込)

水道水でも風味を損なわずに抽出

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水道水の塩素がコーヒーの風味を損なうことが分かっていても、毎回ミネラルウォーターを使うのはコストがかかります。オルフィは浄水フィルターが採用され、99%以上のカルキを除去可能です。そのため、水道水でも風味豊かなコーヒーに仕上がります。ポットは口径が大きいため洗いやすく、お手入れラクラクです。保温性能が高いのでアイスコーヒーも作れます。抽出完了から1分後に電源が切れるので、電力の無駄遣いの心配もありません。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー メリタ(Melitta) 商品名 オルフィ SKT52
サイズ 幅310×奥行146×高さ293mm タイプ ドリップ式ミルなしタイプ
容量 5杯 サーバータイプ ステンレス製
最大使用水量 700L コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ ◯/-/-
重量 1.7kg その他機能 アラーム オートオフ、しずく漏れ防止
サーモス(Thermos)

真空断熱ポットコーヒーメーカー ECK-1000

価格:10,909円 (税込)

細かく分解できお手入れしやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー粉に均一にお湯が注がれ、じっくり蒸らしながら風味豊かなコーヒーに仕上げます。タイマー機能も搭載されており、10分単位で抽出時間の設定が可能です。給水タンクには見やすい目盛りがついており、水量がひと目でわかります。着脱式のため洗いやすいことも魅力です。サーバーは断熱性能が高く、レバーを押すだけで簡単に注げます。部品を細かく分解できるため、隅々まで入念に掃除したい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー サーモス(Thermos) 商品名 真空断熱ポットコーヒーメーカー ECK-1000
サイズ 幅235×奥行245×高さ380mm タイプ ドリップ式ミルなしタイプ
容量 8杯 サーバータイプ ステンレス製
最大使用水量 1000ml コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ ◯/-/-
重量 3.4kg その他機能 タイマー、マイコン蒸らし
デロンギ(DeLonghi)

クレシドラ ドリップコーヒーメーカー ICM17270J

価格:28,000円 (税込)

アイスコーヒーも楽しめるおしゃれな大型モデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

砂時計のようなデザインが特徴のミルなしモデルです。コーヒーをじっくり蒸らしながら抽出するハンドドリップの工程を再現できます。サーバーがガラス製のため中身がよく見え、保温機能があるので冷める心配もありません。アイスコーヒーモードでは、濃く抽出したコーヒーを急速に冷やすことにより、コクのあるアイスコーヒーが作れます。一度に10杯分の抽出が可能な大容量モデルなので、日常的にコーヒーを飲む家庭におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー デロンギ(DeLonghi) 商品名 クレシドラ ドリップコーヒーメーカー ICM17270J
サイズ 幅190×奥行285×高さ335mm タイプ ドリップ式ミルなしタイプ
容量 10杯 サーバータイプ ガラス製
最大使用水量 1250ml コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ ◯/-/-
重量 2.5kg その他機能 蒸らし、オートオフ、しずく漏れ防止
シロカ(siroca)

全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A371

価格:18,480円 (税込)

粉と豆兼用のミル付き全自動モデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー豆のセットから抽出まで、自動で行う全自動モデルです。ステンレス製のメッシュフィルターが採用され、コーヒー豆に含まれる油分を通します。そのため、コーヒー豆本来のコクや深みを楽しめるのが特徴です。給水タンクやミル付きバスケットは取り外して、個別に水洗いできます。コーヒー粉からも抽出できるため、気分に合わせて豆と粉を使い分けたい方におすすめです。便利なタイマー機能も搭載されています。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー シロカ(siroca) 商品名 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A371
サイズ 幅162×奥行280×高さ264mm タイプ ドリップ式全自動タイプ
容量 4杯 サーバータイプ ステンレス製
最大使用水量 550ml コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ ◯/-/-
重量 2.7kg その他機能 蒸らし
ネスレ(Nestle)

