Dynabookノートパソコン5選【安心の国内サポート&高音質高画質】

30年以上の歴史のあるDynabookクのノートブックパソコンは、最新のCPUを採用して色鮮やかな画面と立体感のある音響システムを提供しています。この記事では、Dynabookのパソコンの選び方を詳しく解説します。おすすめ人気5選をも紹介するので、ぜひチェックしてください。

2022/01/25 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

これからノートパソコンを購入しようと考えている方は、品質の良さやサポート体制が充実している国内メーカーの製品を検討しているのではないでしょうか?NECや富士通といった大手メーカーが有名ですが、30年以上の歴史があるDynabookのノートパソコンもおすすめです。

 

Dynabookは幅広いラインナップと高いコストパフォーマンスが魅力のメーカーです。ですが、旧モデルを含めると12シリーズもの製品が展開されており、どれを選んだらいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこちらの記事では、Dynabookのノートパソコンの選び方やおすすめの製品をご紹介します。初めてノートパソコンを購入する方、すでにDynabookを使っていて新しいモデルへの買い替えを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Dynabookは当初東芝が開発したパソコンのブランドです。現在はシャープの子会社になっていますが、日本で最初にノートブックを販売した会社です。1986年に販売を開始してから30年以上の非常に長い歴史があります。そんなノートブック「ダイナブック」の魅力を存分に紹介いたします。

 

<目次>

ダイナブックは非常に多くのラインナップがあり、旧モデルも合わせると全12シリーズと豊富です。現在は15.6インチ型のスタンダードタイプと持ち運びに便利なモバイルの13.3インチ型に大きくわけられています。またタブレットしても使える流行りの2in1のタイプもあるため、用途に合ったノートパソコンが見つかります。

ダイナブックは充実したサポート体制があります。製品保証は1年または2年は引き取り修理、部品保証を無料で対応しています。また「dynabook 安心サポート」でメールでの問い合わせ、電話でのサポート、遠隔支援サービスがあります。総合サポートセンターに電話でパソコンの操作、設定方法、問題点を相談することができます。

 

上記以外に有償の「プレミアムサービス」が色々あります。メーカー保証期間を延長したい場合は、「あんしん延長保証」や「プレミアム保証」で5年まで延長出来ます。「プレミアム保証」はメーカー保証外の水こぼしや落下、破損なども保証になっていてより安心です。

 

その他にいろんなトラブルを解消するサービスや「パソコン復旧サービス」や「PC遠隔レッスンサービス」があり、自宅でインターネットによる年賀状、officeの使い方を学ぶことができます。

パソコンでは富士通、NEC、ダイナブックの3大メーカーの中では一番安価です。海外メーカーよりは高くなりますが、製品の高品質からはコストパフォーマンスが良いパソコンです。

 

ダイナブックの生産拠点は中国杭州市となっています。今回シャープの子会社になったことで、見直しをするようです。一時台湾へ生産拠点を移した後はベトナムに生産拠点を移すことを発表しています。

ここでは、Dynabookの評判をご紹介します。特徴と評価を把握して、自分の目的と合ったものを探しましょう。

 

<目次>

このスペックでもっと安いものはあるけど即納なのでこれにしました。メモリー16GBだと他メーカーはかなり納期が長いしブルーレイが付いてなかったりディスプレイサイズが小さかったりする。他の国産メーカーだと価格が上がってしまう。スペックは十分過ぎるし画質、キータッチもとても良い。これにしてよかった。

出典: https://review.rakuten.co.jp

価格と性能のバランスが取れている。 SSDではないため、超高速というわけにはいきませんが、普段使いという意味ならかなり快適。 マウスのレシーバが内蔵なら更によかったのだが。 遅くなってきたら、SSDへの換装を考えたい。

出典: https://review.kakaku.com

テレワークに対応するために購入。 快適に動作します。 以前のCore i5よりも最近のそれはスピードアップしています。

出典: https://review.rakuten.co.jp

使用開始時からあらゆる動作が遅すぎて、全く使い物になりません。動作が遅いなら遅いと、商品ページに書いておいて欲しいです。少し安いからいいかなと思って購入して大変後悔しています。調べてみるとダイナブックの動作が遅いというネットでの記事も多く出てきます。ショップでも特段の対応はして頂けませんでしたので、ダイナブックへ返送修理することとしました。

