コーヒーメーカーの価格別おすすめ15選|選び方や有名メーカーも解説

コーヒーメーカーを購入したくても種類が多すぎて悩む人が多いのではないでしょうか。安価なものなら5000円以下から、高価なものなら5万円以上する機種までコーヒーメーカーの価格はさまざまです。そこで今回は、コーヒーメーカーの選び方や価格別のおすすめ商品を紹介します。

「朝はコーヒーを1杯飲まないと1日が始まった気がしない」そんなコーヒー党の人にとってコーヒーメーカーは欠かせない家電の1つですね。とはいえ、さまざまな種類・価格のコーヒーメーカーがあるため、どれを選んでいいか迷う方も多いはず。

 

コーヒーメーカーは安いものだと5,000円以下のモデルもあれば、高いものだと3万円を超えるモデルもあります。できるだけ安い価格で購入したいけれど、コーヒーの仕上がりやお手入れのしやすさなどは疎かにしたくない、というのが消費者の本音ではないでしょうか。

 

そんな方のために、この記事では価格帯毎におすすめのコーヒーメーカーを紹介するだけでなく、コーヒーメーカーの種類や、選ぶときのポイントを分かりやすく解説します。コーヒーメーカーの相場を知って自分に合ったコーヒーメーカーを選びましょう。

今すぐ見る!5000円以下でおすすめのコーヒーメーカー4選
今すぐ見る!1万円以下でおすすめのコーヒーメーカー4選
今すぐ見る!3万円以下でおすすめのコーヒーメーカー4選
今すぐ見る!3万円以上でおすすめのコーヒーメーカー3選

コーヒーメーカーには、ドリップ式・エスプレッソメーカー・カプセル式の3種類があります。それぞれの特徴を紹介します。

ドリップ式

ドリップ式のコーヒーメーカーは、コーヒー粉に直接お湯を落としてコーヒーを淹れるマシンです。ミルがついていないタイプだと1,000円代で購入できるものも多く、初めてコーヒーメーカーを使う人におすすめです。

 

後ほど詳しく解説しますが、より味にこだわりたい人はミル付きタイプや全自動タイプがおすすめです。ミルなしのコーヒーメーカーはテクニック不要で手軽に美味しいコーヒーを淹れられると好評のアイテムです。

エスプレッソメーカー

自宅でエスプレッソを楽しみたい人には、エスプレッソマシンがおすすめです。エスプレッソマシンは細かく挽いたコーヒー粉を自分でセットするタイプと、粉が入ったカプセルを使うタイプがあります。

 

カプセルの方が手軽ですが、機種によっては好みの豆を使えないというデメリットがあるため、豆にこだわりたい人は粉を自分でセットするタイプを選びましょう。レギュラーコーヒーよりも濃いコーヒーを楽しめるエスプレッソマシンは、普通のコーヒーメーカーよりも高価です。

 

本格的なものになればなるほど価格も高くなりますので、予算に合わせて機種を選びましょう。

カプセル式

カプセル式は専用のカプセルを使ってコーヒーや紅茶を楽しめるマシンです。ブラックでコーヒーやエスプレッソを飲まない人にとっては、カフェオレやミルクティなどさまざまな飲み物を楽しめるメリットがあります。

 

デメリットとしては、マシン対応の専用カプセルしか使えないことと一杯あたりのコストが高くなってしまうことです。お手入れは簡単なものが多いので、手軽に色々なドリンクを楽しみたい人に人気です。

コーヒーメーカーを選ぶ際にチェックしてほしいのは、ミルの種類・容量・フィルターの種類・サーバーの種類・タイマーの有無・お手入れ方法の6つです。一つ一つご紹介していきます。

ミルの種類

コーヒーメーカーには、ミルなし・ミルつき・全自動タイプの3種類があります。それぞれの特徴をご紹介していきます。

ミルなしタイプ

ミルなしのコーヒーメーカーは、コーヒー粉をセットしてスイッチを入れるとお湯が注がれ、コーヒーを抽出する仕組みになっています。コーヒーを豆から挽いて楽しむ習慣がないなら、まずは操作が簡単で手軽なミルなしのコーヒーメーカーを選ぶのがおすすめです。