スターバックス ハウスブレンド

価格:1,180円 (税込)

初心者でも飲みやすい口当たり

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スターバックスで根強い人気を維持しているブレンドコーヒーです。カカオやナッツのようなローストの甘味に加え、酸味とコクがバランスよく調和しています。優しい口当たりのため、コーヒーを飲みなれていない方でも美味しく飲めるでしょう。ストレートはもちろん、カフェラテでも美味しく飲めます。リンゴやバナナの風味との相性が良く、ナッツを食べながら飲むのもおすすめです。

メーカー ネスレ(Nestle) 商品名 スターバックス ハウスブレンド
生産地 コロンビア 内容量 160g
UCC

ゴールドスペシャル リッチブレンド

価格:1,081円 (税込)

世界各国から厳選した豆をブレンド

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中のコーヒーの産地から選りすぐった豆を使用しています。すべての豆を一緒に焙煎するのではなく、それぞれの特性に合う条件で焙煎したブレンドコーヒーです。日本に輸入されると品質が厳しくチェックされ、UCC独自の安全基準を満たした原料のみを採用しています。優雅な香りと強いコクを備えているのが魅力です。酸味はやや抑えられており、味わい深い苦みが感じられます。

メーカー UCC 商品名 ゴールドスペシャル リッチブレンド
生産地 コロンビア、ブラジル他 内容量 1000g
キーコーヒー(KEY COFFEE)

プレミアムステージ モカブレンド

価格:498円 (税込)

甘い香りが楽しめるブレンドコーヒー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

風味に優れており育成が難しいとされる、アラビカ種のコーヒー豆のみを使用したブレンドコーヒーです。エチオピア産のモカがブレンドされており、やわらかな口当たりと酸味が楽しめます。シトラスやベリーなどのような甘い香りが漂い、フルーティーな味わいが特徴です。焙煎方法はやや深煎りのため、コクも感じられます。やや個性的なコーヒーを堪能したい方におすすめです。

メーカー キーコーヒー(KEY COFFEE) 商品名 プレミアムステージ モカブレンド
生産地 エチオピア、ブラジル他 内容量 200g
AGF

ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラー・コーヒー スペシャル・ブレンド

価格:1,318円 (税込)

上質なコクと香りが楽しめる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

品質検査をパスした原料のみを輸入し、ブラジル産の最上級とされるコーヒー粉が使用されています。コーヒー鑑定士の技により酸味や苦みを抑えめに、香りが際立つようにブレンドされているのが特徴です。鋭い味覚を持つ検査員の厳しいチェックをパスしたコーヒーのみを採用し、すべて国内で焙煎されています。芳醇かつ濃い香りと奥深いコクを堪能したい方におすすめです。

メーカー AGF 商品名 ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラー・コーヒー スペシャル・ブレンド
生産地 ブラジル、ベトナム他 内容量 1000g
ヒルス(HILLS)

ヒルスコーヒー リッチブレンド

価格:999円 (税込)

深い歴史と伝統があるブランドの魅力を楽しめる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヒルスはアメリカのサンフランシスコで、ヒルス兄弟によって誕生したコーヒーブランドです。リッチブレンドの焙煎はやや深煎りのため、香り高く豊かなコクが堪能できます。コーヒーの味は苦みがやや強く、酸味が抑えられているのが特徴です。飲み方はストレートが適しています。朝食や休憩時間の一服に、伝統あるコーヒーブランドの魅力を味わってみてはいかがでしょうか。

メーカー ヒルス(HILLS) 商品名 ヒルスコーヒー リッチブレンド
生産地 ベトナム・ブラジル他 内容量 750g

粉から入れるコーヒーメーカーは、バリエーションが豊富です。そのため、自分に合ったモデルを見つけるには、チェックポイントを把握する必要があります。欲しいコーヒーメーカーを見つけたら、コーヒー粉にもこだわってみましょう