出典: https://review.rakuten.co.jp

気になった点として、BluetoothやWi-Fi、およびdvdromがUSB外付け(付属品として同梱)となることを、きちんと明記したほうがいいということ。Wi-Fiが無いのは致命的に揉めるのではないかなと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

タッチパッドの反応が良くないです。 押してもないのに右クリックに反応してしまうので困ってます。

出典: https://www.amazon.co.jp

ノートパソコンは用途に合わせて多くの種類があります。ブラウザの閲覧のみに使用するか、動画編集作業のような処理速度が必要かなど、自分の用途に合わせて適切なスペックの製品を選びましょう。

 

<目次>

パソコンは使う用途で選びましょう。机の上に置いて仕事や趣味でパソコンを使うのにサイズが大きく見やすい多機能なスタンダードバソコンや、持ち運んで場所を移動して使うコンパクト頑丈な筐体のモバイルパソコン、またはキーボードをはずしてタブレットとしても使える2in1パソコンがあります。

 

据え置きのスタンダードパソコンはダイナブックではTシリーズがあります。15.6型フルHDディスプレイで光学ドライブを内蔵、最新の第10世代のCPUでストレージがSSDとHDDのデュアルストレージの製品もあり、高速で快適な操作ができます。

 

またONKYOと共同開発したスピーカーで音楽、映画、ゲームなどで素敵なサウンドを楽しめます。またBlue-rayディスクドライブ搭載モデルもあります。

 

Tシリーズ以外にに旧デザインのXシリーズ、CPUが6コアのCシリーズもあります。ダイナブックダイレクトでは同性能のAZ、CZ、PZBZ,EZの製品があります。

モバイルノート用には15.6型「Z」シリーズ13.3型の「G」と「S」シリーズがあります。「G」シリーズは薄く重量が779gと軽く、マグネシュウム合金で強度をあげており、落下にも強く耐久性が高い製品です。

 

「S」シリーズは薄型、軽量でスタイリッシュなパソコンです。見た目を気にする人向きです。「Z」とリーズは15.6型ですが、軽量、薄型、堅牢ボディで使い勝手の良い大画面のパソコンを持ち運びしたい人に最適です。

 

ダイナブックダイレクトではほぼ同規格の「ZZ」、「SZ」シリーズ以外に「SZ」「RZ」「UZ」シリーズと多くのラインナップがあります。

Kシリーズはキーボードが着脱式になっていて、タブレットとしても使えるノートパソコンです。2020年度から小学校で必須化されるブラミング教育に向けて、教育現場の要望を取り入れたパソコンです。更に文部省が例示している学習コンピューターの標準仕様を満たしています。

 

10.1型のコンパクトボディで、タブレットとして外に持ち運びもできます。タッチ操作やペンに入力よる手書き学習もできます。また前後にカメラを搭載していて、外での観察を撮影したり、家でオンライン学習もできます。

パソコンで一番重要なのはCPUとメモリです。CPUは性能順にCelron、Intel Core i3、Intel Core I5、Intel Core i7とあります。通常のWeb閲覧や簡単な文書作成をする場合はCore i3で充分ですが、多くのWeb閲覧やソフトを何種類も同時に開いて編集する場合や、画像編集や映像編集をする場合は、Core i5やCore i7のほうがおすすめです。

 

CPUの能力詳細としてよく挙げられるのが、コア数とクロック周波数。コア数とはCPUの核に入っているコアの数で、数が多いほど同時に処理できる情報が多くなります。クロック周波数はCPUの速さを表し、数が大きいほど性能が高くなります。以下の表を参考にしてください。

CPU コア数 クロック周波数 値段
Celeron 2 3.2GHz 4,000円~7,000円
Pentium 2 2.6~3.7GHz 7,000円~10,000円
Core i3 2 3.1~4.2GHz 8,000円~20,000円
Core i5 4~6 2.4~3.8GHz 10,000円~30,000円
Core i7 4~8 3.0~4.2GHz 30,000円~70,000円
Core i9 6~18 2.1~5GHz 50,000円~300,000円