 

コーヒー粉はスーパーで販売されているレギュラーコーヒーを購入するだけで済みますし、コーヒー豆をお店で挽いてもらって味の違いを楽しむのもいいでしょう。コーヒーマシンの価格自体もミルなしが一番お手頃です。

ミル付きタイプ

ミルつきのコーヒーメーカーは、価格によって搭載されている歯が異なります。手挽きのものなら臼挽きのものが主流ですが、安価な電動ミルはプロペラ刃が主流です。プロペラ刃のミルは豆を均一に挽くことができないため、味にムラが出てしまいます。

 

そのため、ミル付きのコーヒーメーカーを選ぶならコニカル式か臼式のものがおすすめです。しかし、臼式のもののうち自動で豆を挽くタイプは価格が高価なので、予算に合わせて選ぶようにしましょう。

全自動ミル付きタイプ

全自動のミル付きコーヒーメーカーは豆挽きから抽出までを自動で行い、美味しいコーヒーを淹れてくれます。ボタン1つ押すだけで、お店で飲むようなコーヒーを楽しめるのがメリットです。

 

ハンドドリップを再現した機種や有名バリスタ監修の機種など、コーヒーを淹れる工程にもこだわった製品が販売されています。しかし、本体価格がかなり高額になるため、全自動タイプを選ぶ場合は自分が求めている機能に絞って探すのがおすすめです。

 

予算が許すならば、全自動タイプを選ぶと手間をかけずにプロが淹れたような美味しいコーヒーを楽しめます。

一度に入れられる量

コーヒーメーカーの容量は1杯ずつ入れるタイプから大人数に対応できるタイプまでさまざまです。市販されているコーヒーメーカーの給水タンクの容量で1番多いサイズは、1L前後のものになります。コーヒーはだいたい1抔が約150~180mlですから、コーヒーカップにすると6杯前後の計算です。

 

コーヒーはたくさん作って時間が経つと味が劣化するため、そのとき必要な量をこまめに淹れるとおいしく飲めます。1度に淹れたい量を考えて、コーヒーメーカーの容量を決めるといいでしょう。一人暮らしなら小型のものがおすすめです。

フィルター

コーヒーメーカーで使うフィルターには、紙とメッシュの2種類があります。それぞれの特徴をご紹介します。

紙フィルター

ペーパーフィルターは網目が細かく、抽出時にコーヒー豆の油分を吸い取ってくれます。そのためペーパーフィルターで淹れたコーヒーはすっきりした味わいになるのが特徴です。

 

また、フィルターが紙だと使った後に豆ごと捨てられるため、後始末が簡単で便利です。フィルター代が気になるという声もありますが、豆を捨てる際の手軽さを考えるとコストをかけるだけの価値はありそうです。

メッシュフィルター

メッシュフィルターを使ってコーヒーを入れると、コーヒー豆の油分も一緒に抽出されてコクのある深い味わいになります。洗って何度も使用できるため、経済的なところがメリットです。

 

しかし、コーヒーを淹れる度にフィルターを洗わないといけないため、手間がかかります。細かいメッシュに付着したコーヒー粉を洗い落とすのが大変だという声もあるため、お手入れが苦にならず、メッシュフィルターの味わいが好みという人におすすめです。

サーバーはガラス製かステンレス製か

コーヒーメーカーで使うサーバーの素材も大切なポイントです。一般的なガラス製のサーバーは、コーヒーの量を確認できるメリットがある反面、ニオイや汚れが付きやすいデメリットがあります。また落とすと割れてしまうので、取り扱いを慎重にする必要があります。

 

一方のステンレス製のサーバーは、ヒーター機能なしでも保温が可能で、淹れたてのコーヒーの味を損ないにくい点がメリットです。また、保温に電力を使わないので、省エネにもなります。氷を入れればアイスコーヒーを簡単に作れるなど、ステンレス製サーバーの方が多彩な使い方が可能です。

