コーヒーメーカーをきれいにしよう|洗浄方法やおすすめのクエン酸をご紹介

コーヒーメーカーを長く使うと汚れが気になりますよね。実は、クエン酸を使って簡単に落とすことができます。ここではコーヒーメーカーの洗浄に便利なクエン酸について紹介します。また、洗浄方法も詳しく解説しますのでぜひ参考にしてください。

コーヒーメーカーを買ってしばらく使うと、汚れが目立ってきます。フィルターの溝が黒ずんだり、ドロップ口が白くなってきたりと部位によって汚れ方も違います

 

そこで、お手入れをしたいと思っても、「コーヒーメーカーの内部は機械だし、どうやって掃除をしたらいいのだろう?」と迷う方も多いのではないでしょうか?コーヒーメーカーはパーツによって汚れの種類が異なり、部位によって洗浄剤を使い分ける必要がありますが、主な汚れである水垢はクエン酸で落とすことができます

 

汚れが付いたまま使い続けると、せっかくの美味しいコーヒーの味も落ちてしまいます。ここでは、水垢を落とすクエン酸について紹介します。

コーヒーメーカーの白い汚れは水垢です。水道水やミネラルウォーターに含まれるカルシウムカルシウムやミネラルは、蒸発した水分とは別に、コーヒーメーカーに白い汚れとして目立ちます。

 

酸性のクエン酸には、アルカリ性の水垢を溶かす働きがあるので、中和される働きでコーヒーメーカーの白い汚れを落とすことができます。クエン酸は無臭なので匂い移りの心配はありません。

クエン酸の成分は、レモンや梅干しなどにも含まれる「酸っぱい」と感じる成分です。そもそも食品に含まれている安全な成分なので、コーヒーメーカーやポットなどの飲料水の機器の洗浄に適しています。

 

クエン酸には食用と掃除用があるので、パッケージを確認して購入しましょう。コーヒーメーカーの水垢を洗浄できるクエン酸は、コーヒーメーカーの製造元で販売しているものの他、スーパー・通販・100均でも購入することができます

今すぐ見る!コーヒーメーカーの洗浄におすすめのクエン酸

コーヒーメーカーを使い続けると、フィルターやサーバー・本体内部の管・ドリップ口など、さまざまなパーツが汚れます。その中で白い汚れは水垢です。本体内部の細い管に溜まった水垢の汚れは手が届きませんが、クエン酸で洗浄すれば簡単にきれいになります

 

コーヒーメーカーのメンテナンスは、月に一度程度がおすすめです。洗浄することで、汚れが原因で落ちてしまったコーヒーの味が復活して、買いたての頃のように美味しく淹れることができます。機種によっては、自動洗浄機能が付いている場合もあります。

クエン酸を使ったお手入れの手順

クエン酸を使ったお手入れのポイントは、水とクエン酸の量の割合と手順です。クエン酸は、メーカーによって使用量の目安が箱などに記載があるのでチェックしましょう。ここでは、あくまで標準的なクエン酸の量でのお手入れ方法を紹介します。

水とクエン酸を計量

  • 給水タンクに水を満タンに入れます。
  • クエン酸の量をはかり、給水タンクの水に入れます。 クエン酸の目安はコーヒー1杯分(約120~150ml)の水の量に対して1gです。

 

クエン酸の計り方は、クエン酸10gは、ディースプーン1杯強(多め)と覚えておくと便利です。計量スプーンの場合は大さじ1杯弱(少なめ)です。給水タンクは1ℓ(7杯~8杯程度)のものが多いので、給水タンク1ℓに対しては、スプーン1杯(普通盛り)程度と覚えましょう。

水に溶かして洗浄開始

  • 丈のあるスプーンなどでかき混ぜて、クエン酸を給水タンクの水に溶かします
  • コーヒー豆やコーヒー粉は入れずにドリップのスイッチを押します
  • 給水タンクが空になって出終わったら、スイッチを切ります

すすぎ洗い

  • 水をタンクにためて再びスイッチを入れ、サーバーにすすぎのお湯を落としてすすぎ洗いします
  • すすぎ洗いの作業を2回繰り返して、終わったらスイッチを切ります。
  • クエン酸は食品に入れるものなので口に入れても少量なら安全ですが、気になる方は、数回繰り返してもOKです。