 

またCPUには世代があり改良されています。2020年は第10世代になっています。CPUの世代の確認方法はモデルナンバーの最初の数字が世代を示しています。例えばCore i5-8250Uは第8世代のCore i5です。購入する時は出来るだけ最新バージョンを選ぶようにしましょう。

メモリはWindows10では4GBは必須条件になっています。通常のWeb閲覧やソフトを多く起動しない時は4GBでも問題がありません

 

しかしWebを多く同時に開いたり、ソフトを多く同時に開いたり、マルチタスクの場合はメモリが4GBの場合は動作がもっさりとなってしまいます。そんな場合は8GBのメモリがあれば快適に作業できます

ノートパソコンのストレージには現状でHDDとSSDの2種類があり、DyanabookもHDDとSSDの2種類のモデルが存在します。製品によってはSSDとHDDの両方搭載しているモデルがあり、双方のメリットを活かした利用が出来ます。

 

ストレージの種類 メリット デメリット
HDD
  • 価格が比較的安い
  • 保存容量が多い
  • 処理が遅く熱くなりやすい

(Dyanabookでは1TBまで)

SSD
  • データへのアクセスが速い
  • 静かで低発熱
  • 容量はHDDと比較して小さい

(Dynabookでは512GBまで)

 

それぞれの特徴を把握して、自分の予算と使い方に合ったものを選びましょう

PCの内蔵スピーカーで音楽を楽しむのにはDynabookが最適です。それはPC内部のスピーカーはオーディオ技術の優れたONKYOと共同開発したスレテオスピーカーを採用していることと、サウンドアプリ「DTS Audio processing」でコンテンツに合わした音響効果を得られます。

 

Dyanaboook で高音質なサウンドで音楽、ゲーム、映画を楽しみたい人には「T」シリーズがおすすめ。ONKYOのスピーカーとアプリを搭載しているTシリーズはT7、T5、T4、X7のモデルがあり、ダイナブックダイレクトではAGシリーズになります。

1位
ダイナブック

W6GZHS5PBL

大容量バッテリー搭載!外出先でも安心して使えるノートパソコン

\秋を楽しむお買い物キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

最大で約24時間使用できる大容量バッテリーを搭載したノートパソコンです。外出先でバッテリー残量を気にすることなく安心して使えます。また重さは約888gのため持ち運びも簡単。ディスプレイについては13.5インチ、解像度はフルHD、表面処理は映り込みしにくい非光沢/ノングレアを採用しています。

外出先でに持ち運んで使うことが多い方におすすめの1台です。またストレージについてはSSDを搭載しているためHDDよりもスピーディーに動作し、静音性が高くなっています。ストレスなく快適にパソコン作業を行いたい方にもぴったりです。セキュリティ面については顔認証を採用しています。
CPU 
第11世代 インテル Core i5 1135G7(Tiger Lake)2.4GHz/4コア
CPUスコア 
10158
画面サイズ 
13.3 型(インチ)
画面種類
TFTカラー LED液晶
解像度 
フルHD (1920x1080)
タッチパネル
-
2in1タイプ 
-
ワイド画面 
表面処理
ノングレア(非光沢)
メモリ容量 
8GB
2位
ダイナブック

W6PHP5BZDB

価格:118,000円 (税込)

書類作成に便利なOffice付き!私用でも仕事でも使える

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

こちらの商品は、4コア8スレッドの第11世代Core i5を搭載したノートPCです。ストレージに256GBSSDを採用しているため、データの読み書きや電源投入後の立ち上がりが早いのが特徴。また、メモリが8GBで、軽い作業であれば複数同時進行してもサクサク動作してくれます。