タイマーの有無

タイマー機能が付いていれば、朝起きた瞬間に淹れたてコーヒーを楽しめてとても便利です。朝食にコーヒーを楽しむ習慣がある人なら、朝食を準備する際に自分でコーヒーを淹れる手間が省けて、時短もできます。

 

事前に水や豆をセットしておく準備は必要ですが、設定した時間にコーヒーを楽しみたい人におすすめの機能です。

お手入れのしやすさ

コーヒーメーカーのお手入れのしやすさも大事なチェックポイントです。フィルターやフィルターカバー・給水タンクなど、お手入れが必要な部位を取り外して分解できる機種だと洗浄がしやすく便利です。

 

特に給水タンクは水垢などの汚れがしっかり落とせるよう、奥まで洗える構造になっていると安心ですね。また、ミルがついているタイプでは、コーヒー豆を挽いたときの細かい粉の付着が気になるという声も多いため、マシン内部の掃除がしやすいタイプがおすすめです。

 

それぞれのコーヒーメーカーによって、細かく部品を外して洗える機種や、専用ブラシが付属している機種もあります。購入前には欲しいコーヒーメーカーのお手入れ方法をしっかりと確認しましょう。

今すぐ見る!5000円以下でおすすめのコーヒーメーカー4選
今すぐ見る!1万円以下でおすすめのコーヒーメーカー4選
今すぐ見る!3万円以下でおすすめのコーヒーメーカー4選
今すぐ見る!3万円以上でおすすめのコーヒーメーカー3選

コーヒーメーカーを販売しているメーカーのなかから、今回はデロンギ・シロカ・象印の3つのおすすめメーカーについて解説します。

デロンギ

デロンギは、キッチン家電や暖房機器を扱っているイタリアの有名メーカーです。デザイン製に優れた製品が多く、デロンギのコーヒーメーカーはカフェなどのおしゃれな店舗でも多く使われています。

 

手軽なドリップ式コーヒーメーカーから全自動式コーヒーメーカーまで、バリエーション豊かなラインナップが特徴です。なかでも、エスプレッソマシンが特に有名で、日本にも数多くの愛好者がいます。

シロカ

シロカはリーズナブルな価格の家電を多く取り扱う日本のメーカーです。「丁寧で美しくこだわった暮らし」をモットーにしており、コーヒーメーカーでは主に全自動モデルを販売しています。コンパクトな製品が多く、一人暮らしでも置き場所に困りません。

 

洗練されたデザインと使いやすさ、そして、本格的な味わいが楽しめるのがシロカのコーヒーメーカーの特徴です。

象印

象印のコーヒーメーカーは、リーズナブルなものから本格的なものまでラインナップの幅が広いのが特徴です。安価な製品にも、象印の魔法瓶技術を活かした保温性の高いステンレスサーバーを採用しています。

 

また、象印のコーヒーメーカーは水タンクが取り外せるため、お手入れがしやすく衛生的に使用できます。またフィルターを紙・メッシュの2種類から選べるのも嬉しいところです。蒸らし機能がついているモデルでは、本格的なコーヒーの味わいを楽しめます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

コーヒーメーカー   CMK-652-B

価格:1,858円 (税込)

洗って使えるフィルター付き

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー粉と水をセットすれば、あとはおまかせでコーヒーを淹れてくれます。自動保温機能付きで、沸かしなおさずに温かいコーヒーが楽しめます。コーヒーカップ5杯分までドリップ可能なので、ファミリーでも使える容量です。また、洗って使えるフィルター付きのため、買ったその日から使用できます。シンプルなコーヒーメーカーが欲しい人におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 商品名 コーヒーメーカー   CMK-652-B
タイプ ドリップ式(ミルなし) 容量 5杯分
サーバータイプ ガラス 最大使用水量 650ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒーのみ その他機能 ドリップストッパー
サイズ 230x250x149mm 重量 0.9kg
シロカ

ドリップ式コーヒーメーカー SCM-401

価格:4,267円 (税込)