本体のお手入れで見た目も清潔に

本体は水洗いできないので、しっかり絞った温かい濡れタオルで丁寧に拭きとりましょう。キッチンに毎日コーヒーメーカーを置いたままにしていると、本体にはほこりが付着します。ほこりがコーヒーに入らないように、清潔さを保つよう心がけましょう。

 

コーヒーメーカー本体のほこりは、いつの間にか溜まってしまうものです。注意したいのは、乾いた布巾で拭いてまうと、ほこりが舞ってしまい、舞ったほこりが再び本体につくことです。飲み物にほこりが入るのを防ぐためにも、本体のほこりは、濡れ布巾で拭き取ります。

フィルター・フィルターカバーに付いた黒い汚れの原因は、主にタンニンという酸性のたんぱく質の物質です。黒い汚れを落としたい場合は、酸性のクエン酸ではなく、アルカリ性の重曹を使います。重曹を使った洗い方を紹介します。

用意するもの

重曹で洗うためには、重曹水をあらかじめ作っておく方法が便利です。以下のものを準備します。

 

  • 重曹(掃除用)
  • 水(水道水でok)
  • スプレーボトル
  • ブラシ(いらなくなった歯ブラシでもいいです)
  • 掃除用ポリ手袋(素手で掃除しないように気をつけましょう)

掃除方法

コーヒーメーカーの汚れで重曹を使って掃除する部分は、フィルターやサーバーなどに付いた黒い汚れの部分です。重曹水を作って掃除する方法をご説明します。

パーツごとに分解する

コーヒーメーカーを分解すると、紙のフィルターを乗せるプラスチック製のフィルター・フィルターカバー・ サーバー・水タンク・機械本体に分けられます。フィルターとフィルターカバーを取り出しましょう。掃除をするときは、紙のフィルターや、活性炭フィルターなどは取り外します。

重曹水でスプレー&ブラッシング

掃除用の手袋をして、スプレーボトルに作った重曹水をフィルターにかけます。しばらくするとシュワシュワと汚れが泡で浮き出てきます。汚れがひどい時には、少し時間をおいてからブラッシングします。その後、水でしっかり洗い流しましょう。

乾燥

フィルターは濡れたままにしておくと、細かい突起の間の水分が腐ったり、カビが生えたりする原因になります。 水切りネットなどで水切りをして、自然乾燥してから使いましょう

パナソニック(Panasonic)

SAN-400

価格:1,136円 (税込)

パナソニックのコーヒーメーカー用クエン酸

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

活性炭フィルターがついている機種については、必ず活性炭のフィルターを取り外します。

型番:NC-A57の使用例

  • 電源プラグを抜いてから、水タンクの目盛り「ホットコーヒー5杯分」まで水を入れたら、クエン酸10g(スプーン1強)を入れて、箸でかき混ぜます。
  • 電源プラグを差し込み、「粉」というボタンを押す(機種によっては、内部洗浄の時に押すべきボタンの説明が、説明書に書いてあるので確認しましょう。)
  • 一度終わったら、きれいな水で2回ほど繰り返して注ぎ洗いします。

 

ご使用の機種のメーカー取扱説明書に記載されているお手入れ方法に従って実施してください。

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 パナソニック 洗浄用クエン酸(10袋入り)お手入れ用洗浄洗剤 SAN-400
内容量 40gx10袋入
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

EC-ZA01-J

価格:308円 (税込)

象印のコーヒーメーカー用クエン酸

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすい分包タイプです。 浄水カートリッジケースセットは外しましょう。

型番:ECSA40の使い方の例

  • 1包(6g)を水タンク目盛り4まで入れた水に溶かします
  • 水タンク、フィルターケースセット、見るケース、スイングバスケットを取り付けて、ガラス容器を保温板に乗せます。
  • 入/切ボタンを3秒以上押すと洗浄が開始されます。 ブザーが鳴ったら切ボタンを押します。 5分冷ましてから、数回繰り返しましょう。

ご使用の機種のメーカー取扱説明書に記載されているお手入れ方法に従って実施してください。

メーカー 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 商品名 象印 パイプ洗浄用クエン酸 コーヒーメーカー用 EC-ZA01-J
内容量 6g×5包
メリタ(Melitta)

MJ1501

価格:458円 (税込)

水にすっと溶ける粉状タイプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1回分(20g)が小分けのパッケージで6個入っています。輸入品ですが、箱の裏面または1包の袋に日本語の説明があります。40回に1度の洗浄が目安です。