本来であれば自分で用意しなくてはならないOfficeソフトがセットになっているので、これさえ購入すればすぐに文書作成・表計算・パワーポイントなどが使えるのもポイント。プライベートでも仕事でもOfficeソフトをよく使うという方におすすめです。
CPU 
第11世代 インテル Core i5 1135G7(Tiger Lake)2.4GHz/4コア
CPUスコア 
10158
画面サイズ 
15.6 型(インチ)
画面種類
TFTカラー LED液晶
解像度 
フルHD (1920x1080)
タッチパネル
-
2in1タイプ 
-
ワイド画面 
表面処理
ノングレア(非光沢)
メモリ容量 
8GB
3位
ダイナブック

dynabook PZ(W6PHP5CZDB)

価格:82,019円 (税込)

高スペックなのに低価格!一般的な作業ならラクラクこなせる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

こちらの商品は、第11世代i5とメモリ8GBを搭載したノートPCです。液晶は15.6型フルHDで、広視野角のノングレアを採用しています。ストレージは256GBSSDを搭載し、電源を入れてからの立ち上げやデータの読み書きが高速なので、HDDのようなストレスを感じることなく使えるのが魅力。

光学ドライブが未搭載のため、DVDやブルーレイなどで映画を見たいときなどは外付けドライブを用意する必要があります。動画編集などの重い作業をするにはやや力不足ですが、文書作成やネットサーフィンなどのライトな使い方しかしないという方におすすめです。
CPU 
第11世代 インテル Core i5 1135G7(Tiger Lake)2.4GHz/4コア
CPUスコア 
10158
画面サイズ 
15.6 型(インチ)
画面種類
TFTカラー LED液晶
解像度 
フルHD (1920x1080)
タッチパネル
-
2in1タイプ 
-
ワイド画面 
表面処理
ノングレア(非光沢)
メモリ容量 
8GB
4位
ダイナブック

dynabook AZ(W6AZ66BMGB)

価格:153,780円 (税込)

重い作業もこなせるハイスペック!ストレージもたっぷり

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

こちらの商品は、第10世代Core i7・メモリ16GBを搭載したハイスペックなノートPCです。液晶は16.1型で一般的なサイズよりもやや大きいので、見やすく迫力があります。また、解像度はフルHDで映像は美しく、広視野角液晶のため、複数人で画面を共有するときにも便利です。

光学ドライブにブルーレイディスクドライブを採用しており、映画鑑賞用にも最適。512GBSSD+1TBHDDのストレージは一般的な使い方をするには十分すぎるくらいの容量があります。Officeソフトがセットになっているので、文書作成やパワーポイントなどをよく使う方におすすめです。
CPU 
第10世代 インテル Core i7 10710U(Comet Lake)1.1GHz/6コア
CPUスコア 
10091
画面サイズ 
16.1 型(インチ)
画面種類
-
解像度 
フルHD (1920x1080)
タッチパネル
-
2in1タイプ 
-
ワイド画面 
表面処理
ノングレア(非光沢)
メモリ容量 
16GB
5位
ダイナブック

dynabook BZ(W6BZHR3BAB)

価格:78,000円 (税込)

仕事でも使いやすいOfficeソフトが付いたノートPC

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

こちらの商品は、第10世代Core i3、メモリ8GBのノートPCです。液晶サイズはノングレアの15.6型で、解像度はHD。WordやExcelなどが使えるOfficeソフトがセットになっており、DVDスーパーマルチドライブも付いているので、仕事用でも趣味用でも使いやすいのがポイントです。

インターフェースはUSB3.1・USB TypeC・HDMI・LANコネクタ・マイク入力・ヘッドホン出力端子と一通りのものが揃っています。ストレージは256GBSSDなので、起動が早くデータの読み書きも高速。Officeソフトが必要で趣味用にも使える商品をお探しの方におすすめです。
CPU 
第10世代 インテル Core i3 10110U(Comet Lake)2.1GHz/2コア
CPUスコア 
4028
画面サイズ 
15.6 型(インチ)
画面種類
TFTカラー LED液晶
解像度 
FWXGA (1366x768)
タッチパネル
-
2in1タイプ 
-
ワイド画面 
表面処理
ノングレア(非光沢)
メモリ容量 
8GB