いつでも美味しい入れたてコーヒーが楽しめる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅やオフィスで手軽に使えるコンパクトでスタイリッシュなコーヒーメーカーです。マグカップでも3杯入れられる大容量サイズなので、コーヒーをたくさん楽しみたい人におすすめです。メッシュフィルターがセットになっているため、紙フィルターを使いたくない人に好評です。毎朝おうちで本格的なコーヒーを楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー シロカ 商品名 ドリップ式コーヒーメーカー SCM-401
タイプ ドリップ式(ミルなし) 容量 4杯
サーバータイプ ガラス 最大使用水量 600ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒーのみ その他機能 ドリップストッパー
サイズ 179x252x115mm 重量 0.92kg
タイガー魔法瓶(TIGER)

コーヒーメーカー ADC-A060-TD

価格:3,300円 (税込)

コーヒーの濃さを選べるコーヒーメーカー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テイストマイスターを採用したコーヒーメーカーです。自分の好みに合わせてマイルドとストロングからコーヒーの濃さを選べるのが特徴です。使用後は前面パネルとフィルターケースを一緒に丸洗いできるため、衛生的に使用できます。ステンレスサーバーを採用しているので、コーヒーが冷めにくいのも特徴です。またマグカップに直接ドリップできるため、飲む分だけ沸かす人におすすめします

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー タイガー魔法瓶(TIGER) 商品名 コーヒーメーカー ADC-A060-TD
タイプ ドリップ式(ミルなし) 容量 6杯
サーバータイプ ステンレス 最大使用水量 810ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒーのみ その他機能 着脱タンク
サイズ 154x301x272mm 重量 1.9kg
サーモス(THERMOS)

真空断熱ポットコーヒーメーカー  ECJ-700 BK

価格:4,390円 (税込)

真空断熱ポット採用のコーヒーメーカー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直接ポットに抽出するので、淹れたてコーヒーを簡単に持ち運べるコーヒーメーカーです。ステンレスポットを使用しているため、煮詰まって味が劣化することはありません。また15cmのスリムサイズなので、設置する場所を選ばないのも特徴です。保温性の高いコーヒーメーカーを探している人におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー サーモス(THERMOS) 商品名 真空断熱ポットコーヒーメーカー  ECJ-700 BK
タイプ ドリップ式(ミルなし) 容量 5杯
サーバータイプ ステンレス 最大使用水量 630ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒーのみ その他機能 蒸らし/オートオフ/ドリップストッパー
サイズ 155x360x245mm 重量 2.1kg
シロカ

全自動コーヒーメーカー   SC-A211

価格:7,980円 (税込)

豆をセットするだけで美味しいコーヒーを抽出できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体にミルを内蔵しているので、挽き立て淹れたての美味しいコーヒーを毎日手軽に楽しめます。ステンレスメッシュフィルター付きで、紙フィルターとはまた違った味わいが特徴です。ハンドドリップのような蒸らし工程を搭載しているため、本格的なコーヒーを淹れられます。毎日コンビニでコーヒーを買っている人なら、このマシンを使用することで節約できるでしょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー シロカ 商品名 全自動コーヒーメーカー   SC-A211
タイプ 全自動 容量 4杯
サーバータイプ ガラス 最大使用水量 580ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒーのみ その他機能 蒸らし/全自動/ドリップストッパー
サイズ 173x270x220mm 重量 2.2kg
パナソニック(Panasonic)

全自動コーヒーメーカー  NC-A57-K

価格:20,682円 (税込)

デカフェ豆コース搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美味しくないと言われがちなデカフェ豆にコクをプラスするコースを搭載しているコーヒーメーカーです。デカフェ豆を美味しく飲めるので、健康に気を使っている人や寝る前にコーヒーを楽しみたい人におすすめです。2種類のフィルターで豆を挽き分けられるため、気分に合わせて味わいを変化させることができます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 全自動コーヒーメーカー  NC-A57-K
タイプ ドリップ式(全自動) 容量 5杯
サーバータイプ ガラス 最大使用水量 670ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー/お茶/紅茶 その他機能 スイングバスケット/浄水/着脱タンク
サイズ 220x345x245mm 重量 3kg
サーモス(Thermos)

