【コスパ最強】中華タブレットのおすすめ10選!1万円台のおすすめ機種も

中華タブレットが安かろう悪かろうといわれたのは昔の話です。いまの中華タブレットは世界トップシェアを誇り、リーズナブルかつ高品質なモデルをリリースし続けています。本記事では目的や使用用途に合わせたおすすめの中華タブレットを紹介します。

2022/01/25 更新

「タブレット端末が欲しいけれども、iPadは高いし携帯電話会社から買おうとすると変なオプションを付けられる」「性能とか気にしないから安いタブレットが欲しい」このような場合、安価なタブレット端末といえば中華製品を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

 

少し前なら「中華タブレットは動くゴミ」とまでいわれていましたが、近年の中華タブレットは中国国内での競争の激化により高性能化が進み、かつ低価格のイメージは崩れていません。一方でタブレット端末はPCに比べると低スペックで、性能の向上も著しいものとはいえないのも事実です。

 

現状、中華タブレットと有名メーカーのタブレット端末では性能差がほとんどありません。今回は価格で勝る中華タブレットの正しい選び方をはじめ、中華タブレット"らしさ"を紹介し、おすすめ中華タブレットを紹介します。

今すぐ見る!おすすめ中華タブレット10選

中華タブレットが高性能にもかかわらず、リーズナブルな価格なのはなぜでしょうか。答えは中国国内の激しい競争にあります。HuaweiやASUS、Chuwi、Xiaomi、Lenovoなどさまざまなメーカーが、中国国内および世界市場でスマートフォンやタブレットのシェア争いを繰り広げています。

 

激しい競争の中で低性能なタブレットをリリースしても、利益を上げることなく消えていくだけです。リリースにかかる開発費やラインなどの費用も回収できません。そのため、中華タブレットメーカーは高性能かつリーズナブルな製品を続けてリリースして、シェア争いで優位に立とうとしています。

中華タブレットだからこそ気を付けなければならないポイントが2つあります。それぞれ、なぜ気を付けなければならないか解説します。

 

※クリックすると各見出しへジャンプします

技適は必ず確認

技適とは電気通信事業法や電波法に基づく、技術基準適合認定や証明です。技適マークの付いていない無線LANやBluetooth、Wi-Fiは法令違反です。従って技適マークのないスマートフォンやタブレットは違法な製品になります。

 

現在のところ、技適マークなしのスマートフォンやBluetoothイヤホン、タブレットを所持していて逮捕された人はいません。なぜなら警察の取り締まりも、Bluetoothや無線LANレベルまで手が回らないからです。

 

逮捕される恐れが少ないとはいえ、違法な技適マークなしの製品を使用することはリスクを伴います。個人輸入から購入する場合は技適マークの有無を必ず確認しましょう。

メーカーサポートと日本語サポートがあると〇

英語しかサポートしていない中華タブレットのメーカーもあります。しかし、中には日本語サポートをしているメーカーや、日本語サポートセンターも存在します。タブレットでトラブルが起きた際に、日本語サポートの有無は非常に重要です。

 

中華タブレットで知名度の高いHuaweiやChuwi、Xiaomiなどはすべて日本語サポートセンターを設置しているので安心してタブレットを購入できます。「購入するタブレットのメーカー名+日本語サポート」で検索し、日本語サポートセンターが設置されているか事前に確認しておくことをおすすめします。

中華タブレットメーカーで特に紹介したいのが、Huawei(ファーウェイ)やChuwi(ツーウェイ)、Xiaomi(シャオミ)です。それぞれ特徴的なメーカーであり、ユーザーにとって素晴らしい製品をリリースしています。

 

【おすすめの中華タブレットメーカー】

Huawei(ファーウェイ)

中華タブレットやスマートフォンの中で、もっとも知名度のあるメーカーがHuaweiです。Huaweiのタブレットは性能対価格でコストパフォーマンスが高く、併せてデザインに高級感があります。日本語サポートの品質もよいと評判で、安心して購入できるメーカーのひとつです。