メーカー推奨の使い方

  • 一回分、1包(20g)を水500mlに溶かして、コーヒーメーカーのタンクに入れます。
  • 紙のフィルターなどは外して、コーヒーメーカーの電源を入れます。
  • 半分ほど抽出されたら、(タンクの水が半分になったら)電源を切って30分放置します。
  • もう一度電源を入れて、残りの半分を抽出したら、タンクの水を入れ直し、2回ほど繰り返し内部をすすぎ洗いします。

ご使用の機種のメーカー取扱説明書に記載されているお手入れ方法に従って実施してください。

メーカー メリタ(Melitta) 商品名 コーヒーメーカー クリーナー アンチカルキ MJ1501
内容量 20g×6
カリタ(Kalita)

スケールクリーナー 41055

価格:440円 (税込)

カリタのコーヒーメーカー洗浄用クエン酸

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10g×5包入りです。

メーカー推奨の使い方

  • 使用の目安は、1包(10g)を、サーバーの水約600ccに溶かして使います
  • コーヒー一杯の標準的な容量は130~140ccなので、水600gは4杯半位の目安です。

ご使用の機種のメーカー取扱説明書に記載されているお手入れ方法に従って実施しえください。

メーカー 41055 商品名 Kalita クリーナー コーヒーメーカー 水あか取り
内容量 10g×5包
富士パックス販売(Fujipacks Hanbai)

コーヒーメーカークリーナー FP-275

価格:849円 (税込)

クエン酸とリンゴ酸の両方が配合

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1包(20g)×6包入りです。クエン酸とリンゴ酸が両方配合されています。クエン酸の原料はサツマイモのでんぷんですが、リンゴ酸の原料はリンゴです。どちらも同じく酸っぱいと感じる有機酸です。様々なタイプのコーヒーメーカーに対応していて、30回に1度の洗浄を推奨しています。作業中に便利な誤飲タグ付きです。

メーカー 富士パックス販売(Fujipacks Hanbai) 商品名 コーヒーメーカー クリーナー 110番 FP-275
内容量 20g×6包
アース製薬

らくハピ コーヒーメーカー・自動製氷機の洗浄除菌剤 [3錠×4包入]

価格:418円 (税込)

水アカ・黒カビの内部洗浄に

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1包に3錠入っているので、タンクに入れるときに粉が飛び散ることなく計量の必要もないので扱いやすいです。成分は、クエン酸80%・発泡剤(炭酸塩)・除菌剤(塩化セチルピリジニウム)・緑茶エキス・食用色素です。作業中に貼れる「洗浄除菌中」シールがついています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー アース製薬 商品名 コーヒーメーカー・自動製氷機の洗浄除菌剤
内容量 1包(3錠)×4包
白元

ポット&コーヒーメーカー洗浄剤 1パック(10包)

価格:547円 (税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1包(20ml)×12包入りです。液体タイプなので溶けやすく、隅々まで洗浄されます。使用量の目安は、水1.5リットルに対して、1包(20ml)です。サーバーの水が1.5リットルより少ない場合は、別の容器で1.5リットルの水に1包を溶かしてから、サーバーに移して使いましょう。

メーカー 白元 商品名 ポット&コーヒーメーカー洗浄剤 1パック(10包)
内容量 1包(20ml)×10
レック

クエン酸の激落ちくん 粉末タイプ 400g

価格:276円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一袋に400gとたくさんの量がはいっていますが、便利なファスナー付きなので保管も安心です。メーカー推奨の使用量は、水500mlに対して、クエン酸5g(小さじ)です。

メーカー レック 商品名 クエン酸の激落ちくん 粉末タイプ 400g
内容量 400g

クエン酸を切らしてしまった場合や、手に入れることができなかった場合は、台所にあるおお酢でも代用できます。ただし、お酢なら何でもいいというわけではなく、砂糖や果汁が入っている果実酢・うまみエキスが入っているすし酢などは向いていません。お酢だけの成分からなる、穀物酢を使いましょう。

 

お酢ですっきり汚れは取れますが、ツンとした匂いが残るというデメリットがあるため、お酢の匂いが気になる方は、匂いのないクエン酸がおすすめです。

コーヒーメーカーの汚れは、放っておくとコーヒーの味の劣化につながります。クエン酸や重曹を利用して、定期的に洗浄しましょう。常備しておくと便利な洗浄用のクエン酸をぜひ探してください。