真空断熱ポットコーヒーメーカー ECK-1000 WH

価格:10,909円 (税込)

タイマー機能がついたコーヒーメーカー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンドドリップを再現したスパイラルドリップ方式を採用したコーヒーメーカーです。サーモスの保温技術を搭載したステンレスサーバーが付いているので、電力を使わずにコーヒーを保できます。タイマー機能は前日に予約もでき、決まった時間に淹れたてコーヒーを飲みたい人におすすめです。ポットは広口で氷を入れやすい設計のため、夏場はアイスコーヒーも楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー サーモス(Thermos) 商品名 真空断熱ポットコーヒーメーカー ECK-1000 WH
タイプ ドリップ式(ミルなし) 容量 8杯
サーバータイプ ステンレス 最大使用水量 1000ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒーのみ その他機能 蒸らし/着脱タンク/タイマー
サイズ 235x380x245mm 重量 3.4kg
ネスレ日本

ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオアイ MD9747S-CR

価格:4,500円 (税込)

手軽に色々な味のドリンクを楽しめる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒーだけでなく、抹茶オレや紅茶などもカプセルを入れるだけで楽しめるコーヒーマシンです。メニューの種類は現在20種類以上あり、手軽に毎日違った味わいを楽しみたい人におすすめです。Bluetoothを使ってアプリと連携することで自分好みの湯温や濃度を記録することができ、お気に入りのレシピを登録して楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ネスレ日本 商品名 ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオアイ MD9747S-CR
タイプ カプセル式 容量 -
サーバータイプ - 最大使用水量 650ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ その他機能 Bluetooth/オートオフ
サイズ 165x300x231mm 重量 2.6kg
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

コーヒーメーカー 珈琲通  EC-AJ60-XJ

価格:12,000円 (税込)

専用メモリ付きで使いやすい

Amazonで詳細を見る 楽天「中古」で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホットコーヒーだけでなく、アイスコーヒー用のメモリも付いているので、季節に合わせて最適な水量でドリップ可能です。スイングバスケットを採用しているので、使用後のフィルター交換もしやすくお手入れが簡単です。水道水でコーヒーを淹れたときの匂いが気になる人のために、浄水フィルターがついています。ニオイや味にこだわりたい人におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 商品名 コーヒーメーカー 珈琲通  EC-AJ60-XJ
タイプ ドリップ式(ミルなし) 容量 6杯
サーバータイプ ガラス 最大使用水量 810ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒーのみ その他機能 ダブル加熱95℃抽出/着脱タンク/浄水フィルター
サイズ 230x155x280mm 重量 1.7kg
illy(イリー)

フランシスフランシス X7.1

価格:19,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格エスプレッソで有名なイリーのエスプレッソマシン。本場イタリアで飲むようなエスプレッソを自宅で楽しめると好評のマシンです。ミルクフォーマーが付いているので、カフェラテやカプチーノが簡単に作れます。カプセル式なのでエスプレッソの粉を自分で詰める手間が不要です。手軽にエスプレッソを楽しみたい人におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー illy(イリー) 商品名 フランシスフランシス X7.1
タイプ カプセル式 容量 -
サーバータイプ - 最大使用水量 1000L
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ エスプレッソ /カプチーノ その他機能 着脱タンク/ミルクフォーマー
サイズ 280×280×310mm 重量 5kg
クイジナート

ファウンテンコーヒーメーカー   FCC-1KJ

価格:14,800円 (税込)

噴水のようなドリップを実現

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お湯を下から上へと循環させながらコーヒーを抽出する独自のスピンシステムを採用したコーヒーメーカーです。従来のコーヒーメーカーにはない形を採用しているため、一味違うコーヒーメーカーが欲しい人におすすめです。マイルドから濃い目までお好みの味で抽出可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 商品名 ファウンテンコーヒーメーカー   FCC-1KJ
タイプ ドリップ式(ミルなし) 容量 720ml
サーバータイプ - 最大使用水量 1000ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー/紅茶/お茶 その他機能 温度調節/抽出時間調節
サイズ 140 x 210 x 260mm 重量 1.4kg
DeLonghi(デロンギ)