Chuwi(ツーウェイ)

Chuwiは2004年に設立され、もともとはMP3を生産・販売していた電気機器メーカーです。日本での知名度はまだまだ低いですけれど、確固たる技術力のある質実剛健なタブレット、ノートパソコンメーカーです。

 

2013年にMicrosoftやIntelとパートナー契約を結んでいることからも、Chuwiの確かな技術力がうかがえます。リリースするタブレットは低価格でスタイリッシュ、安心して使えると評判です。

Xiaomi(シャオミ)

Xiaomiは2010年に創設された、非常に若く勢いのある総合家電メーカーです。ウェアラブルバンド市場では、Appleに次いで世界第2位のシェアを誇ります。中国内のスマートフォン市場ではHuaweiを抜き去り、堂々の第1位を獲得しました。

 

Xiaomiは中国家電版の無印良品と評されるほど、良質で低価格な製品を次々とリリースしています。ハードウェア製品の利益率は5%以下に抑え、超えた分はユーザーに還元することがXiaomiの社是です。この方針により同スペックの製品を、他社と比較して2~3割も安い価格で販売しています。

今すぐ見る!おすすめ中華タブレット10選

中華タブレットのみならず、タブレットの選び方のポイントを解説します。使用目的によって、タブレットの選び方も変わります。自分の使用目的を明確にして、最適な中華タブレットを選択してください。

 

【タブレットの選び方】

WindowsタブレットかAndroidタブレット

タブレットの選択で、もっとも重要なポイントのひとつがOSです。なぜならOSによって、できることが変わるためです。例えば、AndroidでWindowsのゲームはできませんし、逆もしかりです。

 

Androidタブレットはスマートフォンと有料アプリの共有が可能です。併せてアプリストアでダウンロードできるアプリが豊富で、無料でさまざまなアプリをインストールできます。Windowsタブレットは仕事用におすすめです。WordやExcelを外付けキーボードで、スムーズに活用できます。

デュアルOS

どうしてもWindowsかAndroidか決められない人には、デュアルOSがおすすめです。デュアルOSとは1台のタブレットに、WindowsとAndroidの両方がインストールされているものです。

 

デュアルOSは起動時に使用するOSを選択します。起動したどちらのOSでも、もう一方のOSで使用したファイルも扱えるので大変便利です。

OSのバージョン

新品で中華タブレットを購入する場合、あまりに気にする必要がないポイントです。けれども中古で中華タブレットを購入するのでしたら、OSのバージョンを必ず確認しましょう。

 

AndroidのOSはメーカーがアップデートバージョンを配布しない限り、基本的にバージョンアップできません。古いAndroidでは動作しないアプリも数多くあります。

 

一方でWindowsは、Windows8以上でしたらWindows10へのバージョンアップは無料で可能です。ただ、手順がややこしくトラブルも多いため、最初からWindows10がインストールされているタブレットを選択しましょう

ストレージ

ストレージとはデータを保存したり、OSやアプリをインストールしたりする保存領域です。タブレットのストレージは、増設がほぼできません。従って十分な容量のストレージを持つタブレットを、おすすめします。

 

ストレージ容量8GBではかなり物足りません。Androidで約6GB、Windows10で10GB強の容量を使用するからです。ストレージ容量は最低でも、16GB以上から選びましょう。リーズナブルな中華タブレットで、ライトユーザーが最低16GB以上、ヘビーユーザーでしたら64GB以上が目安です

メモリ

メモリはタブレットがスムーズに動作するポイントです。現実空間で例えると、メモリの大きさは机の広さに似ています。どれだけ高速に作業できる人でも、机が狭いと作業が遅くなるのと一緒です。

 