Dynabookノートパソコンの世の中ランキングの比較一覧表

商品画像
メーカー
ダイナブック
ダイナブック
ダイナブック
ダイナブック
ダイナブック
商品名
W6GZHS5PBL
W6PHP5BZDB
dynabook PZ(W6PHP5CZDB)
dynabook AZ(W6AZ66BMGB)
dynabook BZ(W6BZHR3BAB)
説明
大容量バッテリー搭載!外出先でも安心して使えるノートパソコン
書類作成に便利なOffice付き!私用でも仕事でも使える
高スペックなのに低価格!一般的な作業ならラクラクこなせる
重い作業もこなせるハイスペック!ストレージもたっぷり
仕事でも使いやすいOfficeソフトが付いたノートPC
価格 118,000円 (税込) 82,019円 (税込) 153,780円 (税込) 78,000円 (税込)
リンク
CPU 
第11世代 インテル Core i5 1135G7(Tiger Lake)2.4GHz/4コア
第11世代 インテル Core i5 1135G7(Tiger Lake)2.4GHz/4コア
第11世代 インテル Core i5 1135G7(Tiger Lake)2.4GHz/4コア
第10世代 インテル Core i7 10710U(Comet Lake)1.1GHz/6コア
第10世代 インテル Core i3 10110U(Comet Lake)2.1GHz/2コア
CPUスコア 
10158
10158
10158
10091
4028
画面サイズ 
13.3 型(インチ)
15.6 型(インチ)
15.6 型(インチ)
16.1 型(インチ)
15.6 型(インチ)
画面種類
TFTカラー LED液晶
TFTカラー LED液晶
TFTカラー LED液晶
-
TFTカラー LED液晶
解像度 
フルHD (1920x1080)
フルHD (1920x1080)
フルHD (1920x1080)
フルHD (1920x1080)
FWXGA (1366x768)
タッチパネル
-
-
-
-
-
2in1タイプ 
-
-
-
-
-
ワイド画面 
表面処理
ノングレア(非光沢)
ノングレア(非光沢)
ノングレア(非光沢)
ノングレア(非光沢)
ノングレア(非光沢)
メモリ容量 
8GB
8GB
8GB
16GB
8GB

ダイナブックの公式直販サイトで期間限定セールのキャンペーンがあります。2018年から2020年モデルまでラインナップされており、自分にあったものを選ぶことが可能です。会員登録をする必要がありますが、安価で購入できますので確認してみるのもいいでしょう。

 

またダイナブックは充実したサポートがあり、1年または2年の返品交換保障付きです。プレミアムサービスを申し見むことで、5年までサポート期間を伸ばすこともできます。

Dynabookは日本のメーカーの中では安価で、コストパフォーマンスが高いです。音声も液晶も甲種順でまとまっており、仕事や趣味で活躍してくれますよ。この記事を参考に、ぜひ自分に合ったノートパソコンを選んでください。

ノートパソコン dynabookの全商品一覧

関連する記事

M.2接続タイプSSDのおすすめ商品を紹介!選び方のポイントとは?のサムネイル画像

M.2接続タイプSSDのおすすめ商品を紹介!選び方のポイントとは?

2022/02/08

富士通のノートパソコンおすすめ8選【初心者に安心のLIFEBOOK】のサムネイル画像

富士通のノートパソコンおすすめ8選【初心者に安心のLIFEBOOK】

2021/11/04

HPのノートパソコンのおすすめ12選!おしゃれで軽量なモデルも紹介のサムネイル画像

HPのノートパソコンのおすすめ12選!おしゃれで軽量なモデルも紹介

2021/12/27

【VAIOのノートパソコン】おすすめランキング7選|メリット・中古購入の注意点ものサムネイル画像

【VAIOのノートパソコン】おすすめランキング7選|メリット・中古購入の注意点も

2022/01/25

NECノートパソコンが気になる方必見!評判やおすすめモデルを紹介!のサムネイル画像

NECノートパソコンが気になる方必見!評判やおすすめモデルを紹介!

2021/12/27

【ゲーミングノートパソコンおすすめ10選】メリットや選び方を解説!のサムネイル画像

【ゲーミングノートパソコンおすすめ10選】メリットや選び方を解説!

2021/12/27