エスプレッソ・カプチーノメーカー  EC680M

価格:27,600円 (税込)

好みに合わせてカスタマイズできる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的なエスプレッソが抽出できるエスプレッソマシンです。まるでカフェで見るようなスタイルのマシンで、一回で2杯までエスプレッソを抽出できます。カフェポッドで手軽にエスプレッソを抽出することもできますが、本格派の人にはエスプレッソパウダーでの抽出も可能となっています。スリープモードなど設定を好みに合わせてカスタマイズできるので、本格的なエスプレッソマシンを求めている人におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー DeLonghi(デロンギ) 商品名 エスプレッソ・カプチーノメーカー  EC680M
タイプ カフェポッド式 /エスプレッソ式 容量 2杯
サーバータイプ 最大使用水量 1000ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ エスプレッソ/カプチーノ その他機能 ミルクフォーマー/給湯機能
サイズ 150x305x330mm 重量 4kg
メリタ

アロマフレッシュサーモ AFT1021-1B

価格:30,898円 (税込)

コニカル式グラインダーを採用

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー豆を入れるだけで挽きたて淹れたてのコーヒーを楽しめます。ミルにはコニカル式グラインダーを採用しているため、挽きムラのない美味しいコーヒーを淹れられます。挽き目は好みに合わせて調節可能。タイマー機能も付いているので、朝起きてすぐ淹れたてコーヒーを楽しみたい人におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー メリタ 商品名 アロマフレッシュサーモ AFT1021-1B
タイプ ドリップ式(全自動) 容量 10杯
サーバータイプ ステンレス 最大使用水量 1250ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒーのみ その他機能 全自動/タイマー/オートオフ
サイズ 237x441x263mm 重量 4.7kg
DeLonghi(デロンギ)

 マグニフィカS    ECAM23120BN

価格:57,500円 (税込)

本格的な蒸らし機能を搭載したマシン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー粉の蒸らしなど本格的な機能を備えながらも、幅が15cmとスリムな作りで置き場所に困りません。カフェポッドとエスプレッソパウダーの両方に対応しており、本格志向の人でも満足できるマシンです。ミルクフォーマーがついているため、カフェで飲むようなふわふわのミルクフォームが楽しいカプチーノがおうちで楽しめます。本格的なエスプレッソを自宅で楽しみたい人におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー デロンギ (DeLonghi)   商品名  マグニフィカS    ECAM23120BN
タイプ ドリップ式(全自動) /エスプレッソ式 容量 2杯
サーバータイプ - 最大使用水量 1800ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ その他機能 スチームノズル/ミルクフォーマー/蒸らし/全自動
サイズ 238x350x430mm 重量 9kg
ツインバード工業(Twinbird)

全自動コーヒーメーカー CM-D465B

価格:33,684円 (税込)

容量の異なるドリッパーが使える

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー豆の量が多くても美味しく挽けるように、4×5枚のミル刃を搭載したコーヒーメーカーです。ミルのパーツには除電効果のある素材を採用しているため、粉の飛び散りが軽減されています。また、13杯用・46杯用の2種類のドリッパーを搭載しており、淹れるコーヒーの量によって最適なろ過層が形成できるため味にばらつきが出ません。使用するシーンによって、淹れるコーヒーの量を使い分けたい人におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ツインバード工業(Twinbird) 商品名 全自動コーヒーメーカー CM-D465B
タイプ ドリップ式(全自動) 容量 6杯
サーバータイプ ガラス 最大使用水量 900ml
コーヒー/エスプレッソ/カプチーノ コーヒーのみ その他機能 蒸らし/オートオフ/全自動
サイズ 160x425x335mm 重量 4.5kg

コーヒーメーカーを使用すると、手軽に本格的なコーヒーを楽しめます。ライフスタイルや好みに合った価格帯のコーヒーメーカーを選んで、充実したコーヒータイムを過ごしてください。