中華タブレットのメモリの大きさは、最低でも2GB以上を目安にしましょう。4GBあれば一般的な使用用途では十分です。

CPUのコア数

CPUのコア数は、タブレットがこなせる計算の速さを決定します。現在、ほとんどのタブレットはクアッドコア(コアが4つ)以上であり、一般的な使用用途として十分な早さです。ヘビーユーザーならオクタコア(コアが8つ)以上、一般的なライトユーザーはクアッドコアが目安です。

Wi-Fi、LTE対応モデル

どのような通信規格に対応しているかは、タブレット選びで非常に重要なポイントです。外出してタブレットを使用するなら、LTE対応でSIMフリーや携帯キャリアのモデルを選択しましょう。

 

逆に室内でしか使用する予定がない、スマートフォンやポケットWi-FiでWi-Fiテザリングする場合はWi-Fi対応のタブレットを選択しましょう。Wi-Fi接続はランニングコストがかからないのでおすすめです。

画面の解像度

画面の解像度は操作性、動画や写真を見る際に重要です。画面サイズによりますが、よほど小さな解像度でなければ一般的な使用用途には十分です。他のタブレットとスペックを見比べて、解像度が小さすぎないかチェックしてくださいね。

本体サイズと重量

本体サイズや画面サイズは、使用目的とマッチすることがとても重要です。大きな画面で動画や写真を見たり、室内専用で使用したりするのであれば、10インチ以上のサイズをおすすめします。外出で持ち歩くなどのケースで携帯性を重視するなら、8インチ程度で軽量なタブレットを選びましょう。

安い中華タブレット

Asustek

SUS MeMO Pad ME173-GR16

価格:9,900円 (税込)

Amazon最安値の中華タブレット

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SUSのME173-GR16は、Amazonで最安値を記録している中華タブレットです。中華タブレットでもっとも知名度が高いメーカーのひとつ、ASUSが2013年に送り出した古きよき中華タブレットです。

 

OSとメモリにやや不安があるものの、一般的な使用用途ではそこそこ使えます。OSがAndroid4.2ですから、アプリストアで使えないアプリもあります。Androidのバージョンアップ方法がわかる人は、チャレンジしてはいかがでしょうか。

OS種類 Android 4.2.1 ネットワーク接続タイプ Wi-Fiモデル
ストレージ容量 16GB メモリ 1GB
CPU MTK8125 1.2GHz コア数 4コア (クアッドコア)
画面サイズ 7 インチ 解像度 1280x800
重量 302 g 幅x高さx奥行 196.8x10.8x120.6 mm

ハイスペックタブレット3選

HUAWEI(ファーウェイ)

Huawei MateBook E

価格:139,800円 (税込)

超ハイスペックな中華タブレットの最高峰

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HuaweiのMateBook Eは超ハイスペックで、中華タブレットの最高峰のひとつです。6.9mmの薄さを実現しながら、ストレージ容量256GB、メモリ8GBでCore i5のCPUを搭載しています。一般的なノートパソコンにも、全く劣らないハイクラスのタブレットです。

 

Windows10を搭載し、WordやExcelもサクサクとスムーズに動作します。仕事用のサブタブレットとして、購入するのもおすすめです。

OS種類 Windows 10 Home 64bit ネットワーク接続タイプ Wi-Fiモデル
ストレージ容量 256GB メモリ 8GB
CPU Core i5 コア数 5
画面サイズ 12 インチ 画像解像度 2160x1440
重量 640 g 幅x高さx奥行 278.8x6.9x194.1 mm
Asus

SUS TransBook T304UA

価格:49,800円 (税込)

2-in-1のハイスペック中華タブレット

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ASUSのTransBook T304UAは機動性、実用性、可能性を備えたハイスペックかつ、タブレットにもノートパソコンにもなる2in1モデルです。USB Type-Cを標準搭載し、筆圧検知に対応したタブレットペンなど、先進的なモデルに仕上がっています。

 

8.85mmの薄さのボディ、メタリックなデザインの高級感がありスタイリッシュです。サブとしてではなく、メインとして使用に耐えるハイクラスタブレットです。

OS種類 Windows 10 Home 64bit ネットワーク接続タイプ Wi-Fiモデル
ストレージ容量 512GB メモリ 16GB
CPU Core i7 7500U 2.7GHz コア数 2コア (デュアルコア)
画面サイズ 12.6 インチ 画面解像度 2160x1440
重量 830 g 幅x高さx奥行 298.8x8.85x210.1 mm
Lenovo

Lenovo IdeaPad D330 81H300EVJP

価格:59,800円 (税込)

わずか600gの軽量2-in-1中華タブレット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

enovoのIdeaPad D330はノートパソコンとしても、タブレットとしても使用できる2in1のモデルです。用途に合わせてタブレットスタイルと、ノートパソコンスタイルを切り替えられます。

 

本体の重量はわずか600gで携帯性に優れ、キーボードを装着しても1.1gにしかなりません。どこにでも手軽に持ち運べますから、出張や旅行でも大活躍するタブレットです。

OS種類 Windows 10 Home (Sモード) 64bit ネットワーク接続タイプ Wi-Fiモデル
ストレージ容量 128GB メモリ 4GB
CPU Celeron N4000 1.1GHz コア数 2コア (デュアルコア)
画面サイズ 10.1 インチ 画面解像度 1280x800
重量 600 g 幅x高さx奥行 249x9.5x178 mm

デュアルOSタブレット3選

CHUWI

Chuwi Hi10 Pro

価格:46,560円 (税込)

ハイクラスかつデュアルOS

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ChuwiのHi10 ProはWindows10とAndroid5.1の、デュアルブートが可能な中華タブレットです。メモリ4GB、ストレージ64GBと十分な容量とクアッドコアのAtom CPUを搭載して、スムーズかつハイクラスな動作を実現しています。

 

口コミでは画面がきれい、発色がよいなどの評価です。デュアルOSでWindowsとAndroidを切り替えて、そのシーンに最適な動作を確保できます。

OS種類 Windows10 Android5.1 ネットワーク接続タイプ Wi-Fiモデル
ストレージ容量 64GB メモリ 4GB
CPU Atom x5-Z8300 1.44GHz コア数 4コア (クアッドコア)
画面サイズ 10.1 インチ 画面解像度 1920x1200
重量 562 g 幅x高さx奥行 261.8x8.5x167.3 mm
株式会社リベルテ

Gecoo Tablet S1

価格:31,800円 (税込)

手軽に持ち運びできるWindows・AndroidデュアルOS

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

GecooのTablet S1は8インチかつ軽量で、手軽に持ち運びできるサイズのデュアルOSタブレットです。高速クアッドコア搭載でスムーズな動作を実現しています。出先などで気軽に使用でき、さらにWindows10とAndroidを切り替え可能です。

OS種類 Windows 10/Android 5.1 ネットワーク接続タイプ Wi-Fiモデル
ストレージ容量 32GB メモリ 2GB
CPU Atom Z3735F 1.33GHz コア数 4コア (クアッドコア)
画面サイズ 8 インチ 画面解像度 1280x800
重量 322g 幅x高さx奥行 207.8x9.1x122.5 mm
TECLAST

eclast X80 Pro

価格:17,950円 (税込)

ミドルクラスのデュアルOS中華タブレット

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TeclastのX80 ProはミドルクラスのデュアルOSタブレットです。Android5.1とWindows10が切り替え可能で、用途に最適なOSをその都度選択可能です。8インチと軽量かつ手軽に持ち運べるサイズも、おすすめできるポイントです。

OS種類 Android 5.1、Windows10 ネットワーク接続タイプ Wi-Fiモデル
ストレージ容量 32 GB メモリ 2GB
CPU チェリー・トレイルX5 Z8300 1.84GHzクアッドコア コア数 4コア
画面サイズ 8 インチ 解像度 1920 x 1200
重量 594 g 幅x高さx奥行 20.86 × 12.24 × 0.89cm

普段使いにおすすめ中華タブレット3選

ASUS(エイスース)

ASUS TransBook Mini T103HAF

価格:47,900円 (税込)

性能と価格のバランスに優れた中華タブレット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ASUSのTransBook Mini T103HAFは、性能と価格のバランスが非常によいタブレットのひとつです。キーボードが着脱可能でノートパソコンとしても使用でき、外せばタブレットとして使用できます。10インチながら約600gの軽さは、気軽に持ち運び可能です。

OS種類 Windows 10 Home 64bit ネットワーク接続タイプ Wi-Fiモデル
ストレージ容量 64GB メモリ 4GB
CPU Atom x5-Z8350 1.44GHz コア数 4コア (クアッドコア)
画面サイズ 10.1 インチ 画面解像度 1280x800
重量 620 g 幅x高さx奥行 261x10x172 mm
HUAWEI(ファーウェイ)

Huawei MediaPad M5 lite 8

価格:22,573円 (税込)

低価格かつ高性能なコストパフォーマンス

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HuaweiのMediaPad M5 lite 8は低価格なのに高性能な、おすすめの中華タブレットです。高精細なディスプレイを臨場感のあるサウンドを搭載し、動画や映画鑑賞に向いています。価格もリーズナブルで、普段使いのタブレットには一押しです。

OS種類 Android 9.0 ネットワーク接続タイプ Wi-Fiモデル
ストレージ容量 64GB メモリ 4GB
CPU HUAWEI Kirin 710 2.2GHz+1.7GHz コア数 8コア (オクタコア)
画面サイズ 8 インチ 画面解像度 1920x1200
重量 310 g 幅x高さx奥行 122.2x8.2x204.2 mm
レノボ・ジャパン(Cons)

Lenovo Yoga Smart Tab ZA3V0052JP

価格:34,130円 (税込)

AndroidOSで普段使いのスマートフォンと同じ感覚

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LenovoのYoga Smart Tab ZA3V0052JPは、非常に使いやすい中華タブレットです。OSがAndroidですから、普段のスマートフォンと同じ感覚で使用できます。形状やスタンド機能も、置きやすく使い勝手他よいと口コミで評判です。リーズナブルな価格帯と併せて、おすすめできる中華タブレットです。

OS種類 Android 9.0 ネットワーク接続タイプ Wi-Fiモデル
ストレージ容量 64GB メモリ 4GB
CPU Snapdragon 439 2GHz+1.45GHz コア数 8コア (オクタコア)
画面サイズ 10.1 インチ 画面解像度 1920x1200
重量 580 g 幅x高さx奥行 242x24x166 mm

おすすめの中華タブレット比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5098910の画像

    Asustek

  • アイテムID:5098916の画像

    HUAWEI(ファーウェイ)

  • アイテムID:5098922の画像

    Asus

  • アイテムID:5098927の画像

    Lenovo

  • アイテムID:5098931の画像

    CHUWI

  • アイテムID:5098935の画像

    株式会社リベルテ

  • アイテムID:5098944の画像

    TECLAST

  • アイテムID:5098949の画像

    ASUS(エイスース)

  • アイテムID:5098953の画像

    HUAWEI(ファーウェイ)

  • アイテムID:5098958の画像

    レノボ・ジャパン(Cons)

  • 商品名
  • SUS MeMO Pad ME173-GR16
  • Huawei MateBook E
  • SUS TransBook T304UA
  • Lenovo IdeaPad D330 81H300EVJP
  • Chuwi Hi10 Pro
  • Gecoo Tablet S1
  • eclast X80 Pro
  • ASUS TransBook Mini T103HAF
  • Huawei MediaPad M5 lite 8
  • Lenovo Yoga Smart Tab ZA3V0052JP
  • 特徴
  • Amazon最安値の中華タブレット
  • 超ハイスペックな中華タブレットの最高峰
  • 2-in-1のハイスペック中華タブレット
  • わずか600gの軽量2-in-1中華タブレット
  • ハイクラスかつデュアルOS
  • 手軽に持ち運びできるWindows・AndroidデュアルOS
  • ミドルクラスのデュアルOS中華タブレット
  • 性能と価格のバランスに優れた中華タブレット
  • 低価格かつ高性能なコストパフォーマンス
  • AndroidOSで普段使いのスマートフォンと同じ感覚
  • 価格
  • 9900円(税込)
  • 139800円(税込)
  • 49800円(税込)
  • 59800円(税込)
  • 46560円(税込)
  • 31800円(税込)
  • 17950円(税込)
  • 47900円(税込)
  • 22573円(税込)
  • 34130円(税込)
  • OS種類
  • Android 4.2.1
  • Windows 10 Home 64bit
  • Windows 10 Home 64bit
  • Windows 10 Home (Sモード) 64bit
  • Windows10 Android5.1
  • Windows 10/Android 5.1
  • Android 5.1、Windows10
  • Windows 10 Home 64bit
  • Android 9.0
  • Android 9.0
  • ネットワーク接続タイプ
  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fiモデル
  • ストレージ容量
  • 16GB
  • 256GB
  • 512GB
  • 128GB
  • 64GB
  • 32GB
  • 32 GB
  • 64GB
  • 64GB
  • 64GB
  • メモリ
  • 1GB
  • 8GB
  • 16GB
  • 4GB
  • 4GB
  • 2GB
  • 2GB
  • 4GB
  • 4GB
  • 4GB
  • CPU
  • MTK8125 1.2GHz
  • Core i5
  • Core i7 7500U 2.7GHz
  • Celeron N4000 1.1GHz
  • Atom x5-Z8300 1.44GHz
  • Atom Z3735F 1.33GHz
  • チェリー・トレイルX5 Z8300 1.84GHzクアッドコア
  • Atom x5-Z8350 1.44GHz
  • HUAWEI Kirin 710 2.2GHz+1.7GHz
  • Snapdragon 439 2GHz+1.45GHz
  • コア数
  • 4コア (クアッドコア)
  • 5
  • 2コア (デュアルコア)
  • 2コア (デュアルコア)
  • 4コア (クアッドコア)
  • 4コア (クアッドコア)
  • 4コア
  • 4コア (クアッドコア)
  • 8コア (オクタコア)
  • 8コア (オクタコア)
  • 画面サイズ
  • 7 インチ
  • 12 インチ
  • 12.6 インチ
  • 10.1 インチ
  • 10.1 インチ
  • 8 インチ
  • 8 インチ
  • 10.1 インチ
  • 8 インチ
  • 10.1 インチ
  • 解像度
  • 1280x800
  • 1920 x 1200
  • 重量
  • 302 g
  • 640 g
  • 830 g
  • 600 g
  • 562 g
  • 322g
  • 594 g
  • 620 g
  • 310 g
  • 580 g
  • 幅x高さx奥行
  • 196.8x10.8x120.6 mm
  • 278.8x6.9x194.1 mm
  • 298.8x8.85x210.1 mm
  • 249x9.5x178 mm
  • 261.8x8.5x167.3 mm
  • 207.8x9.1x122.5 mm
  • 20.86 × 12.24 × 0.89cm
  • 261x10x172 mm
  • 122.2x8.2x204.2 mm
  • 242x24x166 mm
  • 画像解像度
  • 2160x1440
  • 画面解像度
  • 2160x1440
  • 1280x800
  • 1920x1200
  • 1280x800
  • 1280x800
  • 1920x1200
  • 1920x1200

中華タブレットはリーズナブルな価格と高い品質で世界のシェアを中華メーカー同士で争っています。とくに、デュアルOSは日本メーカーやAppleもあまりリリースしておらず、中華タブレットの独壇場です。自分に最適な中華タブレットを購入して、快適なタブレット生活を満喫してくださいね。

# おすすめ